Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

ネギま!について書いてみる。

先週のトリビアの
『グラビアは、好きな部分を消しゴムで消せる』というネタを見て、ちょうどそこにあった当日発売のサンデーの表紙を消しゴムでこすったら、やっぱりインクが取れました。

でも、表紙はガッシュなんだな(笑)


――閑話休題。

HPの方の更新履歴に、マガジンのコトをちらりと書いたので、今回は、マガジンにおける主力商品のネギま!について。(商品って;)

いや、実際。
ネギま!って、けっこぉ面白いですよ。

最初はアニメで見て、面白そうだったので、マガジンを立ち読みしたら思いの他面白く、勢いで全巻揃えてしまいました;
パンチラと露出シーンとエロい表現を気にしなければ、女性にも読めるかも・・・ってそーいうのがダメなヒトは、土台からムリか;

ネギま!は、萌え漫画としての要素と、少年(&少女)の成長物語の要素。
この二つを織り交ぜるようにして成立している、というのはよく言われている事のようですが。

私は、コレにもう一つ、最近は伏線読みマンガとしての要素もあると思ってみたり。

設定がかなりシッカリしているんですよね。
作り込みっぷりが、ハンパじゃない。
ネットでネギま!について調べても、奥の深さを思い知るばかり。
作者さんのHPを見ても、かなりのファンサービスっぷりでしたし。
これだけスゴい作者さんが、一体どーいう人なのかと、フト姓名判断のHPでかの作者さんの姓名判断をしてみたら、なかなか面白い結果が出ました。姓名判断侮りがたし。(脱線)

で、私は、そーいう伏線話って好きなんですよねー。
色々アレやコレや、謎をつっついて、考察するのが楽しくて楽しくて。
ちょっと前まで、『からくりサーカス』もその要素があったけど・・・アレはだいぶ謎、解明されたしなぁ。(余計な謎は増えている、という説もあるが;)

ちなみにコレは、推理漫画、というのともちょっと違います。
あくまで、伏線読み漫画、です。
ある意味、悪趣味な読み方の一種です。(自滅)

で。とりあえず、今回は、
伏線読み大好き人間な私が、私なりに考えてみたコトを書いて見ます。
・・・まぁ、私ごときが思いつくよーなコト、すでにとっくの昔にどっかで誰かが気付いてるコトだとは思いますが、一応、自分の考えを整理するイイ機会なんで、書いときます。(爆)

では、とりあえず、今一番旬な、超鈴音について。

(以下ネタバレも含まれ)


私は、彼女は、未来からやってきたヒトだと思います。

根拠は、超の科学力がスゴすぎるのと、10巻でのタイムマシンを起動させるのが2回目であるという意味のセリフと、9巻での『この時代に・・(中略)・・残っていたとは思わなかった』という意味のセリフ。

『この時代に』『残っていた』
この言い回しは、未来から来た人間の言う言い回しだと思うのです。
例えて言うなら、
もし、タイムマシンを使って、明治時代の終わり頃に行ったとして。
そこに、思っていたより、たくさんの武士が存在していたとしたら。
こういう言い回しをすると思うのですよ。
・・・この時代に、こんなにたくさんの武士が残っているなんて思わなかった』と。

で、更に。そういう言い方をするというコトは、
その時代の情報が手元にあまり無い状態である・・・つまり、祖父母の若い頃・程度の、簡単に認識できる程の過去じゃないというコトと、現代を指して『時代』と表現する程、時空的に離れた時代であるコトを指していると思うのです。
よって。
超は、少なくとも、100年以上は先の未来からやって来たのではなかろうか?と予想してみたり。

で、そーなってくると。
それほどの時空を飛ぶための魔力は一体、何処から来たのか?ってコトが問題になるんですよねー。
まぁ、未来のコトだし、魔力を増幅する機械とかがあっても不思議じゃないけど。(超もそれっぽいコト言ってたし。)
あるいは、何か、とてつもない魔力を持っている存在と一緒に時空を越えてきた、というコトも考えられたり。
そうなってくると。未来から来た敵か!?とか率直に連想したりもするけど。
少年誌においては『可愛い娘に悪人はいない』という神話もあるコトだし・・
ネギま!の話の特性を考えれば、超が完全な悪人とは思えないんですよねー。

何にせよ、超については、少し前に話題だったピアノマンと同じくらい、色々と想像を喚起させてくれる材料が揃ってるし。

これからも、楽しませてくれるコトでしょう。


では、次は。
これからのお話において、要チェックポイントであり、キーパーソンとなりうる可能性を持った、『春日美空』と『明石裕奈』と『ザジ』について・・・
・・・書きたいと思ったけど、なんかいーかげんこの記事も長くなりすぎたんで、次回にします;


あ、そうそう。(以下予想発言)

今の連載のネギの試合。
対戦する相手が格上、という点で、クーの試合と被らせた表現になると予想。
この場合、ネギに該当する応援する人物はアスナかと思ってみたり。
この場合、ネギのアスナに対する・・・いや、もうこの辺にしときましょーか。^^;


  1. その他マンガ
  2. 2005/05/30(月) 00:47 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。