Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

どんな時でも見るのは好きキャラの活躍と可能性。(総合感想)


リ○ム天国が生産終了ってマジスか(泣)

私はもう手に入れてるから問題ないケド・・・ちょっとでも興味があってやってみたい、って思ってる方は、見かけたら即入手した方が良さげですよ;
・・・多分、プレミアモノになるかもしれない程のソフトですから;コレ;(爆)

つか、コレがDSでリメイクされる予兆だったら嬉しいんだけど・・・どうだろ。

ええ、リメイクされたら即買いますよ。私は。
中身そのまんまのベタ移植・・・ってコトは無いと思うけど。S○2じゃあるまいし(毒)


閑話休題。


***

拍手コメントレスです。
コメントレスが遅くなってすいませんでした。

◆ネムノキさん
こちらこそ、初めまして!
道士郎の質問に答えてくださってありがとうございますっ!!!
連載が終了して大分経った今の時期に、まだ回答してくださる方がいるとは(涙)
こちらも作った甲斐があるというモノです(感涙)
ありがとうございました!


***


では以下。
今週(4/19~4/25)分の作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、銀魂の本誌21号、お茶・ネ○まの本誌21・22号分です。

では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。
そのテの発言がモロにある時は、前もって注意書きしてますが、

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないです。なので逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思います;

尚、この注意書を無視してこの先を読み、不快な気持になったとしても、
こちらではどうしょうもありませんので;あしからず。



********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 209話 本誌21号分
※銀さんと新八の出番が・・・(涙)

◆銀魂アニメ 103話 4月24日放送分
※新八の真選組隊服姿(平隊員仕様)がついに・・・!

◆お茶にごす 51話 本誌21・22号分
※笑った・・・!やっぱしデカい笑いキタ(笑)

◆ネ○ま! 211話 本誌21・22号分
※今回は、特に・・・

********************








◆銀魂 209話 本誌21号

銀さん新八何処行ったっっ!!?

2ケツのまま、二人でどっかに消えちゃいましたよっ!!
ちょっと前のヤクザ話での神楽と新八みたくっっ!!(爆)
つか、新八はともかく
まさか主役(銀さん)が消失するとは思わなかったっっ!!(笑)

ま、その分神楽がガンバってたケド。



>巨大猫達の攻撃から、老犬を守る神楽

すごいアクロバティックです。
まるで銀さんを見てるがごとくの活躍っぷりです。
さすが神楽ちゃん。戦闘種族の名は伊達じゃない。

てか、いいなー・・・。
新八はこーいう風にアクロバティックに活躍するコトめったにないからなー。
・・・実力的な意味で。(涙)
・・・・・・立場的な意味もちょっとあるかもだけど。
(解説:新八の立場=視点役 → 主役(銀さん)の近くに常にいる → 銀さんに守られる=活躍しない)
・・・・・・・・・活躍無くてちと悲しい気もするが・・・・
この守られシチュも、コレはコレでカナリ萌えでもあったり(爆)
・・・板ばさみだなこりゃ(笑)



>Ωを召喚する星吐達

つかコレ、典型的な「手段の為に目的を忘れる」パターンですね。
星を守る為に戦ってるのに、その星を滅ぼしてどーする。何処のナー様ですか(笑)

つーか・・・
「星喰と星吐が酒の勢いで交配し」ってコレ・・・(汗)
さらっと流してるケド、なんかものすごく聞き逃し難い単語のよーな気が・・(滝汗)

・・・・・・ま、いっか。(流したっっ!;)



>「こんにちは。私Ω美。みんなよろしくね(桂裏声)」

桂ァァァァァァァッッ!!!!!(真選組風に)

空気嫁、そう来たかぁぁぁっっ!!!

まさか、その身に、Ωを宿すコトになるとはっっ!!!

ええええ!?つか、この空気嫁、この後どーなっちゃうのっ!!?

万事屋での「スザンヌ」という名前を捨て、
このまま桂の元で、「Ω美」として生きるのかっっ!!?
第二のエリザベス的にっっ!!!
はっ!!コレまさか、エリザベス死亡フラグッ!!?(摘出手術による;)

今後エリザベスの出番が一切無くなって、その代わりにΩ美がエリザベスの立ち位置にさりげなくいたり、とか・・・っ!!!?

怖ぇーよソレ;;;
もし万が一そんなコトになったら、バックグラウンドでさりげなく怖い物語が展開してるコトになるんですけどっっ;;;
つかどんなイロモノパーティッ!?

・・・・・・・・・・・・・

――ま、実際は大丈夫でしょう;;;
いくらなんでも、ンなコトが起こる訳ないですしね(笑)

きっと次の出番には何事もなかったかのよーにΩ美が桂の側に・・・

って、ソレが怖ぇんだよっっ;;;(笑;)



>最期の散歩

つか止めて止めて止めてっっ!!!!
誌面滲むからっっ!!
涙出てくるからっっ!!!
鼻水も出てくるからっっ!!
(爆)

立ち読みで吹くコトについては、カナリ耐性できたケド;
泣ける関係にはあまし耐性ないんだってばぁぁぁっっ!!!(爆)

ダメなんだってばうああああああっっっ!!!!
だから実家の犬が弱ってる時になんで何処も彼処もマンガ雑誌でそのテの話を展開するんだよおおおおおおおおっっっ!!!!!(注:ある女性向け漫画雑誌でも、犬の病気関連の泣ける話をやっていた;)
つか、空知センセの実家の犬も調子悪いそーなのに、空知先生何描いてらっさるんだよおおおおおっっ!!!
巻末コメで、チャッ○ーの無事は確認できたケドッッ!!!


ああもぉ、「お前らはソレでイイ」って神楽ちゃんの言葉が沁みたよっ!!!(神楽がこういう考え方をする根底には、普段から銀さん新八を見ていて「思う事」も含まれているんだろうな、とかちょっと思ってみたり;)

つか、彼らの生き様、しかと見せてもらったよっ!!!

最期――
あの星喰の老犬は、じいさんが倒れたのを見て、何を思ったのか――
じいさんが倒れるのを見て、「ようやくくたばったか」と思って力尽きたのかと思うと・・・・もうホントに涙が・・・・おぼろろろrr・・・(オイ;)
そして、じいさんは実はくたばってなくて、しっかり生きてて・・・(滝泣)


――ってな所で、
ちょっと沸いてきた妄想小話を書いてみたり。(台無し;)


*(以下妄想)**

「銀さんっ!!あそこっ!!人が倒れてますっ!!」
バイクで老人を捜していた銀&新。
遠くの川原で倒れているおじいさんを発見する。

「おじいさんっ!!おじいさん、大丈夫ですか!?」
「――ムダだ、新八。・・・もう、そのじーさんは・・・」
「そんなっ・・・こんな所で一人で・・・!」
「・・・一人じゃねぇさ。」
老人から目を離し、少し先の道に視線を送る銀時。
視線を追い、同じく道の先へ視線を送る新八。
・・・静かに眠る老犬の姿を見つけ、はっと息をのむ。

「――神楽は、やり遂げたようだな。」

銀時の言葉に、新八は涙の滲む目で静かに頷いた。



*(妄想終了)**


今回、出番が無かった二人をムリヤリ話に絡ませてみました;
いや、倒れた一人と一匹を見つけたのは、銀&新であって欲しいな、という私的な願望ってコトで;;



>台無しにする話

ってなカンジで、涙ウルウルになる今回の話でしたが――

よく考えたら・・・
あの老犬が死んだってコトは、イコール星喰が滅んだってコトですよね?
・・・っつーコトは、だ。

前回までの設定――

『星吐は、星を救う(=星喰がいなくなる)と、寄生していた宿主からゲロと共に出てきて星から去る。』

から照らし合わせると;

老犬(星喰)が亡くなったあの直後。
ちょうど、おじいさんが涙を流しながら
「てめェ・・・は、ダチ公・・・泣かしたからな」と言ってた頃。

そのバックグラウンドでは・・・

使命を終えた星吐が、その宿主から出て行ってたのかもしれない。
・・・即ち。
神楽達と猫達が戦ってたあの公園が、ゲロ祭りになってたんじゃないか?

って・・・ちょっと思うんだけど;;;

ど・・・どーなんでしょーね;その辺;
なんかそー考えると、色々な意味で台無しになるんですが・・・今回の話;

・・・神楽・・・(泣)


・・・・・・・・・・・。
なんか、台無しにしたまんまで恐縮だけど。


以上;








◆銀魂 アニメ 103話 4月24日放送分

今回は・・・凄かった、ですね;掛け値なしに。

つか、先週のビミョウな間合いっぷり(爆)は何処行ったっ!?

てな位のクオリティですよコレ;;
・・・ぶっちゃけ、柳生編でも中盤でこれくらいのクオリティ回が欲しかっ・・・げふげふ(爆)

・・・新八も、これくらい活躍してくれたらな~・・・(願望)

・・・ま、ムリか。(爆)

新八の担当は、「ツッコミ」と「成長」だからなぁ・・・
だもんだから、新八が活躍する=連載終了間際フラグ
・・・ってコトになりかねない危険なファクター;(爆)

「新八の活躍」は、「ネ○までのザジの出番」に近いかもですね;(ものすごくわかりにくい例え;)(解説:今現在、「ネ○ま」物語内でほぼ活躍が無いザジ。しかし彼女については「ザジの活躍が増える=連載終了間際のサイン」と公言されている。けっこう重要なキーパーソンと言えなくもない;美空と違って(爆))



>沖田さんの活躍

つか、マジ全体的に凄まじいですね、コレは;
あああ、新八にもこれくらいのカッコイイ活躍が(以下略)

「今までの修羅の顔が一転、倒れた近藤を優しい笑顔で助け起こす沖田」というオリジナル演出とか震えが来ましたよっっ;;
沖田の近藤に対する底知れない愛着とゆーか執着とゆーか、そーゆーのを見事に表現してますし;;



>クラッシュ寸前の車で道を急ぐ万事屋一行

クラッシュしかけのパトカー。
走る衝撃で車の残ったガラスが砕け、銀時や神楽に降り注ぐ演出。
そんな中での、新八の必死な説得。
土方さんの中のヒトの、怯える演技もやっぱりスゲェ;

演出的にも作画的にも、今回スゴすぎ;

どんだけ力入れまくってるんですか;;
つか、原作のストックが付きかけてるコトを考えると・・・ここでこんなに力入れちゃったら、後々っつか、今後が怖すぎるんですがっ!;(余計なお世話;)



>「くたばるなら、大事なもんの傍らで剣振り回して・・」

原作に無かった新八のカットインだぁぁぁっ!!!
(どんなシーンでも、見ているのは常に新八だな私;)

やった嬉しいっ!!
てか、こーいう演出にすると
「銀さんの行動を間近で見て学ぶ新八」という構図がハッキリわかって良いですねっ!!

いつか新八も、「どうせくたばるなら、大事な人の傍らで剣振り回してくたばります!!」とか言ってくれるとイイな~。ズタボロの姿で。(悪趣味;)
例えば、親衛隊隊長としてお通ちゃんを守るシーンとかでさ。
(でも前述したように、ソレ(新八の本格的な活躍)はビミョーに連載終了間際フラグでもあるっぽいので;ちょっとフクザツ;)




>「そんなアンタだから、命張って護るかいがあるのさ」

・・・・・・・。
前回の感想で、私は、
「(新八が親衛隊隊員に慕われてる様子が)ちょっと真選組に慕われてる近藤さんっぽい」とか書いてしまったケド・・・訂正します。

いやさ、なんか、沖田の命の張りっぷりを見てたら・・・
親衛隊の面々は(ここまで命かける程には)新八には忠誠を誓ってない気がしてきたもんで;(爆)
ああ、お通ちゃんを守る為ならば、もしかしたら命はるかもしんないケド。(ずっと以前、食人する人に立ち向かってたりしたし)
でも・・・新八を守る為、とかなら(ここまでは)命は張らないだろうな・・・と;;;
タカチンだけはもしかしたら残ってくれるかもだけど(爆)

・・・親衛隊が出来た経緯にもよるとは思うケド。

例えば・・・

――寺門通がアイドルとしてデビューした当時。
アイドルオタクに吹く世間の逆風は、今よりもずっと辛いものだった。
お通が好きだ、というソレだけで受けてきた不当な差別。迫害。
その逆風はあまりに強く、オタク達は酷く肩身の狭い思いをしていた。
だが、そんな時。
世間からのどんな逆風にも負けず、堂々と、そして燦然と。
お通ちゃんを力いっぱい応援する一人の少年の姿を、彼らは目にする。
その姿はまるで、暗い嵐の海の中、船を導く灯台がごとく強く輝いて見えた。

そんな少年の姿に、オタク達は励まされ、あるいは感化され。
いつしか自然に、彼の元に集うようになっていく。

――その少年の名は、志村新八。

後の寺門通親衛隊の礎であり、隊長となるその人であった。


・・・みたいな?;;;

こんなカンジの経緯だったら、親衛隊のメンツも新八の為にガンバったりする可能性もあるかもしんない、とか思ってみたり・・・

・・・・・・・・・・・ゴメンナサイ;

で、でも、考えてみれば;
あの親衛隊の年齢層的には、新八はどちらかというと年少組だと思われるのに、それでも隊長の座に収まり、同年代~年上の兄さん達をまとめ上げてるんだよね;
それって、考えてみればカナリのモンじゃね?って思ってみたり。

・・・・・・・・
・・・つーか・・・なんで私は、真選組中心の動乱編の感想で、寺門通親衛隊についての妄言を書いてるんだ?;(爆)

・・・失礼しやした;



>万事屋真選組コス

画面がずっと暗いのでせっかくの真選組コスがよく見えません(泣)

そしてやっぱりアニメでも、皆が隊長服の中、
新八の格好だけ平隊員の服でしたね。(当たり前;)
・・・似合ってるからいーけど(笑)

つか、フト気になったのですが、その服どっから調達してきたんでしょうね。
土方の替えの服・・・って言うには、新八だけ平隊員服なのが謎なんだよなぁ;
そこら辺の裏切り隊員からはぎ取ったと言うなら、今度は逆に隊長服が3着もあるのが不自然だし。

・・・ま、いいか。



>「真選組局中法度21条・・・」

・・・・・・・・・・(滝汗)

あああああ、やっぱダメだ!!!
「局中法度」って聞くと、どーしても26条のコトが頭よぎってしゃーないいいいいいっっ!!!!!!(爆)
シリアスなのにっ!!シリアスなのに、頭をよぎるのは26条っっ!!
つか、局中法度の扱われ方が重大になればなる程あの26条のコトが頭をよぎって走って止まらないっ!!!

近藤さん(空知先生)、ホントなんてコトしてくれたんだぁぁぁぁぁっっっ!!!!!!(笑)
(26条については次巻の文通編参照;;ネタバレになるかもなので;)



>「呼吸を合わせろ。心体ともに気を練り・・・」

と言われて正直にその通りにしてる隊士達に、ちょっとツッコミたくなった(笑)
・・・まぁ、そうせざるを得ない「空気」ってヤツがあったのだろーケド;

つか、あのシーンで冷や汗をかいて動揺してたり、土方を見て驚いていたちょんまげのヒト&その他多数は、恐らく、元から真選組にいたヒト・・・だよね、多分;
今回、沖田に斬られてしまいましたが。

・・・なんとゆーか・・・・
カブトムシ狩りでハチミツまみれになったり、花見で騒いだりしたメンツの中にひょっとしたら彼らがいたのかもしんない、と思うと・・・
なんか、フクザツな気持になるんですが・・・。

・・・真選組にさして興味の無い(爆)私でさえもそーなるのだから、真選組好きの人達にとっては、今回の話は相当キツいものがあるでしょうね・・・(汗)



>銃撃戦の中、電車を追いかける万事屋

何か、新八のドライブテクが凄いように見えるんですが;
あの銃撃戦の中、飛んでくるミサイルをかわし、尚且つ自分達も撃たれないように走るって・・・相当のウデがあるよーに見えますよ;;

・・・いや、まぁ、実際はテキトーに転がしてるダケだとは思いますがね?;(爆)
つか、ほとんど運・・・ですよね;アレ;;
しかも多分新八の運じゃなくて、新八が運転する車の中にいる運がメチャクチャ強そうな銀時神楽土方の強運に助けられてるカンジの;(どこまで新八過小評価だよ私;)

にしても、新八がハンドル切って、行灯?が割れるシーンとかホント凄いですね;
こーいう細々とした演出が、今回は本当によく映えています。
(つか、今回の感想、「凄い」しかマトモに言ってない気がしてきた;)



>「だそうだ土方氏。あとは自分で何とかしろ!」

原作だと「おいおい;」と笑いながらツッコむ所だったこのシーン。

だけど、アニメだと・・・話の流れとして、
激しい銃撃戦の中を走る車。
→必死に運転する新八、「うわ~!」と叫んでハンドルを切る。
→直後、銀さん土方さんを追い出そうとする。

という流れがハッキリわかるモノだからさ・・・

なんか、銀さん的に
『こんな危険な戦場に、新八や神楽を長く置いてはおけねーな。
 ここに来た元凶を置いて、とっととズラかろう。』

とか考えて、あんな行動を取ったんじゃなかろうか?

・・・なんぞと思えてきましたよ;(笑)

まぁ、私的にそう見えるってダケの話ですが;



>無言で視線を交わす万事屋の面々

これまた
アニメオリジなナイスアレンジッッッ!!!

今回はホント、原作には無かったアレンジがナイスすぎるっ!!

こーして、万事屋の面々が、銀さんと視線を交わすって・・・・
なんつーの?お互いに対する信頼感とゆーか、仲間意識とゆーか・・・えっと、どー表現したらイイのかよくわかんないケド(滝汗)、と、とにかくそーいう言葉に出来ない絆的なモノを感じられて、すごい良かったですよっ!!!

そりゃまぁ、新八はこの動乱編では出番少ないので、こーいう出番の増えるアレンジは大歓迎ってのもありますがね!!(笑)
それと、私的には、銀さんと新八が無言で視線を交わすってシチュにも萌えたっ!!(笑)つか、今回の話で一番の私的萌えポイントでしたよここっっ!!(笑)



>「ボクたちは、アンタに惚れて真選組に入ったからだ!」

土方さんが、元に戻るシーン。
中の人の、トッシーから土方へと変わってゆく演技の凄さも、さることながら。
この場面での背景が、「暁」の風景で表現されている所も、ナイスアレンジだと思いましたよっ!!
山の端の空の、日が昇る直前の様子が、この場面に非常にピッタリです。
土方さんが元に戻るコトの暗示ですよね、コレ。

あと、ここで「暁」の空が登場するコトにより、
今後の話のどこかで朝日が昇る描写が演出として使われるコトも確定しましたね。・・・まぁ、恐らくは「あのシーン」であろうとは思われますが;

どーいう風に、朝日の昇る演習が使われるのか・・・
楽しみの一つとして頭に入れておくコトにします(笑)


・・・つかさ。
こーして「暁」の空が出てくるってコトはさ;
物語内の時間が、夜から暁へかけて時間経過してるってコトですよね?;
・・・ってコトは・・・
新八ってば、ほぼ一晩中運転してたのか(汗)
しかも、あれだけの爆撃の中で、爆弾を避けながら;

・・・新八って・・・私が思ってた以上にタフネスなようですね;;;



ってな所で。今回はこんなトコでしょうか;

以上。








◆お茶にごす 51話 本誌21・22号

前もって「今回はデカい笑いが来る」って気構えていた為か、
逆に今回は読んでてそんなに笑え・・・

・・・ゴメンナサイ、思いっきり吹きました。

立ち読みで。(爆)

うーん;途中まではまだガマンできたんだけどなー;

副長の「おちケツいてー!!」トドメ刺されましたよ(笑)



>恐怖の連鎖

ちょっと、軽く分析してみる。

副長&チカ、脅かしプランを練る。
→奥沼サン、シナリオ上では「ホッと」するハズ所で驚きまくる。
→その予想外のハプニング&声に、逆にチカが驚く。
→混乱してきた野原サンを、戸惑いつつも副長が驚かす
→本来のシナリオ通りに驚く野原サン、つられる副長
→声に驚き、騒ぎ出す動物達→恐怖を助長

・・・こんなカンジか?;

正に、恐怖の連鎖ですね;

見てるコッチは笑えましたが(笑)
・・・人が驚く様ってどうしてこうも見てて面白いのでしょうね;



>樫沢氏

樫沢の存在が、肝試しにどんな影響を与えるか?
樫沢の特性(ヒゲ)が、どんな使われ方をするのか?
とは思ってたが・・・
正にそう来ましたか(笑)ってカンジでしたよ。

アレ、要は、樫沢クンのヒゲが「濃い」から、顔が上手い具合に闇に溶け込んで、幽霊っぽく見えたってコトですよね;(しかもご丁寧に着ている服も黒っぽい;)


『樫沢は、ブルーからブラックにジョブチェンジした!』(笑)

・・・いや、ホントにジョブチェンジしたかどーかはわかんないケド(爆)
やっぱり青は青のままなのかもだし(爆)



>肝試し続行?

つか、来るぞ来るぞと思っていた「デカい笑い」が今回来たからか、
逆に次回以降がどうなるか読めなくなってきましたよ;
このまま笑いを続けるか、それとも違う展開になるのか。

とりあえず、まー君&部長組は、伏線から見て、笑いには向かわなさそうなカンジですが・・・どうだろ;
山夏組は・・・
・・・山田が怖がるフラグが立ってる気がしますし(笑)
まだ笑いに走る・・・かな?;


・・・うわ、ちょっと楽しみかも(笑)


以上。








◆ネ○ま! 211話 本誌21・22号

なるほど。
20年前の北と南に別れての大分裂戦争ってのは、
「北の古き民」と「南の新しき民」との戦いだった
のですか。

南北に別れたつってもどんな風に別れてたのかイマイチよくわかってなかった話が、なんかだんだんと具体的になってきました。
そんでその辺りの説明を、記憶喪失になったゆえが授業で「歴史の話」として聞く、という形で行う辺りも上手いですね。

あと、20年前のオスティアって・・・・
あのアスナが見た夢の話、のコトだよね?;

・・・アスナ・・・14年以上生きているのは、もう確定か・・・。

な、なんか重たくなりそーだなぁ;覚悟はしてたケド;



>メキメキ上達してるゆえ吉っつぁん

直接本節に関係ないコトでアレだケド;

なんか・・・もしかして、
美空、魔法ではもう、ゆえに追いつかれてね?;
つかむしろ追い越されてね??;

何か既に、専用の始動キーの有無くらいしか差が無い気がするんですが;;

・・・つか、美空専用の始動キー・・・あるんですよ、ね・・・?(滝汗)
ああああ、なんかだんだん、ソレさえ無い気さえしてきたっっ!!(爆)
(美空好きだけど、美空を過小評価;)

いや、なんか、ラカンさんが初心者用の始動キーで闇魔法使ったのを見てしまったら・・・なんかもう、個人用の始動キーなんぞ別にあっても無くても構わないんジャネ?って気にもちょっとなるケドッ!!(笑)
・・・いや、アレはラカンさんがケタ違いに特殊すぎるだけの話だとはわかってはいるケド;;;



>北の古き民・南の新しき民

ってのが、どーいう分類なのかイマイチまだハッキリしないケド。

とりあえず「南の新しき民」ってのは、今現在本編に出まくってる一般的な魔法界人だと考えて良さそうだよね。
となると「北の古き民」ってのが、どんなのか、って所だけど・・・

私的に、「北の古き民」と聞いてパッと頭に思い浮かんだのは、
モロにザジとココネでした。

なんか、ちょっと普通のヒトと違う雰囲気持ってる所とかが、なんとなく。
(まぁ、ザジはエヴァみたく闇の眷属系の可能性もあるのだけどね;)

いや、何の根拠もない話なんだけどね?
一応、「民」ってからには、人間系だと思うし。
「古き」ってコトは・・・恐らく、「新しき民」よりも闇の眷属だとかに近い存在なんじゃないかなー?なんて根拠もなく思ってみたり;

まぁ、ぶっちゃけ。
もしもココネが「古き民」なのだとしたら。
話が「北の古き民・南の新しき民」に絡んできた場合、
ココネの出番が増え、それに従い、ココネの従者な美空の出番も増えたり
しないかなー?なんて思ってみたりする下心があるから、
そー思うだけなのかもしんないですが(笑)(どっちにしろ、美空に話は行くんだな、私は;)


つーか・・・もしも、ココネが「北の古き民」なのだとしたら。
こないだの出番の時に美空が言ってた「ココネの故郷を見てみたら~」の発言もカナリの重要性を帯びてくるんですがっ!
わー、まだ仮定の上での話だけど・・・
なんか私ワクワクしてきたですよっ!!(笑)


あ、そうそう、あと一つ。
もしかして未だにパルやアーニャが出ていないのって、彼女達がいる場所が「北の古き民」の領域だからなのかも??(少なくとも、カモがいる場所は北っぽいし。)

ああ、早く続きが見たいですっ!
でも次回は合併号っ(泣)

・・・以上!








――以上。

相変わらず、感想上げるの遅れ気味です;ホントどーにかしたいよ;

次回は、合併号祭りだし・・・いっそ、2週分でまとめちゃおっかなー(笑)
って、笑い事じゃなくかなりの確率でそーなりそうです(汗)
・・・その時に、追いつけたらイイのですが;

今回、ここまで;


  1. 総合感想
  2. 2008/04/26(土) 23:34 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。