Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

時が経ち、世間に置いてゆかれる様は浦島太郎が如し。(総合感想)


リズ天G、まだまだやってます。

前の時は「思った程は・・」と書いたものの。
「はじく」という動作になれたら、なんか楽しくなってきました。(爆)

まだ全クリアはできてないんですけどね;

「はじく」という動作の初見でのややこしさ故に、
相変わらず、無印GBA版より他人様へのオススメ度は低いのだけど・・・
自分が楽しむ分には、とても楽しめる作品です。
とってもリズム感が鍛えられます(笑)
ウン。買って良かった。(笑)

その内、またGBA版みたく、軽いレビューが書けたらイイな・・・と思うケド、多分ムリだろーな;スレ感と総感でイッパイイッパイですから;


閑話休題。


では以下。
今週(8/2~8/8)分の作品の感想です。

今回の総合感想のラインナップは・・・
銀魂アニメと、銀魂の本誌36号、お茶、ネ○まの本誌36・37号分です。

では上記ラインナップについての感想は、「続きを読む」より以降にて。
(ジャンルバラバラにつき、ラベルリンク貼ってます。)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。
そのテの発言がモロにある時は、前もって注意書きしてますが、

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

ちなみに。銀○では新八、ネ○までは美空、お茶では山田に、
それぞれ非常に偏った感想になりがちです;ご了承を;


尚、この注意書を無視してこの先を読み、不快な気持になったとしても、
こちらではどうしょうもありませんので;あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 223話 本誌36号分
※ほぼゲストキャラで構成された本編・・・

◆銀魂アニメ 118話 8月7日放送分
※メガネレス新八にも馴れてきたかも(爆)

◆お茶にごす 64話 本誌36・37号分
※なんか、ちょっと不安・・・(汗)

◆ネ○ま! 222話 本誌36・37号分
※ビバッ!!!少年私的王道展開っっ!!!(笑)

********************








◆銀魂 223話 本誌36号

・・・まさか、新八神楽どころか、
最後の方近くまで、銀さんさえ出てこない展開になるとは・・・;

万事屋以外の準レギュラーが出ていないこの花魁編?で、ゲストキャラのみで話が構成されてると、なんか違うマンガに思えてきますよ。(笑)



>鳳仙→日輪

鳳仙が日輪を囲うのは、
彼女が気に入っているからと思われていたけれど・・・

鳳仙は、日の輪が大事なのではなく。
気高く、誇りを失わない日の輪を太陽に見立て、屈服させるコトが目的だったのですか。

――なるほど、ね。

ってコトは、だ。
逆に見れば、鳳仙は彼女に太陽を見たってコトでもある訳だよね。


・・・なんだ、
結局、惹かれてんじゃねーですかい。(笑)


・・・鳳仙にとって、見下げる対象であるべき地球の女に惚れながらも、その対象の女には見向きもされず。挙句、己自身、惚れたコトさえ認めず、何だかんだと言い訳をつけて手元に置こうとするのは、確かに見苦しいかもですね。
――そりゃ、神威も呆れるわ。

・・・いや、まだ惚れたのどーのは、
単なる私の憶測な段階なんだケドね;(爆)



>床に刺さった刀の行方

前回の感想にも書いた、銀さんの日本刀の行方。

新八の薙刀に伏線的意味があったのと同じように、今後、何らかの活躍の場があると考えられる、この銀さんの日本刀の行方。
前回の時点では、
誰かが拾って、鳳仙へのトドメに使う・・・と考えていて。
その使い手は、

 本命:銀時 対抗:新八 大穴:神威

と書いていたのですケド・・・

月詠さんが健在な姿で乱入してきた今、
この予想は、さすがに変えざるを得ないでしょう。

とりあえずは・・・

 本命:銀時 対抗:月詠 大穴:神威 私的願望:新八

――って所でしょうか;

・・・いや、神威の鳳仙に対する呆れっぷりを見ていると、

 本命:銀時 対抗:神威 大穴:月詠 私的願望:新八

――な気もしますが;

ま、どっちにしろ新八がメイン候補から外れちゃいましたがね(泣)
月詠さんが来るコトを予測できてなかった自分が不覚なダケなんだけど;


新八・・・
・・・早く出てきて欲しいな・・・(泣)



>その他色々、箇条書き。

晴太の名前は、そういう由縁があったのですね。
 空が晴れるカギリ、太陽は何度でも昇る――と。
 ああ、放置してる大神やりたくなってきた。リズ天Gばっかエンドレスでやってるケド;(笑)

・日の輪さんの足が・・!;アキレス腱切るなんてヒデー;;つか、妙にリアル過ぎ;;

・月詠さん、無事だったっ!!!良かった!
 てか、思った以上に元気そうだっ!!;死亡フラグ回避できましたね!(笑)

・月詠さんが、晴太を自分の子供扱いしてる・・?;

・49人の母・・・か。つか、49人なんて人数だったら、もう大雑把に約50人でいいじゃん、とツッコミたくなるケド・・・「日輪を入れて50人」ってのをやりたいのだろーから、そっとしておくコトに。(そっと出来てない;ここに書いてる時点でそっと出来てない;)

・あと、月詠のケガを直しているその傍らで、
 生存している百華の人数を数えていたのかと思うとちょっと萌える(笑)

・ちょ;寝物語て(笑)
 銀さん、なんか月詠さん(他大勢の女郎達)達と寝た扱いになってね?(笑)
 いや、物の例え的な話なのはわかってはいるケド・・・
 なんか、銀さん的には損した気分になりそうな話な気がす(黙っとけ;)

・銀さんも、無事そうです!出血多量でヤバそうだけどっ;;
 にしても、鳳仙のケリをあんな直撃で食らって生きているなんて・・・!!
 さすがは主人公補s(以下略;)


・・・今回は、こんな所でしょーか。

なんか、だんだん感想が短くなってる気もするケド;

今回は、ほぼ全編がゲストキャラのみで話が構成されているし、
銀さん出番ラストのみだし。その上、新八の出番が全く無かったモノで;
イマイチ書くコトが少なかったというか;;;
・・・まぁその・・・ご勘弁を;;


以上っ!;








◆銀魂 アニメ 118話 8月7日放送分

竜宮編も、今回で終了。

今回、ほぼ3話分を詰め込んでいるハズなのに、
あまり詰め込み感は無かった不思議。

特にカットしたシーンも無かったように思うし。
原作で、大コマシーンが多かったからでしょうかね?;
でも、それにしてもこの詰め込み感の少なさは・・・やっぱちょっと不思議です;



>銀さんの入れ歯むき出しシーン(笑)

前回の銀さんの老人声っぷりからしてどーなるかと不安だったケド・・・
コレは・・・(汗)

何を言ってるかサッパリわかんね、ですな;(笑)

・・・こーいう時は、マンガのがイイのかもしんないですね;
とりあえず、「うちゃくしくちゅるほうがよっぴょどいみくぁありゅんじゃよ!」って書かれてさえいれば、「魂を美しくする方がよっぽど意味があるんだよ」という意味のコトを言ってるっぽいのがなんとなくわかる訳だし。

・・・まぁ、この言ってる内容をわかった上で、アニメのセリフを聞けば、
まだなんとなく、「ああ、そう言ってる・・・かな?」とも思えなくもないのだけど;

たぶん、アニメだけ見ているヒトには絶対わかないでしょうね・・・;

つか、アニメの方だと、この発言を聞いて「相当いいこと言ってるっぽい」って、ある程度通じている新八が凄く見えてくるよ(笑)
でもハッキリ通じていない辺り・・・いつもの以心ぎn、もとい;テレパシーっぷりはどーした?;とちょっと言いたくもなったり(笑)


――ちなみにこのシーン。
字幕の方では、
わかりにくいトコは、文字に出てなかったです;
・・・さすがにあの言葉は字幕に訳せなかった様子です;
このセリフの最初の「魂を・・」って所も、「魂は・・」になってたし;
・・・どっちにも聞こえる演技だったからムリないと思うケド;

・・・字幕の中のヒト・・・・
ほんと・・・
ほんっとーーにっ!お疲れさまです・・・(汗)



>一瞬だけ元の姿に戻った銀さん。(in新八脳内)

銀さんの姿が一瞬戻った時・・・
姿だけでなく、声も若い銀さんに戻ってたのには
軽く感動しましたよ。

新八は、
幻覚だけでなく、幻聴も聴いていたんですね!(笑)

姿だけでなく声まで脳内再現するて。
新八、どんだけ銀さん大好きっ!?って思ったよっ!(笑)



>「銀さん!銀さ~ん!」

――聴いた瞬間、思わず吹きました。

ちょ、このシーン・・・
原作では「銀さーん!桂さーん!」って二人の名前呼んでたハズなのに・・・

何でアニメになると、
銀さんの名前、オンリー呼びになってるんですかっっ!!!?

思いっきり萌えたじゃないですかっ!(爆)


閑話休題


・・・えーと;
コ、コレは何が起こったんでしょーか・・・?

アフレコの時に、新八の中の人が何かのハズミでちょっと間違えて、「銀さーん、桂さーん!」って叫ぶ所を、「銀さん、銀さーん!」って言ってしまい『うわセリフ間違えた!リテイクだよねコレっ!?』と思ってたら、
なんとビックリ、そのままOKが出ちゃった・・・

・・・とか、そんなカンジ??(爆)(注:憶測です;)

セ、セリフミスだとしたら直しましょうよ;
アフレコ自由すぎるにも程がありますよっ!?;

でも、新八の中の人も、普段新八役で「銀さん銀さん」ばっか言ってるから、思わず間違えてしまったのかな?と思うと・・・
なんか非常に萌えますケドねっ!!(爆)


・・・憶測でモノ言っててすいません;


まぁ、中の人がセリフをミスって言ったのじゃないとしたら・・・
それはイコール脚本からして「銀さん銀さん」言うコトになってたコトになるから・・・ソレはソレでまた萌えるのですがねっ!!!(笑)


・・・・・・・・・失礼しました;(色々と)



>ミサイルを持って走ってくる新八

煙が充満している道を突っ走ってきたにも係わらず

一人老化せずにいる新八。
何か、新八だけは老化させずにいようとする不可思議な力が働いているよーにも見えるよ(笑)。私的には(笑)

・・・冷静に、話的に考えれば;
ここで新八まで老化しちゃったら、ミサイルをあそこまで運ぶ要員がいなくなってまうからだろうとは思うものの・・・
やはり、ちょっと謎な部分であるように見えるのもまた事実;

そこで。
私的には、この謎な部分は――

恐らく、新八が担いでいるミサイルから、ほんの僅かに抗ウィルスワクチンが漏れ出ていて、ウイルスからガードしてくれていたのではなかろうか?と勝手に補完しています。原作の頃から。

なにしろこのワクチン、この一発分だけで、寿老砲の圧縮された老化ガスを無効化し、尚且つ、壊れて漏れ出た分だけで、竜宮城に残った人達を元に戻してしまう程に強力な訳だし。だから、ほんの少し漏れ出ただけでも、新八をガードするくらいの威力はあっても不思議じゃないと思うんですよ。
ちなみに、同じくミサイルを運んだ銀さん桂さんが戻らなかったのは、新八みたくミサイルと密着した担ぎ方をしていなかったからでは?と思ってます;


・・・あ、もちろんこの他にも、
ウラシマさんが竜宮の空気調整システムに介入して、新八の通り道から老化ガスを排除したって説も考えられますが。

システムにハッキングして寿老砲の発射を遅らせた後のウラシマさんに動きが無いように見えたのは、実は新八の通り道を確保していたから、と思えば納得も行くというモノ(笑)

・・・・・・。

ま、物語中で明かされていない以上、
こうやって色々仮説を考えてみても、ハッキリした答えは出ないのですがね;

・・・私的フォローは、こんな所です;



>「森羅万象、まるまる間違ってます!」

桂さんの力の限りの問題発言;に対する新八のツッコミ。

「森羅万象」という難しげな言葉をチョイスする辺りがなんか好きです。

あとこのシーン、原作ではセリフだけだったのですが、
アニメだと、新八の表情が出てますね。
すっげー青ざめてて笑ったよ!(笑)

そりゃ、普通の男の子なら、
あんな間違い発言されたら青ざめるだろーな(笑)
・・・他にも色々妄想の余地はあるケド、あえて書かない方向で(爆)



>階段を上ってくる乙姫&タックルする新八

ワクチンを銀さん達に託し、自分は乙姫に捨て身のタックルする新八。

・・・つか、よくよく考えてみれば、
階段上ってくる相手にタックルかますって・・・結構勇気いるよな;
ヘタすりゃ、自分も大怪我するかもしんないし;
しかもあの時点で、けっこう高い位置まで上ってたっぽいし;

・・・そう考えたら、
銀さんの魂からの新八叫びも理解できなくはないかも;(笑)



>メインブレインに溶け込んだウラシマさんの意志・・・

つーか、意識がメインブレインに溶け込んだって・・・
天人の宇宙船のメインブレインってどーいう仕組みになってんだろ?

メインブレインとかコンピュータつったら、普通にPCなイメージだけど;
さすがに、宇宙を飛び回るよーな天人の技術は、そんなモンでもないよね。

つか、今現在の現実世界の技術でさえも、例えば量子コンピュータみたいな想像を越えるよーな機械が出来るワケだから・・・銀魂世界の天人の技術なら、それよりもっとスゴイコンピュータとかありそーなイメージですよ。

・・・となると・・・
色々な問題点をクリアし、完成した量子コンピュータみたいなのか?
量子コンピューターとかなら、今のコンピュータと違って、意志だの何だの、あやふやなモンが付け入るスキがデカそうだし。なんとなく。
だってアレ、極端な話、光の量子が入り込んだだけで正確な結果が出せなくなるらしいですぜ?(ホントに極端な話;)

それとも、ニューロコンピュータみたいなのか??
アレは人間の脳細胞の仕組みを元にしていて、「学習する」能力があるらしいから、人間の意志だの何だのが介在しやすそうだし。なんとなく。(根拠ゼロ;)

それとも・・・
まだ現代社会では考えられてないよーなスゴイコンピュータなのか(笑)

――何にせよ。
今の普通に使われてるPCと違った風なコンピュータならば、もしかしたら、ウラシマさんの意識が溶け込む、なんてコトがあっても不思議じゃない・・・かもしれないなー?とか思ってみたり;

・・・失礼しました;



>最後のシーンで登場したウラシマさん。

浦島さんのカプセルは、
海溝に沈んで回収不可能なように見えたけど――
こうして無事に再会できている所を見ると、無事回収できたみたいですね。
・・・亀兵士さん達が頑張って探してくれたのでしょうか?

――最も、あのカプセル・・・一見、海溝に沈んだように見せかけて、
実はその後、普通に海面に浮かび上がってきてたのかもしれませんが(笑)
水に浮く氷も、高い所から落とせば一旦は水に沈むのと同じように。

・・・いや、その(汗)
そうでないと、海溝に沈んだモノを探すのは・・・いくら天人の技術でも難しいんじゃないかな?って思ったもので;



>特殊ED

いつも長編のシメに、名シーンがリプレイされるこの特殊EDだけど・・・

今回、新八の全裸飛翔が再び出ていて思っきり噴きました。(笑)
予想はしていたけど、やっぱり噴きました。
さらにその直後に、銀さんのかめはめ派が出ていて更に噴きました(笑)

やっぱりアレらは、名シーンだってコトなのですね。
・・・銀さん新八(&マダオ)以外の皆の恥ずかしいシーンは無かったケド;

あと、新八のちょっとした戦闘シーンが、この特殊EDににチョイスされてたのが、私的には嬉しかったですっ!!
コレはチョイスされるとはカケラも思ってなかったですからね;(爆)

しかし改めて見ると・・・
バク転で剣の攻撃交わす新八って、スゴすぎだな;

・・新八はそれなりに戦えるってコトを、コレを機に一般に知られるとイイな。



>その他色々、箇条書き。

・煙に巻かれる九兵衛&神楽。・・・長谷川さん達はともかく、
 神楽や九兵衛みたいな手練れまでもが煙に巻かれる様子を見てると、
 ・・・新八がずっと無事だったのがホント奇跡に思えてきます(笑)

・一瞬、元に戻ったように見えた銀さん桂さん。
 心構えによって外見年齢変わる所で、何かどこぞの動く城を思い出した;
 いや、実際にはアレは新八の幻覚だった訳ですが(笑)

・あああ、原作ではこの幻覚シーン;の新八、可愛かったのに・・・
 アニメだと、バックライトの関係か、何かちょっと残念な事になってるような(泣)

・ウラシマさんからのメッセージが、
 音声なのか文字だけなのかハッキリわかんないのは、原作もアニメも同じか・・。

・4W爺(笑)のくだり・・・
 アニメになると、銀さん桂さん老人のありえなさっぷりが際立ちますね;
 いい意味で。

・「決して折れないまっすぐな剣」というセリフに、
 若い銀さん桂さんの姿が、老人の姿にダブる絵が・・・
 うん、やっぱアニメになると違うなー。ちょっと感動したよ。

・「○○チンとやらを○門にブチ・・・」
 問題発言部分を自粛してみたら、何を言ってるかわかんなくなりました;(笑)

・階段を上っている新八達一行。
 銀さん桂さんを置いて、新八一人で昇ればずいぶん違うと思うのだけど・・・
 それをしない所が新八だよな、と思ってみたり。
 なんだかんだ言ってても、銀さん桂さんを置いていけないんだろーな。

・神楽のコレは、ボケたフリしているのか、マジボケなのかどっちだろ?
 コント的な部分だし、どっちでもイイっちゃぁイイ所だけど、ちょっと気になる;
 ・・・にしても、乙姫付き合いイイな(笑)

銀さんの新八叫びは、老人になっても健在です。
 新八の危機に覚醒する所も、老人になっても健z(以下略;)

・フト思ったんだけど・・・
 カウントダウンしている亀兵士は、老人化してないんでしょーか?;(爆)

ミサイル設置は誰が操作してるんだ?自動??と思ってたのだけど・・
 ・・・もしかしたら、ウラシマさんがやってたのかもしんないですね。
 新八の通り道の件といい、浦島さん影で活躍しまくりですね。(注:憶測です;)

・乙姫に飛びつく銀さん桂さんは、恐らくは乙姫落とそうとしてるんだろーけど;
 ・・・コレ、結果的にミサイルを落とす手伝いしてないか?;

・元に戻った銀さんの所に駆け寄る新八神楽・・・って、アレ?
 何か駆け寄った後、普通にあの二人が見つめあってるよーに見・・・げふげふっ;

・ウラシマさんのコトを話す新八の横顔がキレイ。

・何百何千と一人で待つ・・・って、
 乙姫って、どーゆー種族なんだろ。何千年も生きる種族?

・なんか、銀さんが新八無意味に見ている(気がする)シーンがある・・・;
 いや、作画の関係でちょっと視線がオカしくなってるだけだとは思うケドッ;

・乙姫様を救いに亀兵士達が集まるシーン・・・銀さん何処行った?(爆)

・泥酔してる近藤さんを見る土方さんの目が、
 なんかやたら優しいっつか、慈愛に満ちている気がする・・・(滝汗)

城が壊れ、町に店を出すようになるまで、どれくらいの年月がいるんだろう。
 1、2年は経ってそうだけど・・・。とりあえず、今回の事でわかったのは、
 少なくともそれまでは、真選組は健在ってコトですね。(笑)

・色々あった竜宮編だけど、この最後の乙姫の笑顔はイイ笑顔だね。
 浦島さんは、この乙姫の笑顔を頼りに彼女の元へと辿りついた、ってコトか。

・でも、忠誠心厚い亀兵士の皆さんが、
 その後どーなったのかは、ちょっと気になる所。(爆)

・特殊EDに、シ○ジとナ○コのシーンも再録されててちょっと驚いた;
 ・・・だ、大丈夫だったのですか・・・?;コレ;



――とまぁ、
今回はこんな所でしょうか。

・・・ちょっと思ったより長くなってしまったよ;;


以上っ!








◆お茶にごす 64話 本誌36・37号

なんか、お茶の今後がますます不安になってきた・・・

畳みに入るとしたら、残り・・・・

いやいやいやいや;;;
だ、だだだだ、大丈夫だろ;;た、多分・・・(汗)
やべ、ちょ:小○館経由で西森先生に手紙を出せる内に、早く手紙出さないとっ;;;(←全然大丈夫と思ってねーじゃねーか;;)

・・・他の読者さんは、どう思ってんだろーな・・・;
なんか、全然、お茶関連のサイトさん、回ってないからなー;;(爆)ネ○まもだけど;



>その他色々、箇条書き。

・山田達が急にいなくなったのは、ファミレスに入っていたからなのか;・・つか;
 お前ら、まー君に一言も言わずに彼を置いてくってヒデーんじゃねーか?;
 まー君、その間にちょっと傷つくよーなメに会ってるよ??;;

・山田の『オレは好きだな』の「好き」の対象が誰なのかよくわかんなかった;
 あの流れだと、「まー君」にも「夏帆」にも取れるような気がしますよ。
 ・・・ワザと??それとも、単行本で補正される??

・智花ちゃんに、ブルーに対する恋愛フラグがぁぁぁつ;;;;
 ちょっと待てぇぇぇ!!;;その「ドキッ」は恋違うっ!!それ恐怖心!!
 確かに、恋は勘違いから始まるコトもあるけどっっ!!!(爆)

・夏帆チャン!?夏帆チャンって、まー君が言った!!?
 夏祭りのアレがそんな嬉しかったかっ!!つか、
 ちょ・・・コレ、道士郎がオニギリ食ってた並の衝撃なんだけどっ!!(爆)
 マジで話、畳みに入ってるフラグッ!??(エンギでもない;;)

・心が無いっつか、まー君は滅多に感情が揺れない性質なんだと思うな。

・最後の大事な一言が言えない、夏帆ちゃん・・・
 これを言ってあげてたら、大分色々違ってたよな・・・
 ・・・ってアレ?なんかマー夏帆フラグ、立ってね??;;山夏は??;



――こんな所かな。

今回は・・・前回よりは、書くことあったかな?ってカンジですが;
相変わらず、ちょっと少なめです。スイマセン;


・・・以上;








◆ネ○ま! 222話 本誌36・37号

ちょ、コレ・・・!!!

何!?この少年誌的王道展開はっ!!!

ネギが・・・っ!!
なんか、お姫さまを守る騎士的なカンジになってるっ!!?

ちょ、なんか燃えるんですけどっ!!
ネ○まなのに、燃えるんですけどっ!!(失礼;)
安い展開と言われよーが何だろーが、
私的にこーいう王道展開、大好きだよっ!!(爆)



>「アーウェンクルスの名を出せ!」

この千雨・的確発言に萌え!
やっぱ千雨はナイスキャラだわ

あのラカンさんの事;
助けを呼んだくらいじゃ絶対に動かないだろーからね;
唯一の動きそうな望みが、「アーウェンクルス」の名前だけなのは、確かだよ;

だから、千雨の助言は正しい。
正しいんだけど・・・
でも、それでも・・・

その名を聞いても、
やっぱりラカンさんは動きそうにない気は、するなぁ・・・;
(笑;)



>お茶タイム(笑)

紅茶派とコーヒー派の、どっちもどっちな衝突・・・;
って、それはともかく、

ネギ、黒っっ!!!

白ネギならぬ黒ネギッ!?
「いいよ?やるよ?」っておいおいおい;;;
周りに人質っ!!人質一杯いる状況っ!!!;(笑)
・・・ま、言うだけでホントに一戦やる訳ではないのはわかってますけど;;

でも、フェイト相手になると、黒い部分を容赦なく曝け出すネギに、正直ちょっと萌えたっ!!(笑)フェイネギっ!?(オイ;;;)

・・・すいません。半分冗談です。(半分は本気かっ;;)



>お姫様(アスナ)を渡せと言うフェイト

フェイト達の狙いは、アスナだった様子。
ある程度は予想通りだったけど・・・・
正直、ここまでストレートに来るとは思わなかった;

ネギとフェイトの話の流れから、
「姫=アスナ」であるコトに、刹那は気付いた様子っぽいですね。
前々から疑念を持ってたっぽいから、結びつけるのは早かったのかも。

そして、話の張本人であるアスナの方はというと・・・
「?」マークだらけでわかっていない様子;
あの薬が効いている・・・のか、な?;

・・・あああ、どうなるんだろうなアスナ;記憶取り戻しちゃうのかな;;;
記憶取り戻したアスナが、今のアスナでいられるか不安だよ;

今のアスナは、フェイトの言うよーな仮初めの人格なんかじゃないよねっ!
でもなんだろうこの展開、ホント萌ゆるっ!!王道大好き!!(笑)



>その他色々、箇条書き。

・アスナ、ホント目がイイな;;
 つか、あの距離での判別、どう考えても普通じゃムリだって;

・顔みせだけかと思ってたフェイトだけど、話し合いにきた様子。
 ・・・考えてみれば、顔見せだけなワケなかったよな・・甘いよ自分;

・ネギの前に降り立つアスナと刹那。
 ちょ、なんかやたらカッコイイんだけどっ!全然歯は立たないっぽいがっ(爆)

・子供がどーのこーの言ってるフェイトの発言。・・・なんだろう、見ていてちょっと恥ずかしい(爆)
 いや、ネギ君、実際まだ子供だから;10~11才程度だから;;

・英国人は紅茶好き・・・コーヒー好きなのは、何人だろ?米国人??
 つか、私はコーヒー派だな;しかも、ミルクたっぷりなカフェオレ派;
 一日7杯に近い位は、飲んでます。(爆)

・夏美を置いて、飛び出すコタロー。
 ・・・なんか、バリッバリに、ついてくるフラグが立ちまくってるよーな気が;

・おお!?電子精霊ネズミが、盗聴の役割をっ;
 こーいう使い方も出来るのか;・・便利だなー、あのアーティファクト。
 ・・・何か、色々なアーティファクトの便利っぷりを見るにつけ・・・美空の早く走れるだけなアーティファクトが、チト悲しくなってくるんですが(泣)・・・本人の能力差・・・なのかなぁ?;(爆)

千雨も、お姫様云々の話を聞いた様子。
 カンのイイ彼女なら、アスナ=姫に気付く可能性もありそうかも;
 わー、どーなるんだろマジで;この先の展開が楽しみだよっ!;

・テーブル蹴り上げて(?)ガツンと一発殴るネギ!
 うわ、もう、ほんと、ネギ君どーしたっ!!?キャラ違うよっ!?(笑)
 つーかこの辺の演出、アニメになったら面白そうかもっ!またOADやるのかなっ!(笑)

・話の演出的な話だけど・・・前回の話で、ネギがアスナに対する気持を新たに確認し直したコトが、今回の話へ繋がる効果として、しっかり効いてますね。
 でもこの展開は、読めなかったな・・・;(笑)



――今回はこんな所かな。

以上!








――以上。


・・・もう、スケジュールに追いつくとか・・・
諦めた方がイイような気がしてきた・・・(爆)


・・・とりあえず、今回ここまで;

  1. 総合感想
  2. 2008/08/10(日) 22:48 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。