Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (04/17~04/23) 305訓 287時 4/25


以下、4月25日付の日記です;
***

特に何も無い一週間でした。

敢えて何か書くのなら、
絵の練習をサボりがちになっててどうしよう状態;です。
せ、せめて一日十分だけでも・・!!とは思ってるのですが中々;
つか、絵を描くよーになってみてわかったコトなのだけど・・・
・・・私あまし絵を描くの好きじゃないのかも。(おい;)

ンでもって、GWはフラッシュの勉強を集中的にやる予定です。
だから今は保留中。(=つまりそーやってサボっている;)

チナミにベヨネッタは中断中です。
何故なら、PS3を本来使うハズだった家族が使い始めた故に。
ま、それでもたまにはやってるのですケドね。


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
銀魂、ネ○まです。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 本誌20号分
※表紙に萌えた・・・!!(※今回も感情論多め注意;)

◆ネ○ま! 本誌21号分
※美空の心配されてなさっぷりに泣いた;

********************








◆銀魂 305話 本誌20号

ジャ○プ表紙の坂田さん・・・

どや顔すぎです。

見てるこっちがこっ恥ずかしいです。

銀さんのどや顔。神楽の嬉しそうにはしゃぐ顔。
そして新八のイキナリ抱き抱えられて驚いている顔。

前回までの流れからこの表紙・・・色々とたまりません。
銀さんが新八神楽を両手に抱えて、
まさに両手に花状態ですね。(※鱗装着済)

あと・・・
新八の背中に回る、銀さんの手が・・・腕が・・・(悶)
あんな抱きかかえ方で新八の体重を支えられるってのも凄い。
銀さん、どんだけ力持ち!?
つか新八の体を相当密着させないと支えられないよねあの持ち方だったら。

ああもう、色々堪らねぇえええ!!!


※注:以下、相変わらず感情論が多めです。
    特に平子に対して厳しい意見多めです。ご注意を;※




>狂死郎さんの仕込み刀

前回、狂死郎さんが刀持ってズバズバ斬ってるコトに驚いたケド・・・

成る程、そーゆーカラクリでしたか。
色々納得(笑)

そして、この場に狂死郎さんがいる理由もコレで納得。
このネタをやるが為の、ホストとオカマだったんですね!

コレも先生が長年、暖めてたネタだったんだろーなー、と勝手に憶測してみたり。



>平子の階層

・・・コレが平子の過去ですか・・・。

正直、「コレだけ?;」って思った感は否めませんが;
(いや、アレだけの事をしでかした歪んだ性格に足るだけの、もっと壮絶で悲惨な過去があるのだとばかり思ってましたからね;)

まぁ、ある程度はこーなるコトも想像ついてましたが・・・。
・・・・・うーん・・・;

・・・えっと・・・まぁ;
とりあえず気をとりなおして;

この様子を見る限り、平子は、「例え父に相手にされずとも、自分だけは親父の味方でいよう」という気持で今回の騒動を引き起こした・・・みたいですね。

ただ、その方法が・・・空回りしてて、尚且つ的外れであり、
しかも、他人の生命や大切なモノを踏みにじる仕様であった。


――って所が大きな間違いだったダケで、
気持だけは純粋なモノだったと。

そーゆーコトですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・何だろう。やっぱりちょっとスッキリしないなー。

平子のやったコトは、かなり悪どかったからな~・・・
余程の酷くて凄惨な過去でもあったなら、あるいはこうなっても仕方ないと同情の余地くらいはあったかも?って話だったのだけど・・・ぶっちゃけ、この程度の過去じゃ、とても同情の余地は無いし。

いやね?やっぱあれだけ酷いコトをやってきたのだから、それに見合うだけの制裁と反省は必要だと思うのですよ。
まぁとりあえず、制裁は前回、新八がやってくれたから・・・次は「反省」の順番である・・・ハズなのですが。

ホント・・・少なくとも、最低限に。
今までやってきた事を反省して心を入れ替える程度のイベントが無いと、平子が許されるパターンは許容しにくいモンがありますよ。

あくまで、個人的に。


とはいえ、「次郎長がまだ戦争から帰ってきていない」ってセリフは、この長編のラストへの伏線でしょうから、ソコから考えて平子と次郎長の仲直りエンドになるコトは、ほぼ間違いなさげですからね。

さすがにそーゆーENDを迎えるのなら、平子が心を入れ替える展開になる、と・・・思いたいモノです・・・;



>華蛇に裏切られた平子

平子のこの様子を見るにつけ。

平子は、自分が仲間を裏切るコトはあっても、自分が仲間に裏切られるコトはまるで想定してなかったみたいですね。

そして、兵隊を失うコトのリスクとかもまるで考えてない様子で;

要するに、
次郎長の味方は自分だけとして、己が独善でのみ動いている
・・・ってコトか。

・・・なんか平子って・・・
あまりにも・・・愚かとゆーか、むしろお粗末とゆーか・・・
色々な意味で可哀想な子なんだなぁ・・・って思えてきましたよ;
・・・そりゃ、西郷さんも助けるよね。

つか、平子はココで死なせちゃダメってのもあるし。
生きて、反省して、自分の犯した罪をガッツリ償ってもらわないとだからね。



>華蛇の企みも見抜いてた次郎長

華蛇がこのゴタゴタに乗じて、次郎長の勢力所か町全体を乗っ取ろうとしていたのは、(ある程度までは)想像していた通りでした。

そして、次郎長が天人の勢力を抑えていたのも、想像していた通りで。

けど正直、次郎長が、平子の起こした騒動を逆に利用して、華蛇を討ち取ろうとしていた・・・とまでは見切れていませんでした;

ううむ;次郎長・・・さすがはあの平子の父親。
コイツもコイツで、けっこうえげつないトコあるのな;

この親にしてあの娘あり、って所か;



>「宇宙海賊春雨、第四師団団長、華蛇のものと~・・」

華蛇、春雨そのものだったんかい;

政府の裏に暗躍する天人達(例:天導衆)とかと繋がりはあるだろうな~・・位には思ってたケド・・まさか、春雨そのものだったとは;
(まぁ春雨も、政府の裏に暗躍する天人と繋がってるみたいだから、あまり変わりは無いんだけどね;)

吉原のコトも言ってる辺りからして、かぶき町を第二の吉原にしようとしてたのかな?清濁併せ持つかぶき町なら、犯罪の隠れ蓑にするにはうってつけだし。

・・・つかこの流れだと、この事件が終わった後、政府がかぶき町に何らかの遠まわしな制裁とか粛清とかやってくる可能性もあるよなー。
(吉原の場合は春雨での面目上、「神威が吉原を支配する」というコトになってるから、当面は大丈夫っぽいんだけど・・・かぶき町にはソレは無いし;)

ううむ。そういう点からしてみても、この長編・・・やっぱり、銀魂全体の大きな流れのターニングポイントであるのは、間違いなさげですね;



>乗り込んできた万事屋

非常にイイタイミングで乗り込んできた万事屋。

こんなにイイタイミングで乗り込んできたコトと、
事情を全部把握しているっぽい所
からして・・・

実は、つい今しがたまで、襖の向こうで華蛇と次郎長の話、全部聞いてたんじゃね??とか思ってみたり。

・・・あのシリアスシーンが展開されてた襖の向こうで、万事屋が三人揃って聞き耳立ててる様子を想像すると、中々に萌えます(笑)
きっと、次郎長さんが「かぶき町を、なめるなよ」って言ったトコで、銀さん新八神楽が互いに顔を見合わせ頷き、しかる後、三人そろって襖を勢い良く蹴り開けたに違い無いですよ!!(妄想)



>次回予測

いよいよ次回は、
辰羅の大群と、万事屋・次郎長の共闘!って展開ですかね!?

今の銀さんなら、新八神楽を下がらせるってコトはしなさそうだし!!
つかこの数の最強部族だったら、銀さん一人でどうこうはムリっぽいし;

辰羅相手に、新八神楽がどういう活躍を見せてくれるのかが、すごく楽しみですよ!!

・・・新八の装備が竹刀なままなのが、ちょっと・・・いや、カナリ不安要素ではありますが;(爆)
最強部族・辰羅相手に竹刀・・・さすがにコレはキツすぎる・・

どーなるんですかね?;コレ;;
つか、コレと似たコトを、数週間前にも書いたよーな気がするよ?デジャヴ?(違)



>その他色々、箇条書き。

・次郎長・・・作画はキレイなのに、スクリーントーンが無・・・(爆)

やたらキラキラしてる狂死郎さんと、
 並んでまで斬られに行ってるオカマ達
に吹いた(笑)

アゴ美さん・・・ホントイイキャラしてるよな・・・;ホスト神剣とか(笑)
 斬られた時に「アゴォオオォ!」と「美」さえ無くなってて更に吹いた。

華蛇ってもしかして、「辰羅」??周囲にいる「辰羅」のとがった耳や額のホクロの特徴が一緒だし。それに普通の天人が団長なんて中々やれるモンじゃなさげなコトを考えると・・華蛇が実はメチャ強い、ってセンはアリかもですよ?


以上;








◆ネ○ま! 287話 本誌21号

裕奈・・・
アッサリ自分の両親が魔法使いであるコトを受け入れちゃいましたよ;

裕奈なりに色々考えてたのですね。
確かに、ドネットさんのコトとか冷静に考えると、色々と納得できる材料も揃ってるもんなー;
(そういやドネットさん今どーしてるんだろ;高畑先生も出てきたしですっかり存在忘れてたよ;)

あと、高音さん・・・
前回の感想で、デリカシーが無いとか言ってスイマセンでした;(謝)



>ゆーなのお母さん

お母さんは、裕奈が5才の時に亡くなってたのですね。

裕奈の幼い頃と言えば、
以前、幼少のゆーなが魔法使ってた描写がありましたっけ。
今回の描写からして、その頃のコトをゆーなは普通に覚えてるっぽいですし・・・どうやら、彼女は特に記憶を消されたとかはなさげみたいですね。

・・・まぁ普通、5才かそこらの頃のコトなんて、余程のコトでないカギリ、覚えてないケドね;
それがココに来て、魔法のコトを知り、色々な話を聞いて、
「そういえば・・」ってなカンジで思い出したんだろーと思われ。



>高音さんの独断

裕奈に父親のコトを話したのは、高音さんの独断らしいですが・・・

・・・美空が割って入る展開は、やっぱし無かったか;(当たり前;)
わかってはいたコトだけど・・・
・・・やっぱしちょっと残念。(涙)

つか美空は、何時になったら本筋に絡んでくるんだろーなー・・・。
ついでの登場かと思ってた高音さんの方が、思いっきり役割を持って活躍しているように見えるんだけど・・・。(泣)



>千雨の最終絶対防衛ライン・・・

千雨落ち着け(笑)
まだ4人の内一人・・・ラインの一角しか崩れてないから!
あと、忘れてるかもだが
一般人としては4人の他に夏美もいるから!

つか千雨・・・
すっかり魔法世界に入り込んでたし、何だかんだで結構馴染んでたと思ってましたが・・・。
意外に、まだ現実世界への未練(笑)が残ってたんですね;

ネギ先生が絡まないトコでの
千雨の活躍は、個人的に非常にオイシ
イです。
いいぞもっとやれ(笑)



>その他色々、箇条書き。

魔法世界と現実世界での時間の流れは、ちょっと違うのかも?とは思ってたけど・・・まさか数ヶ月単位だったとは;けっこう大きいズレが生じてるのですね;
 元々、時間のズレは、ゲートポートで固定していたのですね。成る程。

オスティアのゲートと図書館島の下が繋がってたのかっ!;意外と盲点だった;
 正確に言うなら、まほら学園をゲートのある位置に作ったというべきか?
 あと世界樹が発光するというコトは・・・超も帰ってきたりするのか??

・オスティアに魔力が集まってるとは、何か不穏な動きですね;
 魔力が集まってるのも、完全なる世界の仕業なのでしょうか??

・どうでもイイけど・・・イギリスから日本へ魔法世界を介して帰った場合、
 パスポートとかはどーなるんだろ;・・・まぁ、何とかなるんだろーケド(笑)

美空の心配されてなさっぷりにちょっと悲しくなった;
 ・・そしてはココネに至っては名前さえ挙がってない・・・;何だかなぁ(涙)


・・以上;








――以上。


作品数が2つに減って。しかもその内一つが
4、5週に1回、必ず定期的に休載を取る作品だと;

ちょっと「総合感想」って名前、改めたくなってきますね・・・;

でも、とある事情があるので、もうしばらくこの形態を続けます。
(この文章を書いてる7月現在の情報によると・・・な話。)

でも、立ち読みできるかビミョウなトコなんだよな・・・。(謎)


今回ここまで!10/07/05

  1. 総合感想
  2. 2010/07/05(月) 23:45 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。