Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

仮面ライダー響鬼に・・・

最近、何故かミョーにハマってます。

何故なのか・・・?
私は昔っから徹底したアニメ派で、ああいった特撮モノには拒否反応すら示していたのですが・・・
(だって、どう見ても、戦闘シーンがニセモノっぽく見えて仕方無いんですよー。変身後の姿が着ぐるみにしか見えない。アレをカッコ良く見るのに必要な、色々アレでナニなソレを補完する為の想像力が欠如してるもんで。)

ですが。
何故か。本当、何故か。

『響鬼』にはハマッたんです。


・・・何がイイんだろーか?

まず、OPの音楽がメチャメチャカッコ良くて、私の好みにもピッタリだったコトなのか。(バージョンが色々あるのがまた!もちろんCD買ったし)

ライダー達が、変身したら無条件に強くなるんじゃなくて、普段からしっかり鍛えているからこそ力が発揮できる、という設定がイイのか。

だからこそ、鍛えれば誰でも鬼になれる、という所がイイのか。

マカモー?に対抗する為の、『鬼』をサポートする組織がすでに出来ていて、更にその組織が、ウン百年前から続いている事を思わせる・・・ライダーなのに、ミョーに『日本の伝統』的っぽい所がイイのか。

その中で、師匠から弟子へ、といった連綿と続く繋がり(というか絆?)を感じさせる所がイイのか。

ヒビキさんとアスム君の、互いに互いのコトを気にしている様子が微笑ましいのか。(誤解を招く表現)

ヒビキさんがアスム君のコトだけ、『少年』って呼ぶのも、ある意味照れ隠しなのかなー、と思うと、なんとも微笑ましい気持になるからなのか。

アスム君と話している時の『タチバナ』のお父さんが、表には出さないけど、心の中では『あー、アスム君、ヒビキの弟子になってくんないかなー、でも本人の意志がなー。』って期待のニュアンスを匂わせてる(よーに見える)所がイイのか。

ディスクアニマルがミョーにカッコカワイイからなのか。ギミック含めて。
(・・・ディスクアニマル欲しーなー。売ってるオモチャじゃなくて本物ー。鳥と犬と猿バージョン。あーいう使い魔がいたら、便利だろーなー、いーなー。昔ながらの紙から折鶴バージョンでもイイから欲しーなー。)

・・ああ!やっぱしたまんねぇっ!!

早く続き見たいよ!!!

もう、書いてみて気付いた!
多分、コレ全部、好きな要因だ!


ンで、そーして好きな部分が出来てくると、今まで拒否反応すら起こしていたライダーの変身後の戦闘シーン見れるようになるのだから、不思議。
好きになる前は、
『楽器で攻撃??っつか太鼓のバチ??おいおい、ソレで攻撃ですかよ。』
って思ってたのに。

愛は、色々なモノを乗り越えるのですね。(使い方間違ってる)


・・・そりゃまぁ、今でも、ライダーの戦闘シーンになると、アニメ版ムシキングで甲虫の戦闘シーンを見る時ぐらいの拒否反応は出ますが。(解りにくい例え)
いや、甲虫があんな鳴き方するなんて、ありえねぇし。


・・・話をライダーに戻そう;

最近の話もまた、イイんですよー。
私的な好みのツボを押さえてるっつーか。
具体的に言うと、鬼から引退する者と、1人立ちする鬼の話だったんスけどね。

師匠から弟子に続く、連綿たる流れ。絆。
遙か昔から続いてきた、繋がり。


くぅう!イイねぇ!!

ンで、彼ら見てて思ったけど、この仮面ライダー響鬼って、この二人を含めると、色々と節目のヒトが揃ってるんですよね。
 鬼になるかどうかの境界線上の者。
 現役バリバリの鬼。
 修行を積み、もうすぐ鬼になろうとする弟子。
 弟子を持つコトに躊躇いを持っている鬼。



ていうか、ぶっちゃけアスム君がどーなるか?どーなるか??ってのが気になって!!!
無論、アスム君とヒビキさんも微笑ましいのですがっ!!!(←腐女子入ってる;)

個人的には、アスム君は鬼にならないんじゃないかなー?と予想してみたりするんですが、どうなるか。
嗚呼、気になる。気になるっ。気になるっ!!(連呼)

  1. 雑記
  2. 2005/05/16(月) 23:35 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。