Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

一ヶ月前のめ○ぶら・・・(汗)


――さて。
もう1ヶ月以上前のコトになってしまいますが;
またも、某神坂先生の公式FC・めがぶらにおいて、投稿が採用されました。

・・・てゆーか。
ぶっちゃけ、よほどアレでソレなコトを書かなければ、なかなか高い確率で採用される状態かもしれません;(チナミに、その時の採用ネタと同時に「アメリア相談室」に送ったネタは、よほどアレでソレなモノだった為か、採用されませんでした;)

実は、これって・・・
よくよく考えてみれば、ものすごーーく、贅沢な話な気がします;;

なにしろ。
あの神坂先生が(間接的にとはいえ;)悩み相談に乗ってくださるのですから。
しかも、けっこうマジメに答えてくれてますし;

・・・うん。やっぱり贅沢だ。
よくよく考えなくても贅沢だ。
なんか、凄い時代になったもんだなぁ・・・と、しみじみしてみたりして;;


――ああ、そうそう。
コレは、余談ですけど。
めがぶらの最近の更新で知ったコトなのですが・・・
神坂先生と西森先生の年って、意外に近いのですね;(1、2才くらいしか変わらない;)

・・・ちょっとビックリしました;
まさか、こんなに近いとは思わなかったので。



――えっと。では。

第6回の時に採用された、お悩み等についての私の感想は・・・
『続きを読む』より以降にて;;

今回、採用されたのは、お料理ネタと、懺悔ネタでした。
(※悩み相談ネタについては、上記で語った通り、『よっぽどアレでソレなネタ』だった為に、採用されませんでした(笑))

・・・では。
早速、採用されたネタについての感想なんぞを書いてみようかと思いますが――
懺悔ネタに関しては、語り出したらトコトンどす黒くなりそうなので;(爆)

・・・まずは、マトモなお料理ネタの方から、行きます;


さて。
今回私は、初めてお料理ネタに投稿をしてみました。

そして、その料理ネタは――鍋ネタでした。

私としては、
「なんで夏が近いこの時期に、鍋ネタッ!?」
と、神坂先生にツッコミして頂きたく、投稿したネタだったのですが――;

・・・なんか、フツーにオイシイと言われちゃいました;
(てゆーか、神坂先生、あの鍋知ってたんですね;さすがです;)

予定とは違ったけど、嬉しかったです。


ちなみに。
あの鍋のレシピは、私が知る唯一の、人様にオススメできるレシピだったりします;
冬が来たら、是非、試してみてください。アレは、マジでオイシーですから。

・・・なんつっても、神坂先生のお墨付き!?ですしね。(笑)


――それにしても;
今回、あの鍋ネタがフツーに感心されちゃったコトで・・・
なんだか、これから料理ネタに投稿がしずらくなってしまいました;

『唯一の』というだけあって・・・実は、コレより他に、マトモにオイシイ料理のレシピは、私の手持ちには無かったりするのです;;
・・・だから、次に投稿する時、同じように先生に感心していただけるよーなモノは出来ないと思われます;

ああうう・・・
こうして先の事を考えると・・・『夏なのに鍋ネタ!?』ってツッコミの方が良かったかも・・・とか思えてきます(汗)
・・・いや、そりゃ、もちろん。
先生に喜んでいただけたのは嬉しいのですけど。




――で。
次は、懺悔ネタについて、ですが。


・・・えっと。
経過を軽く説明しますと。

第4回の時も、私のネタは採用されたのですが・・・

その時、私は・・・
「『あの作品』を打ち切りにした編○○にドラスレを打ち込みたい」と、少々カゲキなコトを書いてしまっていました;

それは、『まさか採用なんてされないだろう』と思って、書いたコトだったのでしたが――。

それが、思いもよらず、採用されちゃった;ので――
『ド、ドラスレはちょっと言い過ぎたかなー?』と焦ったコトもあいまって。

・・・今回のよーな懺悔的な投稿をした次第なのであります。
『あの作品』については、言わずもがな、ですね;


そんでもって。
そのネタもまた採用され、シルフィールさんに「よく我慢なさいました。」って言われちゃったワケなのですが;

・・・我慢、したワケじゃないんですよね・・・(汗)
うーん、なんだかちょっとその点でシルフィールさんに対して罪悪感あるかも;

なんといいますか。

いくら懺悔したからといって、気持ちが晴れているワケじゃないのですよ;;

懺悔したのは、あくまで「言い過ぎた」コトであって・・・
○○○を恨みに思う気持ちには、カケラも変わりはないのですから。
(あの場で書いてる通りに;)

ホント、正直なコトを書けば・・・
今の心情は――
スレイ第二部の終盤のルークの心情に近い・・・と書けば。
わかる人にはわかっていただけるかと思います。(一応、わかりやすくパロディの文章を書いてはみましたが――なんだか、あまりに棘のある文になってしまったので載せるのはヤメました;)


そして、そんな心情な所に、リナからの言葉ですよ。

「双方のパターンでのプラス面とマイナス面をそれぞれよく考えて・・」

――声を大にして叫ぶのと。我慢するのと。
どちらが、自分にとって、皆にとって良い結果が出るか――


・・・というコトなのですが。
なんか・・・そのセリフを読んで、しみじみと思いましたよ・・・。


――ええ。リナさん。
私・・・考えましたよ。・・・考えましたとも。・・・あの時。ものすごく。
あの時、感情的に動いているように見えて・・・実は、裏でけっこうマイナス面もちゃんと考えてはいたんですよ?一応;

・・・そして結論として、声を上げるコトにしたんですよ。
私に出来る、ありとあらゆる手を尽くして・・・行動したんです。私。

――望む結果は、まだ得られてはないけれど――
でもたぶん、黙っているよりは、ずっと・・・良かったのだと、思っています。
そしてたぶん、これからもシツコク訴えていくのだろうな、とか言ってみたり(爆)

・・・リナさん・・・私、間違ってはなかったんですよね?  



――と。(ナニ、マジメに捉えてるんだよ、ってカンジかもしれませんが;)
(・・ていうか、このブログ読んで下さっている貴重な方々にドン引きされるの間違いなしだよ;)


・・・でも何故だか、微妙に救われたような気がしてみたりして;
うーん。やっぱし、リナに直接コメントもらったってのがポイント高いんですかね;
なんだかんだで、スレイヤーズとリナ達が私の青春の一部であるコトは、間違いないのですから(笑)


しかし。
・・・コレは、関係ないコトかもしれないけれど。

今回の、リナ達の発言見てて・・・
・・・やっぱし、神坂先生もこーいう経験(大好きな作品が打ち切・・・)
が、あるんじゃないか?って気がますます強くなってきたりします;;
なんつーか、真に迫っているというか、『経験者は言う』な雰囲気があるというか;

――勝手な憶測かましてますが;
そんな憶測で、神坂先生に一方的にシンパシーを感じてみたりして。

・・・神坂先生、冬からの新作2本、楽しみにしてます。(フォロー;)


――という所で。(汗)

今回、ここまで;

  1. 雑記
  2. 2006/08/21(月) 23:59 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。