Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

道士郎でござる◇78 感想

・・・それは、先週の水曜日のコトでした。

前もって、ある程度の情報を知っていた私は――
恐らく、『道士郎でござる』を読んだら大泣きすると予想して、ポケットティッシュを3コ装備して(笑)本屋へ向かいました。
そして、ビミョーに緊張しつつも、サンデーを無事購入。
・・・例によって、車の中で読み始めたのです。


1回目。
とにかく食い入るように見る。読む。一コマ一コマを大事に、丁寧に。
ページをめくる指の動きさえも丁寧に。
頭の中は空白状態。ただただ目の前の絵とセリフに集中する。
マンガにここまで集中するのはどれぐらいぶりだろうかと思う程に。

2回目。
再び丁寧に読む。
改めて、前半の健助の活躍っぷりに燃えて、萌える(笑)
去っていく道士郎の背中。エリタンのそれぞれのアリガトウ。
――押さえていた涙が溢れ出す。
涙が出たら止まらない。(誰にも見られてないけどみっともないことこの上無い;)

3回目。
唐突に、ある事に気がついて。
心が・・・とても、痛くなった。(気がついたのは、健助の心境についてのコトです。)




6回目。
帰り道。信号で止まる時間を利用して、再び読む。(危険。マネスルナ。)
最後の、戻って来て謝る健助に、ちょっとだけ笑った。
笑って――
――泣いた。


◇結論。
ポケットティッシュ3コでは、涙と鼻水をぬぐうにはギリギリです。
(そこか;)

・・・山積したティッシュの山に、
ちょっと冷静になってそう考えた、本屋からの帰り道でした。(笑)


――さて。では。
いいかげん遅くなりすぎて;旬も過ぎた感のある
今回のござる78の感想ですが・・・

というか・・・すいません。(謝)
今回の感想は・・・もう、完全に暴走しています;色々と。超長文だし;

なんか色々やって、リミッターが外れちゃいましたから。
遠慮無しに暴走しましたから。
暴走するだけ、させてもらいましたから。
多分、ここに来てくださっている方全員を置き去りにする自信がありますから。
あー・・・さすがに今回ばかりは、呆れて来客が、減るかもな・・・(汗)

全ては、来週が最終回なのが悪いのです。(こらこら;)

そんなんでも構わない、という稀有な方だけ――
『続きを読む』より以降に進んでください。(汗)
・・・今回は・・・多分、今までの中で一番の長文です・・・って、毎週書いてるような気がするなこの言葉;


→続きを読む...
スポンサーサイト


  1. 道士郎でござる・感想
  2. 2005/12/30(金) 01:38 | 
  3. コメント:0 | 

道士郎でござる・再開要望のススメ

『道士郎でござる』の「次回最終回」が決定して、
メリーなクリスマス所じゃない程、鬱になっている人々に贈ります。


◇『道士郎でござる』の終了について
 異議を唱えたい場合に出来そうな事のリスト◇


 1.ハガキのアンケートを出す。(締切:2006年1月11日(水))
 2.WEBサンデーのアンケートを出す。
 3.サンデー編集部宛に、意見を書いた手紙かハガキを送る。
 4.『青春学園』に道士郎再開を要望する内容のネタを送る。(投稿戦士推奨)
 5.小学館HPのお問い合わせメールフォームで意見を送る。
 6.コミックス購入者アンケートを出す。
 7.西森先生に応援のメッセージを送る。



・・・なんつーか・・・
捜せば、結構あるもんですね・・・やれるコト。


◇以下、細かい解説。


1.ハガキのアンケートを出す。(締切:2006年1月11日(水))

そのまんまです。
ちなみに、サンデー3・4号の場合では、
列車マンガ『グランドライナー』のカラーページの前に、アンケートがあります。
切り取って、道士郎贔屓の内容で出しましょう。(笑)


2.WEBサンデーのアンケートを出す。

これは一番手軽で手堅く、かつ自分の意見も書ける方法です。

せっかくネットが出来る環境にあるのです。
ハッキリ言ってやらなきゃ損な位の方法です。

ハガキより手軽な上に、『ご意見ご感想』を記入できる欄があるのが魅力的。
一言でも長文でも、「道士郎でござる」の最終回反対もしくは再開を希望する内容のメッセージを送りましょう。(この場合、あくまで冷静な意見を心がけましょう。)

◇行き方解説
WEBサンデー(http://websunday.net/)に行きます。
右側メニューの下の方にある『プレゼントアンケート』に行きます。
→ メールフォームが出ます。



3.サンデー編集部宛に、手紙かハガキを送る。

これは、ぶっちゃけ、勇気が要ります(汗)
でも勇気が必要な分、効果があるかもしれない、と信じたい手段です。
自らの強い想いを込めた文章を送りましょう。(あくまで、冷静な意見を心がけましょう;)

でも。場合によっては、読まれずに速攻破棄される可能性もあるかもしれません。が、やらないよりはマシだと信じたい。そんな手段です。


4.『青春学園』に道士郎再開を要望する内容のネタを送る。

・・・コレは・・・さすがの私でも、こればっかりは・・・と思う手段です;
つーか、このリストの中では恐らく一番効果が薄い手段のような気もしなくはなかったり;でも、無いよりはきっとマシ。
コレは、いつも『青春学園』に投稿している常連さん推奨ですね;
常連さんの意見なら、効果はより期待できるかと思われます。


5.小学館HPのお問い合わせメールフォームで意見を送る。

これは恐らく、ネットが出来る環境の人にとっては、手軽で手堅い手段のように思います。
あと、返事が返ってくる可能性が高そうです。
WEBサンデーとは別ページなので、要注意。

◇行き方解説
小学館公式HP (http://www.shogakukan.co.jp/)に行く。
『お問い合わせ』のページに行く。公式HPトップの左下にあります。
『編集部へのお問い合わせ』に行く。(一番上です。)
『週刊少年サンデー』に行く。(左側の列。コミック誌のカテゴリー上から二番目)
→ メールフォームが出ます。


・・・アンケートと違って、メールアドレスと名前だけでもOKってのが、住所を晒したくない人にとっては、魅力的かもしれません。


6.コミックス購入者アンケートを出す。

コレは、コミックスを買った人しか出来ません。

実は、コミックス巻末に『アンケートのお願い』の欄があります。
そこに書いてあるアドレスにアクセスして、キーコードを入力すると、アンケートフォームが出ます。
でも、かなり手間のかかる手段です。
しかも、氏名・住所・生年月日などの、細かな個人情報を入力しなきゃならないわりに、こちらの意見を書く欄とかは無かったりします。

こんな手間のかかるアンケに応える人はめったにいなさそうなので、もしかすると、ある意味においては効果は期待できるかもしれませんが・・・
コレは、個人情報を晒したく無い人には、オススメできませんね;


7.西森先生に応援のメッセージを送る。

コレは、ある意味においては、上記のあらゆる手段よりも、最も効果が期待できる手段かもしれません。
なにしろ、道士郎再開が叶わなくても、西森先生を励ますコトだけは必ず出来る、という特別効果付きですから。
次回連載へのエネルギーになる可能性もありますしね。

◇行き方解説
WEBサンデー(http://websunday.net/)に行きます。
右側メニューの上の方にある『まんが家バックステージ』に行きます。(『ダウンロードスタジオ』の真上です)
西森先生のページに行きます。(一応、どの先生でも可。)
記事の下にある『先生への励ましメールはこちらへ』に行きます。
→ メールフォームが出ます。



以上。
解説、終わり。


ちなみに――
個人的に一番のオススメは、「2」のWEBサンデーのアンケートです。
一番、手軽でかつ手堅く、更には自分の意見も書けるという特典付きですから。
(あと、ハガキのアンケートとWEBサンデーのアンケートは、内容が違うので恐らく別モノです。余裕がある人は、二つとも出しましょう。)


・・・とりあえずは、こんな所でしょうか。
もし、まだ他に手段が見つかれば、追記していく形にします。


・・・それにしても・・・我ながら、必死ですね(苦笑)
こんなコトばっかやってるから感想文がなかなか進まないんだよ;

  1. 道士郎でござる・雑記
  2. 2005/12/24(土) 14:42 | 
  3. コメント:4 | 

決意を表明してみるテスト

今週の、『道士郎でござる』を読みました。
(注:今回の文章は、正式な感想じゃありません)

大雑把な結論として――
なんだか、終わり方として、非常にキレイに終わりそうなカンジです。
清清しくも悲しい程に。
来週の展開を予想して、ページ数と照らし合わせてみると・・・ホンットにキレイに収まりそうなんですよね・・・悲しいコトに。

個人的には、あまりキレイに終わって欲しくないんですけどねー。
第二部とかに可能性つなげたいんですよ。どうしても。

多分、終わり方として、あの松崎の件も一応片付きそうだし。
それと、健助と道士郎の友情と絆が、ある一定の結末を迎えるコトには間違い無いと推測します。どっちに転ぶかはわかりませんが。
(とにかく、今回の展開のままだと、健助の気持が収まらないですよ。これをなんとかできるのは多分、道士郎だけだと思うのです。(詳しくはまたいつもの長文感想にて;)

・・・健助と道士郎の友情と絆が、ある一定の結末を迎える。
でもこれは、逆に言えば、スタートラインと言えなくもないとも思うのです。
このまま終わるには、あまりに忍びないです。

私は、まだ諦めませんよ。

自分に出来そうなコトは全部やります。
WEBサンデーのアンケートは出しました。
それから、ハガキでもアンケートを出します。(←これからか;)
(ハガキアンケートとネットアンケートって、同じかと思ってたのですが、実はそうじゃないんですよ;くぅっ・・ソレにもっと早く気付いていれば、今まで出したアンケも効果2倍?だったのにっ!!(涙))

(以降、冷静に見ても、痛いコトしか書いてないので『続きを読む』以降に引っ込めました;
・・・本格的な長文感想は、また後日書きます;)
・・・また長くなりそうです・・・(汗)

→続きを読む...

  1. 雑記
  2. 2005/12/23(金) 15:39 | 
  3. コメント:0 | 

道士郎でござる◇77 感想

私は今、『仮面ライダー響鬼』も毎週見ています。(爆)

この話は、高校一年生の少年・明日夢と、強い『鬼』である青年・響鬼を主人公とした話なんですが・・・。
・・・ある意味においては、この話は、思いもかけず、『道士郎』と似たような所のある話だなーとか思ってみたりしています。

なんつーか。『絆』をテーマにしている辺りとか。
高校一年生の少年と、無敵に強い人間の話とか。

でもコレは、『道士郎』に変換して楽しめる、といった類の話ではありません。
あくまで、別々です。
ハマッたのも、一応、『響鬼』が先ですし。
でも、ハマリッぷりの深さは、ダントツで『道士郎』の方が深かったりしますが(爆)

・・・そして。
ちょうど、この『響鬼』も今がクライマックスだったりします。
元々から一年間の話なので、もうすぐ終わってしまうのは、仕方無いコトなのですが・・・やはり、ちょっと寂しいですね。
・・・ぱにぽにだっしゅも終わっちゃうし・・・。

好きな番組が終わるアニメの番組改変期は、いつもこの鬱を乗り越えるのが大変です。さらに今回はそれに上乗せするよーなコトがあるからもっと大変だ;
しかも今回は、『響鬼』も『ぱにぽにだっしゅ』も、半端じゃなくハマッていましたから・・・それが一気に終わるっていうのが、また寂しさに拍車をかけます(泣)。
・・・楽しみな作品がどんどん無くなってゆく気持ですよ。(涙)

でも――
そうは言ってても、実はアニメやドラマ等は、意外とその印象が薄れていくのが早かったりします。(爆)
手元に、ビデオ等で保存して残していても、なかなか見ないですからね。

しかし。これがコミックスや小説だったりすると、話は変わってきます。
いつでも手軽に見られる分、その印象はいつまでも薄れません。

だから私はきっと、『道士郎』を忘れないと思います。
以前に大ハマリしていた『スレイヤーズ』並に、私の精神構造の一部分を構成するまでに、きっといつまでも残っていくコトでしょう。(笑)

――で。
それはさておき。

今回もまた、感想書くのキツかったです。・・・先週とは違う意味で。
なんか、へしゃげそうになる自分と戦いながら感想書いてるってカンジで。
夜ロクに眠れないからプチ頭は痛いし、胃はギリギリ痛むし、胃が痛いから食事もあまり取らなくてダイエットした時より体重減っててなんかラッキーだったり(笑)。(←おい;)

それというのも・・・
某巨大掲示板で得た、かなり信憑性のある情報を元に判断した絶望的な事実を知ってしまったからなのですが。

さらに今回は、その情報を前提に、感想を書いたりしています。
・・・まぁ、ある意味においては、3号で知るハズの情報のネタバレであるとも言えなくもないですね。
・・・それでも構わない、という覚悟のある方だけ――
『続きを読む』より以降に進んでください。

・・・今回の感想は・・多分、先週並にムダに長いです・・・(汗)


→続きを読む...

  1. 道士郎でござる・感想
  2. 2005/12/20(火) 23:59 | 
  3. コメント:0 | 

『道士郎補完計画』勃発

いや、実は今、感想文書いてる真っ最中なんですけどね。77話の。

その中で、なかなか気に入ったカンジの補完話が書けたので、感想文よりも先にUPしてみます。

感想そのものは――
もうこうなったら、やってやるっ!!!
どんなに長くなっても遅くなっても、書きたいコトを全部書いてやるっ!!!

って気概で書いてますので・・・(汗)
ヘタしたら、火曜日の夜どころか、日付変更で水曜になってしまうかもしれません。申し訳ないです(汗)

では、補完話は、
『続きを読む』より以降にて。
(注:これは、正式な77話の感想文ではありません。)


→続きを読む...

  1. 道士郎でござる・感想
  2. 2005/12/19(月) 01:00 | 
  3. コメント:2 | 

チャット参加

昨晩、道士郎サーチさんで行われたチャット大会に参加してまいりました。

なんとゆーか。
仲間が一杯いて嬉しかったです。
あと意外に、ココを覗いてくれている方が多くて焦・・・もとい、驚きました;
・・・名前をめった使わないサードネームに変えてたのにバレるんだもんなー(汗)ビックリですよ;
こんな駄文長文感想でも読んでくださる方がいると思うと励みになります。

いつも覗いている道士郎系HPの管理人さん達も多数いらして、感激しました。
その上、色々な素敵妄想も見れて楽しかったです。

そして――
個人的なコトですが・・・今週号のアレで色々とソレだった気持が、チャットで色々話すコトで、かなり癒されました。

・・・同志な仲間がいるのって、こんなに心強いんですね。
だからきっと・・・来週の水曜日に、どんな結果が来たとしても――なんとか、耐えられるような気がしてきました。

本当に、ありがとうございました。



あと・・・・今週の感想ですが(汗)

すいません(汗)
実は今回、いつも感想を書くのに使っている時間の大部分をチャットに費やしてしまった為、今週の感想は大幅に遅れます;(死)

・・・か、火曜日の夜までには、きっと・・・(←遅すぎです;)

  1. 雑記
  2. 2005/12/18(日) 12:47 | 
  3. コメント:3 | 

複雑で愚直な想い

(注:今回は、道士郎(本誌)の感想じゃありませんが、ネタバレがあります。要注意。)

関係無いようなあるような話ですが。

テレビアニメ「ぱにぽにだっしゅ」は、残りがあと3話程度だそうです。

『道士郎』の次にハマっていたので、終わるのは残念ですが・・・。
まぁテレビアニメはある程度の期間で終わるコトが前提なので、まだショックは少ないですね。まだ。

でも、個人的には相乗効果を生み出すには充分なダメージですが。


・・・・・・・・・・・。
ああもう、なんつーか。
今、ちょっとだけ鬱です。
(これでも、あるサイト様の超素敵キリリクイラストのオカゲでかなり大幅に癒されたのですが・・・。あのイラストが無かったら、多分今ごろ私、マジで寝込んでました;)

・・・・・・。
以下、超ネガティブなコト書きまくってます。

アンニュイな気持になりたくない人は絶対に読まないで下さい。
後、今週のサンデー本誌読んでない人も絶対に読まないで下さい。

『道士郎』が好きな人は、気分が落ち込むので読まない方がいいです。

覚悟を決め、自らの気持に引導を渡すコトが出来る人以外は、
読まないで下さい。

あと、『道士郎読んだぜ。ザマーミロだな(爆笑)』という人。
申し訳ありませんが、帰ってください。


→続きを読む...

  1. 雑記
  2. 2005/12/15(木) 23:54 | 
  3. コメント:0 | 

道士郎でござる◇76 感想

今週号読んだ。

いやもう、なんつーか。
今週、健助殿祭りですか?みたいな。(ネタバレギリギリ;)

健助ファンとして、読んでる途中からすでに狂喜乱舞状態。
途中の健助のモノローグ然り。健助とエリタンとのやりとり然り。
そして、ラストの道士郎と健助のやりとりで、完全ノックアウト。
・・・うーん、もういっそ、健助殿萌同盟にも入ろっかな・・・と思う位です;

いやもう、ここまで感情的に徹底的に揺さぶられるとは。
思わず雄叫びとか上げそうになりましたよ。(危険)
・・・まぁ実際叫んだけど(より危険)・・・外に聞こえないよーに走ってる車の中で。(更に危険)

・・・これ以上は、ちょっとネタバレ発言抑えられそうにないので、
『続きを読む』より以降にて。

あと、今週はいつも以上に・・・というか、マジでハンパじゃなく長くなってますので・・・ご注意を(汗)。(←こんなに長く書くから、更新遅れるんだよ。全く;)
ていうか、今週・・・感想、書くコト多すぎてマジキツかった・・・(汗)


→続きを読む...

  1. 道士郎でござる・感想
  2. 2005/12/13(火) 02:20 | 
  3. コメント:0 | 

『道士郎』ページを開設しました。

・・・えーと。

私のメインHPに、『道士郎でござる』の専門ページを開設しました。

とはいえ、コンテンツはまだほとんど何も無いですが;
(『次回予告』の結果転載ページみたいなラクなのはあります;)

でも、『日程考察』はそれなりにガンバッた・・・ツモリです;
さりげに『あらすじ』のページには、妙に苦労しました;その割には面白くないページになってしまいましたが;

・・・ホントは、考察系の記事のページも作りたかったのですが・・・
そのメインテーマの一つ(『道士郎はいつ健助を殿と認めたのか?』)が、今週の話でツブれちゃいましたし(笑)
・・・ま、考察のページはその内、いずれ。

それ以外でも、他に色々やりかけたり作りかけたりしている事等もありますし。
まだコンテンツは増えていくと思います。・・・多分。

・・・何はともあれ;
コレでやっと道士郎サーチさんに登録申請するコトが出来そうです。
どうもあんなアホ感想書いてるだけじゃ登録するのに申し訳なくて;

あ、あと。
以前ここに載せた小話モドキ・・・アレ、いつかHPの方に載せるとか書きましたが。
なんか、あまりにヘタな文章すぎるので、今回の転載はヤメときます(爆)
その内、何処に何があるかわからない位コンテンツが増えて、こっそり置いとけるよーなカンジになったら、置くかもしれません(笑)


  1. 道士郎でござる・雑記
  2. 2005/12/10(土) 23:23 | 
  3. コメント:2 | 

道士郎でござる◇75 感想

突然ですが。
まんがタイム・スペシャルという雑誌に、
現在、「えすぴー都見参!」という4コママンガが連載されています。

コレは、剣術の腕が立つ女の子が大企業の御曹司(大学生)のSPをする――という設定のマンガなのですが。

主人公の『都』の和風&敬語しゃべりの為なのか、性格の為なのか。
あるいは、『都』の主である御曹司の性格がツッコミ系で健助っぽい為なのか。
この作品には『道士郎』に脳内変換できそうなネタが満載なのです。

主人公『都』のボケを→道士郎に置き換え、
御曹司のツッコミを→健助に置き換えて。
ビミョーに武士と殿の掛け合いネタとして楽しむコトが出来たりするのです。
・・・ネタによっては、やや801っぽくなるけど;

ちなみに。
最初に、このマンガがオイシイ存在である事を知ったのは――
たまたま手にとった『まんがタイム・スペシャル』の11月号で、
「仕える主は既に決めています故。」
――というセリフを見た時でした。

いやもう。
なんて、道士郎に言わせてみたいセリフだろうか!と思いましたよ。

それ以来、道士郎変換ネタが満載のこのマンガの事が気になって、『まんがタイム・スペシャル』を見かけるたびに、立ち読みするようになりましたよ。
(余談ですが。このマンガの作者の岬下部せすなさんは、SO2の4コマ劇場で描いてた方で、個人的には馴染みがあったりします。これも何かの縁ですね。)

最近のネタの話をすると――
先月号の12月号には、主人公・都が地震にビビる、というネタがありました。

見て思いましたよ。
道士郎ってアメリカ育ちだから、地震に慣れてないよな。って。
地震国日本で、地震にあって異常に驚く(表面的には冷静を装っている)というネタがあったら面白いかも・・・とか思ってみたり。

今月号の1月号には、あまりネタが無くて残念。
あえて言うならクリスマスの靴下飾りつけにタビを使う・・・位か。


――とまぁ。
散々、道士郎の本編とは全く関係の無い話を展開した所で。

いつも通りの、異常に詳しく長く、鬱陶しい下手文章な感想文は、
『続きを読む』より以下にて;


→続きを読む...

  1. 道士郎でござる・感想
  2. 2005/12/05(月) 01:50 | 
  3. コメント:0 | 
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。