Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

グ○ンラ○ン8~10話までの感想。


日付は調節してちゃんと6月頃にするツモリだけど・・
・・・実は、コレを書いてる日付は、8月8日。
書いてる日付から言えば、今更すぎるもイイ所なグレ○ガ感想です。

完全に、自己満足の為だけのグ○ラガ感想記事です。



という訳で。
そんな自己満足満載な記事は・・・
続きを読むより以降にて。

前書きにも書いたケド、
コレを書いてる日付は8月だけど、書いてる内容は、6月頃に放送された内容についてです;
という訳なので

検索等々でこのページに飛んできた人は、この感想文が相当昔のお話に対して書かれているモノだというコトを、どうかご理解ください(滝汗)

(てか、最新の放送の感想については、ココではなく、どっか他のサイトに行かれた方が良いと思います;いや、ホント;)





◆第8話

――カミナ死亡フラグ、発動・・・・


今回・・・ちょっとしたミスで、
全部を通してみる前に、最後の方だけ見てしまった。orz(←録画で見る派)
その為に、カミナが死亡してしまうコトを、最初に知ってしまった。


・・・ああもう、アホだ私、アホだっ!!(泣)


カミナの死亡、そのものについては・・・。

・・・思ったよりは、衝撃が少なかった・・・ですね。この時は。

――既に覚悟を決めていたコトもあるし、
脳内で散々シュミレーションを重ねていた効果もあるのだろうけど。

でも、悲しむべき時に相応のショックを受けないってのも、なんか・・・
・・・ちょっと違う、気がしたりも。

――年を取った、ってコトかね。


あ~・・・それにしても・・・
・・・復活フラグ・・・見事に無いな・・・(泣)





◆第9話

OPから、カミナの姿が消えた。
――タイトルの字幕も、予告編も、変わった。


内容は、あまり頭に入ってこなかった。

・・・ただ、シモンもヨーコも、見てらんないと思う程に、
痛々しかったコトだけは、印象に残った。



――最初、グレンラガンにハマッた頃。
公式ブログとか、某巨大掲示板の該当スレによく通っていて。
(4話で荒れてから行かなくなったケド;)
グレンラガンは、いわゆる『世代交代』をテーマとした物語で、
シモンの成長に合わせて、大まかに4つの時期に分けられるらしい(この話は2クールだから、まぁ大体半クールずつだと考えてイイと思う。)
・・というコトは、知っていた。

で、その4つの時期に合わせて、

70年代。80年代。90年代。2000年代。

――をイメージとしてそれぞれに割り当て、
その時代の雰囲気を出した作品作りをしている・・・そうだ。
・・・確か。(記憶曖昧;)


この情報が確かなモノだとすると、
前回までの話は『70年代の雰囲気』を持っていたコトになります。

つまりカミナは、最初の『70年代』を代表するキャラだった訳で。
・・・タイトルの字幕は、その時期のテーマにおける副主人公のイメージに合わせてる訳ですな。

だから今回から、カミナが消えて、OPも字幕も変わった。

――4つの時期の一つが、終わったから。

で。
今回の話を見て、そこまで思い至った時――

急に、ボロボロと涙が出てきたのですよ。
・・・カミナが死んだ時の回よりも、泣いたかもしんない、って程に。

一週間の間を置いて、ようやく、実感としてカミナの死を受け取れるようになったのだろうかな・・・
・・・とか思ってみたり。


ちなみに、新しいタイトル字幕のイメージは、あからさまにニアを意識してますよね。
・・・なら、新しく出てきたニアが80年代を代表するキャラだという事で間違いないのかな。
80年代といえば・・・魔女っ娘とかアイドルモノとかの全盛期・・・だっけか?
キャラ的にも、なんか、そんなカンジがするかも。






◆第10話

ヴィラルが、なんか受け受けしいような気が・・・
・・・何そのホータイ。アヤ○ミ?(爆)

等と、既に一億と二千万回くらい言われてそーな感想から始まってみたり。


っと、それはおいといて。
本編。


――ニアの言葉は、正論ですね。

どこまでも純粋だからこそ、無自覚に残酷な言葉。

・・・何も知らないからこそ言える、正論。

純粋であるコトが時に人を傷つける、という一つの例を見た
気がします。

ただ、

「私は、あなた方のこと、もっと知りたい」

このセリフを聞いた時、ニアはただの純粋な子供じゃない、と思いました。

ただ、もの知らずなダケで、馬鹿じゃない。
そう思わせる力がありますね。

こういう表現できるってスゴイなぁ・・・さすがはガ○ナッ○ス。


「生き残る気の無い子に力を貸す気は無いってことなら・・・
 ――それ、間違ってないと思うの。」

何故か印象に残った、リーロンの言葉。

・・・こういう場合において、迷える子供を救おうと手を差し伸べるのではなく、放置しておく姿勢ってのも、めずらしい気がします。
てか、アニメ界においてでも、なかなか無い姿勢な気もするなぁ・・・(てか、私が知らないダケかもだケド;ロボアニメほとんど見ないし;)
こういう表現が出来るってスゴ(以下略)


「忘れられたら楽なのかもしれない。
 だけど、そんなカンタンに忘れられるワケないじゃない!」


あああああ、身に染みるっ!!もんっのすごく身に染みるっっ!!!
てか、もうこのセリフ聞いただけで、ボロ泣きですよっ!!
ヨーコの気持もさるコトながら、だけど・・・・!!

そうだよね、カンタンに忘れられる訳ないよねっ!!(滝泣)
・・・・・・・・・・・道士郎・・・・・・・・・(泣)



――以上!


8話から、10話までの感想を書いてみたり。
(まぁ、視聴当時、断片的に書いたモノを8月にまとめたモノではありますが;)


ああ、やっと書けた・・・・
てか、カミナの死があまりにもショックで、しばらく手をつけられなくって、そうこうしているウチに、色々別なコトに手を出したりして・・・ショックが薄れた頃になって、ようやくまとめるコトができましたよ。


まぁ・・・もう、ここまで時期を外したら、いーかげん書かなくてもイイんじゃ?とも思えなくも無いケド;


・・・実は、8月現在において、
10話以降のグ○ラガ、まだ見てなかったりします(核爆)

おいおい、グレ○ガのファンを自称しといて何だソレ?ってカンジですが;

それというのも、自分の中で勝手に、

『感想書くまで、続きは書かずにいよう』と決めてしまったコトが原因で;

結果、

感想書かなきゃグ○ラガの続き見られない、なカンジになってしまったのです;
・・・色々あって先延ばしになってるウチに、気づいたら、もうグレラガ次のステップ行ってるカンジだケド;(風のウワサ的に)
・・・なんかもう、色々とグダグダすぎです。自分。しかも、そんなグダグダになってても自分に課した制約が破れないし。・・・制約を持ってるダケで果たさないんじゃイミないってわかってはいるのだけど;
・・・我ながら、訳解らん性分です。
でもまぁ、コレが私なのだから仕方が無い。(諦念)



――という訳で。

なんとか感想を終えたので、
ようやくこれから、ちょくちょくグレ○ガの続きを見ていけそうです。

・・・感想を書くかは、別ですが;

では。
今回、ここまでー;

  1. その他アニメ
  2. 2007/06/05(火) 23:48 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。