Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

1コマだけの登場でも嬉しい物は嬉しい。(色々ごた混ぜ感想;)


えーと;
なんか懲りずにやってます。
週間的読んだモン感想。

コレやる間には・・・
9月総括とか、アニメ最終回まとめとか、もらってるバトンとか、HP更新とか
やるべきコトは山のようにあるのに・・・

・・・何やってんだろーな私・・・(汗)
とりあえず、道士郎的ハロウィン小話が、ハロウィンまでに間に合うかどーか・・・(汗)

ま、とりあえず;
色々なコトを放ったらかしにしつつ;
今週(10/15~19)に読んだマンガの感想等を書いてみました;

今回のラインナップは・・・

銀魂・お茶にごす・それぞれの本誌46号分
及び、銀魂アニメ10/18放送分について。
及び、ネ○ま!コミック20巻感想もどきです。

今週、「ネ○ま!」は休載です。
その分、コミックス20巻感想などを書いてみました;


では。

上記ラインナップについての感想文は、
「続きを読む」より以降にて。
(例によって、ジャンルバラバラにつき、鬱陶しくないようラベルリンク貼ってます。)


* 該当記事に直接飛ぶ(ハズの)ラベルリンク *

◆銀魂・本誌46号分
※わりとフツーに感想・・・っぽい、かも?;

◆銀魂・アニメ
※今回、短し。

◆お茶にごす・本誌46号分
※笑えた事よりも1コマ登場のあの人のが重要なんだ。私にとっては。

◆ネ○ま!・20巻
※・・・20巻感想に、あまりなってない・・・かも;

********************


◆銀魂・本誌46号

銀さんってば・・・
ヤクザの襲名式典に乗り込むなんて、また危険なマネを;

単純に見れば「鬱蔵を殺した(?)京次郎さんが跡目を継ぐのが気に入らないから」って理由だけで乗り込んでってるようにも見えるんだけど――
もしそーいう理由だとしたら、なんつか、実に余計なお世話って気がするとゆーか;
たとえ京次郎に跡を継がせないとして、そしたらあの組を継ぐのは誰だとかまた何かややこしいコトになりまくると思うし。

・・・まぁ次回を見てみないコトには、この辺りはまだ何とも言えないカナ。
たぶん、上記のような理由で乗り込んだのではないと思うからねぇ。

なんつか、京次郎はホントに悪いヤツじゃなさげだし。
何か事情がありげな様子もプンプンしてたし。
今回だって、銀さんを完全に殺そうとはしてなさげだったし。

・・・そう。今回。
あの橋の上で、銀さんを銃で撃った時。
銀サンのスキを突く形の銃撃だし余裕もあったのだろうから、しっかり頭や心臓を狙って撃てばいいのに、京次郎はそうしていないんだよね。
――つまり、本当に殺すツモリは無かったってコトで。

・・・あ。もしかしたらあの時、銀さんがあの橋の上で見せた笑顔は・・・
京次郎のそんな所を見抜いたから・・・
・・・・だったりする・・・の、かなぁ・・・?;(自信なさげ;)

――まぁイイや;
その辺も、次回には明らかになるだろーし;


あ。
あと今回、新八と神楽は1コマだけの出演でした。

・・・それも、ベタとかトーンも全く無い、下書き状態に近いカンジで;(爆)
1回読んだだけじゃわからなくかったですよ;
他所様の感想を読んでから再び見て、ようやく気づきましたよ;

・・・アレか?もしかして、
今回は、新八と神楽の影が薄いってコトの究極的な表現?
――な訳はないか(笑)

・・・まぁ、何だ。
次回には、二人の出番がある・・・・・・コトを願おう;


大体、ケガした銀さんが一人でMr.ヤの所に乗り込んでるとは思いにくいし。
たぶん、来週には二人の出番がある・・・・でしょう;たぶん;


以上っ!






◆銀魂・アニメ


EDテロップで、「志村新八」が一番上に来ていた
――コトに、ちょっと感動。

いや、銀さんが出てないんだから、
形式上とはいえ(酷;)、準主人公な新八が一番上に来るのは当然といえば当然なんだけど;(字幕の色だって、ちゃんと準主人公系の色(空色)してるし;)

てか、このEDテロップで新八が一番上に来ていたのを見た時に初めて、
今回、銀さんが全出て無かったコトに気づいたよ;
・・・そういやアバンにも声無かったんですね。

うみゅ。
今回、書くコトはこれくらいかな。

あ。そうそう。
ケータイ壊した後の新八の足音には、ある意味度肝抜かされました。
・・・いや、ぎこちない動きの表現なんだろーケドね?
まさかあのよーな音が入るとは思いも寄らなかったよ;
スゲーですな。アニメ;


・・・以上。






◆お茶にごす・本誌46号

けんすっ!け、け、健助っっ!!?

健助殿ォオオォオーーーーーッッッッ!!!!!!!!!!!!(←理性)


悲惨な人ぉおおおおおおおおっっっっ!!!!!!けんすけぇぇぇえええぇぇぉぅがあああぁああっっ!!!!!(いいから落ち着け、そして日本語をしゃべれ;)


ああ、あれ、あれ健助だよねっ!?

あの「悲惨な人」で例に挙がってるの、健助だよねっ!!?

うわ、ちょっと待て、

西森先生の中では、健助は「悲惨な人」代表、なのですかぁああっ!!?


そりゃ・・・・
道士郎に殿と呼ばれたオカゲで、何か色々巻き込まれたり、大変なメにあったり、周囲に過剰評価されて胃を痛めてたり、作品が打ち切りになったり
してた・・・ケド・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・ゴメン。

やっぱ確かに、健助は「悲惨な人」だったわ。(オイ;)


しかし、たとえ「悲惨な人」扱いでも健助が出てきたのは嬉しかったなー。
・・・・って、アレ・・・健助・・・だよね?;(今更;)



――閑話休題。(冷却期間)


さて、本編;

今回はもう・・・笑わせてもらいました。

立ち読みしてて、力の限り噴き出しました。

噴出危険・立ち読み注意報発令レベルです。

――惜しいっ!惜しいよっ!
コレで自分的好きキャラが主役クラスにいたならば、最高なマンガになるのにっ!
今でもそれなりには好きだけど、天こなよりは下、辺りの好きに留まってるしなぁ;
ぶっちゃけ、天こなもカナリ好きではあったのだけど、自分的好きキャラ(例:藤木)が主役レベルにはいなかったから・・・ホントギリギリで最高レベル(道士郎レベル)には到達しなかったんだよね・・・(思い出&自分語り)


あと、今回の話でなんとなく思ったケド・・・
西森先生の笑いの取り方って、
『周囲が笑ってると、釣られて笑ってしまう法則』がちょっと混じってる気がする。

(あ、この場合の『周囲』ってのは、
マンガ内のキャラ(今回の場合は、山田や夏帆達)の事デス;)

・・・なんつか。
彼らが思いっきり笑ってるのを見る事で、釣られて笑ってしまう・・・って要素が、笑いを誘導するポイントの一つになってるんだな、と。(もちろん、ソレが全てとは言いませんが。)

・・・うみゅ。
こうして彼らに釣られて彼らと一緒に笑うコトにより、マンガのキャラであるハズの彼らと妙な一体感が生まれ・・・そうしている内に、ハマってゆくモノなんだろーな。(意味不明;)

――いや、ちょっと、なんとなくそー思っただけです;


再び、閑話休題;



・・・あと、本編について、もうちょっとだけ;


樫沢クン。今回までの話において、
なんかすっかりイイ奴キャラっぽい扱い受けているよーですが。


――敢えて言いましょう。

「油断するな」と。

ヤツは悪いヤツじゃなさそうだが腹黒キャラですぞ。・・・たぶん。

油断した所に、
一気にトンデモな腹黒エピソードを展開してきますよ。・・・たぶん。


もしかしたら、
樫沢は思った以上に化けるキャラかもしれません。・・・たぶん。

・・・いや、もう既にじゅーぶんすぎる位化けてるケド;
――青い意味で。



以上;






◆ネ○ま!・20巻


(注:コレは単行本感想ですが、本誌の内容に絡んだコトも書いてます。
  単行本派のヒトは、ネタバレ注意!)
(単行本感想の意味無ぇ;)


・・・とりあえず。
やっぱり美空は20巻にはいませんでした。(探したんかい;)

そうして美空の出番が無いにも拘らず・・・
イギリスのネギの故郷に行ったクラスメートの人数の多いコト多いコト;

改めて数えてみたら、さよちゃん入れて・・・24人?
マジで、クラスほとんどだよ;
行ってないメンバーは・・・
えっと・・・超がいなくなってるから、今のクラスメートは30人。
というコトは、30-24で、6人。

師匠(エヴァ)に、隊長(真名)に、ザジに、五月に、ハカセに、
・・・・・・美空。


・・・・・・・・・・・・・・orz

ああ・・・何だろう、このハジカレ感はっ!泣けてくるわっ!イジメッ!?(違)

とはいえ・・・このメンバー全員、フツーにイギリス旅行に誘われても、フツーに断ってそうなメンバーばっかりだなー・・・。美空以外。

そして、これらの居残り組は居残り組で、何か、現実世界において役割的にやるべきコトがありそうなメンツが多いし。
特に、師匠と隊長とハカセ。
あと、ザジは・・・単にあの場所を離れられない事情がありそうにも思えるか;
五月は・・・わかんないなぁ。
ほいほいイギリス旅行についてく性質でないだけ、とも思えなくも無いか。

そして、美空。
美空が現実世界に残った場合、これからの物語上やりそう役回りといえば・・・
夏休みに遊びも出来ずに教会で修行させられまくってる、とか?
で、ネギ達の事変を知ってのゴタゴタに巻き込まれる役回り、とか?;
・・・そんなカンジ??;

・・・・・・・・・・・・・・・・・(滝汗)

いや、それでもやっぱり、それなりに魔法世界のコトを知ってるメンツとして、
先に魔法世界に行ってて欲しいと思うファン心。


ちなみに、今現在は――
美空はアスナと合流するとイイなぁ、とか妄想かましてます。
考えてみれば、
美空とマトモに絡んでる主要メンバーって、アスナぐらいだしねー;

そりゃ、他の一般人組と絡むのも面白そうではあるのだけど・・・美空が普段はネコかぶりしてるコトもあって、なかなか(話の展開のさせ方として)ヤヤコシイコトになりそうな気がするので。
やっぱり一般人組との遭遇は無いんじゃないかなー?とか思えてきたのです。

魔法使いの世界では、アスナはなんか色々ややこしいメに遭いそうだし。
ぜひ、傍らに美空を置いて欲しいものです。・・・ホント、是非。


――って、気づけばまた、
20巻に出てもいない美空の話題で話が長くなってるよっ!!;



閑話休題;

えーと、ではコレ以降はカンタンに;


・ネ○まとゆー作品は、まるで重箱みたいですね;
(そーいや作者ご本人も日記か何処かでそうおっしゃっていたよーな気も;)

例えばゆえのセリフとかで出てくる細かい字を読もうとしたら、
虫メガネが要りますよ;

本誌掲載時にはザッとしか読まないので、あまり気にならないけど、
さすがにコミックスはじっくり読もうとするコトもあって、字が小さいのが気になる;
・・・そろそろ細かい字がキツいお年頃なモンで(爆)


・桜子って、強運なんだー。
ってか、このコミック表紙裏の設定を読んで初めて、彼女らがゲートにたどり着けた理由がわかったよ;(美空以外の詳細設定、完全スルーだしな私;(爆))
単純に、強運に依るものだったんですね;;
てっきり、フェイト達が使った抜け道(?)をたまたま通っちゃったのかと思ってた;

・・・そーいや、あのゲートにはチア三人組が残ってると思うんだけど・・・
彼女らの方はどうなったんだろ・・・?
ま、桜子の強運があれば大丈夫か;


・改めて読んでみると・・・
本誌であーいう展開になった今だからわかってくる伏線ってのも多々ありますね。

例えば、ゆえ達もサバイバル訓練受けてた、とか。
桜子は強運だったコトもあってゲートに巻き込まれずに済んだんだな、とか;
アーニャも何だかんだで戦闘訓練をキッチリ積んでる所とか。
・・・アスナの強化特訓の成果披露とか。(コレは20巻だけでは無いケド;)
・・・・・・美空が出てない所とか;(←ソレは伏線じゃなく、伏線であって欲しいというダケのただの願望;)


・千雨とハルナは、オタク同士でも話が合いそうないオタクだネ;
そうそう。オタク同士だからって必ずしも話が合う訳じゃねーんですよね。(しみじみ)
それにしても、この巻にはBL18禁本で「失望先公」ネタがあったけど;・・・実は、同時期発売のハ○テ13巻にも「失望先生」ネタがあったので、ちょっと驚いた;・・・ってコトは、同時期に2先生からネタられてたってコトか・・・糸色先生。


・本誌では「遺伝子」だったトコが、「血」に修正されて・・・る?
アレ?本誌、どうだったっけ??;
直されてるとしたら、「血」には拘りがあるんだろーな。



――以上っ!(総括的に)



最初にも書きましたが、
今回、ネ○まは休載でした。

・・・ネ○まは、休載が多いんだよね・・・。
マ○ジンにおける赤松先生の力だからこそ出来るコトなんだろなー。きっと;
そこが残念ではあるケド・・・
でもその分、クオリティに反映されてるのだから文句は言えないよね。

そーいや絶望先生も、ちょくちょく休みをもらってる為か、前の掲載誌の時にあった息切れ感が少ないように思います。(まだそれほど長期連載にはなってないから、なのかもしれないケド;)

・・・作品のクオリティ的にも、作家陣にとっても。
休載が多めってのは、マ○ジンのイイ所なの・・・かもね。読者にはちょっと厳しいが(笑)


てか、空知先生もたまには 休ませてあげてください;ジャ○プさん;
・・・って、さすがにジャ○プにソレを望むのはムリすぎるか;

西森先生は・・・
・・・お茶になってからの休載は、まだ無かったように思うケド;
道士郎の時も、マ○ジン程じゃなくとも休載はもらってたから、たぶん大丈夫だよね;



<追記>

そーいや今週も・・・
自分的好きキャラ(健助&新八)が、
連載漫画に1コマだけ登場する、という点において共通してるコトに、
タイトル考えてて気づいたよ;

いや、単なるぐーぜんなんだケドね?;
ちょっと言ってみたかったダケです;;;

しかし・・・
起こっている事象(1コマ登場)は全く同じなのに、
その事への感情(歓喜と呆然)は全く違う・・・
ってのもまた面白いポイントかも。


では、今回ここまでー;


  1. 総合感想
  2. 2007/10/19(金) 23:45 | 
  3. コメント:2 | 

  

コメント

と、殿が一コマ登場ですかっ!?
マジッスか!!
一コマでも嬉しい気持ちはとてつもなくわかりますよ!

私、コミックスで3冊くらい出てから、
まとめて買おうとか思ってたりしてるんですが、
3巻目には収録されますかね…

ドッキドキですね…(笑)

  1. あずみ [
  2. URL ] 
  3. 2007/10/26(金) 01:27
  4.  【 編集 】

そうなんですよ!

1コマだけ登場してるんですよっ!!トノがっっ!!
(アレはたぶん、間違いなくトノだと思われます;)

えっと・・・そうですね;
連載回数とか気にしてなかったんで、3巻に収録されるかどうかハッキリは断言できませんが・・・恐らくは、3巻収録かと思われます;(スイマセンハッキリしなくて;)

レス、ありがとうございました!

  1. マグロマナティ [
  2. URL ] 
  3. 2007/10/30(火) 00:24
  4.  【 編集 】

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。