Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

年末とか言ってみてもわりといつも通り(総合感想)


レイトン教授で、うっかりストーリーのネタバレを見てしまいました。
中古で買ったモノなので存在していた、前の持ち主さんのデータを興味本意で見てしまった事が原因です。(超・自業自得)

いやホント、ネタバレなんか見るツモリじゃなかったんですよ;オマケモードって、どんなのあるのかなー?ってチラッと見ただけなんですよ;出来心なんですよ(泣)

自分のデータで一度見たシーンならネタバレにならないだろうと「アートファイル」を見てしまったのが間違いの元だっったよ・・・

うああああ、その情報は今知りたくなかったぁぁぁっっ!!!
うん。まだハッキリはしてないから・・・たぶん、たぶんだけどね。たぶん、その一言だけで、あの街の大体の謎がカナリの部分バレバレになってしまうと思うんだな。ていうか、その一言だけで、今の時点で不思議に思っていた街の謎について、ほとんど全部、自分の中で答えが出ちゃったんだな。出来れば、物語の中で見たかった謎なんだな。
・・・ええ、ええ。人様のデータを見る私が迂闊なのさね。(泣)

でも一回寝て起きたら、このゲームのメインはナゾナゾなので、ストーリーのネタバレは別に構わないか、って気になってきたよ。(どっちやねん)


閑話休題

・・・そういや、もう年末ですね。(他人事!?;)
恐らくは、この記事が2007年最後の記事ですよ。
色々やり残したコトがありますが・・・
・・・まぁ今年は厄年だったから・・・今年やるよりは来年片付けた方がイイかと開き直ってみます。(おい;)


さて、そんな前置きはさておいて。

前回に間に合わなかった、今年最後の総合感想ですよ。

えーと、大体12/26~12/28に見聞きした作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、お茶にごす・ネ○まの本誌4・5合併号分です。

加えて今回は「その他」の項で
軽くガッ○ュごくせんの感想も書いてみました。


では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


* 該当記事に直接飛ぶ(ハズの)ラベルリンク *

◆銀魂アニメ 87話 12月27日放送分
※セルフ妄想劇場、やってしまいました。

◆お茶にごす・36話・本誌4・5号分
※今回も短め・・・

◆ネ○ま!・199話・本誌4・5号分
※今回、少年バトル漫画してましたね。

◇その他
※「ガッシュベル」と「ごくせん」についてちょろっと。

********************





◆銀魂・アニメ 87話 12月27日放送分

アレ?なんか目から汁が・・・

ていうか、

なんかめちゃくちゃ作画良かったんですけどっ!
最後の戦闘シーンとか凄すぎるんですけどっ!!

こんな凄い作画を銀魂で見たの、久しぶりだよっ!!
紅桜編以来だよっ!!
・・・なんでこのクオリティを芙蓉編や柳生編でロクに発揮できなかったんだろ・・・(マジシツコイ;)
あああ、なんか嫉妬してしまう気持が止められない・・・ホントどうして(以下略)
まぁ、それだけミツバ編に思い入れがあったのでしょう。


所で、今気づいたのだけど・・・
ミツバさんと沖田の一緒に出かけた最後の思い出って・・・
・・・ジャ○プ○ェスタなんだよな・・・(アニメでは)
・・・思わずソレでイイのか?といいたくなるような最後の思い出なような気がするけど;
ふ、二人が楽しければソレでいいんだよね。いいんだよね?;(何故二回言う;)



>殴って叩きなおしてくれる悪友。

銀サンと沖田は悪友同士なのですね。

しかし、殴って叩きなおしてくれるヒト=悪友って方式なら、
銀さんと新八も悪友なのかな?とか本編に関係ないコトを思ってみたり。
(ホントに銀魂では新八第一だな私は;)

いや、だって新八、銀サンを一回殴って叩き直してましたやんか。
えいりあん編の時。
・・・まぁ、正確には殴ったんじゃなくて投げ飛ばしてたのだケド。
鼻フックデストロイヤーで。(笑)

あ、そーいや新八は、
柳生編でもお妙さん平手打ちしてたっけ。すぐに十倍返しされてたケド;
というコトは新八とお妙さんも悪ゆ(違うだろ;)

・・・ま、全てに当てはまる方式じゃないってコトですね;(誤魔化した;)


以上。







◆お茶にごす 36話 本誌4・5号

話は一気に夏休みへ。
現実世界は年末だけど物語の中では夏休みですよ。

・・・てか、話の流れ、速くないです?;
確か、道士郎では夏休みに入ったのは8巻だったような・・・。
・・・それも、あのハイスピード展開の序章で・・・ぐるぁぁぁあああぁあ(暗黒面発動)

お茶は部活の話だし、作中で部長卒業くらいまでやるのかな?
だとすれば、このスピード展開も頷けるケド・・・

まさか道士郎みたく打ち切りの前兆だったりは・・・
さ、さすがにまだないよね;
てか今のあの雑誌の状況でお茶を切るて。それこそ「どんだけ~!?」だべ;
つかお茶まで切られたら、今度はもう出版社移籍を進言するファンレター出す。


>走る夏帆。走るまー君。空手する山田。

なるほど。
夏帆は走るのが好きな子だから足早くなったんだネ。

まー君が走ってるのは、自主トレーニング?
・・・西森先生のコトだから、何かあるかもしれないですね・・・。
今週の話だけではまだ何とも言えないかも。

そして山田が空手してるのは・・・まー君についていく為の手段って所か?
まー君とツルむにはそれなりに強くなきゃならないってんで。


>K察呼ばれるまー君。

夏帆が思う以上に、キツい人生送ってたまー君。
そのコトを夏帆が気づいてくれただけでも良かったのか。

ていうか・・・K察ってこの位で動いてくれるのかな?;
最近、不祥事の話ばっか聞くからイメージすっかり低下してねぇ。
現実でも健助がK察のエリートになってK察変えてくれればイイのに。(無茶)


>山田と夏帆。

・・・えっと・・・・
恋愛・・・ふらぐ?と見て、イイの・・・か?

山田→夏帆??

ていうか、どっちかってぇと今の展開だと

山田→夏帆→まー君→部長

な4角関係になってまう気がするんだけど・・・;

どーなるんだろネ。お茶の恋愛模様は。


以上。







◆ネ○ま! 199話 本誌4・5号

ぶっちゃけ、今回は感想書かなくていいかなー、ってちょっと思ってました。
特に話が動いたわけでもないし。
ネギの父さんの昔の仲間が出てきたケド、予想の範疇だったし。
美空に繋がるネタがあるワケでなし。(←ソレが一番大きい要因だろ;)

ただ、今回読んで、顕著に思ったのが・・・

最近のネ○ま、なんかネ○まらしくない気がしたってコトで。

原因はハッキリわかってます。

1.ずっと大人ネギのターン。
2.学園が舞台じゃない。

の二つですよ。

ぶっちゃけ何を今更言ってんの?な話ですよね;

魔法界編に入った時点で学園が舞台じゃなくなるのはわかりきってた事だし、しばらくは大人ネギで話が進むのもズイブン前にわかってた事だからね;


ただ・・・
頭で理解するのと、感情で認識するのはまた別、というか。


うーーん・・・わかりやすく例えるなら・・・

地球温暖化問題で、近い将来において確実に今の人間社会生活はこのままじゃいられなくなるってコトが頭ではわかっていても。
イザ、実際に季節がオカシクなったりモノが高くなったり食料が手に入らなくなったりした時のショックは緩和されるモノじゃない、というか・・


・・・アレ?これわかりやすい例え?;


えーと;何が言いたいかって。

ネ○まの話が以前と変わってきたコトを、
今回の話で「今更」実感してきました。


・・・ってダケの話です。はい;スイマセン;


以上。







◇その他



◆ガッシュベル

ちゃんと終わりを迎えられたようで良かったです。(先週感想のコピペ;)

ガッシュ達魔界のその後の話が見れて良かったです。

昔見た魔物達が、それぞれの生活を送っている・・・

ガッシュも王様になって、アースもサポート役になれて。
ウマゴンは「ウマゴン」のままで。(笑)
千年前の魔物達も、魔界に馴染めていて。
それぞれがそれぞれの元の生活に戻っていて。
・・・もし、私がガッツリしたガッシュファンだったなら、喜んで見守ったシーンだったに違いないですよ。

ああ、でも、ガッシュがお父さんとお母さんに会うシーンが無かったっぽいのがちょっと残念です。
・・・あの1コマだけ出ていたあの女性がお母さん・・・か?

まぁ、何はともあれ。
お疲れ様でした。




◆ごくせん

某Aさんのブログで、ごくせんの続き的読みきりが載ってるコトを知って、久しぶりにYOUを立ち読みしてきましたよ。
すごい素敵な続編でしたね。
なんか、フツーにすらっと読めるというか・・・
この前の読みきりは、フツウに番外編ってカンジの話だったのですが、
今回の話は、最終回から後に自然に続いた続編ってカンジがしましたよ。
「ごくせん」の世界が変わらずそこにある、ってカンジがしましたよ。

それと、内容は・・・とっても、らぶらぶでしたね。
見ているこっちが恥ずかしくなるよーならぶらぶでしたね;
気分は、「子供の見るもんじゃねぇ!」って言いながらイイ所を隠したアフロ頭君でしたよ。

あああああ、いいなぁぁあ。正直、見ていて羨ましかったですよ。
道士郎の続編もこんなカンジで欲しいなぁぁあ(そっちか。)
やっぱり超絶に人気あるマンガだから、こんな風に続編があるんかなぁ。
いいなぁ・・・。


あと、コレは余談ですが;
今週・・・女性向け漫画雑誌でいつも読んでるマンガが、軽くラブ展開ばかりだったのは気のせいでせうか?;のだめとかISとか・・・あ、くるみは違うか。

クリスマス効果・・・?







――以上。


ざっとした短めの感想ばかりですが、
今回の感想はこんなもんですかね。

・・・一応、
コレが今年最後の総合感想であり、今年最後の記事になると思います。


今年も、私のよーな稚拙な人間のブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もなにとぞ、よろしくおねがいします。


では、今回ここまで。


  1. 総合感想
  2. 2007/12/31(月) 20:40 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。