Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

出番の量と感想の長さが比例した。(総合感想)


エイプリルフール。ウチは今年も一応やってました;
一日で消すトップにエラい時間かけてまいましたよ;・・・ンなコトする間に、もっとやるべきコトがあるハズなのに・・・(汗)

ってなコトはさておき。

今年は、赤松先生のエイプリルフールジョークに力の限り騙されました(爆)
いや、だって・・・最近、サ○デーとマ○ジンで合同雑誌を出すとかいう話が出てるから、そーいう話もあり得るなのかなー?とかマジ思っちゃったんですよ;
スケジュールがどうこうとか、考えなかったんですよ;;

そして、もう一つ。
茶壷先生(違)のエイプリルフールを見るのをナチュラルに忘れました;
ああああ、なんか・・・当日、すっごい何か忘れてる気がしてたのに・・・!
・・・阿呆だあああああっっ!!!(泣)


閑話休題。


では以下。
今週(3/29~4/4)分の作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、銀魂・お茶・ネ○まの本誌18号分です。
今回も「その他」項は無しです;…てか、当分やる余裕ないかも;

では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。
そーいう発言がある時は前もって注意書きしてますが;

BL・腐女子の意味がわからないor腐女子が苦手&嫌いな方は、
この先を閲覧しない方が良いと思われますので、ご注意ください。

・・・かといって、そんなネタばっかりって訳でもないので・・・逆にそっちを期待されても、ちょっと期待には添えないと思います;
つまり、どっちつかずの中途半端ってコトで;


尚、この警告を無視してこの先を読み不快な気持になったとしても、こちらではどうしょうもありませんので;あしからず。

********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 206話 本誌18号分
※文通編、一応の終着です。

◆銀魂アニメ 100話 4月4日放送分
※つい、言いたくなっちゃうんだよね・・・「どんだけ~!」

◆お茶にごす 48話 本誌18号分
※アジ○オのキャップが青い事を、彼が出るまで知らなかった。

◆ネ○ま! 209話 本誌18号分
※祝!OVA化!

********************







◆銀魂 206話 本誌18号

何はともあれ、
空知先生の調子がある程度戻ったようで一安心な今回の話。
(いやまだちょっと所々・・・な点はある気もするケド、それはツッコまない方向で;;)

今回で、お姉さんの名前が明らかになりました。

・・・個人的にはあのお姉さんは、「春」って名前で――うららちゃんとセットでどこぞの勝てない競走馬みたいな名前になったりしないかなー?(笑)とかちょっと期待してたので、少し残念。(笑)
実際にフタを空けてみれば、競走馬じゃなくて米の名前でしたが。(爆)
チナミに、調べてみたらあの米は北海道で育種された種類なようです。
・・・空知先生と出身地同じですね。(笑)


(注:今回の感想にも、若干腐れ要素があります。ご注意を。)


>満月を背にして、少女は跳ぶ(笑)

・・・・・・。
そうか・・・近藤さん達が驚いてたのは、この光景を見てのコトだったですか;
・・・新八じゃなくて良かった;

逮捕ENDじゃなくて良かった;(安堵・笑)

・・・でも・・・新八がタイホされなかったのは良かったケド、それ(タイホ)により局中法度が書き換えられるって展開が無かったのはちょっと残念か(爆)
いや、そりゃコレは全部私の勝手な憶測によるものだったから当たらなくて当然なんですがね(笑);



>「私がお仕えしているのはご主人様だけ」

・・・うららちゃん・・・
執事とかいる家庭の娘なんだから、かなりイイトコの娘だろうに・・・
沖田さんにドSコートされたばかりに、修羅なカオして車のフロントぶち割ったりパトカーのっとったり、あまつさえ運転までこなしたりするコトに・・・
・・・アレ?うららちゃんけっこう優秀??(笑)

それはともかく。

なんだか、思ったよりうららちゃんは正気っぽかったカンジですね。
なんか先週ですっかり人格変わってたからちょっと(色々な意味で)大丈夫か?!と不安になってましたが(笑)
・・・まぁ、正気を保ってるよーなら、なんとか安心・・・

・・・・・・・・・かなぁ?;;



>「だが色々と沖田(ジャマ)が入ってな。」

・・・沖田さん引きこんだのはお前だろーが、とツッコミたい。
ものすっごくツッコミたい。いやもうツッコンだケド。

あとそれから、
この表現をどーやってアニメ化するのかとても気になる。

ルビで漢字と違う言葉を振る手法は紙媒体においては以前からあるモノだけど、実はコレ、アニメ化する際においては、かなりの剛速球となるモノなのです。
ある意味、ど真ん中だけど、威力はとてつもなくデカいカンジの。
――わかりやすく言うと、すげぇアニメ化しにくい(笑)
アニメ化してもなんっかグダグダになる。わかりにくくなる。あるいは無かったコトのよーになる(笑)

ストックの枯渇っぷりを考えれば、今の時期にやってるこの話がアニメ化されるのは恐らく確実だとは思うのだけど・・・
果たしてこの表現、いかようにしてアニメ化されるのか。見ものです。
・・・ていうか、アレ?アニメ化・・・する、よね?この話・・・(汗)
でも、やるとしたら桜とか出てるから3月の終わりごろ・・・即ち・・・orz

ちなみにコレ――私なら

「だが、色々沖田(おきた)が入ってな」
「沖田という言葉を「ジャマ」という意味で使うのはやめてくだせぃ」


という風にアレンジしてみるな。(笑)
うん;どっちにしろグダグダでわかりにくいんだケド(笑;)



>お姉さんが新八君の手助けをした理由

お姉さんが、新八君に抱いた想い・・か。
てか、お姉さん、新八に惚れた?惚れた??(爆)
いや惚れた、とまでは行かなくても「好きになった」位のレベルではあるか?

うーみゅ、前々回の感想では、
「お姉さんが会いたい、と思ったのは、正確には新八単体じゃなくて、新八と新八を取り巻く人々・・・と解釈した方がイイのかな。コレは。」
とか私は書いたんだけど、そーでもなかったのか。

つかなんか、お姉さんの行動が、
お通ちゃんの恋の手助けをした時の新八君にダブりますよ。

「好きになったヒトの手助けをしたい」って所が。



>「目の前で泣いてる女がいたら(中略)涙拭きに行く奴だ」

銀さん・・・
本当に、新八のコト・・・よく見てるんだね・・・
・・・あんだけ、ゴミ扱いとかウ○コのウ○コ扱いとかしてても;(笑)

銀さんの師弟愛が垣間見えますよ、てか、萌える・・!!

「道理でモテない」とか言ってみたり、そーゆー恋愛的事情まで事細かに知っちゃってたりもするよーだしさっ!!(笑)
銀さんホントにどこまで新八君のコト知りまくってんのおおおっ!!?(笑)



>真選組の皆さんに止められる新八

新八なら、本気になれば素手でも(鼻フックデストロイヤーとかで)隊員の人たちの一人や二人、倒せると思うんだけどなぁ(笑)
でも、新八はソレをしなかった。
私的に、なんでかな?と思ってたんだけど・・・

なんか某巨大掲示板だったかどっかで読んだレスで
「銀さんがいる事を知ったから(銀さんなら何とかしてくれると信頼したから)自分は違う行動をした(意訳)」というのを読んで、なるほどっ!と思い、納得した。(笑)

なので、補完的にこの時の状況を軽く妄想文にしてみた;

*(以下妄想)**

「通してくださいっ!僕は行かなきゃならないんです!」
「ダメダメ!君、新八君だよね?」
「え?・・・そ、そうですケド・・・」
「だったらなおさら通す訳にはいかないよ。ここから先は危険だからね。」
「局中法度で『新八君には優しく』って決まってるんだ。
 ここで君を行かせたら俺らが切腹になっちまう。わかってくれよ。」
「うっ・・・」
隊員達の困った表情に、新八は思わず言葉を詰まらせる。
確かに――自分がここで強行突破をする事も可能ではあるが、その為に彼らが切腹になる、というのはさすがに気の毒すぎる。
でも、お姉さんの事は放ってはおけない・・・ならば、どうするか。
逡巡し黙り込んだ新八に、隊員は言葉を続ける。
「大丈夫。屋上なら、局長や土方さん、ご家族の方も行っているから。
 それに君の上司の万事屋の銀髪も。だから君は下がって。」
「――え?銀さんが?屋上に?
 ・・・わかりました。なら、ここは下がります。」
言って新八は、踵を返して走り出す。

銀さんがいるなら、お姉さんは絶対大丈夫。
ならば、僕は――僕がすべき事は・・っ!!

新八は考える。今の状況で自分に出来る事を。
そうして思いついた「出来る事」を実行すべく――新八は夜の街を駆けていった。

*(妄想終了)**

――自分で書いてて何だけど。
隊員達の言葉遣いが優しいお兄さん的口調なのがちょっとキモイ(爆)(なら直せよ;)
てか・・・三流小説以下のレベルの自分の文章力にへこむ・・・orz

それはさておき。
あのシーンで、新八が、銀さんのコトを信頼して別行動に移ったのだとしたら、なんか激しく萌えるんですけどっ!!!
銀さん新八の互いに寄せる信頼すげえぇえええっっ!!!!
てなカンジでっ!(笑)



>A型談義(笑)

近藤さんが傷ついて泣いてるのに笑った(笑)

・・・そっか、土方さんと近藤さんはA型か(笑)
そして、銀さん沖田さんは、A型じゃなさげですね。
・・・沖田さんは完全にB型っぽいケド、銀さんは・・・何だろ。
A型と仲悪いコトを考慮すればB型?あるいはO型?いや、AB型もありか?
新八は・・・O型っぽいかな。協調性あるし(笑)

にしても。空知先生、血液型とか星座とか気にする方なのですか。
なんか男性はそーゆーのあまし気にしないと思ってたのでちと意外(笑)

で、ちょっと調べてみたら、空知先生は双子座のAB型のようですね。
なんか・・・;こう言ってはアレかもですけど、典型的な二重人格のファクターなんですが;一昔前から最近まで、あらゆる作品に出てくる二重人格系キャラのプロフィールって、大抵コレ(双子座AB型)じゃなかったっけ?(爆)
空知先生・・・そーいう作品やキャラに触れる度、フクザツな想いを味わってきたんだろーな・・・きっと;;
あ、もしかしてそーゆー下地があるから、血液型とか気にするよーになった・・・とか??;(注:憶測です)
ちなみに私も双子座です。O型だけど。この人生で、「同じ双子座でもAB型と血液型だけ違う」というパターンのキャラに何度か触れてきましたよ(笑)・・・なんかちょっとだけ親近感わくかも(笑;)



>「悪いが、新八にはこんなアクロバットは無理だ。」

ぐはっ!(吐血)(ダメージ+70%)

ちょ・・・銀さんに無理って言われたっ;
銀さんが新八の可能性否定するよーなコト、言いおったっ;(爆)

あああ、銀さんに無理って言われちゃったよ、銀さん新八のコト「やれば出来る子」とか言ってたのに――

――ってんで、
私的には、一見目で勝手にダメージ受けてみたりしたのですが;

でも・・・まぁ、よく考えたらですね;
銀さんが「新八にはムリ」って言ったアクロバットってぇのは・・・

ビルの屋上から飛び降りざまに、投げられた鎖を引っつかみ、更に加速度的に早くなる人間の落ちるスピードに壁を駆け下りて追いつき、なおかつ落ちる相手の手をひっ掴んで、「相手の体重+落ちる際の衝撃+自分の体重+自分が落ちた際の衝撃」分を、その片腕で受け止め、鎖にぶら下がる・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・ってなモンな訳ですよ。

――そりゃ、言いたくもなりますわ。
てか、改めて私も言いたくなったよ。

新八君には、こんなアクロバット無理だって;(爆)

てか、こんなん人間業じゃねぇええええっっ!!!!
コレやってのけちゃう銀さん何者っっ!!??

いっ・・・いいんだよっ!
新八は、銀さんの女房役だからっ!;アクロバットとかムリでもっ!!;・・・あ、つい女房役って言っちゃったっ;いやその腐れ的な意味じゃなくっ;;;(否定すると余計怪しくなるから止めれ;)



>「不器用で大雑把、でも不思議な温もりがあって」

…手紙からそんなコトが読めるのか。
お姉さん、もしかしてサイコメトラー?(笑)

ってそんな冗談はさておき。

お姉さん・・・たいしたもんですね。
あの手紙から、そんな内容を汲み取るとは。
ていうか、大体お姉さんの言ってるコト当たってるっぽいですよ。

そうか・・・新八君には、不思議な温もりがあるのか・・・。
なんか、わかる気もするかも。
新八君、可愛いからね~♪(ファンの欲目)

きっと、銀さんや神楽ちゃんも、新八のそーゆー所に惹かれて一緒にいるんじゃないかなぁ・・・?
――とか考えたら萌えた(笑)

ちょっとキモイコト言ってみるケド。
なんとゆーか・・・
新八は、言うなれば花を支える萼(ウテナ)みたいな存在だと最近思うのです。
銀さんや神楽ちゃんといった、華やかな花びら土台で支える存在。
一見、いてもいなくてもわかんない存在かもしんないけど、萼(うてな)が無くなったら、花びらはバラバラになって花の形を失ってしまう――
・・・そんなカンジ。
・・・うあああ、夢見すぎですかね私;;新八に;;;
うーみゅ、てか私こーいうキャラが好きなのかな。健助にも似たよーなカンジあったし。

なんかこっ恥ずかしくなってきたので、次行きます次っ!!



>「皆さんから新八さんに宛てた手紙」以降の流れを解読してみる

エート、この辺り、なんか色々ややこしーケド・・・
要するに

「皆が新八の為に書いた手紙=新八宛の手紙」

ってコトで、OK?
・・・で、お姉さんが書いた手紙は

「自分の為に書いた手紙=自分宛の手紙」

である、と。
つまり宛先は、文面ではなく「誰の為に書いたモノか」という点が決める、と。
――そういうコトなのでしょうか。

(って、コレであってるのかな?;自分、読解力無いんで不安なんですが;;)

・・・なんか知らんが、ややこしい考えの姉さんやな~;(率直な感想;)
でも、そんな姉さんだからこそ、新八の良さがわかるんだと思う。

で、
この解釈で行くと――

「新八さん宛てに手紙を書きたかった」って言葉は
「=新八さんの為に何かがしたかった」ってコトになるのかな?;

で、
「届かなかったみたいですね、私の手紙」という言葉は
「=届かなかったみたいですね、私の気持」というコトになるの・・・か。


・・・・・・・
やっぱし読解力に自信がねぇえええええっっ;;;
誰かー翻訳こん○ゃく持ってきてー(笑)
って、はっ!?もしかしてラストでお妙さんが持ってきたアレはソレを暗示していたのかっ!!?(違います;)
と、とにかく続けようっ;


で・・・えっと、そんな風に思っている所で、新八が表れる。
「僕も今度はちゃんと君宛てに手紙送りたいから」
――と。

そして、ソレを銀さんがフォローする。
「とっくに届いてたよ。あんたの手紙・・・ちゃんと」
「=とっくに届いてたよ。あんたの気持・・・ちゃんと」


つまり――

お姉さんの手紙は・・・気持は、ちゃんと新八に届いていた
気持が届いていたから、新八はお姉さんが文通相手だとわかった。
そして、ちゃんと気持が届いていた事を知ったから
お姉さんは・・・きららさんは、泣いた

――だと。

そして、きららさんは返事を返す。
きららさんの言葉で。きららさんの名前で。

それを受けて、新八は返す。
「ようやくちゃんと文通できたね。きららさん。」と。


・・・・・・・・・・・・・・・。

エエ話やないですかあああっっ!!!(泣)(遅っ;)


・・・いや、この解釈であってるかどーかわかんないんですけどね?;
何度も言うけど、読解力に自信ないからっ;;
てか、こーいう風に色々書き出していかないと、ちっとも内容が頭でまとまんない自分の足りてない脳ミソが悲しい・・・;
なんかどっかに上手いこと解説してくれてるサイト無いもんですかね・・・銀魂はメジャーだし、探せばありそうに思うケド・・・



>「皆さんから新八さんに宛てた手紙だったんですね」・余談

前述したよーに、このセリフの意味は
「皆が新八の為に書いた手紙=新八宛の手紙」
――ってコトだと憶測されます。

でも、実はちょっと・・・正直、違うコト思いましたケドね?;;
腐れセンサーが反応しましたケドね?;;
「・・・アレ?え?ちょ、ちょっと待て。じゃあ・・・あの「ムラムラします」とか「いつになったら股を開いてくれるんでしょうか」とか「君に会いたいだけだから」とかいったアレらの手紙候補が、実は全部、新八宛のメッセージってコトですかぁぁぁああっ!?てか銀さんのあの発言は・・・!!ちょ、待てえええええっっ!!;」とか内心、軽く思いましたケドね?;(笑)

いや、わかってます;わかってますからっ;;
一般的には、断じてそーいう意味じゃないってコトはっ;;;

・・・・・・ゴメンナサイ。



>「人は自分の為に筆をとっても~つまらない文が出来てしまう」

うううう、耳がっ!耳が痛いっっ!!;;

いや、私がこの書いてるこの感想文も――
一応、人に見てもらう形態とってるけど、その実はカナリ自分の為に書いてる文章ですからね・・・(汗);
「自分が書きたいから書く」、という理由のみで書いてる文章だからね;;

うーむ・・・だからなんか、面白くない文章が出来るのかー;;
いや、私の場合、文章の基礎も何も無いから、どっちにしろあまり変わりない気もちょっとするけど;(爆)



>「誰かの為ならいくらでも強くなれる~」

コレは、銀魂で一貫して言われている一つのテーマですね。

きららさんは、新八の手紙からこのコトを教わったけど――
その新八自身は、銀さんからこのコトを教わったんだよね。

でもどっちかってぇと、
今回の場合は、新八自身が教えたと言うより、新八と新八を取り巻く銀さんや近藤さん達が教えた――って言ったほうが正確な気がするけど・・・。
・・・まぁいいか。



>「新八さんと皆さんを見てそう思いました。」

きららさんが新八の手紙から見たのは・・・
その手紙が、強く自由で素敵な力に溢れていた事。
・・・そしてその力は、新八の為に皆が頭を悩ませて書いた結果として、生まれたモノだという事。

そこから、「自分の為じゃなく誰かの為に書いた文章だからこそ、そういう力を持つ」コトに気づいた。

・・・ウン。ここまでの流れだったら・・・
前々回辺りに私が書いたよーに、
新八単体じゃなく、新八と新八を取り巻く人々に惹かれた、と思えたのだけど。

でも実際、きららさんが惹かれたのは、新八本人だった。
それは――
つまりは、あれだけ皆から想いの篭った「手紙(気持)」を送られる人格を持つ「新八」という人間に、惹かれた――と。

そういうコト・・・でしょうか;
そういうコトだと、解釈してもイイのでしょーか?;;
読解力に自信が無いから(以下略)
・・・まぁ、この解釈が当たってるかどーかはさておいても;
とりあえず、今回のこの件で、きららさんが新八という人間に惹かれたのは確実・・・ですかね?(汗)
・・・新八の方がどうかは、ハッキリわからないケド;



>「僕も今度はちゃんと君宛に手紙送りたいから」

今回、話の中心であるハズなのに、ビミョーに出番が少なかった
新八の見せ場です。

この話の流れで、こんなメッセージボードを書くなんて、新八かっけぇええっっ!!とか思ったりするのですが。

ここでハタと気になるのは、「僕って言ってる所です。
細かいコト言うよーですが、ここで「も」とか出てくるって・・・直前までの銀さんときららさんの会話を聞いてないと出てこない単語なんじゃないかなー?とか思うんですよ;
普通なら、アレソレおかしくね?って思う所ですが・・・
でも、銀魂では、そんな心配は必要ありません。

なぜなら、

銀さんと新八は、ナチュラルにテレパシーが使えますから!!(笑)(例:温泉編・合コン編etc.)

きっと、近くに来ていた新八に、銀さんが今現在の会話を直にテレパシーで伝えたんですよっ!!(笑)
きっと、あれくらいの距離なら、テレパシーの有効範囲なんですよっ!(笑)

大体、あの暗闇の中で新八の存在に銀さんが気づいているのだって・・・考えてみりゃすごい話ですよ。銀さんどんだけ新八の気配に敏感なんですかって!
きっと、テレパシー有効範囲に新八が入ったら、なんか気づくんですよ(笑)
新八レーダー的なものが、銀さんには備わってるんですよ、きっと!!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・ゴメンナサイ;冗談です;でも書いてて楽しかった。



>「とっくに届いてたよ・・・あんたの気持、ちゃんと。」

新八を見る銀さんの表情が、こころなしか笑顔になっている所に
萌えた!

コレ、アレですよっ!
「アイツは、ちゃんとそーいう気持に気づいてやれるヤツだ。」
と想う、誇らしげな表情にも見えるよっっ!!!

「返事・・・返してやってくれるか」
という発言も、完全に新八を身内扱いで萌えっ!!
いや、確かにホントに身内なんだけどっ!!(笑)

銀さんの新八に対する師匠心っつか兄貴心っつか・・家族愛?
なんかとにかくそんな色々なモンがにじみ出ていて――
銀さん、どんだけ新八のコト想ってんだよっ!!ってカンジでさっ!

とにかく萌えた!



>「ようやくちゃんと文通できたね、きららさん」

新八・・・!
いい笑顔だよ、新八・・・っっ!!

この優しい笑顔・・・コレ、新八だから出来る笑顔だよ。
こんな笑顔を向けられるきららさんがちょっと羨ましいかも(笑)

・・・でも。
個人的に、この新八の持ってるスケッチブックの文字の部分を、
「偶然だぞ」という言葉にちょっと置き換えたくなったりも(笑;)
(参:ネタ元 ttp://guideline.livedoor.biz/archives/51056769.html)



>桜が散り、葉桜の頃――

新八ときららさんの文通は続いています。
あの手紙・・・きっと、万事屋での出来事を中心に送ってるんだろーな、と思うと微笑ましいモノがありますよ(笑)
まぎれもなく、ハッピーエンドです。

・・・でも最後の最後で・・・
お妙さんがまだコンニャク&ローションを持ってきてたり;
写真のうららちゃんがまだ首輪してたり、
非常に気になる要素が詰め込まれたENDシーンだったんですがっ;


お妙さんの誤解・・・ずっと解けてなかったんですね・・・(遠い目)

銀さん・・・アンタの残した爪痕(お妙さんに誤解を与える)、ものすっごい残ってるよ・・・(笑)責任、とってあげろよ・・・?(笑)



>ハッピーエンド・・・

上でも書きましたが、
今回の話は、ハッピーエンドで終わりました。

新八にも、ついに浮いた話・・もとい春が来ましたねっ!!!
あ、だから今回、春の象徴たる桜をバックにした話だったのかっ!!(気づくの遅っっ;;)

てか、ぶっちゃけこの話が始まった頃には、こーいうENDになるとは、ちっとも予想してませんでしたからね・・・;ゴメンね新八(笑)

なにしろ、最初にこの文通編が始まった時――

1)色々あって文通は無かったコトに・・・な、普通にフラれEND
2)女の子が重大な病気を持っていて(以下略)な涙流れまくりEND
3)女の子はああ見えてとんでもない電波。新八がドン引きEND
4)新八はフラれたと思い込むが、女の子には想われたままEND

――とか考えてましたからね;
でもこんな自分の予想、全部見事にハズレましたよ。
・・まさか、普通に彼女候補が出来る話とはね・・(爆)いや、まだ彼女じゃないケド。

そりゃ、銀新好き者としては、ちょっとフクザツな気持もありますが・・・
まぁ、文通編の最初に書いたように、新八君に可愛い彼女が出来るなら、ソレはソレでイイかな?とも思ったりするので。

ソレはソレ、コレはコレってコトで(笑)

・・・まぁ、まだ「彼女」じゃなく「友達」ってカンジの終わり方でしたが;


ていうか。どうも見た所、今回のこの話は、コレで終わりとは思えないのが・・・ちょっとドキドキする要素だったりもします(汗)
この先の展開によっては、もしかすると、きららさんが彼女にって展開もあるのかもしれないのだけど――それ以上に;
例えば、秋とか冬あたりに、きららさんの病気が再発して(以下略)な涙だだ漏れENDになったりする可能性もゼロではないんですよ・・・(不吉なコトゆーな;)
なんでそう思うかって。
これまた文通編の初回感想に書いたように
読者の代表であり視点の立場である新八に、普通に付き合う彼女が出来るコトは考え辛い」コトが原因なのですが;;

・・・どーなるんでしょうね・・・(汗)

あ、あとそれと、
もう一つの大事な要素として。
新八が、隊長なのにお通親衛隊の規則をバッチリ破ってる件についても;きっと、今後何らかの展開はあるでしょーね;
例えば、きららさんとお通ちゃんのどっちかを選択しなきゃならん状況に陥るとかさ(爆)

どちらにせよ、新八の成長話としてのスタンスは変わらなさそうだけど。



>「文字でしか伝わらないものがある」「文字だけじゃ伝わらないものもある」
>「会わないとわからないこともある」「会ってもわからないこともある」


今回の話のサブタイトル一覧。
・・・余談ですが、このタイトルにあわせて、この総合感想のタイトルもちょっと前から統一性を貫いてみてました;;
実際には、なんかグッダグダになってしまいましたが;;;(一回前からやり始めてたし;)
・・・・・・やらなきゃよかったかも・・・(爆)


以上;








◆銀魂 アニメ 100話 4月4日放送分

新OP、カッケェェェェエェェッッッ!!!!

そして、新ED・・・・新八がっっ!新八がっっ!!(笑)


>まさかのOP引き伸ばし

この展開は読めなかった(笑)


>前半・小西さん編集物語

普段なら、原作2話分をアニメ1話で消費するペースのアニ銀。
でも、今回の話は原作1話分でした。

それでも、あからさまな引き伸ばしもなく、目立つカットも無く――
(いや、一部どう考えても放送できないアレはカットされてたけどさすがに;;)

原作付きの話のアニメ化としては、実に理想的なテンポだったようにさえ感じましたよ。
ギンタマン漫画の音読やら、ちょっとした小ネタの数々を多く詰め込むコトで時間調節をしたのでしょうが・・・全体的に、引き伸ばしを感じさせない出来でした。

正直、私的には今までの、原作2話分をアニメ1話に詰め込んだ話では、正直ちょっと余裕が無い感じがする事もあったりしたので;今回の話のテンポは非常に見ていて心地よかったように思いました。
・・・ま、あくまで、主観ですが;(笑)

今後も、こーいうテンポでやってけたらイイなぁ・・・と思いますが;
・・・ぶっちゃけ、今回のこのネタがある意味特殊すぎるから出来たコトなので、多分、難しいでしょうね・・・(汗)

あ、あと。
引き伸ばしの為とはいえ(爆)、
電車の中でジャンプを音読する銀さんはちょっと恥ずかしいと思いました。(作文)



>破牙法律事務所

なんかさりげない小ネタだけど・・・
破牙さん・・・検事辞めて、弁護士にでもなったですか?;;
アレ?法律事務所って、弁護士・・・だよね?;;(←よく知らない;)
なんか調べてもよくわからんし。頭悪いから。
ていうか、破牙さんて弁護士の資格持ってんのかいな??;



>天知先生の長屋前

原作では、ここのシーンに、
新八らしき人物が通行人っぽいカンジでいたりしたんだけど・・・
アニメじゃいなくなってますね。

アニメスタッフさんが、この細かい小ネタに気づかなかったのか、
マンガと違って、色が付くアニメで新八を出すと、例え新八が地味でも(爆)通行人っぽくしてても、衣装の色でバッチリ存在がバレてしまうから出せなかったのか、

どっちなんでしょーね?(爆)
・・・個人的には後者だと思いたい・・・(泣)

私的には、このさりげない新八通行人シーン(笑)をアニメで何とか再現してもらいたかったので、ちょっと残念・・・orz



>ギンタさんの仲間・・・

ぱっつぁん、グラ子がそのまんますぎです(笑)

ていうか、新八・・・じゃない、ぱっつぁん?の着てるパーカーに「8」って入ってるのがなんかビミョーなんですけどっ(笑)
でもグラサンかけてるから、見た目はあまり酷く見えないという不思議・・・(笑)



>「江戸一番のツッコミ使いがいるから」

銀さんが新八のコト江戸一番のツッコミゆってるっ!(笑)
いやコレ、原作の時からの萌えポイントでしたがっ!(笑)

なんか銀さんが、さりげなく自分の身内を自慢する、身内に甘いオッサンに見えて萌えるんですけどっ!(笑)

てか、江戸一番、とまで言いますかっっ!!
銀さん、どんだけ新八のツッコミ技を自慢したいんですかっ!(笑)



>「どんだけ~!」

身体くねくねさせんなよ、新八いいいっ!!!(笑)
笑ったわっ!!本編の出番これだけなのに笑ったわっっ!!!
ナイスアニメアレンジッッ!!(笑)

それと、阪口さんが「どんだけ~!」にむっちゃ力入れまくってたのもめっちゃ伝わってきましたよっ!(笑)
ていうか、アフレコの際に、相当な力を込めて「どんだけ~!」を連呼しまくる阪口さんを想像したら二度目の笑いがキましたよっ!!(笑)


あと、銀さんの元にすばやく走りこんで再び「どんだけ~!」を連呼する新八になんか萌えたっ!!多分、なんか新八のその行動に銀さんの弟子っぽい雰囲気があったからだと思うケドッ!(←師弟萌え;)
新八と銀さん、息ピッタリすぎ(笑)

・・・てか銀さん・・・どの時点で新八を呼んでたんだろうな・・・
・・・・・・・・・・・あ、やっぱテレパシーで呼んだとかか?(笑)



>ギンタマンOP

どんだけぇええええっ!!?(言ってみたかった。でもちょっと恥ずかしい;)

ていうか・・・
クールが変わって新OP・EDがどんなになるのかメッチャ気にしているファン心を逆手に取り冒頭でのOP寸止めに加え銀魂ロゴを出してきて――
「さぁ、どんなOPか来るかっ!?」と視聴者に思わせた所で、

ギンタマンOP(笑)

を持ってくるアニスタのセンスに惚れそうですよっ!!(笑)

ていうか、後半の丸々パク・・・もといパロディっぷりに、なんか逆に懐かしい気持になったんですけどっ!(笑)
あったなー。あんなOP。懐かしいなー・・・

・・・って、なんでギンタマンOPでセンチメンタルでノスタルジックな気持にならなきゃならんのですかっっ!!!(勝手になっといて言えたギリじゃねーですケドね;)

あと流れに関係ないケド、
「ぱっつぁ~ん!」のムダな格好良さに吹いた(笑)
なんだかんだ言って、ノリは良かったし面白かったです(笑)



>クールの変わり目恒例・背景オンリートーク

コレなんて羞恥プr(以下自粛)

ちょ、銀さんとグラさんが新八いじり倒してる・・・!
コレなんて傘の話の再g(以下自粛)
すんげー可愛いんですけど、メッチャ可愛いんですけどっっ!!(笑)
ホント仲イイな・・・万事屋。微笑ましいです(笑)

ていうか、「台本」て(笑)

まぁ、最後の最後まで、新八のセリフが全部「どんだけ~」じゃなくて良かったよーな、ちょっと残念な気もするよーな(笑)
でも、ソレをネタに新八が銀さんグラさんにいじられるコトになるとは思ってませんでした。つか、なんてオイシイ・・・!!(笑)

アニスタ、GJ!!ですっ!



>新OP・2ケツ・・・

何はともあれ、まず出てくる言葉がアレですよっ!
銀さんと新八がかっけええええええっっ!!!!って!

でも・・ですね;いっちゃん最初の2ケツのシーンがっ!!
2ケツなのに、えらくドシリアスなマジメな顔してるってのが・・・!!

なんか、恥ずかしいんですがっ!!見ててめっちゃ恥ずかしいんですがっっ!!!今の時期に「どんだけー!」を連呼するハメになった新八の心情並みに恥ずかしいっっ!!(爆)

銀さんの表情はいいっ!!!歴代もあんなカンジだったしっ!!
でも――なんで2ケツなのにマジメな顔してるの新八いいいいっっ!!

カッコイイんだけど――表情は、カッコイイんだけどっ!!!
でも何故か見てて恥ずかしいって気持の方が上回るうあああああっ!!!(落ち着け;)
どう表現したらいいんだろうこの気恥ずかしさっ!
いやムリッ!色々考えたけど、どうやっても表現できないよこの気恥ずかしさっ!!


――(冷却期間)――


・・・・エート・・・で。結論から言うと。
2ケツで銀さんの後ろにいる新八には、何かとにかく幸せそーに微笑んでてもらいたいな、って思いました。(作文;)
・・・ってコトで。(汗)

その・・・こんなコト書いといてアレですが
管理人は、銀と新の2ケツを激しく推奨してますんで;;(説得力皆無;)

銀魂OPの仕様であるハズの(笑)「夕日と2ケツ」の内、「夕日」の要素は削っても、「2ケツ」の要素は削らずにいてくれたアニスタさんには、感謝してますのでっ!!(笑)



>新OP

前の項に書いたように、
新OPを一通り見て、まず出てくる言葉が
「銀さんと新八がかっけえええええっっ!!!!」なワケですが。

いや、ホントカッコイイですよっ!!!

意味無く草原に佇み、意味なく道場の桜の木の下に佇む、銀さんと新八っ!!!(褒めてんのかおちょくってんのかどっちだよこのコメ;)

いいんですっっ!!
格好つけるのに、理由なんていらないのですからっ!(・・・名言?;)


草原に立ち、後ろからカメラが回って銀さんをクローズアップしていくカメラアングルッ!!草原の草で切り替わる画面っ!!
そして、銀さんの顔のアップの直後に、桜の花びらで、新八のマジメ顔に切り替わるってー演出もまたっっ!!!

意味無く佇んでる辺りがやっぱしちょっとツッコみたくなるケド(爆)
でも、それでも桜の木の下に佇む新八、カッケェですっっ!!


つか――

今回のOPは、一体どうしたんだ?と思う程、カッコイイ場面ばかりですね。
真選組や桂さんはわりといつも通りの格好良さだけど、
ギャグ担当のさっちゃんや長谷川さんまでもがカッコイイなんてっ!!(爆)

なんか、新鮮でしたよ。
初見の時、長谷川さんのあまりの格好良さに逆にビビッたりもしたし;(笑)

絵が切り替わるタイミングもテンポも曲にあってて良いし。
歌詞も、所々絵に合わせるようにしてたし。
そこに着目しながら見た時、「彼女は」のトコで思わずツッコミたくなったケド(笑)銀さんやんか、て(笑)

ウン。少なくとも、
マンネリを防ぐという意味においては、このOPは成功だと思います。

でも・・・銀魂はギャグな要素が多いのに、
このシリアスOPとこれから始まる動乱編で、銀魂をシリアスマンガと誤解するヒト出たりしないかな?とはちょっと心配かも(笑)


あとは――
たまさんが出てきたのも私的には嬉しいポイント。

それから、攘夷時代の4人組。
やたら動き回ってます。銀さんの戦い方とかなんかスゴイ。ケリとか。

「怯えてる」の辺りの血みどろ銀さんから、今現在の新八と神楽に囲まれた幸せ家族(笑)な現在に切り替わり、空が晴れていく、という演出も好きです。
過去のコトを思い出してブルーになってる所を、新八神楽に呼び戻されたってカンジが新八&万事屋好きとしてはたまりません(笑)

・・・ま、とりあえず新OPについては、こんな所かな?;



>新ED

まず最初に出てくる言葉は――
ちっこい新八、可愛えええええっっ!!!です;

ちょ、最初、銀さんの小さい頃が出た時は
「アレ?OPに続いてまた攘夷組中心?なんで?動乱編に合わせたEDじゃないの??」
って思ったのだけど――

攘夷組が一通り出た後に、
新八の幼少の砌が出た時に、全部ぶっとびましたよ(笑)

ああなるほど、メンバーの小さい頃の姿一覧なんやね、と(笑)

そうして考えてみれば、なるほど、コレはある意味、動乱編にあわせたEDだな、と納得もしました。
きっとまたEDの変則パターンが出ると思われます。ちょっと楽しみ。
変則パターンといえば・・・私が今までで一番印象に残ったOPEDの変則は、3つめのOPで2ケツがバナナの皮でクラッシュしたコトです。アレはすごいインパクトだった――ってソレは今どーでもイイか(笑)

えっと、あとは――

神楽の幼い頃も、メチャ可愛いです。
・・・それと、星海坊主さんの長い髪が・・・(涙)
あと、神楽の兄さんも黒髪だったのですね。原作にも出てないのに出しちゃって良いのかな・・・ってちょっと思ったケド、髪形についてはどーとでもなるから良いのか。
なにしろ星海坊主さんの髪型もあそこまで変わるとは(以下自粛)

山崎さんを出してきたのも、ある意味、動乱編あわせですね。
ハタ皇子は・・・出番あるのかな;・・・いや、無くても出るか彼らは(笑)
ヘドロさん・・・(涙)
エリザベスは・・・アレ?中の人・・・・・・・・・ま、まぁイイか(滝汗)

・・・とりあえず、新EDについては、こんな所でしょうか;


>「え、終わり?」

あっけない新八の一言。
ついでに当分、新八の出番もありません(涙)

・・・しばらく、字幕の色が真っ白のままな回が続きそうです;
(参:字幕放送では、銀さんと新八のセリフにだけ色がついているのです。
銀さんは黄色、新八は青色。コレは主人公と副主人公というキャラ位置で付く色なんだけど・・・ちょっと新八が他のキャラの中でも特別扱いっぽく見えるので好きです(笑))




>ジャンプ40周年記念作品

コレ、ギンタマンOPでも、本OPでも出てたテロップだけど・・・
もしかして、ずっと付いてるのかな?
今回の話だけが、「ジャンプ40周年記念」って訳ではないのかな?(ジャンプネタもごっさり出てたコトだし(笑))

うーむ、このテロップの対象が何処までなのか気になりますね・・・
場合によっては、この作品全体にかかってくるのかもしれないし。

って、もしそーだとしたら――

「ジャンプ40周年記念作品」の看板を免罪符に、
今まではわりとエンリョがちにやってたパロディを、ジャンプ作品に限っては堂々とやりまくりますって宣言ですか??(笑;)

・・・ど、どーなるんでしょーね・・・アニ銀;;(汗)


・・・以上;








◆お茶にごす 48話 本誌18号

ア○シオのキャップ出たーーッッ!!!(酷;)

ていうか、彼の名前、なんていったっけ?;(酷;;)

――ああ、樫沢クンだっけ:;;(単行本読み返した;)
あとは、桂木クン、ですね;


>ヒゲがキレイになってる樫沢クン

4枚刃を使って剃ったのか・・・大変だったネ;
てか、よっぽど気にしてたんだね・・・(汗)
・・・・・・気の毒に・・・

でもさ・・・
今回の話で、これだけ長い時間外で待ちぼうけしてたってコトは・・・

・・・きっと、生えてると思うんだ。

暗闇だからわかんないケド。
丸一日放置してるからさ。
きっと、いつもの1.5倍増し位で。
・・・より濃ゆ~く生えてると思うんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・合掌。



>寺の前で「たのもー!」する樫沢クン

うぬおおおおおおおお・・・・(呻)

は、は・・・恥ずかしい・・・っ!
見ててこっちが身悶える位に恥ずかしい・・・っ!

アレ?彼ってこんな性格だっけ?なんか最初のイメージとちと違う気がするよ?
彼はもっと健助的に一般常識を守るカンジだと思ってたよ??;
この行動は・・・どっちかとゆーと暴走気味な小林に近いよ??;
・・・ああ、最初に私の思い違いしてましたかそうですか。

ていうか・・・健助・・・っ!!(泣)
健助がいてくれれば・・・!!彼のこの気恥ずかしい行動を、きっと止めてくれるか――あるいは上手い事フォローしてくれるのに・・・っ!!(笑)ついてくのが主体なの桂木クンじゃ彼を止められない・・・!(酷;)



>寺の前で待ちぼうけな樫沢クン

西森先生のコトだから――
絶対先週までの話のコマのスミとかに、彼らの影をコッソリ入り込ませていたりするに違いないと思うんだ。
ええ、そりゃもう恐らく・・・いや、間違いようもなく確実にっ!!

・・・本誌買ってないから確認できないケド;

・・・・・・単行本で確認するしかナイか・・・(汗)

ていうか、スズメバチといい、こき使われ先生の登場といい、今までの話と照らし合わせて見てこそ、味が出そうな話でしたね今回。

・・・やっぱり、単行本で改めてまとめ読みすべきか・・・


以上。








◆ネ○ま! 209話 本誌18号

今回も誰も来なかったですね。

ていうか
千雨ぇぇぇぇぇーーっっっ!!!!

今回は、千雨スペシャルですかっ!!
いつか美空にもこんな風にスポットが当たる日が来て欲しいっ!(脱線)

なんつーか千雨可愛いよ千雨!

傍観者である自分を自覚し、その道を貫くコトにしている千雨・・・!
色々な意味で、漢前な千雨・・・!
でもギリギリの所で女としての顔も見せる千雨・・・!

個人的には、漢前で傍観者な千雨が好きなんだけど――
今週の千雨には、なんか心が揺り動かされたよっ!


>「私がなんか偉そうなこと言えるのは、私が常に「傍観者」だから」

千雨・・・「自分が偉そうなコトを言える理由は、自分が傍観者であるから」ってコトをここまでしっかり自覚していたのですね。

そーだよね。
傍観者だからこそ、なんか偉そうなコト言えるし、忌憚の無いコトも言える。
傍観者だからこそ、冷静な意見も言えるってなモンです。


――でも。


>「スマン先生、私・・やっぱ、なんか無理!!」

当事者だったらンなコトは言ってられない。

傍観者ではなく当事者になった千雨は――ネギが目覚めるコトを願った。
傍観者として、正しい答えを知っていたにも係わらず。


コレこそが、「傍観者」と「当事者」の違いですね。

なんか・・・身につまされるなぁ・・・
色々な意味で・・・
(感想書きって立場も、ある意味、傍観者っちゃぁ傍観者なワケだし(笑))



>「お姫様二人は屈強な護衛と――」

話は変わって、フェイト側のお話。

ツクヨミさんの言う「お姫様二人」って、このかとアスナの事・・・だよね。
(アスナもこのかもお姫様扱いなんだな~;)

そして、フェイト達は、他のネギパーティーメンバーは置いといても、彼女らの行動だけは把握している、と・・・。

えーっと。
確か、ネギ達が魔法界に来るコトは、フェイト達にとって予測外のコトだったハズ。
ってなコトから考えると、フェイト達がお姫様二人を監視しているのは、このかやアスナのお姫様的立場がどうこうではなく――
恐らく、彼女自身が持つ強い魔力だとか能力だとか・・・そっち方面に用事があるのでは?と憶測。
多分、「いてもいなくてもイイけど、どっちかというといた方がいい」位のレベルで。

こーして考えると・・・
アスナとセツナ、このかと楓が最初から二人組で行動してたのも・・・
もしかしたら、転移したコトで、アスナやこのかが間違って死んだりしないよーに、ネギパの中でも特に強い二人を護衛としてアスナやこのかの近くにワザと飛ばした・・・のかもしんないですね。
もしかしたら、アスナ達の転移場所さえも、他のメンバーみたくランダムではなく、最初っから飛ばす位置をある程度決めていた可能性だってありますよ。
ネギパーティーが全員バラバラに飛んで行方がわからなくなってる中で、フェイト達がアスナ達の居場所を特定できてるコトから考えても、どーもそんなカンジっぽい気がします。

・・・どーやら、アスナ達の方にもひと波乱ふた波乱ありそうですね。
私的には、できればソレに美空が係わって来て欲しいんですが・・・;(くどい;)



>番外編・赤松先生3月29日の日記

にて、発表されたように、ネ○ま!が、OVAアニメになるよーです。
以下、そのコトについて。

(先生の日記より一部転載。)
>次に思いついたのは、
>私が個別に「見たい回」を指定してアニメ化していく 案でした。 例えば、
> ・茶々丸が衣装替えして最後に泣いちゃう、ハカセの回。(75話目)
> ・美空の懺悔部屋の回(164~165話目)  (以下略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あああああ赤松せんせえええええええっっ!!!??
ちょ、個人的には、是非ともそっちの案を採用していただきたかったんですけどおおおおおおっっ!!!?????(滝泣)

ああでもわかります、わかりますよ、その案を採用しなかった理由も存分に納得できますっっ!!!
でも理性と感情は別なんです今回の千雨が傍観者になりきれなかったのと同じよーな理由でっっっ!!!!(落ち着け;)
・・・ああ、でも。違う見方をすれば・・・赤松先生が美空を忘れてないってコトがわかっただけでも・・・(滝涙)(卑屈になりすぎ;)


そんでもって、更に発表されてた「最後に決定した案」なんですが・・・
ちょっ
どのアニメ化予定の話にも原作に美空出てないんですけどっ!!?(笑)

ていうか、この辺の話・・・
色々な理由で、原作にいなかったのに、アニメに出てきたらそれはソレでちょっとアレな話なんですけどっっ!!!(汗)
(主な理由:この辺の話に美空が出ていないのは、後々への伏線だと思われるから。ヘタに出すと伏線が伏線でなくなってしまう。つか、美空がいなかった「理由」が無くなってしまふ・・・orz)

まぁ、赤松先生も係わってるようですし・・・その辺の統合性は大丈夫だと思ってますが・・・た、多分;
つーか、この新アニメで美空が出るとしたら――

(再び、先生の日記より一部転載。)
>三巻目。クラスメート達の、夏休み短編集。楓vs龍宮、パルのコミケなど。ここで、
今回活躍できなかったクラスメートにもオリジナルネタでスポットを当てていく。


・・・この三巻目っっ!!ここでしか、ありえないっっ!!!
どんなオリジナルエピソードがッ!!?
つか絶対美空ネターッ!!が、アニメッ!!(落ち着け;)

ていうかですねっ!!
コレ、考えようによっては――
オリジナルネタで美空を出す。=美空がその時何してたかがバレる。
→その頃までには、本誌で美空の動向が少しは明らかになっているハズ。
――とも考えられるわけですしっっ!!

で、カンジンの、その3巻の発売予定はというと・・・
・・・えっと・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・来年の・・・2月?

・・・・・・・・・・・・・・・orz

き・・・気長に待ちましょうか・・・
す、少なくとも、来年の2月までには・・・本誌で何らかのアクションがあるコトは、明らかになったわけですし・・・(泣)


・・・以上;








――以上。


なんかもう・・・
・・・どーしようかなこの状況;;
うららちゃんの心情についてとか考えてたら、予想以上に時間かかりすぎてしまったんですけど(汗)

ま、少なくとも次回のアニ銀には新八の出番がないから・・・もうちょっと短くなるだろうし・・・きっと、もちょっとマシになる・・・と思い、たい・・・です;;

今回、ここまで;

  1. 総合感想
  2. 2008/04/06(日) 23:57 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。