Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (02/18~02/24) 389訓 247話 65話


オトナファミ?とかいう雑誌に掲載されていた、
西森先生の特集&ロングインタビューを読みました。

西森先生の作品の特集としては、
記事を描いた編集者の愛に溢れている内容だと思いました。


普通のオザナリな特集なら、道士郎やスピンナウトは無かったかのよーな扱いをしたってオカシクないのに、の記事では、一つ一つの作品を丁寧に取り上げてくれてるのが良い。
ちゃんと「いつか空から」や「A子」についても記事があったのにも感動(笑)
しかも、取り上げる名場面も、ポイントを良く押さえているし。
道士郎のパロメータ、常識のトコだけ(他の主人公達に比べても)格段に低くてワロタwww

きっとこの記事を特集した人は、本当に西森先生が大好きなファンのヒトなんじゃないかな?と推察しますよ。


――で。個人的な感想としては。

インタビューにおける、道士郎の部分が・・・
・・・少なからず、ショックだったりも。

「もう描いてやらないもんね」って・・。先生、そんな事まで思ってはったんですか(泣)
・・・アレかな・・・。あの当時、色々と騒いだのって・・・どうも完全に逆効果だったみたいですね・・・。
ただ、この記述だと打ち切りかどーかについてはハッキリしない所もポイントですね。(おい;)まぁ、「お茶」の方は打ち切りで無いコトは、ほぼ確定したみたいですが。

興味深いのが、道士郎の最初の構想について。
「道士郎がシリーズ物で~健助以外の別な人の所へ行って、ソコでその人に絡んでその人が頑張って~」ってモノ。
確かにこの構想なら、道士郎のキャラも生きるし、健助が成長しきちゃっても話を続けるられるしで、面白いコトになったと思います。
ただ、このパターンだと健助が空気化するのは確定ですが(笑)

つーかこの構想なら、普通に続編出来ると思うんですが(笑)
・・・まぁ、身体の調子もアレみたいだし、ムリかなぁ・・・やっぱ・・・(泣)


あとは・・・インタビューを読んでいて、
所々に垣間見える、編集部のアレっぷり
が・・・ね:::
スピンナウトの春風さんが西森さんっぽい絵を強要されてたとか、最新の連載についても先生の意向無視して、描きにくいキャラを希望してたりとか・・・;
「例のあの事件」から垣間見えた編集部のアレっぷりはホンモノなんだなと、重ねて重ねて、強く思いましたよ。

・・・まぁ先生の希望してた山田っぽいキャラについては、「いつか空から」の方の主人公がそれっぽいと思うので、そちらを楽しみにするとして。

あとは――
「お茶」の終盤のエピソードについては、そんな大変なコトになってたのかと。そしてそんな状態であの最終回を描けたのかと、凄く驚きでした。
それでも今現在まだ漫画を描いているってのも凄いですが;

いっそ、ホントに漫画原作に移っちゃえば・・・とも思うけど;
ソレをやったらまた無能編集が、描き手に西森絵を求めてアレなコトになっちゃうのは明白だしなぁ・・・;
私的には、「じょ○らく」とか「バン○ーブレード」みたいに、絵柄を元作者から全く変えちゃうのはアリだと思うんですけどね・・・(実際、どっちもアニメ化(予定)する程の人気出てるワケだし)

小説については・・・ううむ;;

西森先生・・・既に多くの人にツッコまれてるとは思いますが
流石に、今のご時世に天変地異モノは色々マズイと思いますぜ、としかツッコめないかも;
昨年秋に書いたって話ですが・・・
何故、このご時世にソノ題材を書いちゃったし;
(逆に、このご時世だからか??;)

だがしかし、個人的にはその小説、読んでみたいモノです。
・・・このご時世でさえ、無ければなぁ・・・(残念)

・・・って;
結構長々書いちゃいましたが;
大体、感想としてはこんなカンジです;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
アニ銀、銀魂、鋼鉄です。ネ○まは休載です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


→続きを読む...
スポンサーサイト


  1. 総合感想
  2. 2012/02/26(日) 22:39 | 
  3. コメント:0 | 

総合感想 (02/11~02/17) 388訓 246話 64話


何か最近、
北米版のリズ天が出たらしいですね。
もうとっくの昔に出てるモンだとばかり思ってましたよ;

トレーラーとか見てると、日本版との違いが色々楽しいです。
掛け声とか色々細かく変わってたりするしw
「マジ大好き」が「crazy into you」、「ホント」が「Fo' sho'」になってたり、
「OK Don't mind」「Hey You can do」が「OK it's on」「It's up to you」に変わってるのがちょっとビックリしました。ドンマイが和製英語とは思ってたけど「You can do」も変わるのな;;
あと、あっちにはエンドレスゲームに「まんざい」が無いっぽい?(変わりに初代の「ウラおとこ」が入ってるっぽい)
・・・「まんざい」は流石にあちらさんには通じないか(笑)


つか、アレ見てるとまたリズ天やりたくなってくケド・・
どうにも、レギン○イブが楽しすぎて、中々リズ天に切り替えるヒマがありませんよ;(どっちも同じWiiだし;)

リズ天の楽しさを超えるとは・・・;
・・・レギ○レイヴ恐るべし・・・;



閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
アニ銀、銀魂、鋼鉄です。ネ○まは休載です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


→続きを読む...

  1. 総合感想
  2. 2012/02/19(日) 21:28 | 
  3. コメント:0 | 

総合感想 (02/04~02/10) 387訓 245話 352時 63話


ネ○まが・・・
残り、3話・・・だと・・・!?


ちょ;;前回、「思ったより早く終わるかも?」って書いてたら;;
更にソレを上回る早さで終わりが確定しちゃったよっっ!!!

どうなってんだコレ・・・;
ネ○まレベルの超長期連載でも、
終わる時はこんなアッサリしてんのか・・・。

ほとんど打ち切りレベルじゃないか・・・?コレ・・・;(爆)

・・・銀魂でも、ラスト付近に持ってくるような伏線を続々投入してて、終わりが近いんじゃね??ってちょっと戦々恐々してましたが・・・
ネ○まのこの終わり方を見ると・・・
もう、いつ何があって強制終了になるかわかんないから、
むしろ、さっさと今までの伏線をガンガン使っちゃってくれ、って気持ちになりますね;(汗)

まぁ、個人的に気になる絶対消化してもらいたい伏線は、
新八の父親の件と、万斉=つんぽの件ですが。

・・・どっちも新八絡みの可能性高いから、
絶対、無かったコトにして欲しくないですよ;;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
アニ銀、銀魂、ネ○ま、鋼鉄です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


→続きを読む...

  1. 総合感想
  2. 2012/02/12(日) 22:01 | 
  3. コメント:0 | 

総合感想 (01/28~02/03) 386訓 244話 351時 62話


斬撃のレ○ンレイヴ・・・
まだまだ操作に慣れない感はあるケド;
コレ、自分の思うように動かせたら、物凄い楽しいゲームになるかもしれません(爆)

――だがしかし。

斬撃のレギ○レイヴって名前から、どうしても「斬撃のドラグスレイヴ」ってのを連想してしまってしょーがないです(笑)
いや、「レイヴ」って言葉の響きが似てるだけなんだけどね??;
しかもドラグスレイブの方は「ヴ」じゃなくて「ブ」なんだけどね?;

・・・も、いっそコレ、派生ゲームとして
斬撃のドラグスレイヴとして出てくんないないかなー(笑)

巨人族→レッサーデーモン等に置き換えると、敵の群れに襲われる村とか、キャーキャー騒ぐ村人を背景に戦う所とかが、スレイヤーズシチュエーションと思えなくもないし(笑)

その場合、リナがフレイヤ、ガウリイがフレイな立ち位置で・・・
・・・いや。いっそ二人の子供か子孫が主役とかもアリか(笑)
あくまで「斬撃のドラグスレイヴ」であって「スレイヤーズ」ではない的なカンジで(笑)
魔法を繰り出す杖の代わりに、結晶集めて魔法を覚えるようなカンジにするとか(笑)で、最終魔法がドラグスレイヴ(笑)

・・・・・うん。

妄想だけは自由だね;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
アニ銀、銀魂、ネ○ま、鋼鉄です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


→続きを読む...

  1. 総合感想
  2. 2012/02/05(日) 21:54 | 
  3. コメント:0 | 
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。