Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

銀アニ 163話(6/25放送分) 感想


こないだの総合感想において、
「ちと長くなりすぎた&色々間に合わなかった」為、
書ききれなかった分を、ここに掲載します;

続きを読むより以降にてー。


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。






◆銀魂 アニメ 163話 6月25日放送分

とにもかくにも!!
作画、スゲェキレイだったっっっ!!!

何だ、この美麗作画はっ!!!
なんかオーラっぽいものまで出てるしっっ!!!
動きも凄い細かいしっ!!

ちょ、コレ・・・・!!
長編ラスト間際での銀さんの戦闘シーン並じゃないですかっっ!!!!

戦ってるぱっつぁん、激しくカッケエェェっ!!!

やっぱ、メガネ外すとイキナリ可愛く・・じゃない;
カッコ良くなるよねっ!!(本音漏れ気味;)



>「新八ィ!!」

ちょっ、銀さんっ;

なんか原作より、更に心配度が上がってませんかっ!!?
今にもリンクに上ろうとしそうな勢いですよっ!!

どんだけ心配してんだっ!!!?
萌えるじゃないですかっ!!(爆)

その後も、近藤さんと同様に、熱い声援送りまくってるしっ!!

あああ、やっぱアニメだと、銀さんと新八の絆的なモノが強調されてイイなあぁあっ!!!(喜)



>ボクシングシーン・スローで鑑賞(笑)

最初にも書いた通り、
今回の新八のボクシングシーンでの作画は、
長編ラスト間際での銀さんの戦闘シーン並でした!!

ハッキリ言って、
もー、こんなん、後にも先にもコレっきりだと思われますよ!(爆)

つー訳なんで・・・せっかくだから、
スローでじっくり視聴した上で、
新八達の戦いの動きを解析
・・っぽいコトをしてみました!;


◆最初の殴り合い

まず、新八が左手で、トッシーの頬を殴る。
→トッシーも、左手で新八の頬を殴り返す。
→トッシーは続けて、右手で攻撃してくるが、新八はソレを身を低くして交わす。

新八は右手、トッシーは左手で、同時に攻撃を繰り出す。(クロスカウンター?)
→トッシーの左手の方が先に新八に当たる。
→新八は、よろめいて倒れそうになるも、すぐに体勢を整える。

右手で頭への攻撃をしようとする新八。
→頭を防御するトッシー。
→新八は、がら空きになったボディへとターゲット変更。一発食らわせる。

そして両者再び、体勢を整える。



・・最初の殴り合いのトコロは、大体、こんなカンジでした;
自分、ボクシングさっぱりわかんないんで、専門用語使えないし、正しい解説もロクに出来ませんよスイマセン;(爆)

しかし、コレは・・・素人目で見ても、やはり、
長編ラスト間際の銀さんの戦闘シーン並の詰め込みっぷり
なのは間違いない様子です!



◆リング上・遠景

新八、左手で顔攻撃。→トッシー、ガードする。
続けて右手で攻撃する新八。→トッシー、再びガードする。

トッシー、ガードを解いて、右手で攻撃。→新八、思いっきり食らう。
→新八、トッシーの攻撃に怯まず、再び左手でトッシーの顔面を攻撃。
→マトモに食らうトッシー。
→攻撃後に体勢が崩れた新八のボディーを、トッシーの左手が打つ。

一旦体勢を整えた後、両者、右手でパンチを繰り出す。
→新八のパンチのみが、トッシーに届く。


こ、ここは・・・;;
けっこうパッと見、さりげないシーンなのに・・・
スローで見るとやはり色々書き込まれてますよ!;(凄;)



◆お通ちゃんが「もう止めて!」と叫ぶシーン

トッシー、右手でパンチ。→攻撃を交わす新八。
→トッシーの攻撃の隙をぬって、新八が右手でトッシーの顔面へ攻撃。
→攻撃後の新八が体勢を整える前に、トッシー、左手で新八の顔面を攻撃。
→両者、右手で互いに攻撃を仕掛ける。
→トッシーの方が攻撃が早く、新八の頭に当たる。
→だが、新八は殴られたそのままの体勢で、先程のの殴ろうとした右手の勢いをそのままに、トッシーの頭を攻撃する。
→その新八のパンチに勢いがあったのか、トッシー、まともに吹っ飛ぶ。
→攻撃の後に出来た新八の隙に、トッシー、再び右手で新八の頭をぶん殴る。


・・・これまた、
さらっと流せるかと思う位、さりげないシーンなのに、この細かさ・・・;
もうどーすりゃイイんだっ;;;(笑)



◆「ヤツらはもう、ファンクラブの為に戦ってねぇ」のトコ

新八、トッシーへと殴りかかる。
頭を防御するトッシー。
ソレを見て、ボディーへと攻撃する新八。
(この流れは、最初の殴り合いの時にあったパターンと同じ?)

マトモに入った攻撃に、コレで決まったかと動きが止まる新八。
(単純に、今までの殴り合いでの疲れもあったのだと思われ。)

体勢を直し、トッシーの顔を見る新八。
だが、その顔は驚きに歪む。
(=渾身の一撃だったのに、まだ全然平気っぽい様子だったから??)
驚く新八の隙を逃さず、余裕の笑みを浮かべて、新八に攻撃するトッシー。


このシーンは、
遠景ではなく、ハッキリ描かれてる戦闘シーンですね。

一部、前半の戦いと同じ動きが見られたりしましたが、
殴り合いが続いた後の疲労があちらこちらに感じられる戦いでもありました。

あと、このシーンで新八が油断しているらしき場面がありましたが。
コレには、「新八はまだまだ、戦いに対して甘いトコがある」・・・というアニメスタッフの解釈が含まれているからだと、私は解釈します。

・・じゃないとこんな風に、
戦いの最中に、モロに隙を見せたりする演出はしないよね;



◆「まだ戦う!?」

トッシーのセリフの途中で、殴りかかろうとする新八。
→が、逆にカウンターで殴られる。
→トッシー、更に追撃しようとして拳を繰り出す。
→が、今度は逆にトッシーが新八にカウンターを食らう。

ロープにもたれかかるトッシー。(モノローグ)
→ソコへ、大振りで殴りかかる新八。
→避けるトッシー。→避けられて驚く新八。
→新八の隙を逃さないトッシー、新八のボディーへ攻撃。
→モロに食らって、血を吐き出す新八。
→更に追撃を繰り出すトッシー。
→その攻撃をガードするも、勢いは殺せず、吹っ飛ばされる新八。


ここは・・・
色々モノローグも入り混じった中での戦いですね。
故に、実は戦いそのものは(比較的)凝ってない(っぽい?)気がします。
・・でもやっぱり・・・
「新八は、戦いに関しての甘さがある」・・という演出がチラホラとあるような;



・・・さて;
とりあえず、スローで見た上での戦闘シーンの解析(もどき)は、
ざっとこんな所
でしょうか;(な・・長かった・・;)

これらは、スローでなく通常モードにすると、
本っ当ーに!ほぼ一瞬しか無い、短いシーンばかりですが・・・
そこには、実に色々な動きが詰め込まれていました;

・・・新八でコレなんだから・・・
普段から戦闘シーンが多い銀さんや神楽はどーなるんでしょうね;
きっと、スローにしたら、かなり色々細かい動きがありそうですよ;;

まぁぶっちゃけ、この解析、ものすごくしんどい;から・・・もう、ソコまではやりませんがね;;(好きキャラ新八だから、ここまでなんとか出来た;)

な・・長かった・・・;(疲)



>「土方さん・・いや。トッシー!」

アニメでこのセリフキターー!!!
カンが鋭い新八氏、再びっっ!!!

にしても、原作だと、凄い目立ってたこのセリフですが・・・
アニメだと、直前の戦闘シーンの凄まじさもあって、あまし目だってない気がちょっとしたりっっ!(笑)

つーか、アニメでは、新八が戦闘中でマトモにしゃべってるの、このセリフだけなんだよな~・・・;
モノローグは、全部トッシーが持ってっちゃってたし;(爆)



>「地面に焼け付いた焦げ跡・・それこそが、僕達の生きた証だぁぁ!!」

トッシーの言う「焦げ跡」って所で・・・
それこそ、正に焦げ跡を残すかのように、足首をギュッと動かす演出が、とても粋な演出ですよ!!

新八の腰がぐぐっと捻る所のドアップから、互いが殴りかかろうとする動作までの流れるような動作っっ!!!
音楽に合わせて、スローになる動きっ!!その迫力!!
飛び散る汗とかっ!!戦う眼してる新八とかっ!!描き込まれた絵とかっっ!!
更に、音楽も、すげぇカッコイイ音楽だしっっ!!!

ちょ、何コレ、
ホントに新八の戦闘シーンっっ!!?(コラ;;;)

・・って思うばかりの迫力!!!;


惜しむらくは・・・惜しむらくはっ!!
この、「僕達の生きた証だぁ!!」が、トッシーオンリーのモノローグだったトコか・・・;;;
ここのセリフ・・・
新八とトッシーで同時に言ってたら、すげぇ燃え演出だったのにっっ!!!と思えて仕方ないですよ;イイ演出シーンなだけに尚更;

自分的に、原作の時は、2人同時に思ってる、って思ってたもんで・・(泣)

あああああ、ソコだけが、ソコだけがっ!!ちょっと惜しいいいいいいっ!!!(泣)



>倒れた二人に声援を送る近藤さんと銀さん・神楽ちゃん

声援を送る近藤さんが、めちゃくちゃ熱いですっっ!!!

原作の時、ここまで熱かったっけ?って一瞬思ってしまう程(笑)に、熱い声援ですよっ!!(爆)
もちろん、銀さんと神楽ちゃんの声援も!!
やっぱ、声優さんの力ってすげぇっ!!!

つか、銀さんの声援が・・・!!!
セリフ途中の「ぱっつぁん!」が、若干、涙混じりっぽい声になってるトコが・・・!!個人的に、すごい萌えましたよっっ!!

あの感情の高ぶりっぷりは・・・銀さんの中で、「倒れた新八を心配する気持」と、それでも「戦えと応援しようとする気持」が、複雑に絡み合ってる、とかなのでしょうかねっ!!?
・・・兎に角、色々な想像力かきたてられますよっ!!!(爆)



>声援に立ち上がる新八とトッシー。

立ち上がって、互いに笑い会う、新八とトッシー・・・

そこには、確かに友情があった!(熱)・・のかもしれません;


そして、笑いあった後に・・・
「決着をつけよう」とばかりに、笑顔が消え、
互いにファイティングポーズを取る。

そして、互いに殴り合おうとする所で、場面はスローになって・・・

――トッシー成仏・・・とな。


・・・・いやー;;;
なんか・・・ホント今回、凄い演出のオンパレードだったな~;;
コレ、ホントに新八の戦闘シーン??(何回目だよソレ言うの;;)



>その他色々、箇条書き。(本編)

・あらすじ的なトコで「れっきとした土方十四郎」というセリフが出て。
 改めて、新八とのライバル関係を築いたトッシー=土方さんだと思うと・・
 新八と土方さんがライバル(=対等な位置)になったみたいで嬉しいですよ。

・このカードバトル。考えてみると・・・
 新八の攻撃が「和解」によって繰り出されたってトコが凄いよね;
 ある意味、どこまでも新八らしい反撃方法になってる気がするよ。。

・本編・・・あらすじからイキナリ作画が良くなってて吹いた(笑)

トッシーに変わった途端、中のヒトの声の調子が変わってるっ!!
 流石だ!!つか声優さんスゲェェエ!!

あ。「無(ディゾン)」のカード説明の「見方」の字が・・・間違ってる・・;

・「ポイしないでください」って、リ○・ディゾンのネタ・・・みたいですね;(調べた)
 なるほど、ソレで「ディゾン」なんだ;;・・・つか知らなかったですよそんなネタッ;;;

・新八がメガネを外したのは、危ないからだけど・・・
 やっぱ、新八がメガネ外すと、カワイイなぁ♪(個人的感想;)

・トッシーと新八のボクシング。
 インパクトの瞬間の画面がブレてるのは・・・演出?それとも規制関係??(爆)

・トッシー・・・新八に殴られてロープによりかかり、思うコトが
 「オタク道をのぼりつめてきた」って辺り・・・何か、シュールじゃね??;

ガードから顔を上げる新八が、またカワ・・カッケェェッ!!個人的感想)
 すごい、睨みつけてるうううっ!!!!

・新八とトッシーがスローで倒れる演出、カッケェェッ!!(何かカッケェしか言ってない;)

・近藤さんや銀さんの声援と共に、動乱編でのトッシーの映像が流れるとかっっ!!!なんて熱い演出ですかコレっっ!!!
 新八の方にいたっては、新八とトッシーの絡むシーンだよっっ!!(喜)

アナウンサーの声援が、本当のTV番組っぽくてちょっと吹いた。

・山崎に色々言う土方さんは、ちょっとテレ隠ししているようにも見えるかも。

川原を走る親衛隊の中に、タカチンの姿は・・・無いっぽいな;;;
 ・・・まだ、入院中なんだろーな・・・;
 つか、あの状況で隊員が戻ってきてるのが凄いよ・・・;・・軍曹達はどーなったんだろ;;

・土方さんが「ヤツらに借りを作る訳にはいかねぇ!」と意地になるシーン。
 対象が銀さんじゃなく新八って辺りが・・・!!
 新八が土方さんのライバルっぽく(以下、何度も言ってきたコトなので略;)

・あの会員証の発効日って、このアニメの放送日なんだ。ホント、細かい調整するよな~;



>長編名物・特殊ED

さすがファンクラブ編。
土方さんと新八が、EDでも出ずっぱりだっっ!!

――って思ってたら、意外と他のキャラも出まくりだった;


以下、その他もろもろ;


・動きがビミョウに音楽に合ってるのは、お約束。(MAD風?)
 新八が橋の欄干から飛び降りるトコが個人的に好き。

・突然の新八とタカティンのあのシーンに吹いた;
 改めて見ても思うよ!何で新八、あんなキラッキラしてんだっっ!!(笑)

西遊記OPでの新八部分が出たぁぁっっ!!

・新八とトッシーのボクシング部分は、EDではあまし無かった・・・;
 ・・ま、本編で出ずっぱりだったし、仕方ないか;



>CMの中にニセCM

ちょ(笑)
フリーダムすぎるっっ!!!
ホンモノのCMの間に、ニセCMさりげなく混ぜるなよっ!!!(笑)
生で見てるヒトはともかく、録画で見てる人はフツウにCMカットで見逃してしまいそーだぞコレッ!!(笑)

それはともかく。ホントお通ちゃんのCD、出るとイイのにね。
・・・ウン。色々問題にはなりそうだけどさ;



>次回予告・・・

万事屋のニセモノか・・・
確かにベタですね;(笑)
そして、ありそーでなかった話でもある;

・・・コレはオリジナル話だけど・・・
ベタな話なだけに、アニスタも色々やりやすいんじゃなかろーか?と予測してみたり。

つーか、もう一つの話も、新八メインッ!?

しかも、新八だけの万事屋って・・・!!
新八だけの万事屋って・・・っ!!!(2回目)

何だろう、この言葉だけでそこはかとなく萌えるカンジはっ!!!
どんな話をやらかし・・やってくれるのか、楽しみだよコレっっ!!
つか、訪問者って誰だろうなっっ!!!!

オリジナルだから色々アレなトコもある気はするケド・・・

楽しみにしてますっ!!!
・・絵はちょっと不安なカンジはあるケド;(爆)



>Cパート?のオマケなBGオンリー;

よきかなの始まった起源に、ちょっとビックリ(笑)

なるほど、テレ○ォンショッ○ング風だったのも、
最近本編でご無沙汰しているキャラの紹介の為だったのですね。
納得。

にしても、最近ご無沙汰しているレギュラーキャラといえば・・・
例えば、九ちゃんとか、星海坊主さんとか?
桂さんとか、高杉さんとか・・・神威とか?;;


・・・・・・・・・・・・・・・・なるほど;
なんか・・・いつの間にか、タモさんがボケるだけのグダグダになった理由がわかったよーな気がするよ;

どう考えても「おともだち紹介」の軽いノリで、呼べなさそうなキャラのオンパレードですからね;;;

何処の世界に、生放送のTV番組に出演する、指名手配の攘夷志士やら、犯罪組織の幹部やらがいるんだよ!!って話になりますからねっっ!!!;(注:桂さんは除く。)


そりゃ、新八の言うように、
引き伸ばし・迂回通り越して、迷走させたくもなるわな(笑)



・・以下、その他もろもろ;


キングコング懐かしいな;
 ・・・つか、今は「はんにゃ」なんだ。へー。(←芸人に無関心;)

・6時23分・・・ちゃんと合ってる;
 アフレコ時に、その瞬間が何分に流れるか、キッチリわかってないと出来ない芸当だよね・・って、わかってて当然なのか;

・「ジャンプの原作1週分でアニメ30分作ればよくね?」って;
 やっぱそう考えてましたかっっ!!!(見え見えでしたが;)

・「スポンサーがば・・」何を言おうとしたのか気になりますよ;

・あああっ!そういや、来週から新EDなんだっけっ!!
 今のEDが延々2ケツで個人的に好きだったから、ちょっとサビシイかも・・・;

・笑ってよきかなの増刊号が出てくるとは思わなかったっ;;
 ここまでやりますか、アニスタッッ!!;;;

「引き伸ばし、迂回通り越して、迷走ですよ!!」という新八のセリフ。
 ・・・正直、自覚あったコトに驚きましたよ(爆)

・死神図鑑・シルバー・・・か。
 あっちはゴールデンだしちょうどイイんじゃね?(笑)
 ホントにそんなオマケして釣るのもイイんじゃね?(釣るとか言(ry)

・「ただの死神」を紹介する「死神紹介」;(笑)

・仕込み吹いた。
 ・・つかアレ、スタッフの誰かが描いたとしか・・ゲフゲフ;


以上!!;







・・・なんか・・・ホント、長い感想でスイマセン;
――ま、ここまで読むヒトもいないだろーケド;


今回、ここまで;

  1. 銀魂(分割)感想
  2. 2009/06/29(月) 23:33 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。