Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

道士郎的即興企画・壱


さて。突然ですが、道士郎企画です。

何をやらかそうかというと・・・簡単に言うなら;
道士郎のプチ連続小話を連載的にブログに載っけてみよーかという試みです。

フツーの連載モノと違うのは、あらすじがキッチリと決まってない所です;
(その日その日で、即興に近い形で書くツモリ;)
なので、この企画がどーなるか、全く見通しが立ってません(汗)
その時に書けたモノだけをUPするツモリなので、すごく短くなる可能性もあり。オチがつかない可能性もアリ;
・・・しかし、敢えてあまりそんなコトは気にせず、ガンガンいってみよーかと;;

途中で挫折して投げ出す可能性もおおいにありますが;(死)
でも、なんとかこの企画が上手くいって、ある程度文章が溜まったら、まとめて一つに書き直してみようかと企んでみたりも;;

カンジンの内容は――
今、放送中のアニメ・ゼーガペ○ンのパロディを考えています。(爆)
・・・あの設定、色々とオイシイんですよー。
二次創作にピッタリ・・ってゆーか、創作意欲が掻き立てられるというか;
なので、もし万が一、この企画をやっててサン○イズに怒られたら即効で止めます;(意気地なし)・・・でも、パロディとはいえ、本編の内容には触れず関係なく、ほとんど世界観だけですから問題は無いと思いますが;しかもSFではよくある設定だし(爆)

そんなワケで、ゼー○ペインを知らない人でも、読むのにさほど問題は無い・・・ようにするツモリ、です。
とはいえ・・・あのややこしい設定を知らないヒトに説明するの、大変そうだけど・・・(汗)

果たしてどうなるコトか;;(ああホントに見切り発車;;)


では、続きは「続きを読む」より以降にて;

ここからは余談ですが。

こんな見切り発射的な上に挫折の可能性もおおいにある企画を、
堂々とブログのトップに置くのは、ハッキリ言ってこっ恥ずかしいので;

この企画は、通常のブログネタと同時投稿を行い、
常にブログの2番目に企画記事が来るような形でUPしてみようかと思っています。(だから、一日おきの連続更新なのデス;)
ブログの記事を一気に二つUPすると、意外と気づかないんですよ。二つ目の記事があるコトに。

だから、かるーく、隠す形になります。(全然隠れてない気もするケド;)
だから、この記事は、この仕組みに気づいた方だけが読める記事だったり・・・するかもです;

では――
即興連載企画の第一回目は、プロローグから、です。


*******

プロローグ ~ 



桜山の町の、夜の公園。
月光に照らされた満開の桜が、風に吹かれてはらはらと花びらを散らしている。

普通なら、こういった街中の桜が満開であれば、
夜桜を見る宴会でも開かれていそうな場所ではあるのだが――
――何故か今、そこに人の気配は無い。


――ただ一つ。
ひときわ大きな桜の木の下に立ち。
舞い散る花びらに包まれながら、桜を見上げる武士の姿を除いては。


『知らない人が見たら、江戸時代の幽霊だとでも思ったりしないカナ?』

そんな事をフト思い、健助はくすりと笑みを漏らす。

だが、そんな目撃者はここには存在しえない事を、今の健助は知っている。
・・・自分一人を除いては。


「――道士郎。」

健助は彼の人の名を、呼ぶ。
その声に、桜の下の武士が振り返り、微笑む。

桜の花びらの舞う中、健助は武士の隣に立つ。


「道士郎・・・。
・・・君はこうしてずっと・・・いつも一人で、この桜を見ていたんだね。」

「――左様でござる。」

「・・・さびしく、なかった?」

健助の問いに、道士郎は黙って再び桜を見上げる。

その顔の横に、はらり、と花びらが舞う。

「今年からは・・・健助殿が拙者の隣にいてくださるからの。」

「・・・そうだ、ね。」

健助は、道士郎と同じように桜を見上げる。
視界いっぱいに広がる桜の花は、美しかった。

――悲しくなる位に。




季節はめぐり、再び桜が咲く季節が戻って来る。

――彼らにとっては、これが長い戦いの始まりだった。


・・・今はもう。昔となった、記憶の欠片。



*******


――はい。以上です。

ああっ、石投げないでくださいっ!モニター壊れますよっ;
すいませんワケわかんない話です。一応、プロローグなので。(言い訳)


うーん;書いててだんだん不安になってきたんだけど・・・
・・・この話・・・今回の連続更新予定のウチに、終わるかどうかわかりません;
とりあえず、今回、溜まっている更新ネタは、全部で7,8回分しかありませんし;(今回を含めて。しかも半分犬ネタ;)

でも・・・もし、7、8回でまとまらなかったら・・・
次の通常更新の時まで、続きは保留ってコトにしてみようかとも考えてたり(核爆)(←なんとしても一番目には置きたくないらしい;)

いや、わかんないですよ?
もしかしたら、7、8回以内ですんなりまとまる可能性もありますし;


・・・果たしてどーなるコトやら;
・・・・・・エライコトをはじめちゃったなぁ、と思いつつ;

今回、ここまで;(本当の意味で;)

  1. 道士郎でござる・駄文
  2. 2006/08/17(木) 23:58 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。