Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

時々脱線してても感想と言い張ってみる。(総合感想)


わりと最近知ったコトですが。

6月17日は、イギリスにおいては、
エリ○ベス女王の公式誕生日だそうです。

ところが、実際の女王様の誕生日は4月21日だそうで。
ついでに言うなら、新(NZ)では6月の第一月曜日、豪州では6月の第二月曜日が、それぞれ女王誕生日で祝日になるそーです。
・・・さすが女王様。
誕生日が一杯であらせられらるる・・・アレ?;あ、あらせられる?;

――ゴホン;
失礼しました;

にしても。なんで国ごとに誕生日が違うのでしょうか;
いや、(欧州方面では)気候が良い6月に、めでたい祝日持ってきたい・・・って理由は(調べた結果)わかったんですけどね?(6月の花嫁と同じ原理っぽい)
なんでソレが17日なのか?って話で。
第一・第二月曜日とかなら、なんとなくわかるのだけど。(わかるんかい;)
「公式」の誕生日は、一体どーいう経緯で決められたのでしょーか?;
同じ6月17日に生まれた人間としては、ビミョーに気になるんですが。

夏至の数日前だから、とかそーゆー理由・・・かなぁ?;
(夏至は夏至でまた祝いたいから、夏至とは別にした、なカンジで(笑))

・・・まぁ、いいや;


閑話休題。


では以下。
今週(6/7~6/13)分の作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、銀魂、お茶、ネ○まの本誌28号分です。

では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。
そのテの発言がモロにある時は、前もって注意書きしてますが、

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないです。なので逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思います;

尚、この注意書を無視してこの先を読み、不快な気持になったとしても、
こちらではどうしょうもありませんので;あしからず。



********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 215話 本誌28号分
※ミニスカじゃなかった・・・チッ(爆)(←おい;)

◆銀魂アニメ 110話 6月12日放送分
※予告編に全部もってかれました(笑)

◆お茶にごす 56話 本誌28号分
※これもまた青春だと思う・・・よ?;;;(フォロー?;)

◆ネ○ま! 216話 本誌28号分
※トォサカァァァァァァッッッ!!!(怒)

********************








◆銀魂 215話 本誌28号

前回の感想で、新八と神威が同い年くらい?と書いたケド・・・

・・・冷静によく見てみたら、
神威はもちょっと年上っぽい気がしてきました;
沖田くらい??

同い年での童貞VS経験済ネタ、見てみたかったんだけどなぁ(笑)
・・・残念(笑)



>はちきれピーチ三太夫

って何だそりゃあぁぁっっ!!!

やりすぎだろ明らかにっ!!(笑)
その胸のボリュームも含めて色々とっ!!!(笑)

どう見ても不自然すぎるよっ!!?
許せるのはパー子さんだけだよっ!!(つか、ソコは許せるんだ!?;)

まぁ・・・フツーに考えれば、あの胸の中に何か仕込んでるんだろーケドね?;
武器とか爆弾とか、あるいは脱出用のパラシュートみたいなのとか。
じゃないとあの不自然さはありえぇねえぇぇぇぇっ!!!(笑)
フツーに引くわっ!!

・・・・・・でも。
かつて、火田先生の先輩漫画家先生が、おっしゃってたそーです。
「漫画家は、読者が引くくらいの事をやらなきゃならない」って。

という訳なので、
もっとやってください。(爆)

楽しみにしてます!(おい;)



>女装でノリノリな新八君;

三太夫の名乗りの時の新八君・・・
なんでそんなに超ノリノリっっ!!??
直前までは、自分達の胸をジト目で見てたクセにっっ!!!(笑)

しかも、センターだしっっ!!!
胸を強調するポーズしてるしっ!!!(他の二人もだが;)
ウィンクまでかましてるしっっ!!!

・・・このまま何か目覚めて、女装癖がついちゃったりしたらどーするよ(笑)
私的には歓迎だけど少年誌としては・・・(汗)
そーいや、かのら○まも、最初の頃は女装に抵抗あったケド、回を追うごとに、だんだん女装に抵抗が無くなっていってたっけ。(懐)
・・・あんなノリなのでしょーか。
16才男子としてソレはどーなんだ新八。そしてら○まも;


つーかさ。新八爆乳すぎっ!!(泣)
新八、フツーに先週の方が可愛かったよっ!!(問題はソコかっ!?;)
百華の顔隠しのマスクしてくれたのは、ちょっと嬉しかったケドッ!!(笑)



>新八クンの着物・スリット疑惑

・・・ちょっと気になったんだけど。
クナイが飛んできているシーン。
なんか、よく見たら・・・
新八の服、スリット入ってるっぽいんですが;(爆)

・・・・ちょ、待て(笑)
ミニスカじゃなかったのは私的にちょっと残念だけど(爆)
月詠さんばりのスリットが入ってるなんてあまりに予想外ですよ;
マジにお色気担当?と誤解しそうですよ16歳男子(笑)
いや、一般的に新八はお色気担当じゃないとはわかってはいるけど;


・・・まぁ、まだ小さいコマだからね;;;
単に、着物の皺だの光の表現だのでそう見えただけっぽくもあるし;


つーか、新八がスリットって・・・(汗)
・・・ある意味、ミニスカよりも危険な気がするよ・・・?;;
普通に、スネ毛とかでバレないのだろーか・・・?
それとも新八君は、スネ毛もあまり生えてないとゆーのでしょーか・・・?;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)

・・・ちょ、考えるとキリない;;
ま、まだスリットが入ってるとはハッキリしてない訳だし;;
騒ぐのは、スリットが入ってるとハッキリしてからにします;;;
前回だって、ミニスカで騒いで結局ミニスカじゃなかった訳だし;;



>はちきれピーチ三太夫・その2

銀さんが加わって、三人組ですか。
つか、銀さんは通常の格好のままで行くと見せかけて、
次の週には女装をしてくるとはビックリですよ;
しかもアレ、自前の着物そのまんまだし;(帯は月詠さんから借りたと思われ)

・・・前回のラストで、月詠さんが一緒に行くコトになり、
ソレならってんで、百華に紛れ込む作戦に変更したのかも。
ってコトは、ソレ以前は普通に乗り込む&忍び込むツモリだったってコトか。

・・・アレ?
ってコトは、つまり・・・あの時点においては、新八の女装にはあまり意味が無かったってコトなんじゃ・・・?

・・・・・・・・・・・・・(汗)

ふ、深く考えるのはヤメとくか・・・;
普通に「女物の着物しかなかったから、一応女に見えるように髪の毛ちょんちょん結びした」ってコトでいーじゃないか;
なんか色々、すべからくツッコみすべき所がありまくるよーな気はするケド(汗)



>夜兎達の戦い

めっちゃ嬉しそーに戦ってますね・・・神威クン。

そして、神威に軽く沈められて、
マジメな顔で屋根に埋まってるゴツい夜兎のヒトに、ちょっと吹いた(爆)
・・・まさか、その後死んでしまうとは思わなかったが・・・(泣)

それにしても、あの夜兎の傘。
弾丸防いだり松っちゃん砲を防いだりでカナリの頑丈なモノだと記憶してましたが、ソレを突き破るとは・・・・。
神威と鳳仙の力は、相当なモノなようですね。

・・・・・・・。
私が思うに、恐らくあの傘にはラムダ・ド○イバ的なモノが搭載されているんじゃなかろーかと思うのですが、どーなんでしょうね?(笑)SFっぽく。
(参:ラムダ・ドラ○バ:フルメ○ルパ○ック(ラノベ)に登場する超技術。使用する者の「意思」を「物理的な力」に変換する。その強度は操縦者の集中力に左右される。)

つまり、仲裁に入った二人は、意志力が鳳仙や神威より劣っていた為、ラ○ダ・ドラ○バ(的なモノ)による加護を突き破られてしまった・・・と。(笑)

・・・・・・・・・・・。

すいません冗談です失礼しました;



>帰る神威

・・・あ、帰っちゃったよ;神威;

銀さん新八とのマトモな顔合わせは無しか・・;

まぁ、あの後着地した所が、ちょうどはちきれピーチ三太夫がクナイをはじいた所だったりして、そのまま戦いに突入!・・・なんて可能性はまだ残ってるケド(笑)

それにしても。
部下をアッサリ殺しておいて、その事に対して、ロクに感情の揺れさえ見られない神威って・・・相当の狂気キャラっぽいですね;;

・・・神威に心臓突き破られたゴツいヒトのご冥福をお祈りします。
あと、鳳仙に左腕を切られたもう一人の夜兎のヒトも。
生き残った分、今後、なんか大変そーだし;
・・・それにしてもこのマンガは、よく左腕が切られるマンガだなぁ・・・;(爆)



>「やりましたね。何とかごまかせたみたいですよ。」

無事(?)門を通り抜けた新八が、銀さんに言ったセリフ。
新八が銀さんにこっそり耳打ちってシチュがちょっと萌えます(爆)

つか今回、新八のマトモなセリフってコレだけのよーな気が;;
しかも、誤魔化せてないし(笑)

・・・まぁ、あの様子だと、
最初っから「月詠が裏切った」ってコトは知られてたみたいだが。
・・・色々知ってる上で、あのピーチ三太夫の漫才につきあってた門番のヒトたちって・・・どんな気分だったんだろーな;;(笑)



>四方八方から飛んでくるクナイ。

ちょうど、新八が守られる位置にいる所が私的にポイント(笑)

・・・多分、またもや銀さん神楽に守られるんだろーケド;
今回ばかりは薙刀もあるんだし、
一応はちゃんと自力である程度は防いで欲しい所。
新八ファンとしては。(笑)
・・・期待して、いいのかなぁ・・・?;


ってな所で。

以上。








◆銀魂 アニメ 110話 6月12日放送分

今回もまた。
万事屋が本編に出てきませんでした。
でも・・・予告が・・・

――予告がっ!!!


・・・今回、末吉のツッコミとか眼球カッサカサとかで
色々面白かったし笑えたんだけど――

予告で全て吹っ飛びましたよ(笑)



>孤島な刑務所シチュ

いや、その。見ているチャンネルの関係上か;
ちょうど、ゴ○ゴ13でも獄門島からの脱出ネタをやってたんですよ。
で。私は、週末にまとめてビデオを見るので、ちょうど、ほぼ立て続けに見るコトになってしまい・・・なんとゆーか・・・色々フクザツな心境でした;
いや、見比べるべきモノではないとわかってはいるんだけど;
・・・なんつか;
ゴル○のリアル脱獄っぷりの直後だと、銀魂のギャグ要素が際立ちますね;

でも・・・ええ。わかってはいるんです。
銀魂において、リアルに関した細かいツッコミは不要なモノだというコトは。

だから、
末吉が牢から脱出した後に海をどう越えるツモリだったのか?とか、
地面を掘った際の土は何処に行った?とかについては、
ツッコムべきではないのです。
どこぞの穴掘り呪文・地精道(ベフィズ・ブリング)と同じく、「どっか別の場所に行った」と考えるべきなのです。(笑)

面白ければイイのです(笑)

・・・まぁ、こーして書いちゃってる時点で、
既にツッコんでるも同然なのですがね;(台無し;)



>末吉さんの声。

1話限りのキャラにしては、やたらツッコミ上手いなー。
そして、なんか聞いたコトある声だな~・・

――と悩み続けて30分。

カミナの声だと気付いたのは、某スレだの感想サイトだのを見た後でした。(遅)

・・・そうだよカミナだよっ!なんで気付かなかったんだ私はぁぁぁっ!!!

トンネル繋がりかっ!?ドリル繋がりかっ!?
つかソレなら、シモンの中のヒトの方がイイのではっ!?
グレラガの視聴を途中で脱落してしまった自分が言えたギリじゃないがっ!!(てか、撮ってるビデオあるんだから見ろよ;いーかげん;)


にしても;
小西さんツッコミ上手いですね。

・・・なんという声優のムダ使い;
さすが銀魂;
なんか、声優のムダ使いっぷりを集めるダケで動画一つできそうな勢いだよ;・・・作れないからやらないケド。



>予告編にっ!パチ恵がっっ!!!

ぱち恵ぇぇぇえええっっっ!!?(予告を見た時の第一声)

ええええええっ!?なんでまたパチ絵っ!?
本誌にパチ恵が出たタイミングでパチ恵っ!?
え?そんなに何度も出す程人気なのっ!?(爆)
どこぞのハ○テみたく、
新八の女装が20代男性にウケが良かったのですかっ!?(爆)
(参:ハ○テのご○くの主人公・ハヤ○(男)の女装は、20代男性に非常にウケが良かったそーです。9巻巻末作者コメより。)

い、いや・・・でも;
恐らく銀魂とハ○テと銀魂は読者層かぶってないから違うよね・・・;たぶん;
・・・つか、見た目もだいぶ違うし・・・(汗)
新八の女装で喜ぶのは、新八ファンの一部だけだよ・・・きっと。
(そしてその一部にジャストフィットしている自分は、凄く喜んでいるわけですが。)



>次週予告・NH物

「NH物」って何?と思ったので、軽く調べてみました。
で。ハッキリとはわからなかったけど、
恐らく「ニューハーフ物」の略称だと思われます。

・・・・・・・・・・・。
・・・なんか納得。
ああ、だからパチ恵とパー子なんだな、と。


・・・冷静に考えよう;
なんか、私的にはついつい舞い上がって、
すっごいパチ恵に期待してしまいがち・・・だけどっ!

ひょっとしたら・・・
イザ、フタを空けてみたら、出てきたのは1シーンだけでした。
なんてコトだってあるかもしれないのですっ;
(ぶっちゃけ、オリジのサッカーも、わりと予告オチなトコあったし;)
あくまでアレはオリジナルだとゆーコトを忘れないでおくべきなのですっ;

それに。
6月は”桂強化月間”だとゆーコトを重ねて考えると・・・
もしかしたら、ヅラ子が出てきて、
そっちの方がメインになる可能性だってある訳だし;


という訳なので、あまり期待しないでおくコトにします;;

・・・ま、原作話の方は期待出来ると思うケドっ♪(←やっぱり舞い上がり気味;)


い、以上っ;








◆お茶にごす 56話 本誌28号

表紙絵は、部長ですね。

こないだの夏帆ちゃんといい、
茶道部女子が出ない間の補給みたいなモンでしょーか?



>アニ研の部員

テンション、低いな・・・(汗)まぁ、ムリもないケド;;

私的にはやっぱり、
例の「いつも俯いている女の子」が気になってしゃーないですよ;
・・・打ち明け話で、「私、腐った女の子なんです♪」が出ないコトを祈ろう;;(参:前回の感想;)

あと、細波似の部員も発見。
・・・つか彼、今までいましたっけ??;(爆)



>体育会系にくってかかる山田

――が、
漫画家の代弁者に見えましたよ;(笑)

私はマンガ描けないのでその苦労を計り知るコトは出来ませんが・・・
・・・うん、とても大変だろうと思いますよ。

その大変な苦労をして作り上げた原稿をアッサリ紛失されたりしたらそりゃ怒りたくもなるでしょうよ・・・
って、コレは今、訴訟起こされてる別話題についてだった;(脱線)


閑話休題;

えっと・・・今回;
なんか山田がよく動いて、よくしゃべって、よく感情を露にしまくるから、
思わず山田クンが主人公なような気がしてきましたよ;(笑)
・・・道士郎における、健助みたいなもんか・・・。

あと、山田君がアニ研部長をやたら気に入ってるっぽいのが気になります。
・・・卓テクとか言っちゃってるし;
山田クンなりに、部長に学ぶべきポイントを見つけたからなのでしょうが・・・そして、その世渡りテクが、まー君の役に立つとか思ってるからだろうケド・・・

まぁ、なんとゆーか・・・・

ガンバレ(アニ研)部長。



>その他

・・・・・・・。
と、あとは、えっと・・・
今週は・・・他に特に書くコトは、無いかな・・・?(汗)

――あ、ちなみに。
今週で一番吹いたのは、何故か冒頭部分の
「やたらキラキラしてる体育会系男子」の絵でした(笑)

・・・なんであそこで吹いたんだろう・・・?;orz
自分で自分の基準がわかんないです;


以上;








◆ネ○ま! 216話 本誌28号

トサカ、ムカつく。(感想第一声がソレか;)

なんだアレッ!!?典型的ヒネクレ大人キャラじゃねーですかいっ!!!
つーか、トサカって本名かよっ;(あだ名だと思ってた;)

コジロー(コタロー)を見直してたり、フツーに会話して、ちょっとはマシになったのかなー?とか思ってたら、
亜子に対するこの態度おおおおっ!!!(怒)
弱いもんイジメして楽しいかっ!?
そりゃ、心が弱いヒトなんだろうからこそ、亜子の何かが心の琴線に触れて、ああやってイジめてるんだろーが・・・
そんな理屈うんぬんは置いといて

すげぇ単純に、ムカつく。(2回目)
(・・・老化現象の一つに、「感情の抑えが弱くなる」ってのがあるらしーがホントだな;最近、こんなちょっとしたコトで怒ったり泣いたり笑ったりだよ;)



>トサカにバレた;

ナギ(ネギ)の正体が、あのムカつくトサカにバレてしまいましたよ;

ええええ?どーなるんだ!?コレ;;
まさか、トサカのキャラがこーいう風にひっかきまわす役に使われるとか思わなかったから、この展開は意外ですよっ;;
魔法界編に入ってからのネ○まの展開にはホント、色々と驚かされる・・・(汗)



>オスティア出身なトサカ

トサカは、オスティア出身とな。
そして、あのぬいぐるみっぽいヒトがなんで「ママ」と呼ばれているかも判明。
なるほど、母親代わりだった訳なのですね。
つか、私的に戦士時代のぬいぐるみっぽいヒトをちょっと見てみたいですよ(笑)

にしても、そうなってくると気になるのが・・・
トサカのクソイジけた性格からして。
アスナの正体が発覚した時に「てめーが国を捨てたから俺達は大変な目に遭ったんだ!」とか、今までの恩義も何もなく、ただひたすら責める役をやりそーだと思ってみたり;
ぐああ、想像しただけでムカつくっっ!!!(注:まだ想像の段階です;)

・・・まぁ、もしンな話が出てくるとしても、1年2年後になりそーですケドね?;(オスティア祭り編、また長くなりそーだし;;;)
つかさ・・・
今、ネ○まだけだよ・・・打ち切りの影に怯えず、楽しめるのは・・・(爆)(もし万が一、マ○ジン廃刊なんて事があったりしても、ネ○まなら確実にどっかに拾ってもらえそうだし。)
銀魂はジャ○プだから油断ならないし、お茶もサ○デーだから油断ならないんだよね・・・。あ、ちなみに、それぞれに油断ならない理由が、同じようで実は別なのがポイント。ジャ○プは人気が無くなればアッサリ切るけど、サ○デーは編集部の人事異動とかがあればアッサリ切・・・って、脱線しすぎか;;



>その他

って、フト気付いたら、
今週の感想、「トサカ・ムカツク」しか書いてないですよ;;

今回で、前回までの話とネギの行動との統合性が取れたとか、
亜子の恋愛問題(千雨の提案する準・ハッピーエンド?)とか、
色々ツッコミすべきポイントはあるんだけど・・・
・・・なんか、トサカに対するムカつきで全部吹っ飛んでまいましたよ;


うーん;・・しゃーないですね;
感想を短くまとめたいコトもあるし、今回はここまでにしときます;


以上っ!








――以上。

よしっ、ちょっとづつだけど二週回遅れを取り戻しつつあるぞっ;
その分感想は少し短くなってるっぽいけど、ぶっちゃけコレくらいが適正だとも思うしっ(比較的);(今までが異常すぎた;;)
・・・つか、まだまだ長い方だよね;もちょっと削れるかな??;

この調子でガンバレ自分っ!(爆)

今回ここまでっ;


  1. 総合感想
  2. 2008/06/15(日) 23:00 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。