Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

ネ○まの感想を書いてみるテスト・165&164時間目編

相変わらずのバレバレな伏字ですが・・・(汗)
ま、軽~い検索避け(のツモリ)なんで、ご勘弁を。

それでも感想を書くには、それなりの理由がある訳で。

単刀直入に言えば、
好きキャラの美空の活躍があったコトが一番の理由です。


長かった学祭が終わって、今回から本格的な(?)クラスメート編。

てゆーか・・・。
今週&先週ばかりは、思わずマガジンを買いそうになりました。


だって、美空編だよっ!美空編っ!!
学祭終わったら美空編来るかと思ってたケド、今までの不遇っぷりから見てしょっぱなとは思わなかったから、ビックリでしたよっ!


で、その結果。
――今まで、個人的に、美空は気になるキャラであったのですが、
今回と前回で、完全に好きキャラに昇格しました。


いや、ぶっちゃけると、
学祭の時のハメの外しっぷりにはちょっと「アレ?」ってなってたのですケドね;
(それまでの空気・モブっぷりから扱いに差がありすぎて;・・・特に超とのお別れ会シーンとか、後夜祭とか。)
その辺については、164時間目の回で解決したので、私的にはOKってコトで。
てか、先週で、今までの空気時と同じ表情で亜子に接していたのが、私的にポイント高し。(統合性という点で)




◇超って反面教師?

165時間目において・・・
超のコトを思い出すネギを見ていて、フト思ったのですが。

超の存在って、ネギにとっての反面教師なのではないでしょーか?

いわゆる「周りを見ずに暴走すると、こーなるアルよ♪」みたいな?


今回の学祭のモロモロについては、既に色々なサイトで様々な考察がなされているようなので、今更私ごときの稚拙な考えを披露するまでもないとは思うのですが。

それでも、私的な考えとしては、もしかしたら、超りんはネギの反面教師になる目的も半分位はあって過去にやってきたんじゃないかなー?なーんて突拍子も無いコトを思ったりもするのです。


詳しい根拠を書くと、やたらと長くなる(てゆーかなった)ので書きませんが。

・・・まぁ、根拠のほとんどはです。勘。


ちょっと、自分のブログでメモ程度に書いてみたかっただけのコトです。




◇道を誤るコトは無い

なんか、165時間目でのお悩み相談室・・・もとい、懺悔室。

前半ののどかの悩みと、ネギの悩みって、実はちょっぴし似てたりしないかなー?なんて思ったりしています。

ネギは、反面教師な超の姿を見たコトで、自分もああなる危険があるコトを知り、それを恐れている。
のどかは、自分の心にある嫉妬心を恐れている。

コレ、自分に潜む闇の部分を見つめる、という点においては、ちょっと似ている気がするんですよね。

で、美空は、冒頭ののどかの悩みについての解答で
「親友を想うその気持ちがあれば道を誤ることは無い」ってなカンジで答えてるのです。

となれば、似たカンジの悩みを持つネギに対しても、結局答えは同じ。

「周囲を想うその気持ちがあれば道を誤るコトは無い」

・・・だと思うのですよ。

まぁ実際は、ネギは神父(美空)に対してあまし詳しくは悩みを話してないからか、違う回答になっていますが。
結果的にたどり着く結論は、似たよーなモノではなかろーかと思われます。

「もっと気楽に」「関係ない事をやってみては?」
 → 改めて周りを見つめる事に繋がり、周囲と自分の関係を知る。
  → 周りを想う気持があれば道を誤るコトはない。


――みたいな?(我ながらイーカゲンな考察ダナ;)


ま、とりあえずネギの悩みについては、もう一段階、ってか最低限もう1エピソード位では、何かありそうですね。

いや、待てよ?
あるいは片付かないまま、次のエピソードに行く可能性もあるか。
なにしろ、コレは仮にも、主人公の悩みなんだから。
そうそうカンタンには解決しねーですわな。


でも、まぁ。
私にとって「ネ○ま!」は、千雨の活躍と美空の出番と楓のござるしゃべりを目的に見ているマンガですので、あましネギの悩みには関心無いから、別にどっちゃでもイイのですが。(酷ぇ;)




◇イタズラ用魔法は超得意!

単なる表現上の問題で詠唱部分を省いた可能性もあるけれど・・・

神父サンに変身する時に、美空、呪文を唱えて無いですね。
・・・164時間目では、マスクそのものにあらかじめ魔法をかけていた可能性もあったので、気にはしてなかったのですが。

――ってコトは、無詠唱呪文の可能性もアリですね。

もしかしたら、初級程度の呪文なら、詠唱が無いのか?とも思ったけど、
よく考えたら、一番の初級魔法(炎を灯す魔法)でも「アール・デスカット」とか詠唱が必要っぽいですから、ソレは無いですわな;

となると、美空は、イタズラ用魔法に関してのみは、無詠唱が可能なのかもしれません。

・・・もしかして、ですが。

コレは、けっこうな強みかもしれませんね。

イタズラ用魔法といえば、変身・変声・気配消し・ステルス・・・・くらいしか思いつかないけど;
これら全部を無詠唱で執行可能(=瞬時に行動できる)ってコトは、ある意味においては強みではなかろーか?とも思うのですよ。

しかもいたずら好きってコトは、それなりに頭も回るってコトだろうし。
それに加えて、逃げ足の速さも一級品ときてる;

ココネの能力と組み合わせて、敵地潜入・情報収集に向いてそうなキャラです。
(ま、あくまで「向いてそう」というだけで、実際に情報収集などのネギ達にとって役に立つ程度の活躍の場が与えられる可能性は、かなーり低いですが。何よりも、美空のキャラ的に。)


・・・でも、それはさておいても。
美空の今後の活躍ポイントはその辺りになりそうですね。

なんつか、事件の中軸からはビミョーに離れてはいるものの、
違う視点から事件のあらましを垣間見る役割を与えられそうなカンジ?

美空自身は、事件についてのアレソレがさっぱりわからなくても、美空が遭遇している事件を読者が見る事で、読者に情報を与える、というか・・・

・・・って、なんか書いてて訳わからなくなってきた;

ま、まぁ、とりあえずそんなカンジで;(曖昧)


とりあえず。

今後の美空のサブ・ストーリーテラー的な活躍に期待。

――ってコトで。


今回、ここまで。



★なお。
今後、私がネ○まについて定期的な感想を書く保障は、
ハッキリ言って、全くありません。

ついでに、私は普段のブログでは、ネ○ま!ネタは扱ってません。
今回は、美空編が私的にフィーバーだった為、特別に感想を書いてみました。

あしからず。



  1. その他マンガ
  2. 2007/02/14(水) 23:27 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。