Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

リハビリもどきなパロディ話


上記に書いたように。
この2週間、某リ○ム天国に我を忘れてハマリ狂っておりました;

その為、こっそり連載中の「道士郎的即興企画」がすっかり止まってしまいました;
・・・もう一週間に3回更新所の騒ぎじゃないです;
万が一、楽しみにしている方がいらしたら・・

大変申し訳ないコトをしでかしてしまってます。
本当にゴメンナサイ(汗)



あうう、本気でだいぶ間が開いてしまったなぁ(汗)
しかも、長いことキーボードにさえ触らない生活してたから、キーボードを叩く指もおぼつかなかったりする体たらくだし;

・・・という訳で。
今回は、そんな超情け無い自分の為に、リハビリもどきの小話を書いてみました。
コレは、リ○ム天国の資料室にあった文章で、道士郎変換が可能っぽい文章を見つけたので、ソレを道士郎変換してみたモノです。(・・・ソレはもはや小話じゃなくてコラでは?;)

と、とりあえず。そんなリハビリ的パロディ話は;
「続きを読む」より以降にて;

この小話の元ネタは、
「リ○ム○国」のオマケ要素、「リ○ム資料室」の「忍者○巻物」です。

健助視点で、道士郎変換してみました。


では。
そんなパロディは、これより以下にて。


*******


『殿の巻物』 



皆さん、始めまして。
僕は小坂健助っていいます。

この前、田舎のお祖父さん家の倉庫で、古い巻物を見つけたんです。
その中には、こう書いてありました。



「コレを見ているお主。
お主は、この巻物をたまたま見つけたのではない。
見つけるべくして見つかるように忍術をかけておいたものなのだ。
わかるか?
コレを書いている我は、ある城の城主であり、お主のご先祖様である。

先日、我は、ある男を配下とした。
その男は、真に武士の心を持つ男である。
しかしその者は忠誠心こそは多分にあれど、その気性ゆえにあれやこれと問題を起こし、何かと我の胃を痛めてくれる。

けれども先日の戦においては、命がけで我を守ってくれた。

そして、その戦が終わった夜・・・我は夢を見た。

そこには、若い男がいた。
世の中に背を向ける事もなく、それでいて
仲間や愛する者の為に身を投げ出せる、勇気のある若者だ。

占いオババによると、その若者、どうもお主らしいのだ。
そして我と同じように、ある男に守られつつも、困らされておる。
そして驚くべきことにその男は、かの武士の子孫なのだそうだ。

こんな巻物を突然見ても、あまりピンとこないかもしれないが。
願わくば、その男は変わらずお主の側へおいてやってほしい。
・・・その男は決して悪い者ではない。
必ずや、お主の力となってくれよう。  」



巻物は、ここで終わっていました。


――今。
僕の側には、ある男がいます。

武士です。

現代日本において信じられないことかと思われますが。
その男は、間違いなく武士なんです。

そして、その男は僕の事を「殿」と呼び、慕ってくれてもいます。
彼は僕を守ってくれようとするコトもありますが、
どちらかというと何かとトラブルを持ち込んでくれる事の方が多い奴です。

でも。
・・・これからどうなるって訳じゃないけど。

彼が望むなら、僕は彼にずっと側にいて欲しいと思っています。


(了)



*******


――以上です;

文章の構成は、ほとんど原文のままですね;
・・・中身はかなり変えてますケド;

最初は道士郎視点にしようか?とも思ってましたけど・・・
健助視点の方がなんかしっくり来たので、健助殿にしました。

あと、この変換小話で一番迷ったのは、ご先祖様の一人称です;
元ネタでは「ワシ」だったけど、さすがにソレはイメージが違ったので・・・。

「拙者」だとモロに道士郎っぽいし;殿に使うにはちょっとヘンなカンジだし。
では殿っぽく「余」にしようかとも思ったけど、なんかちょっと違う。
という訳で。なんとなく「我」にしてみました;・・・意味とか深く考えてません;

・・・リハビリに・・・なった、かなぁ?;


で。完全に止まってる「企画」の方ですが;
・・・今回のコトで大幅な遅れが生じています;どうしましょう(自業自得)
うーん。現実時間のハロウィンに合わせて、小話内でもハロウィンやろーかな?と思ってたけど・・・こうなってはもはや出来るかどーか(汗)

・・・マジどうしよう;;;
ま、なるよーにしかならないか;(おい;)イザとなったら、ハロウィンをクリスマスに変更しても。(更におい;)


では、とりあえず。
今回、ここまで;

  1. 道士郎でござる・駄文
  2. 2006/09/30(土) 23:58 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。