Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

久米田師匠のバックステージが更新されている件について。

いや、この一週間、コレについてずっと書きたかったんだけど、何故かこんなに遅くなっている不思議。(オイ)


・・・って、コレについて何を書く、って訳でもなく、題名通りなんだけどね。

あえて言うなら、

今、サンデー公式HPのバックステージが熱い!!?(一部で)

って所?


訳わからない人のために、概要。

サンデー公式HPの『バックステージ』というのは、サンデーに連載している漫画家が、ちょっとしたコラムを書いてるコーナーです。

で、
ここ最近、その『バックステージ』において、『ハヤテのごとく!』の作者、畑健二郎氏のコラムが、毎週毎週キッチリ絵付きで更新されているのは、知る人ぞ知る有名な話です。


先々週のコトです。

・・・畑先生は書きました。

『来週ついにこのバックステージの更新がトップタイになりますね。』

――と。(参考:Vol.34(2005年6月15日)


まぁ、要するに、トップに並ぶってコトですね。


そして、今週。

結果から言って、畑先生はトップタイになりませんでした。

何故か?

畑先生の師匠であり、現在バックステージ更新トップを誇る、久米田康治氏が、バックステージを更新したからです。(参考)


しかも、なかなかグルービーな一言更新っ!!(笑)

さすがは、今、ある意味世界で一番グルービーな漫画家っ!!!(誉めてます)

いやもぉ!!!
明日(正確には今夜0時)が楽しみだなぁっ!!!

どーなるんだろ??
更新を続けるのかっ!?それとも、今回限りなのかっ!??


ホント、楽しみですねぇ♪




・・・さて。ここからは、ちょっとこの熱に水を指す話をします。
読まないコトを推奨します。(おいおい;)

→続きを読む...
スポンサーサイト


  1. その他マンガ
  2. 2005/06/28(火) 22:40 | 
  3. コメント:2 | 

6月17日

さて、今日は、6月17日。

ブリーチで言う所の一護のお母さんの命日です。(爆)

そんでもって、私の誕生日だったりもします。

・・ブリーチといえば。
あの作品内においては、あの事件があった日は雨で描かれていました。
だから、この日は雨、というイメージが強いかもしれません。
でも、実際。
この日が雨の日ばかりだったかというと、実はあまりそうでもないように思ったりします。梅雨の時期ではあるけど、むしろ、雨の日って意外と少ないようにさえ思ったりも。
コレは、この日が誕生日であるが故に、過去のこの日がどうだったか思い返すコトが出来るから思うコトなのですが。
その記憶によると、過去の私の誕生日に雨が降ったコトは、せいぜい1,2回程度だったように記憶してます。(ってコトは、あの日のどれかにあの事件がっ!?)(コラコラ;)
・・・まぁ、私の地元が元から雨の少ない地域、というのも関係しているかもしれませんが。(あるいは、ただの思い違い;)


・・しかし、こうして過去の誕生日を思い返してみると――
どういう訳か、この日にはケチなプチ不幸が、プチプチプチプチ起こるコトを思い返します;
小学生の頃は、「誕生日だから何かイイコトが・・・♪」と思ってると、大抵何かイタいメにあうコトがしばしば。
でも、こーいうコトも、もうウン十回近くやってると、達観もしてくるもので。
今日だって、朝からケチなプチ不幸が色々連続したけど、もう『ああ、今日は誕生日だから仕方ないか』と諦めもついてたりするし。
下手に大きく動かなければ、『洗濯機の予約作動が失敗』とか『道を走ってて赤信号が連続する』といった程度のプチ不幸なんで、被害もあまり無いし。
むしろ、不幸属性を利用して、宝くじを買う余裕さえあったりして(笑)
(参考:宝くじは、不幸が起こった時に買うと当たりやすい・・・らしい)
・・・まぁ、あの程度のプチ不幸じゃ宝くじは当たらないか;


閑話休題;

とにかく。
そんなこんなで、もう誕生日を迎えるのはウン十回目。

20代前半の頃は、会社の先輩とかに、
『20代の後半は早いよ、あっという間に過ぎるよ』と言われた物です。

しかし、こーして20代を終えてみると・・・(←年をバラしたも同然)
あっという間に過ぎた、とも実はあまり思えなかったりします。

むしろ、会社勤めをしていた20代前半に比べると、えらく密度が濃い20代後半だったように思います。
なんとゆーか、中学、高校時代にやりきれなかったコトがかなり出来た・・・ってカンジ。
学ぶコトも遊ぶコトも一生懸命何かをするコトも。

そりゃ、やり残したコト全部やりきったとは思えないし、悔いが無いといえばウソになるけど。
・・・でもまぁ、私にしては精一杯やれたんじゃないかな?と言った所でしょうか。満足感はそれなりにあったかも。

問題は、これからどうしようか、ってコトだったりするけど。


さて、どうしようかな;

  1. 雑記
  2. 2005/06/17(金) 23:12 | 
  3. コメント:2 | 

おじゃ魔女どれみ ナ・イ・ショ

見ました。(レンタルで)

なんだか、すごく懐かしい気持ちになりました。
ちょっと、古きよき時代を思い出したかも。・・・って、時代ってホド昔じゃないけど;

とにかくもぉ、すごく良く出来ているんですよ!

さすが話数が少ない為か、パーフェクトTVで流れたせいか。
画質はキレイだわ、話の内容もよく出来てるわ、演出も素晴らしいわ、懐かしいわ。

OVA並の出来栄えだよ。・・って、ほぼOVAみたいなものなのかなぁ?スカパーって。

・・・やっぱり、地上波では、こーはいかないのかなぁ・・・?
とりあえず、今の地上波でここまでのクオリティになっているといえば、今は『まほらば』しか思いつかないよ。(『ブリーチ』『ナルト』もなかなかの出来栄えだけど、作品の方向性が違うから、とりあえずここでは保留。)
って、おじゃ魔女についての話のツモリだったのに、脱線し始めてるし;


では、とりあえず。
せっかくレンタルで借りて見たので、プチ感想を書いてみます。(買えや)


◆オープニング:『ピリカピリララ、1・2・3・Go!』が、テンポ良くてお気に入り♪OPとしても私的には最上級レベルの出来に思います♪
◆エンディング:最初見た時は、あまりのキャラの崩しっぷりに仰天。でも、元気がある曲。

次に、
◆エンドテロップ集見た時に思った、各話についての思い出的一言

内容についてのネタバレ、アリです。


1話:大学生のどれみが小竹に会う話。(語弊)
2話:廃墟な魔法堂を掃除する話。
3話:あいこが泳ぐ話。意外な弱点。
4話:おんぷが旅に出る話。若干よくわからなかったっけ;
5話:テンポ良くて面白かった話。ちょっとしみじみ。
6話:えっ!?何っ!?何の話だっけコレッ!?・・・あぁ、レコードの話か;
7話:タイヤキの話だね。
8話:・・・リコーダーが割れた話。
9話:ボールにハエが止まってた話(w。あと矢印がナイス演出。
10話:阪神が優勝したのって、確かどれみ達が中1になった頃でしたっけ?
11話:・・・多分、コレが、はづき視点の矢田君なんだな・・・。
12話:色々考えさせられた話。ていうか、のんちゃんスゴすぎ。
13話:なんだかんだで、このシリーズの最終回としてベストな話だったかと。


さて、どんな話か気になってくるでしょう?(なる訳ねぇ;)

個人的には、5話がテンポ良くて好きッス。一番多く見返した話。もちろん、内容も良かった。どれみ最高!

エンドテロップから話の内容がすぐにわからなかったのは、6話;
(スポット集見て、ようやくどんな話か思い出した;)
ていうか、この話からこのエンドテロップを作るセンスって;相変わらずだなー。好きだよこのセンス(笑)

9話。予告見て予想してたよりもずっと面白かった話。5話の次に多く見返したかなー。ボールにハエが止まる辺りの表現とかタイミングとか、矢印の使い方とか・・・全部上手かったんだろうな。あれだけ面白かったってコトは。

10話も良かったなー♪本編シリーズ中では触れられていなかった、あいこちゃんの色恋系の話なんだけど、それがここまで合うとは♪
阪神の優勝した時期と、本編の時期を照らしあわせて、その後を想像してニヤニヤしてみる、という追加的楽しみがあるのもまた♪

12話。アバンがありません。そして、エンディングも懐かしい曲です。色々な意味で特別な話。
しかし、のんちゃん、って・・・よく考えたら、ひとつ前の記事で紹介した『活動漫画館』に登場するキャラと同じだよね;後から気付いたよ;

13話。ふぁみちゃんがここに来た時には、おばあちゃんは死んでるんだよね、あの様子から察するに。
・・・わかってはいるコトだよね、誰にでも死は訪れるって。でも、その時が来たのかと思うと泣けて泣けて。
ふぁみちゃんがどれみに似て生き生きしているのが、また。
・・・こーいうの、弱いんですよーーー、受け継がれていく生命ってカンジの話がーーーっ(TT)

ていうか、13話の予告オリジナルバージョンって、けっこうモロ言ってたな;孫って;予告編であそこまでネタばらししていーものか?とちょっと思った;
そんでもって、もしかして、ふぁみちゃんマジョリカ知ってる?(リアクションから見て。)個人的には、ぜひ、ハナちゃんにも会って欲しかったっ。


・・・ま、感想としては、こんな所かな。

  1. その他アニメ
  2. 2005/06/08(水) 23:20 | 
  3. コメント:0 | 

デジスタでの収穫

先週のデジスタは、今まで見た中で一番、実質的な収穫がある回でした。

今回のデジスタのテーマは、ウェブアニメーション。

ウェブアニメってコトは、当然ネットで見に行けるので――今回のデジスタ見て、気になった作品の製作者のHPに行ってみたりしたのです。

ちなみに、その作品はベストセレクション取った『The Velvet Baby Powder』『GO!GO! アイスキャンディ』の二つ。

作品単体としては、『The Velvet Baby Powder』の方がテーマ性はあるように思いました。
実際、ベストセレクションを取ったのも、この作品ですし。
(ベストセレクションといえば。最近、スタジオに呼ばれてるヒトがいつも取ってるような気が。前もって決まってるのかなぁ?なんかそう思うと、ちょっと興ざめ。)
見た後に、曲がぐるぐる頭の中回ってました(笑)

そして、行ってみたHP全体として興味深かったのは、『GO!GO! アイスキャンディ』の作者さんのHP(活動写真館)。

あれだけ動きまくる画像が、(一部除いて)ほとんど全てがGIFアニメ、というのもスゴイけど、さらにその上、アレだけスゴいモノを作ってるヒトが、実は某島で八百屋さんをやっている、というのもまたツボ。

とにかくもぉ、見てて楽しい楽しい。そして、面白いし笑える。
フツーに冷静に見ると、色々ツッコミ所はあるかもしれないけど、そんなツッコミはまったくもって無粋

GIFアニメつって、素材屋さんにあるよーな、アイコンが点滅したり犬がしっぽ振ったり、なんて程度のモノを連想してると衝撃受けるコト間違い無し

なんつーか、作者さん、爆発とかガ○ダ○とか好きなんだろーな、ってカンジ?ガ○○ム好きには激しくオススメサイトですね。
他にも、色々なキャラが出ています。

という訳で、勝手にブログのリンクに追加してみました。→
(リンクフリーって書いてないけど、リンクしちゃダメとも書いてなかったし(爆)、HPの雰囲気的には、リンクフリーっぽいカンジがしたもんで。)

中でも、特に面白いのが、機○戦士のんちゃんシリーズ。
そして、個人的に一番気に入ったのが、『のんちゃんのカレー・地獄編』ですね。

でも、行ってみた際には、是非、初期の作品から通して見るコトをオススメします
けっこう過去のキャラとかがゲスト的に出てるし。そーいうのを発見する楽しさもありますし、作者さんの成長の激しさが見て取れるのもまた面白いので。

ちなみに、そこのHPからリンクが張られている他のHPには、この作品に音を上乗せさせた作品を置いている所もあります。そっちもオススメ♪


・・・願わくは、デジスタに出たコトでミョーに目立ってしまって、その結果、サ○ラ○ズに文句言われるような事体になったりしませんように。
ですが・・・まぁ、余計な心配事ですよね;


  1. 雑記
  2. 2005/06/06(月) 23:27 | 
  3. コメント:0 | 
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。