Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

空振りに見えた結果は、本当に空振りなのかどうなのか。(総合感想)


リ○ム天国Gを購入しました!

発売日にっ!(ハリキリすぎ;)


で、早速やってみたのですが・・・
・・・・・・・・・。
・・・まぁ、今の所、
期待程ではないケド、そこそこには楽しめてます。(爆)

今現在、期待程でないって考えてしまう原因は、
やっぱしペンで「はじく」という動作に中々馴れない所です;
体験版で感じた不安が、そのまんま的中ってカンジ?;
延々はじく操作が必要なゲームは、手が途中で疲れてもくるし;
二点同時押し裏技を使うテもあるケド(笑)(邪道;)

そういう点において、
無印GBA版よりは、他人様へのオススメ度は、ちょっと下がるかもです;
・・・それでも人を選ぶ性質の「応援団」よりはずっとオススメ度は上だけど(笑)

――とはいえ。
今はまだ始めたばかりなので、評価を下すにはカナリ早い時期でもあります。
なのでコレ↑は、ゲーム開始初期における軽い感想ってコトで。

・・・正式に評価を下すには、
やはり最低限全クリアしてからでないと話にならないですし。
はじくという動作に馴れた際にはまた、評価は変わるかもしれないし。

なので今回、リズ天Gについて語るのは、ここまでにしときます;
(もう充分、語りまくってる気もするケド;)


閑話休題。


では以下。
今週(7/26~8/1)分の作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、銀魂、お茶、ネ○まの本誌35号分です。

では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。
そのテの発言がモロにある時は、前もって注意書きしてますが、

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

ちなみに。銀○では新八、ネ○までは美空、お茶では山田に、
それぞれ非常に偏った感想になりがちです;ご了承を;


尚、この注意書を無視してこの先を読み、不快な気持になったとしても、
こちらではどうしょうもありませんので;あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 222話 本誌35号分
※銀さんのモノローグって珍しい。

◆銀魂アニメ 117話 7月31日放送分
※スパウザー(笑)

◆お茶にごす 63話 本誌35号分
※キツネ君、マジ何処行った?

◆ネ○ま! 221話 本誌35号分
※北と南が古き新しきでゴッチャになる;;;

********************








◆銀魂 222話 本誌35号

今週は、冒頭のカラーがなんか凄かったです。

カラーなのにモノクロ風だったり、やたらリアルっぽかったり。
なんか、今回の長編は、先生が気合入れて取り掛かってるコトが伝わってくるような気がしましたよ;

・・・まぁ、単なる思い込みだとは、わかってはいますケドね;(笑)



>銀さんの日本刀

銀さんの持っていた刀だけど・・・

銀さんが吹っ飛ばされた時に、
叩きつけられた壁の、左側の床に刺さっています。

以前にも書いたケド。
新八の薙刀に伏線的意味があったように、
銀さんの刀にも何か意味があると考えられるので・・・
恐らく、この位置に、この刀が刺さったのには、何かしらの、後々への伏線的意味があると思われます

やはり一番考えられるのは、
誰かが拾って、鳳仙へのトドメに使う・・・とかかな?

とすると、ソレをやりそうなのは・・・

 本命:銀時 対抗:新八 大穴:神威

――って所じゃなかろうかと予想。

・・・つーか、対抗に「新八」が入ってる辺り、
私的願望が思いっきり入りまくりな予想ですね;スイマセン;


・・・失礼しました;



>鳳仙の右目に刺さる、キセル。

あのキセルは、いわば月詠さんの象徴・・・つか、代わりですね。

この一撃を、今までいいように虐げられてきた月詠さん・・ひいては、遊女達を代表しての反撃の一撃、と考えると、なんと深いコトか。


・・・でもあのキセル、もうしゃぶり倒せないよね;
つーか、返却も出来なくなっちゃってるよーな;

血がついただけならともかく・・・
キセルの吸い口から、元は眼球だった肉塊や(以下グロいので略;)
・・・とか考えると・・・
キレイに洗っても使いたくないですよ;アレは;

やっぱ、「新しいのを買って返すってコトで、ここは一つ;」って展開か?(笑)



>晴太の「家族」発言

晴太がお登勢さんのトコにいた期間って、どれくらいだったっけ・・・?
・・・ま、子供にとってみれば、数週間でも充分な期間なんだろな。

つか、晴太が銀さんを「家族」と言うからには、
万事屋ともけっこう交流あったんだろうと思われ。

きっと・・・
銀さん、酒飲みに行くついでに晴太の様子見てたりもしたんだろーな。
で、銀さんが酔いつぶれた所で、晴太が二階に上がって新八神楽に銀さんを向かえに来るよう呼びに行ったりして(笑)

他にも――
万事屋の皆で、お登勢さんトコで晩御飯食べたりもしたかもしれない。
新八と一緒に、近所のスーパーに買出しに行ったりもしたかも。
あと時間の空いた時には、神楽と一緒に近所の子らと遊んだりとかさ。

・・・こうして色々考えてみると・・・
お登勢さんトコで、けっこう充実した時間を送ってたのかもだね。晴太クン。
家族と言いたくもなるようなカンジの、ほのぼのとした。
(注:全部妄想です;)

・・・私的には、その描写、欲しかったな~・・・。



>その他色々、箇条書き。

・しょっぱなから、戦闘シーン全開。
 銀さんも、しょっぱなから全力で戦っている様子です。
 つかこんな戦い、新八には出来ないんだろうな・・・(泣)

・銀さんのモノローグって珍しいですね。しかも、なんか弱気っぽい。
 鳳仙の攻撃に、心が折れそうになってる・・のか?
 私的にコレは、新八神楽の出番フラグだと信じている。

・鳳仙相手に大苦戦な銀さん。
 銀さんと神楽との実力差を考えると、これくらいの差があって当然かな。

・悠長に応援している神威兄さんは、完っ全に他人事モードです;
 でもそう思わせといて、イキナリ乱入してきかねないのがコワイ所。
 真性のキ○ガ○を思わせるキャラだからなぁ(爆);何するかわかんないよ;

・「孫に囲まれて~」発言。
 アレ?太く短く生きるんじゃなかったっけ?(笑)
 まぁこの場合は、啖呵切る意味あいのが大きいのだろうな。
 ただ、心境の変化はあったのかな~?とは思わなくもないかも。

・銀さんのモノローグが・・・なんか切羽詰ってます;
 こういうのって、ホント珍しいな。

・「体と魂を引き剥がされる」って言葉が気になります。
 ・・・「魂」が、銀魂を語る上での重要なキーワードだからか?

・刀は銀さんの位置から近い場所に刺さったケド・・・木刀は何処行った?

・鳳仙に顔をつかまれながらも、銀さんの目は死んでいない。
 アレは、戦っている人間の目だと思うよ。
 ・・・こ、こーいうのを見ると、「さすが主人公!」って思うな;

・晴太に家族と呼ばれて黙って何か考えている銀さん。
 コレ・・・きっと、以前、同じように「家族」と言ってくれた新八のコトを思い出しているんじゃないかなぁ?とか夢見がちなコトを思ってみたり(笑)

「俺をまた敗者(まけいぬ)にしないでくれよ」と言う銀さん。
 何か、数ページ前の「俺達は負けてない」に矛盾する言葉なような・・・?;
 あっちの「負けてない」とこっちの「敗者」とでは、対象が違うのかな?

・やられる直前の銀さん・・・微笑んでいます。
 アレは、芙蓉編の時みたく、誰か仲間が来たのを見つけて笑みなのか。
 それとも、諦めの笑みなのか・・・って、ココで諦めの笑みは無いよね?;
 ああ、でも、やっぱりちょっと諦めの笑みにも見える;・・・ど、どーなんだろ?;;

・思いっきり血みどろになってる銀さん;
 コレ・・・変わり身の術とか使ってないよね?;(爆)
 大丈夫なのか?コレは;;いや、主人公だから大丈夫とは思うケド(爆)


――とまぁ。
今回は、こんな所でしょーか?;

にしても、今回は・・・
文字通り、新八の、「し」の字も無かったなぁ・・・(泣)



・・・以上;








◆銀魂 アニメ 117話 7月31日放送分

竜宮編も、3話目。

イザ、こうしてアニメ化してみると・・・
原作の時ほどには、
若い銀さんメガネかけてる新八が恋しくならないものですね。

原作の時と違い、大まかな話のスジもわかっていて安心できるからかな。
あと、アニメは1話で原作2話分のスピードだから、話を短く感じるのもあるか。



>昆布362枚分

新八は、普通のヒトより昆布二枚分くらい強い・・・;

って、そりゃ、
今までの剣術修行に捧げてきた長年の努力を、昆布2枚分とか言われたんじゃ、抗議したくもなるよな(笑)

――でも、こういう考え方も出来ないだろうか?
例えば、長谷川さん=1Kだから、
新八は長谷川さん二人分、普通のヒトより強い、とか・・・

・・・って、ソレもビミョーだな;(失礼;)


じゃあ、元が1Kの長谷川さんもグラサンかけたら654Kになったよーに
メガネレス状態の新八も、メガネをかけたらちっとはマシな数値になるとも考えられないかな??

いや、今まででも新八は、メガネの有る無しで戦闘能力がちょっと変わってるっぽい描写もあるし。(柳生編とか)
あながち、バカには出来ないと思うよ?;
メガネの存在;新八の95%はメガネらしいし(笑)



>スパウザーの演出

アニメなだけあってか、
スパウザーの演出、意外と細かいです;

まず一つ。
計測する際に、円がいくつか表示されるのだけど。
サブ的な位置にある小さめの円が表示されてる位置がよく見たら、内容にちゃんと連動しているんですよ(笑)

例えば、
長谷川さんの時は、グラサン部分に小さめ円が表示されているんです。
更に、グラサン落ちたら、ちゃんとその円がグラサンについていってるし(笑)
で、九兵衛の時は、胸の位置に二つに分かれて表示されてるという;
単位が「O」なのが関係しているのかはわかんないケド;

でも、新八の時は、この円・・・
わりとテキトーっぽい所に表示されてたんだよね・・・
きっと、表示するに相応しい位置が見つからなかったんだろーと思われ;
もしもあの時、新八がメガネをかけている状態だったなら、あの円は新八のメガネ部分に表示されていたに違い無いと思われるケド(笑)
・・・ちょっと寂しい。


それから、二つ目。
スカウターが壊れる直前の表示

「DANGER」を表すサインの他に、
「orz」だったり「DQN」だったり;
顔文字っぽいようなモノまで表示されてました(笑)

あと、「SORACHI」って書いてるっぽく見える長めの文字とかもあったし。
・・・でもアレ、下の段は何て書いてるか、よくわかんなかった・・・(汗)

・・・演出、細かいよっっ!!!
でもナイス演出!(笑)



>スパウザーの信憑性

とまぁ、散々ネタにしてきたケド。

このスパウザー。
一見、普通のジャ○プマンガによくあるように、
強さを数値化しているようにも見えるケド、
実はけっこう巧妙に、強さ比較できないよう、はぐらかされてるカンジです。

なんでそう思ったかって。

まず、祭りの夜店でクジで当たったモノである、という
入手経路からして、スパウザーそのものがニセモノくさい。(笑)
そして、長谷川さんの値の、グラサンをかけた時とそうでない時の差のデカさも、この装置のいい加減さを思わせる;


百歩譲ってこのスパウザーが信用出来るモノであると仮定しても。
男女で値が違っている為、ハッキリ値が出ている新八と九兵衛の間ででも、強さの比較できなくなっている。

もしも、ここで神楽の値が出ていたのなら――
同じ「O」単位である九兵衛との強さ比較に持ち出された可能性もあるけれど・・・結果的には、神楽の正確な値は出なかったので、それも叶わず。


――以上のコトからして。
キャラの単純な強さ比較が出来ないよう、見事にはぐらかされてるんじゃないかな~?なんて思ってみたりした次第なのです;


・・・つーか、コレ・・・
アニメの感想というより、原作の感想と言った方が近いな・・・;
・・・まぁその、当時はまだ総合感想やってなかったから;コレもアリってコトで(滝汗)

――失礼しました;



>「じじい片方テイクアウトしていけー!!!」

――と新八が叫ぶと同時に
神楽・九兵衛の動きが止まりBGMが一瞬止み――

その後、神楽達の動きが早くなるのと同時に、
BGMの雰囲気テンポが変わるのが、上手い具合に連動しています!

神楽九兵衛が、新八の言葉をハッキリ聞こえているのに、しっかり無視ってるのがよくわかる演出です(笑)

これもまた、ナイス演出と言わざるを得ない!!



>老人二人を背負って逃げる新八

老人ホームでも持て余すレベルのじーさん二人を背負って、
あの銃撃の中を逃げきれる新八、すげぇェェ!!
(笑)

でも・・・これはもしかしたら、前回で証明されてた
桂さんの理不尽なまでの強運が味方したのかもしんないですがね;

きっと、弾の方が桂さんを避けるんですよ!(笑)

・・・ホントに理不尽なまでの強運だなっ!!;



>老人二人と新八。

老人のボケに、一々ちゃんとツッコミ入れてる新八に萌え(笑)
リチギだよなー、ホント;
キリが無くなって最後の方、キレてるケド;

あと、老人銀さんが、遅れているとはいえ、
さりげなく新八のツッコミをなぞってるのにちょっと萌えた。
老人になっても二人のツッコミポイントは変わらないんだな~♪(笑)



>その他色々、箇条書き。

・アバン。改めて見ると、九ちゃんがすごいヒーローっぽい!
 お妙さんが連れて行かれちゃってスイッチ入ってるんだろーな;

・つか、いつも疑問に思うんだけど・・・
 なんで詰め込み回にアバン入れるんだろ?
 アバン入れずに時間に余裕を持った方がイイと思うのだけど・・・細かい調整?

・「人の夏休みを奪って許されると思ってるのか!」
 怒るポイント、そこぉぉっ!?(笑)
 世の中をひっかき回す事と自分達の夏休み奪われた事が同レベルッ!!?
 いや気持はわかるケド、ソコは黙っとけよっ!(笑)素直だな新八っ!!

・スパウザーの壊れる直前の表示・・・
 男であるハズの銀&桂の強さ単位が「O」のまんまな気がするケド・・・
 神楽と混ざったが為に、表示がオカシクなったのかな?

・マイナス分を埋め合わせる為の昆布
 つか神楽、酢昆布食べる気満々すぎ(笑)

・「若くねぇから!」「損な役回り、僕だろ!?」「老兵こっち!」
 これらの新八のツッコミ、ことごとく無視されてます;
 中の人にお疲れ様と言いたくなる位のツッコミっぷりなのに(笑)

・亀梨長谷川の役立たずっぷりにちょっと笑った。
 そりゃ、「まったく役に立ってねぇ~!!」ともツッコミたくなるよね(笑)

・新八は、何だかんだ言ってじーさん二人の面倒をよく見てると思うよ;;

・下の階層から、天井を破壊し、侵入した神楽と九兵衛。
 流れる水の圧力に逆らって、この階に侵入してきたコトを考えると・・・
 マジで神楽と九兵衛って凄すぎだと思いますよ;;

・そんな神楽九兵衛にお妙さんまで加わったら・・・最強すぎだと思う;;
 
・ちょ、「そんなビンタで~」って、トコ;;この顔は無いよっ!;;ア○ギ!?;
 なんか色々台無しすぎるよっ(泣)

・「バックに花を~」の辺、どーも、テンポがイマイチっぽいよーな気が;(爆)
「絶妙な不細工になるポイントを(略)殴ってきている」のシーンは、原作では、乙姫が殴られてブサイクになる顔があったからこそわかりやすかったのだけど・・・コレは、ネームの量とマンガのコマの差が大きかったから、起こったコトっぽいな。
 アニメでマンガの内容を表現するのって・・・難しいのですね・・・;

・ナ○コとシ○ジ(汗)・・・よ、よく放送できたな;・・・またスーツ着て謝りに行くんだろーな;
 ・・・が、がんばってください;;スタッフの皆様;

・「何か書いてある」と言って画面を覗き込んでいる新八が、
 目をちょっと細めています
ね。・・・ナイス細かい演出!
 そうそう!新八は目が悪いから、画面の字がよく見えないんだよね!(萌)

・乙姫がいる過去の部屋から、新八達がいる現在の同じ部屋に変わる、
 この演出が上手い。・・・アニメならではですね。

・「乙姫・・」と言ってる新八が・・・原作では可愛かったのに、
 下からライトが当たってて、ちょっとコワイ顔になってる・・・(泣)
 ・・・ちょっと残念(泣)



――とまぁ、
今回はこんな所でしょうか。


以上っ!








◆お茶にごす 63話 本誌35号

畳みに入ってる・・・
・・・訳でもないのかな?;

今回は、単なるブルーとまー君の友情話ってカンジにも見えるし。

ウン、気のせい気のせい;;;



>その他色々、箇条書き。

・樫沢クン、キッチリやり返してました。
 容赦ゼロです。それでこそです。

・まー君と樫沢の仲を疑う不良・・・
 ・・って、こーいう書き方したら、なんか違う誤解を招きそーだな;(笑)

・つーか、キツネ君(名前忘れた;)は、ホント何処行った??

・まー君の夏帆に対する評価が「意外とイイ奴」になっている;
 夏のあのケチャップ投げ(笑)が効いたのでしょうか?

・山田達は、まー君を置いて何処に行ったんだろ。
 誰か、まー君に道を聞いてくれるヒトを捜しに行ったとか・・・か?

・あの不良の仲間の女の子の演技力は異常(笑)
 ・・・でもアドリブはきかないんだね;


・・・今回もビミョーにテンション低い感想でスイマセン;
山田があまり出てきていないのがテンション低い原因かな・・・?;

――という訳なので、
先週より更に短いケド;今回は、ここまで。


以上。








◆ネ○ま! 221話 本誌35号

あああ、話数が・・・
ついに銀○に抜かれちゃったよ・・・;(だからどーしたって話だけど;)


>新しき民、古き民・・・南?北?

なんとなく、だけど・・・
勝手で私的な概念として、
南=古き民(獣人系)北=新しき民(人間系)があるもんだから・・・

この「南の新しき民、北の古き民」の所で、いつも軽く混乱します;
アレ?どっちがどっちだっけ?って(爆)
ええ。単なるバカなんです。私(爆)

エート、北のあの渦巻いてる地形の所が、北の古き民の地域で、
最初にネギ達が来たゲートのある所が、南の新しき民の地域・・と。

あうう、ややこしい;;
きっと後々、混乱の元になりそーな気がする;;;

つーか、結局ココネは新しき民なのか古き民なのかどっちなのでしょーか?ハッキリしてもらいたいです;
・・・私的には、北の古き民の方だと、思ってたんだけどなぁ;




>白き翼のバッチ

フト、疑問に思ったんだけど。

状況からして、恐らく間違いなく、
ゆえは、自分の記憶の手がかりであるバッチをオスティアに持ってきているハズ・・・だよね?

ってコトは、だ。
レーダーの探知を使えば、わりとアッサリゆえの居場所はわかるような気がするんだけど・・・;
今だそういう話が出てこないってコトは、
もしかして、茶々丸達は、行方不明者は、まだオスティアに来ていないコトを前提に捜索しているのかな??;
アーニャのコトもあるし。

・・・ま、そのウチ、ひょんなコトから見つかりそうな気はするが;
オスティアにいるバッチ持ちの仲間の数と、バッチの反応数が違う、とかいう話が出てさ。
それで、試しにネギがゆえを召喚してみれば、アッサリと召喚されて再会しちゃったりして(笑)

うーん;コレは・・・(汗)ドラマ性のカケラも無い再会展開だな;
いや、このパターンはこのパターンで、
すごく見てみたいような気もするケド(笑)

でもこの場合、召喚したゆえは、記憶喪失状態なワケだし・・・
・・・色々ややこしくなりそうではあるが;


――あと、話は変わるケド。
もう一人の行方不明者、アーニャについて。

つーか、アーニャはホントどうしたんでしょーね;;
ここまで引っ張ってるからには何かありそうではあるのだけど・・・
・・・ネ○まの場合、思わせぶりにしといて意外とアッサリ再会、なんてコトもありえるからなぁ(笑)

――でも、その逆に・・・
ぶっちゃけると、アーニャは3Aの生徒じゃないから;
場合によっては、アーニャ行方不明のまま、ネギ達だけで魔法界から帰る事態にもなりかねなかったりもするんですよね;

つまり、見つかるコトが確定していない分、
先が読めない要素の一つになっているというか;;

・・・ホントこの先、どーなるんだろね;



>その他色々、箇条書き。

・さよちゃん、何で飛んでるんだろ?
 捜索・・・って訳でもなさそーだが。単なる散歩?(笑)

・コレットに色々説明してるゆえ吉っつぁん。
 勉強の成果・・・でしょうね。

・バカピンクの意外な才能発揮;;;コレはアレか。
 自分の興味のあるコトに関してのみ、記憶力が発動するタイプか。
 ・・・なんか、イキナリまき絵に親近感沸いてきたかも(笑)
 私もそーいうタイプなもんで。(ついでにバカでもあるし(爆))

・つーか、ついスルーしがちだけど・・・よく考えたらコレ、
 バカレンジャー二人が説明役に回ってる、って状態だよっ!;
 異常事態じゃね?(爆)明日、嵐にならない??(失礼;)

・ゆえとまき絵達がニアミス・・・だよね。
 同じ会場の中にいるのに。・・・やはり、あのヨロイか(笑)

・ヨーロッパの位置・・・あー。私もついこの間までゴッチャだったなぁ。
 今は、ヘ○リアのオカゲで(爆)以前よりはちょっとマシになったが(笑)

・ノープランなゆーなまき絵組、無事、亜子達と合流!
 良かったなー。あとはちゃんとネギ君に会ったら謝れよー?(笑)

・ネギもまた、ラカンさんがお金を要求せずに、
 アスナの情報を渡してくれたコト
を不思議に思ってて、不覚にも笑った(笑)
 考えるコトは同じかぁぁぁっ!!!;;;

・アスナのコトを思い返しているネギ。
 「カッコイイお姉さん」「大切なパートナー」
 アスナの正体が何であろうと、彼女に対する認識は以前と変わらないネギ。
 きっとネギは、今のこの心構えを決して忘れないだろうな・・・と思いたい。(自信無;)

・つか、ラカンさんがネギにアスナの話を(遠回りにでも)話したのは、
 ネギにこの心構えをさせる為だった・・・のかも、しれませんね。

・フェイトキターッ!!;;;
 って、何でこのタイミングで現れるっ!?予想外だよっ;;;
 もしかして、単なる顔見せっ!?(笑)


――と、今回はこんな所でしょーか;

以上っ!








――以上。


スケジュール押し気味なのに・・・
お盆がやってくる・・・感想書く時間が無くなる・・・(汗)
その上、ついついリズ天ばっかやってしまう(爆)

どーしよう;(自業自得)


・・・とりあえず、今回ここまで;

  1. 総合感想
  2. 2008/08/02(土) 23:05 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。