Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

お茶にごす。その3


西森先生新連載の感想、第3弾です。


例によって、激しくネタバレになってますので。
「続きを読む」より以降にて。


カラーページですね。

今までのパターンからすると、
コレが第一巻の表紙になるのはほぼ間違い無いでしょう。

第一巻から表紙に山田が出るとは。
・・・もしかして山田クンは副主人公扱い?

だとしたら嬉しいんだけどな~。
どうだろ。
もっと山田の活躍が見たいよ。山田クンの。




◆協力者・山田

やっぱ、彼らの中では山田が一番好きだなー。

逃げの一手に出たよ!
船橋の願い(脱・負の鎖)に協力しまくりだよ!
ヘタすりゃ船橋本人以上に考えてるよ!(笑)

イイキャラしてるな~、ホント。
もっと彼の出番が増えると良いなぁ。


一期一会もちゃんと読めたり、
お茶について興味持ったりしてる辺り、
実はああ見えてインテリ?とも思うが、どうなのだろーか。

あと、『船橋がいるから』という理由ではなく、
『お茶の心得が面白そう(&叩き出そうとしている女の見物)』という理由で
茶道部に入ろうとする所も、私的には好感もてるな。

アッサリ茶道部に入ったらイイよ。

・・・今のままじゃ、茶道部の中で船橋浮きまくりだし;
なんとか、船橋と茶道部の女子連中の繋ぎ役になってもらいたい所;
今のままじゃ、ホント船橋が不憫すぎる・・・




◆凶犬女・夏帆

今の所、イイトコロナシ、な気が;

『人生の分岐点』で、さりげに『悪』の方に入ってるし(笑)

そりゃ、(まークンにとっては)言いがかりに近い理由で追い出そうとしてくるヤツに好感度持てって方が無理だろーケド;
・・・チナミに、この好感度の法則は、カナリの確立で読者にも適応されてたり(爆)。

夏帆は、それでも徐々にまークンの噂に疑問を持ちつつあるよーだケド。
・・・なんとか早めに挽回していただきたい所;

いや、後々に良キャラになる前フリだとは理解してますケドね;




◆気が早いカップリング想像

いや最初は、

夏帆とまークン、山田と部長、

という組み合わせか?とも思ってたのだけど・・・
3話まで読んで、

まークンと部長、山田と夏帆

という組み合わせも、もしかしたらアリなのか?と思えてきた。

まぁ、まークンの部長さんへの思いは、憧れに近いと思うケド。
憧れから恋心、ってのはよくある話だし。
・・・山田と夏帆ってのは、山田が「船橋を追い出そうとしている凶犬女」に興味を持ってるトコロからなんとなく。

――ま、どっちにしろ、気が早い話であるコトには間違いナイけどね;;
ぶっちゃけ、どのカップリングが好き~なんてのは、まだ全然無い訳だし。




◆茶道部のトナリのアニメ部

沢村クンとメガネの人。?

彼らもなかなか良いキャラしてますな。

沢村クンは、船橋のコワい顔にもメゲず、
大切なモノを取り戻すべくガンバッているし、
メガネの人(部長サン?)は、まークンかばってくれたし。
まーくんばりのサムいギャグかましたりしてるし(笑)

彼ら二人は、なかなか見所ありますよ?

・・・てか、彼らは、一回キリの登場なのかな。(一期一会だし;)
だとしたらチト惜しいな。

茶道部のトナリってコトで、今後もチョットは出てきて欲しい所。

少なくとも茶道部の部長以外の女子連中よりは、
彼らの方が好感度高い
よ。(私の中では)




◆名前の共通点

柱の紹介欄によって、
そろそろキャラクターの名前が出揃ってるカンジですね。

ここらでまとめてみましょーか。

船橋 雅矢 :主人公
山田 航 :主人公の親友
浅川 夏帆 :ヒロイン?
姉崎 奈緒美 :茶道部部長
飯倉 智花 :ヒロインの友達
慎大寺 玲美 :茶道部副部長

沢村 :アニメ研究部の部員


・・・・・・。
どーでもいいコトかも知らんが、
上三人は、名前に船に関係する言葉が入ってるっぽいな。

『船』『航』『帆』
ぜんぶ、船に関係した言葉か。

あと、ムリヤリこじつけるなら・・・
姉崎の『崎』も、一応『みさき』とも読める字だし、
飯倉の『倉』も、港によくある『倉庫』を思い起こさせ・・・なくもない;

ついでに言うなら、
『沢村』『沢(川)』で、水に関係する名前ではある。一応。
コレがもし関連付けした名前だとするなら・・・
もしかしたらまた沢村にも出番あるかも?




◆今週も登場、こっそり池内

前回に引き続いて、今回も池内登場です。
暴走族役で。

ああ・・・気の毒に・・・・
「道士郎」で武士になれなかった池内は、
「茶にご」で暴走族になるハメになっty
(以下略)

にしても、こーして2週連続で出てくるとは。
・・・もしかしたら今後も、池内が出てくる場面では出てくるのか?
「壱忌遺会」の代表役として(笑)

嬉しいよーな・・・
・・・それだけの出番ってのも寂しいよーな。

フクザツな気持だなゃ。(なゃ?;)




◆最後のやりとり

いや、彼らのやりとりで、なんとなく
「何かしでかしちゃった道士郎」「ソレについて言及する健助」
を思い出した。

・・・やっぱりこのマンガでは山田が一番好きだな。私は。(2回目)




――以上。


ま、とりあえず今の所は、こんなモンでしょーか。

では、今回ここまでー。


  1. 西森作品・感想等
  2. 2007/04/20(金) 23:54 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。