Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

音ゲーにまみれても感想書きは止めない。(総合感想)


バンブラで、ようやく「プロ」レベルに上がりました。
そのオカゲで、ようやく自分で入力した好きな音楽で遊べるようになったのだけど・・・(バンブラの一番の特徴は、楽譜さえあれば好きな曲を入れて遊ぶコトが出来る所)
・・・カンジンの楽譜がないんだよな・・・;耳コピ出来るレベルでもないし。
スレイOPとか銀魂OPとかの曲を入力して遊びたいのに(笑)
ああ、でも今度出る新作の方では、好きな音楽ダウンロード出来るらしいしな・・・そっちを待った方がイイかな・・・(爆)
まぁその前に、まずはプロ操作に馴れるコトから始めないとなんだけど;;
でも、プロ操作ムズカシすぎてちょっと挫折気味・・・(爆)

あ、そうだ。それと、太鼓の○人の新ゲーム。
GWの浮かれ調子に便乗してつい買ってしまってました。(爆)
・・・CMでは島での冒険がどーのとかやってたけど、
内容的には、前作とあまり変わらない印象でした。

・・・DS系音ゲーまみれだな・・・私;大神もやりたいんだけど・・(まだ言ってんのか;;)


閑話休題。


では以下。
今週(5/10~5/16)分の作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、銀魂、お茶・ネ○まの本誌24号分です。

では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。
そのテの発言がモロにある時は、前もって注意書きしてますが、

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないです。なので逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思います;

尚、この注意書を無視してこの先を読み、不快な気持になったとしても、
こちらではどうしょうもありませんので;あしからず。



********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 211話 本誌24号分
※今回の感想は、腐れ要素満載です。要注意。

◆銀魂アニメ 106話 5月15日放送分
※「そこでわたすなよ!」な「監督」のたすきだよねコレ;

◆お茶にごす 53話 本誌24号分
※それは、キモダメシと違う・・・多分。

◆ネ○ま! 213話 本誌24号分
※追い越されてるよね・・・コレ・・・(泣)

********************








◆銀魂 211話 本誌24号

(注:今回の感想は、もう最初っから腐れ要素多めです。要注意。)


つーかね。


もうホントどうしようと思いましたよ。

銀さんと新八が一緒にいるシーン・・・
もう普通に夫婦にしか見えないんですが(爆)

私の目が腐ってるからそう見えるんだとは自覚しつつも・・・

・・・もうホントどうしよう。(2回目)



>日輪太夫の事情

・・・・・・・・・フツーに親子でしたか。
さすがにアレだけやっといて「何もありませんでした」オチはないですね;;

日輪太夫がこちらを向かないのも、何か理由がありそなカンジ。
・・・まさか・・・太夫既に死亡フラグ・・・??(爆)

つか、晴太の正体に気づいていたけど、自分がそちらを向くと晴太に危険が迫るから見られなかったとか・・・そーゆーカンジなのかなぁ?



>晴太に、彼のお金が使い込まれていたコトを報告する新八

・・・最初にこのシーンを読んだ時。

『アレ?なんで新八、晴太のお金が使い込まれてたコト知ってんだ?
――あ、そっか。
テレパシーで銀さんから新八に事情が伝わったのか。』

と、つい、すごくナチュラルに納得しそうになりました。(笑;)


いや、その後、すぐに正気に戻りましたケドね?;

――いやいやいやいや、ちょっと待て自分。
いくらなんでも、銀&新テレパシーなんて私的な妄想冗談捏造設定が、こうも堂々と公式な本誌に出る訳ねーだろ、落ち着け自分。
よく読め自分。現実と妄想の区別をつけろ。でも温泉編は(以下略)


と、本誌を握り締めつつ頭の中がグルグルでしたから;(笑);;


ま、実際;
よくセリフを読んだら、新八達が花魁の格好で店に紛れ込み、その情報を手に入れたらしきコトが書いてありましたがね;
「あの店番の人は手癖が悪いと評判だった~」みたいなカンジで。

つか、新八達・・・あの格好で諜報活動出来てたんだな・・・(爆)



>新八達を逃がして、月詠と戦う神楽

グラさんかっけぇぇぇっっ!!!!

そして新八もナチュラルに庇われてるぅぅ!!(笑)
ホント新八、守られポジだなっ!!

にしても月詠。
神楽と真正面からやりあえるって相当の手練れな様ですね。

なんか・・・化物級の強さのキャラが次々と出てきますね・・・(汗)

こ、こーして、「人並みよりは強い」レベルであるハズの新八が、どんどん弱者になってゆくんですね・・・(滝汗)

・・・新八も・・・一応、最初の月詠のクナイの攻撃を事前に(気配で?)読める位の強さは持ってるのに・・・(泣)

月詠のクナイの攻撃の先が晴太に向かっているコトを察知して、カバーに行ける位の力は持ってるのに・・・(悲哀)



>「待たせちまったな」←クナイがグッサリ

銀さんんんんっ!!(笑)

めっちゃカッコつけよーとしているのはわかりますが、
決まって無いっ!!決まって無いですよっっ!!!

つーか、
危ない!て所を間一髪で助けに入り「待たせちまったな」って!!
「銀さん…!」って言いつつ、安心した笑顔で助けてくれた人を見上げるってっ!!

――それ、モロに主人公とヒロインが交わすテンプレ的な会話に見えるんですがっっ!!!
新八の格好(ナチュラルな女装)もあいまってっっ!!!

ええもう、私の目が腐ってるからそー見えるダケなんでしょーケドねっ!?

落ち着け自分、現実と妄想の区別をつけろ・・・

って、このセリフのやりとりは現実だぁぁぁっ!!(笑)(落ち着け)



>「刺さった本人が刺さってないって~」「今認めましたよね」

こ、この辺の新八と銀さんの会話が・・・!!

笑えると同時に非常に萌ゆるんですが。
もうホントどうしようコレ。(3回目)

「刺さってねーよ何も」とクナイをサッと引き抜いて隠してる銀さんにも萌え。
アンタホント、どれだけカッコつけたいんですかっ!(笑)

それに銀さん、登場してから新八としかマトモに会話してないんだけど!
月詠にセクハラ会話しよーとして失敗した以外っ!(笑)



>女装に馴染みまくってる新八+銀さん

つかさ。
新八、女装に馴染みすぎジャネ??;;;

こうして銀さんと二人並んでいても全然不自然に見えないんですが;;
これから宿に向かう男と花魁、つっても自然に通るよマジでっ!(笑)

つかもう、二人の外見がもうヤバイったらないですよ。私的に。
最初にも書いたケド――

皆に背中向けてこそこそ会話している二人の背中が、ナチュラルに夫婦(もしくは恋人同士)にしか見えないのですから;;
(注:ヤバいのはそんな二人じゃなくて、そうとしか見えない私の目と頭。)


・・・そーいや、今更だけど。
銀さんが新八の女装に驚いてないのは・・・
やっぱ、今回のコトは前もって打ち合わせておいたコトだったからなのかな。

じゃなきゃ、驚くよね;いくらなんでも;
男の助手が花魁の格好(女装)してたら;
いや、神楽が花魁の格好してても驚くだろうケド;;
・・・実は普段から見慣れてる(=普段から女装しまくってる)から驚かないだけ・・・なんてオチじゃない・・・ですよね??;(滝汗)



>「そんなにお前は俺を刺したいか!」

ゴメンナサイ・・・
ぶっちゃけ軽く「新銀!?」って思ってしまいました;(爆)
(いや;実は好きですケドね?;新銀も;男らしい新八が見られるという点において;)

・・・コレ以上はシモイ話になりそーなので割愛(爆)



>左手に刺さってたクナイ

つーか、痛みでわかんなかったんか?;
さすがにちょっとツッコミたくなったよ(笑)

もしかすると、頭の痛みをガマンしてて気づかなかったのかもだけど。
・・・どんだけ痛みガマンしてんだよ銀さん(笑)
つか、新八の肩に手を置いた時に気づかなかったのだろうk(禁句)



>「結局全然打ち落とせてねーじゃん」

――などと詰りつつも、
弱気になってる銀さんに「身を挺して庇ったコトにしましょう」とか提案してくれる新八に萌えた(笑)
つか、その相談する後ろ姿がマジで夫婦にしか見えな(以下割愛)

・・・まぁ、「全然打ち落とせてない」コトはないんだけどね。
少なくとも、新八だけは無傷だったんだから(笑)

つか新八も、自分は助けてもらったんだから、ソコは感謝しようよ(笑)

・・・いや、あの格好で、軽く頬を染めながら「銀さん・・・あの、あ、ありがとうございました」とか言われたら、ソレはソレで大問題か(笑)

なんか少年誌のハズなのに違う方向へ大暴走してしまいそうだよ;
主に私の頭が。かわいそうな方向に。



>2回も計画を聞いてくれてる月詠&それに便乗する銀さん

・・・月詠・・・いい娘だね。
(同じ名前と性別でも、どこぞの女好き戦闘マニア変態(しかもストーカー)とはエライ違いですな(笑))(ネ○まネタ;)

それに引き換え、銀さん・・・(笑)
何事もなかったかのよーに月詠の言葉に便乗しているし(笑)

どんだけカッコつけたいんだよ(笑)

「身を呈して守った」コトにした途端、そーいうカンジのセリフを恥ずかしげもなく吐く銀さんに、思わずちょっと萌えちゃったじゃないですか(笑)



>クナイが刺さってる晴太

銀さん、結局新八しか守れてねぇぇえっ!!!(笑)

ソレは無意識の行動なのかっ!?
無意識のウチに、新八(&神楽)が、最優先で守る人間として魂に刻み込まれてるが故の行動なのかっ!!?(笑)

銀さんも晴太もクナイグッサリなのに、新八だけ無傷だよっ!!;
つか、神楽にも守られてたし・・・
新八、どんだけ守られポジッ!!?(笑)


いや。
つーか・・・もしかして。

実はああ見えて、新八のLuck値はとんでもなく高いって設定だったりするのかも?(何処のRPGだよ;)(ゲームのやりすぎ;)
(所謂、強運の持ち主って意味です;)。

新八のギリギリでの悪運の強さが、銀さんでも打ち落とせきれなかった程のクナイの嵐の中、新八を無傷で助けたのかも。

うーん。私的には、新八はどっちかってぇとLuck値は低・・・もとい、あんまり幸運には恵まれてない方だと思ってたケド・・・こーして見てみると、実は意外と強運なのかもしれんですな。ヤツは。

この世にあって、銀さんや神楽に出会ってピンチを助けてもらい、その後も、かなりの修羅場を(化物並に強い訳でもないのに)なんだかんだで生き残っていて。
・・・もちろんソレは、銀さん神楽に助けられてきたからもあるんだけど。
それ以外にも、新八自身のギリギリの所での悪運の強さもあってのコトだったのかもしれませんね;(笑)
(ここは…ただ単に、マンガ的に視点役な新八が死んだら困るから生き残ってるだけ、とか無粋なコトは言わない方向でお願いします;(爆))



以上;








◆銀魂 アニメ 106話 5月15日放送分

今回は、オリジナルでした。

なんか、思ってた程アレでソレでなかったので安心;
・・・・・・・・・所々、ヒヤッとする所はあったけど。(爆)

ところで。

いつの間にか、OPでクレジットの監督さんの名前が1人になってるんですが;
何の前触れもなくさらっと・・・非常に気になるのですが・・・;;
アレ?もしかして今更??;

・・・つーか・・・

1年2年で終わると思って、遠慮なくガンガン使っていた原作の話。
3年目の続編が決まってしまい、原作のストックが絶対的に足りない!
――そんな時に新監督に渡された、監督のたすき


この展開・・・まさに、こないだ発売されたばかりの
糸色望先生13巻121話のネタみたいな話なんですが;

T監督・・・ス○ラン三○期が終わったら帰ってきてくださいね。
たすき、わたしっぱなしにしないでくださいね(笑)
・・・ま、そう上手くはいかないだろーが(ドクロ)



>アバン

この時期恒例(?)
「あらすじ」になってない「これまでのあらすじ」(笑)
もし4年目が万が一あったりしたら、きっと来年もあるコトでしょう(笑)
・・・って、どーなんだろ4年目;;;いくらなんでも厳しいと思うんだけど;

テ○プリ、視聴率イイんですね。
再放送でも視聴率が取れるなんてスゴイコトですよ。

いっそ銀魂も、再放送で時間かせいだらイイじゃないかな。
で、原作ストックが溜まったら再開♪みたいな(笑)
・・・ウン、わかってる。ンな上手いコト話が運ぶわけがないって;願望の話ですから。願望の;;

それと、銀さん新八の「まだまだだね」は、テ○プリネタだったんですね;
他所様の感想見るまで気付きませんでしたよ;(←テ○プリ知らない;)


で。
私的にちょっと気持に引っかかったコトが一つ。

それは・・・上記の銀さん新八の「まだまだだね」のセリフが微妙に揃ってなくて、更にその後、余韻なくすぐにOPに突入したそのビミョーな間合いの取り方の狭さ
それが、なんか・・・言い知れぬ不安をかきたてます。

・・・大丈夫かな・・・;(不安)



>新八のボロボロの顔

前回の予告の時から気になってたんだけど・・・
そして、今回の冒頭にこのシーンを持ってくるコトで、新八がどーいう経緯でこのよーなボロボロな姿になったのか気になってたんだけど・・・

まさか・・・神楽とのパスワークであんなボロボロになったなんて・・・
予想外にも程があるわぁぁああっっ!!!(笑)

もっとカッコイイカンジでボロボロになったと予測してたのにぃぃっ!!(笑)
敵の妨害をボロボロになってでも交わし、味方にパスを繋いだとか!!
敵の妨害にあって転んでボロボロになったとかっ!!!
味方の妨害にあってボロボロになったとかっ!!!

・・・アレ?コレ、カッコイイカンジ??;;


そ、それはさておき。
マジメな話、この話の構成の仕方は上手いな、と思いましたよ。
ちょっとだけ、セオリー通りというか教科書通りな感はしたけど。
まぁ、シモがやたら多かったのが気になった所だけど・・・(汗)



>「8月31日まで夏休みの宿題やってなくても~」

私は・・・なんかもう、空欄が一杯あっても、とにかく答えをテキトーにでも埋めてでも、なんかやりとげたコトにして誤魔化すタイプでした;
怒られるのがイヤな小心者なもんで。今も昔も。

・・・ホント、私は変わらないなぁ・・・(笑;)



>散りばめられた小ネタ

エート、なんか色々あるので、カンタンに数行程度ずつツッコみます。


>麦汁販売員
万事屋三人でビー・・もとい、麦汁販売ですか。
つか、二人で話す時の銀さんと新八がやたら近いのが気になります、近いのがっ!(笑)
あと、石灰水はアルカリが強いから飲んだらマジヤバイらしいので、子供はマネしないよーに。(しないよ;;)


>勲と泰三オールヌード;
・・すいません。さすがにそれはちょっとやりすぎかと思います。アニスタ様。
脱げばOKって考えてる男子大学生の体育会系飲み会みたいですよ;(経験有;)
モザイクちょろちょろ動かしたり芸がいらんカンジに細かいですし;
つか、新八も黙って立ってないでツッコめや;801的な意味でなく;(爆)

あと、さっちゃんのアレ・・・(滝汗)
・・・夕方のアニメってコト忘れてますよね;;
・・・まぁ、いつものコトだけど;


>他作品キャラ
相手チームは、お○松くんですか・・・
そして、ア○ランス中野・・・懐かしいなオイ;;;
つか、こんなネタちりばめても、子供ぜってーわかんねーですよ;;
いや、いつものコトだけどっ;;;(2回目)


>キャプ翼ネタ
コレは・・・正直、キャプ翼はあまし読んでなかったので、サッパリネタがわかりませんでした(爆)
いっつも口を同じ形に開けてるアニメ(漫画)というイメージしか残ってない(笑)


>小学生みたいな言い争いをしている長谷川さん
コレは、ちと違和感ありました;;
それは、どっちかっつったら近藤とやりそうな言い争いなんだけどなぁ。
・・・直前のダブルストーカーネタで近藤使ってるからムリなのだろうケド・・・。
つか今回、近藤と桂がせっかく一緒に出てたのに結局、何の絡みもなかったし。
あの二人が絡むと面白いんだけどなぁ。801とか全く関係なく。

ダブルストーカーと順序を前後させて、小学生的言い争いの相手を長谷川さんじゃなく近藤さんにやらせたら良かったと思うのにな・・・
・・・等と、私的な願望を言ってみたり。


>エリザベスが中の人の手でボールをキャッチする所
コレはもう、素直に吹きました(笑)コレは、上手い!!
エリザベスの謎キャラの持ち味を、上手く使ってますよっ!!
ネタも素直に面白かった(笑)


>「オレの息子の為につきあってくださいシュート!」
ウン・・・正直、息子息子連呼してる所でオチ読めてたケドね・・・
でも、アマラオのシュートの跳ね返りが「息子」にゴールした瞬間の、モノスゴイ爆発っぷりには思わず吹きました(笑)
アレくらい思いっきりやってくれるなら、ベタなネタも生きるってもんだよ(笑)


>EDの声優テロップ
松田1~11男の名前をキッチリ書いてる所にまた吹いた。
ホント、こーいう細かい所が芸細かいですね(笑)



>「だがなぁ、戦争ってなりゃ話は別だ」

ここの銀さんには・・・ちょっと違和感バリバリでした;

なんつか、攘夷戦争で色々懲りてそうな銀さんが、戦争って言葉にこんな反応する事に強く違和感を感じましたよ;

・・・「戦争」じゃなく「戦い」とか「戦闘」って言葉だったら、まだ違和感少なめだったのかなぁ・・・?;

う~ん・・・、それまで細かい所でのツッコミ所や引っかかる所は多少あったものの、今までのオリジナルと比べると、中々イイセン行ってただけに・・・ここでの銀さんの反応は、ちょっと残念でした・・・。



>「コイツら全員、一騎当千の玄人揃いだ。」

桂やさっちゃんや近藤さんや姉上ならともかく、
新八や長谷川さんや爺さんはちょっと違うんじゃ・・・?;


――とここまで書いて、何の疑問も持たず姉上を玄人呼ばわりしている自分に軽く眩暈がした;;
・・・「姉と名が付く者は常に最強」のイメージは、私がスレイ時代から培ってきた私的概念だから、もう今更ぬぐいようがないんだろうが(笑)

いや、お妙さんはやっぱり最強だとは思うケド;
きっと銀さんも神楽も勝てない;(新八は言うまでもなく)
――高杉等のギャグ補正が通じなさそうな相手はわからないケド;;



>「戦国最強、武田騎馬隊!」「アレ?ボク馬!?」

・・・新八が”馬”と気付くまで数秒かかりました・・・(笑)

扱い酷ぇえええっっ!!!!
でもソレでこそ新八っっ!!!(オイ;)

「新八、ワンツーパスでいくアル!」「おう!」
の、返事するトコまではカッコ良かったんだけどなぁ・・・

・・・ま、オリジナルならこんなモンですかね;;(諦念)



>戦国の世での役割に例えられるそれぞれのキャラ

エット・・・まとめると。

足軽:長谷川
 →そのまんま…と言いたい所だけど、私は長谷川さんはもっと上だと思う。(爆)
長槍隊:桂・エリザベス
 →うーん・・・納得・・・かな?;
弓矢隊:近藤・お妙
 →姉上が近藤さんとタッグ組んでるっ;;;きっとあの後、近藤さんはボコられたに違いないっ;
忍者:さっちゃん
 →コレばっかりは、そのまんまですね。
騎馬隊:神楽・新八(馬?)
 →そうなりますか。つか、新八は馬ですかぃ;…となると、銀さんに乗られたりすんのか?(爆)
農民?:爺さん
 →爺さん、カッコ良すぎだろっっ!!(笑)

――ってな所ですか。(感想付)

つか、結局銀さんの役割が出て来なかったですね。

戦国での戦いで、切り込み隊とかそーいうのがあるのかな・・・
万事屋繋がりで考えると、やっぱ騎馬隊か?
・・・となると、乗る馬はやっぱりs(以下自粛;)


い、以上;








◆お茶にごす 53話 本誌24号

・・・・・・・・

まー君、それ、キモダメシ違う!!

それ、フツーに夜の散歩!(笑)


・・・とツッコミたくて仕方が無かった今回の話。
きっとヤマダ君が見てても同じポイントをツッコんだと思う(笑)

なんか、この二人(まー君と部長)が一緒だと、作品そのものの醸し出す空気が、ガラリと変わりますね・・・。
前回までの笑える話が一気に、なんかイイカンジの話になったし。

こんな雰囲気っつか空気をマンガで作り出すってホント・・・職人技だよ。もうここまで来ると。感服せざるを得ません。西森先生スゲェ。
・・・ああああ・・・西森先生のこうした力量でちゃんと完成した道士郎が見たかった・・・・つかホント、続編かリメイク希望・・・(泣)



>部長

幼い部長が、激しく可愛いんですが(笑)

いや、今の部長も可愛いケド。
まー君と二人っきりになると、ちょっと砕けたカンジ(リラックスしてる?)になるのが、めちゃくちゃ可愛い。

・・・今思えば、ネコの鳴き真似とか、電車への駆け込み乗車とかが、二人のキョリをさりげなく縮めていたようですね。

なんだよ、こいつら結構お似合いなんじゃねーですかぃ(笑)

西森先生は、応援したくなる二人組を作るのが上手いな・・・ホント;



>今週の樫沢氏

樫沢クン・・・普通にカッコイイんだよな・・・
顔が影になった時限定で、だけど(酷;)
それなのに。
こんな風に、ワリとカッコイイキャラなのに。
今や、すっかりヒゲキャラに・・・

・・・・・・合掌。(-人-;)


まぁ、樫沢氏の場合は、心根がカッコイイって訳ではなく。
なんつか・・・「人からどう見られるか」っつーのを常に気にしている故のかっこよさというか;ちょっと動機が不純な「カッコツケたがり」というカンジがします;

今回のラストのシーン近くでも、自分の姿で驚くまー君を想像してたりするし。
コレはつまり、自分が人に驚かれる姿であるコトを理解しつつも、半ば意図的に驚かそうとしているってコトですよね?
それは、彼がそんな小ズルイ気持を持ってるコトを表してもいる訳で。

そんな所が、イマイチ彼が格好良くなりきれない原因なんじゃないかなぁ・・・?とか思ってみたり。

だから、ヒゲが濃いとかどーとかは・・・多分、二の次なんだと思う。
ヒゲが濃い、というのは、単にボロが出るキッカケにしか過ぎないんだよ。

・・・って;
なんか私の貧困なボキャブラリーと頭脳では説明が苦しくなってきたので;
この話はここまでにしときます;(逃)


つか、来週は・・・

マジで、
「幽霊の 正体みたり 髭カッシー」(俳句?;)

なコトになりそーなカンジですね;;
(解説:幽霊じゃなく樫沢だというコトが普通にバレる展開、という意味;)

果たしてどーなるのか;


以上;








◆ネ○ま! 213話 本誌24号

ちょ・・・

美空、もう完全にゆえ吉っつぁんに追い越されてるっぽいんですがぁぁぁぁっっ!!!!?
(もう完全に)実力的な意味でっっ!!!

いや、まだ美空がどれだけの実力かわかってないから、完全にそうとは言い切れないんだけどさ;;;でも・・(動揺)

・・・・・・orz


>記憶が戻ってないゆえゆえ

って、記憶戻ってないのですかよっ!!(思わずツッコミ;)

えーと、ってコトは・・・
パクティオカードの絵が浮かび上がってきたのは、
カードの扱い方を思い出したから
・・・ってコトですかぃ。

・・ま、この辺の細かい設定については、またいずれ追って説明があると思われるので、そいつを待つコトにしましょーか(笑)

記憶喪失ネタを引っ張るのも確定な様ですね。


・・・記憶喪失になったままオスティアに行くゆえ吉っつぁん・・・
つか、アスナの昔の記憶も、記憶封鎖されてるっぽいし・・・
・・・ん?もしかすると、この辺りで、何らかの関連が出てくるかも??
例えば、ゆえの記憶を戻す為にネギが使った魔法で、アスナの封鎖された記憶が蘇るとか・・・って、さすがにソレはないか;(笑)

とにかく、先が気になります;



>ドラゴンを倒すゆえ吉一行

いわゆる、戦略勝ちってヤツですね。
・・・ゆえ吉っつぁん、強いなー。頭脳的な意味で。
あと、ホウキ裁きも見事でした;
ああ、こーいうカンジの活躍を美空がやってくれたらなー・・・(願望;)・・・ま、ムリだろーケド(泣)

つか・・・ああ、美空・・・
本当に、追い越されてるよな・・・コレ・・・(泣)

・・・いつか、美空のこうしたカッケー出番があるコトを・・・祈ります(泣)



>オスティアを見たアスナ

いかにも何かありげな表情してますねアスナさん。

ずいぶん前から情報チラ出しにされてきて、色々気になっている(別称:手の平で踊らされている)読者の一人としては、この展開は非常に気になる所ですよっ!!

果たしてどーなるアスナッ!!

次回が楽しみです!!

――って、こーした気になる引きで終わっておいて、来週でイキナリ、全然違う話が始まったりする可能性もあるんですけどね(汗)

今回の話も・・・なんか記憶の無いゆえが、ネギ達とかけ離れた所で全く違う話を展開しているという点において、ちょっと外伝っぽいですし;
そんな所からして、今は、色々な外伝っぽい話が、アチコチで展開しているカンジだから・・・今週がどんな引きで終わってようと、来週がどうなるかはハッキリわからないんですよね;;

うーん、でもオスティアは気になる・・・

・・・ま、とりあえず今回はここまでってコトで。

以上!







――以上。

だんだん遅れてきてますね。
周回遅れ・・・もとい週回遅れになるまであと一歩ですよ;;
・・・・・やっぱ、もっと思い切って感想を短くすっかな;

今回、ここまで;

  1. 総合感想
  2. 2008/05/18(日) 23:45 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。