Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

お茶にごす。その9


お茶にごす、第9話の感想です。

で、突然ですが;
私が書くこの漫画の感想は、今回で一端休止とさせていただきます。
その理由は、感想文の後に。

では、今回の詳しい感想は――
ネタバレも含んでいるので、「続きを読む」より以降にて。

今回、一瞬、キノコ君!?と思うキャラが出てきましたね;
バイク好きだし。顔とかも似てるし。

でも、彼はキノコ君とは違うキャラなんだろうね・・・。(作品違うし。)

きっと、彼と船橋君の関係は、キノコ君と達吉&トノと似たモノだと思うのです。
・・・彼の態度が、そんなカンジだし。

中学時代に助けられたとか・・・かな。やっぱ。
・・・何にせよ、ちょっとフクザツな気持であるコトは否めないかも;(爆)




◆沢村

って、
おまい、2年生だったんかぁあぁあああああっっ!!!

驚きだよっ!ビックリだよっ!!
いや、言われてみれば、納得っちゃぁ納得なんだけどっ!
なんとなく雰囲気が大人っぽいカンジしてた気がするしっ!
って、何時の間にか、柱の登場人物紹介欄も訂正されてるよっ!!
たしか、ちょっと前の紹介欄には「1年」って書かれてたよね!;
西森先生と担当の間でイマイチ連携が取れてない様子が見え隠れしている(←あくまで憶測デス;)のも相変わらずかっ!!
(ドサマギに問題発言;)


まぁ、「描くのに半年かかった」と夏帆っちが言って時点で、オカシイと気づくべきだったのかもしんないケドね・・・。
普通、ああいうマンガを描くとしたら、クラブに入ってから描くだろうし…。


いやー。それにしても、ビックリした。
あー、ビックリした。

でも、今週で私の中の沢村の株が、ちょっと上がったかも。




◆山田の背中

山田の背中を見た瞬間――

正直、「うお、すげぇっ!!」と思いました。
鳥肌立つかと思いました。

山田の、顔は笑っていても心は笑っていない・・・そういう表現が。
グワッと伝わってきた、とゆーか。
もう、スゴイなーと。
よく、漫画でこんな表現できるよな。
道士郎の頃も凄かったけど、まだ進化してるよっ!
とか・・・色々。

なんつか・・・もう、私ごときの表現能力ではとても言葉にできないほど、
西森先生は、スゴイと思うのです。

しかし心配事としては・・・
この表現が、小中学生に届くだろうか?とか思ってみたりするのだけど・・・
・・・・・・。
・・・いや、完全に余計なお世話ですね。
スイマセン、ワケのわからんコトを言って。

・・・まぁ、それはともかくとして;(誤魔化)
やっぱ私は、このマンガでは山田が一番好きだと、改めて思いました。(作文?;)




◆夏帆のゲホゲホ

上記で山田の表現もスゲェと思ったケド、
夏帆が一生懸命走ってきた、ってよくわかる描写もスゲェです。
生身の女の子ってカンジがするというか。
なんか、夏帆に好感が持てるようになってきました。かも。

ホントに、彼女はこれから、ですね。




――以上っ!


では、今回の感想はここまで、として。

ここから、最初に書いたコトの続きを。




◆感想書き・休業宣言◆

・・・まぁ、冒頭にもチラッと書きましたが;

今回をもって、
『私』の書く、「お茶にごす。」の毎週の感想は休業とします。(汗)


大まかな理由としましては――

1)解説もどき感想を毎週書くのは、この年ではもうキツイ。
2)そのエネルギーを補充するだけの萌えは、まだこの作品に持てない。
3)感想を毎回書かねば!という自分勝手なプレッシャーの為に、素直な気持でこの漫画が読めなくなってきている。(悲)

4)感想を書いてると、即興小話の方に全然手が回らない;

――といった所でしょうか;

今まで「お茶にごす」も第一回から感想をトボトボ書いてきたワケで、ここで終わらせるのはちょっともったない気もしますが;

・・・理由としては、(3)が一番大きいです。
やっぱ、読む時は素直な気持で読むのが一番ですからね・・・。
感想は書きたい時に書く!という姿勢が一番だと思うのですよ。


――だもんで;
とりあえずは休業とさせていただこうと思ったワケです。



・・・あ、「終了」ではなく「休業」としたのは、
今後、もしかしたら道士郎みたく激烈にハマるという可能性もゼロじゃない、と思ったからです。
山田のキャラは、すごい好きだし。
今後の展開によっては、また激烈にハマるコトだって充分にありえそうですし。
もしそーなったら、また毎週感想書くコトもあると思われます。


とりあえず当面として、また感想なり解説っぽいモノを書くとしたら、
読んでて気が向いた時か、コミックスを発売した頃にまとめて――
・・・という形になると思われます。

――中途半端なコトして、スイマセンでした;


あと。もう、そんな人はいないとは思いますが;一応、万が一にでも。
毎週の、私の感想もどきを楽しみにしていた方がいらしたのならば(汗)
・・・ホント申し訳ないです。ゴメンナサイ。
(まぁ、ホントまだそんな希少なヒトはいないとは思うケド;)


では――
「お茶にごす。」の感想記事連載は、これにて休業・閉幕とします。

それでは。


  1. 西森作品・感想等
  2. 2007/06/07(木) 23:53 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。