Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (07/10~07/16) 316訓 1話 7/18


以下、7月18日付の日記です;
***

ゴーストトリック、クリアしました~。

「買いました」報告はしても、「クリアしました」報告は滅多に無い私ですが;
今回、珍しくスピードクリアしてしまいましたよ。

前半はワリとゆっくりやってたのですが、後半が・・・;
話の展開が気になって、時間を忘れて没頭してしまいました;
「絵心教室」を放置してしまうほどに;(爆)

キャラの動きやモノを動かした結果に笑いが仕込まれている所、
攻略を見なくてもちょっと色々やれば解ける程度の気楽な難易度、
何度でもやり直しが可能でエンリョなくガンガン色々なコトを試せるトコ
も、私的には夢中になりやすい原因か。

・・・攻略に詰まって攻略サイトを見て、ストーリーのネタバレも見てしまう、というコトが無いからね;(爆)
久しぶりにネタバレをほとんど見ずにクリア出来たゲームですよ。

ただ・・・プレイ前に、某スレで、一番大事なネタバレを先に知ってしまってはいましたが;
そんなネタバレ知ってても、別のトコで意外な展開や面白い展開があったので、普通に楽しめましたよ。
(それでも、あのネタバレさえ知ってなければ、もっと楽しめたのかな~・・と思わなくもないが;)


一応、ネタバレにならないよーな感想を書くのならば。

ミサイル健気可愛いよミサイル。

・・って所でしょーか。(コレだけじゃ意味がサッパリわからんな;)
ネタバレにならない程度の感想にすると、コレくらいしか書けないですね;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。
あ。今回から、西森先生の新連載「いつか空から」の感想も(読むコトが出来た場合に限って;)書いていこうと思ってます。

今回のラインナップは、
銀魂、いつか空からです。ネ○まは休載です。


「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 本誌32号分
※新八の魂、メチャクチャ可愛いなっっ!!!

◆いつか空から 8月号分
※スイマセン。色々暴走した感想です;

********************








◆銀魂 316話 本誌32号

新八のメガネ付き魂質が、
なんかやたらと可愛らしい件。


何アレッ!!
普通の魂(?)にメガネ付いただけなのに、やたら可愛いよ!!
ちょっとしたマスコット並の可愛らしさだよっ!!(笑)

他の魂はロクに見分けつかないのに、新八の魂だけソレと判るってどーゆーコトだっ!!;何で新八の魂だけ判別可能なんだよっ!?
つか、新八の魂はメガネ込みなのか!!
よりたまアニメ新OPの影響っ!?(爆)



注:今回、隠し切れない腐れ発言が多々あります。
  苦手な場合は速攻でブラウザバックしてください。




>定食屋さんにお世話になってた万事屋一家

あの定食屋さん、宇治銀時丼だけでなく酢昆布丼まで作ってたのか;;;
どんだけニーズに答えまくりっ!?
・・・でもそんな自由な定食屋でも、新八はごく普通な丼食べてたんだろーな、と思うと普通属性萌えとしてはやっぱり萌える。

つかさ。よく考えたら、
新八は、家に帰れば食事にはありつけるハズだよね?;
万事屋で稼げずとも、姉上はソコソコに稼ぎがあるハズだし。
それなのに、食事事情は万事屋と一緒なんだ・・・。
なんか凄いよねそーゆートコ。

実家と万事屋は別扱いなんだ。ホント、ナチュラルに嫁っp(自重;)



>幽霊見えてる銀さんと見えない新八

幽霊に気付いて、まず真っ先に新八の肩を叩く銀さん。
やっぱ、温泉旅館の経験から、新八にも見えると思ったのか。。
とりあえず何かあったらまず新八に声かけする銀さんに萌え。

でも新八・・・
温泉旅館の時は銀さんと一緒に幽霊見えていたハズなのに、今回は見えてないのですね;話の展開上見えないってコトにしたのかもしれないが;
ちょっと残念だなー;

新八の霊感は銀さん程は強くないってコトなのか、
親父さんが味覚バk・・もとい銀さんと土方さんにだけ気付くように表れたのか。

・・・やっぱ、霊感が足りてない方かな;

残念だなー。



>おかんな新八

今回の新八さぁ・・・
銀さんにケンカしないよう釘さしたりとか、
作法がわからない神楽ちゃんにお手本見せたりとか、
パニクってる銀さんや土方さんに冷静なツッコミ入れて諌めたりとか・・・


何か、やたら行動がお母さんっぽいんですけどっっ!!(爆)

特に、銀さんが訳わからんコト言い出しのをスルーする辺りとかに至っては、お母さんっつか、むしろ相手の扱いに馴れた熟年夫婦っぽいんですが!!

何この16才男子ぃぃっっ!!!
普通にいないよっ!!普通に可愛すぎるよっっ!!!!(主観)



>「必ず帰ってこいよ!約束しろ!」

土方さん相手にはお前が行け態度とってたのに、
イザ新八が行こうとしたら必死こいて止めたり、必ず帰って来いと大袈裟な約束したりする銀さんに萌えた(笑)

つか何だよこの凄まじい発言っ;;
ギャグ話とはいえ、
銀さん、どんだけ新八のコト大切なんだよっ!!
と思わずにはいられないよっっ!!!

うん。銀さんが新八を果てしなく大切にしてるのは、もう充分よく知ってるんだけどね?それでも原作でこーゆー発言されると、萌え滾らずにはいられないっつか(笑)


>「ねっ、簡単でしょ?」

ボブっ!?ボブなのかっ!?その発言!!!(爆)

(解説:いえね。昔、BSでやってた「ボブの絵画教室」とゆー番組でね。ボブとゆーアフロヘアのオジさんがスラスラと見事な絵を描いていく過程で、このセリフを良く言ってたのですよ。・・・実際やってみたら、とても簡単にはできないよーなコトなのに;)

近年、ナイトスクープ及びニコ動の影響で、このセリフが有名になってきてるとは知ってましたが・・・

・・・まさか、そのセリフを新八が言うコトになるとは;;

今回新八がお手本としてやったコトは、
焼香をやったコトない人間からしてみれば、とてもカンタンには出来なさそうなコトをアッサリやってのけてるように見えるコトなのでしょうね。
それ故に、このセリフが適用されたのでしょう;

ボブのセリフが適用される程に、鮮やかで、完璧な焼香の所作
・・・ソレを新八がやってのけてるってトコに、萌えますよ!!

でも同時に、ちょっと切ない気持にもなりますが・・・。
だって、ああいう所作を覚えたのは、葬式経験があるからで・・・。
それは、親父さんを早くに亡くしたりしたからであって・・・

・・・その過程を考えると、切ないですよ。



>「今日は祝勝パーティだな」

お焼香してきただけで、ミッションコンプリート発言とか祝勝パーティ開く発言(銀さん)とか何かを成し遂げて認められた的発言(土方さん)されたら、
そりゃ普通、バカにされてるよーにしか思えないよね!(笑)

しかも「おめかしして来いよ」って何!!?;
焼香しただけでどんだけ盛大なパーティーやるツモリ!?;
つか「おめかし」って言葉のチョイスが何かわかんないケド凄いよ!!
新八にどんなおめかしを期待してるんだよっ!!

でも、やろうと思っても、万事屋でそんな盛大なパーティーやれないよね;
おめかしした新八と銀さんと神楽で、ささやか~な祝勝パーティーやる様子を想像すると、ちょっと萌える(笑)



>魂質に取られた四人

真っ先に倒れるのが新八ってトコに妙に萌えましたよ。

それにまた銀さんが、新八が倒れたら、どんな怖くて逃げようとしててもその足を迷わず止めるからね!!
どんだけ新八が大切なんですかっ!!いやわかってましたケドも!!(笑)

おやっさんもきっと、最初に新八の魂を抜き取れば、銀さんは絶対に足を止めるコトがわかってたんだろーな!!
だから最初に新八を狙ったんだろーな!!;新八にとっちゃぁ災難といえなくもないが;(爆)

つーかさぁ・・;
メチャクチャやらかしてた他の三人と違って、新八は焼香の所作はカンペキだったし、何も悪いコトしてないし、むしろ親父さんを癒しただとゆーのに、魂質にされるて・・・
なんて不憫なっっ;なんて巻き込まれ体質なっ;;;


・・それはともかく;
銀さんと土方さんに対して、誰を魂質に取れば言うコト聞かせられるかよくわかってる辺り、完全にこのハードボイルド化した幽霊がおやっさん自身であるコトは間違いなさげですね;:
素寒貧の時に助けられたってコトは、それだけ何回も万事屋であの定食屋に行ったってコトだし。その時に銀さんが新八神楽を大事にしてる様子ももよく見かけていただろうし。
・・・他者から見た万事屋も仲良く見えてるんだなと思うと萌える。



>その他色々、箇条書き。

・この定食屋の親父さん、以前に銀さん土方さんのケンカ話で出てたのですね。
 なんか、以前出てたキャラがイキナリ死んでるって・・・切ないな・・・。

・「素寒貧(すかんぴん)」ってこーゆー漢字書くんだ。
 言葉そのものも最近はあまり聞かないよね。新八、古い言葉を使うんだねぇ。

「だいじょぶだ~」読経ネタ、懐かしいな。ド○フ世代直撃ですよ。

お焼香を「アロマ」と呼ぶのは、かなり斬新な発想ですよ銀さん;

新八の焼香の作法は、おやっさんの荒ぶる魂をも癒すのですね!!
 さりげに凄くね??さりげに新八、カナリの癒しの力を持ってね??(本気)

・神楽と沖田がメチャクチャにした葬式会場を立て直す近藤さん・・・
 顔だけ見れば大人なカンジなのにやってるコトはとても残念ですよ;

・良く見たら新八、倒れた時にメガネ外れてますね。それなのに、魂にはメガネがついている・・・と;魂にまでメガネが染み付いてるのか?;

・エライトコで終わったケド・・・コレ、次回どうなるのかな;
 ぶっちゃけ、魂だけになった新八には、あまり出番なさそうだよな・・;


以上;








◆いつか空から 1話(章?) 8月号

いやー。始まりましたね。

西森先生の新連載。(道士郎のリメイクじゃなかったのが残念だが・・;)


最初の印象としては。

とにかく主人公が可愛い!!!でしたね。

・・・・・・。
ゲッサンをめくった時。
最初に女の子になってるシーンを見たのですよ。

「うわっ!なにこの娘、メチャクチャ可愛い!!!」
って思わず思ったモノですよ。

でも、中身を見てビックリでしたね;

まさか、主人公が宇宙人(ハーフ)で、
男が女に変身しちゃうお話だったとわ;

同人的な専門用語(?)で言う所の「後天的女体化」を、マンガの本編でやっちゃってるパターンですよ。凄まじいですよ。色々な意味で。


つかさ。
本編では、悪い宇宙人と戦うとか物騒なコト言ってるケドさ。

ぶっちゃけ、宇宙人と戦うのに、女の子に変身する意味がわからないんですが;

どう考えても、戦うなら男のままのが都合イイよねっ!;
何で、母親の若い頃に変身する必要があるのか!?

まぁ、今までの西森作品のパターンからして、近所の不良が実は悪い宇宙人でしたパターンってのもアリだとは思うが;
・・・とりあえずソレはさておいて。

私が思うに。


恐らくは、今回の話の主軸は、
宇宙人と戦うどうこうではなく、

祐紀と真一と緑の恋の三角関係

にあるのではなかろうか?と予測してみたりします。
(第一話のサブタイからして「祐紀と真一と緑」だし:)

しかも、主人公が男から女にチェンジですよっ!??

コレは・・・ヘタしたら;;;
ちょっと、恐ろしい想像ではありますが;;

主人公(祐紀)とその友達(真一)の恋愛物語になる可能性さえあるように思うんですが・・・!?と。


・・・・・・・・・;;;;

いやー、ガチで凄い話だなコレ;;
フツー、考えられないよ;
最初、男だったキャラと、その友達(男)が恋愛に落ちる可能性がある(かもしれない)漫画なんて;;;
(いや、逆にマンガの黎明期・・・手塚治先生の時代程度に遡れば、いくらでもあったような気もしなくはないケド;)

そ、その場合・・・この漫画、BLジャンル・・・に、入る、のかな?;
でも、同人とかじゃなく、後天的女体化だからなー;;;

ああもう、何が何だかわからなくなってきましたよ;:;

このマンガがどーゆーふーに転ぶのかサッパリ展開が読めない・・・:
・・・いや。
読もうと思えば読めるかもしんないケド・・・ぶっちゃけ、
怖くて読めない。色々な意味で。

正直、怖い予想しか出来ない;性根も頭も腐ってるから。


いやー、ホント・・・

凄い漫画が始まったなぁ;;
(というか、ただ単に私の妄想が間違ってるだけだとは思わないのか;)

好きになるかどーかは別として;
(その辺は、真一君の頑張り次第ですね。私的に。)



>ページ数

カラーページを除いて、ザッとページ数を数えた所、
大ざっぱに36枚位でした。

お茶の新連載の時より、ページ数は多めですね。

今回は新連載補正でページ数が増えたと思われるので・・・実際、コレから月刊で何ページ上げていくかはまだまだ不明ですね。

週刊の時は、大体18ページだったけど・・・
・・・月刊の相場とかよくわからんから全く予想できません;
月一というコトなので、できれば、多めに読みたいトコではあるのですが;



>宇宙人というトンデモ設定

宇宙人と戦うとかどーとか、前作品のリアル傾向作品からは考えられないレベルのSFっぷりだと思ったケド;

落ち着いて考えてみれば、西森先生の場合、最初の一話はワリとトンデモ設定出してきたよな、とも思ってみたり。

例:
天使 → 主人公が元・男
道士郎 → 主人公が武士
お茶 → 主人公が悪魔(見た目)


今回の場合は、「主人公が宇宙人(ハーフ)」だったってコトで;

今までの作品傾向からして、
最初、どんなにトンデモ設定であっても、話が進むウチに、ソレ(トンデモ設定)が日常生活に溶け込んでいき、ある意味「普通」になってゆくのが、パターンではあるのだよね。
だから今作もそうなる可能性があるのですが・・・

でもなぁ・・・;
今までは何だかんだで今回みたいな不思議な力の直接描写はなかったし;
ソレを考えればやっぱカナリトンデモ設定かもしれないんだよな;(どっちだよ;)

・・・さて。どうなるコトやら。



>今回の地味キャラ(?)、真一君

地味キャラが好きな私としては、
今回の第一印象では、「真一」がちょっと気になるキャラですよ。

見た目こそ思いっきりモブキャラっぽく、地味で目立ってないけれど、
さりげなく緑の恋愛的フォローしたり、(読者に)見えないトコで「空から女の子が~」とかアレなコト言ってる辺りからして、中々の個性を持っている様子が伺えてますからね。こーゆー伏線、大事ですよ。

あと、彼について気になる特徴がもう一つ。
「祐紀(主人公)だったらこうする」とまっすぐな目で言ってるトコ。
コレは、既に主人公に影響与えられ済であるコトを表してます。

普通のサブキャラは、話の中で主人公に影響を受けて変わっていくモノですが、真一君の場合は、その過程を過去で済ませちゃってるのですね。

・・・スタート位置・立ち位置的には、「お茶」の山田に似てるかな。
(彼も話開始時点でまー君に既に影響受け済みだった。)
恐らくは、その影響を受けた過程は後々に回想で語られると思われますが・・

とにかく。
既に、そんな風に主人公に影響を受けているキャラが、
ただの凡キャラであろうハズがない
のです。


ただ、一つ心配なのが。

真一君が、若干、地味でモブキャラすぎるですよ;
(まぁ、あの健助殿も最初はモブキャラっぽかったが;)

今までの西森作品は基本、主人公と、ソレにとても近い準主人公が二人で一人、みたいなパターンが多かったのだけど・・・
(例:殿と武士、恵とゲンゾー、まー君と山田)
真一君はね・・・どうもソレとはちょっと違うようにも思えるのですよ。
少なくとも、同じモブキャラ風だった殿みたく「狂言回し」的な役割は果たしそうにない気がするとゆーか。

とはいえ、まだ初回ですからね?
この先、どういう風に転ぶか、全くわかりませんし;
フツーに、真一君が準主人公の立ち位置に納まるかもしれないし。

それこそ、次回辺りからその只者ではない性質を徐々に披露していく可能性だってあるかもしれませんからね!!


・・・まぁ(立ち位置が)似たキャラな山田は、もう初回からその性質の片鱗を見せてましたケド;;

・・・・・って。
アレ?待てよ??
初回で、その性質を見せてないってコトは・・・
逆に最初はしばらく大人しくて、後々にちょっとその性質を見せていく予定だという可能性もあるな;


後々にその性質を見せていくコトにどんな意味があるのか・・・。

・・・・・。

コレ、最初に書いた恐ろしい予想に繋がるのだけど;


・・・何故、初回でその性質を見せなかったか。
その理由は・・・もしかしたら;
主人公が真一君に恋に落ちていく過程で、その性質が明らかになっていくからでは?とか思ったりして;(恐)

・・・お母さん・・いや、お父さん?;(ややこしい;)がワザワザ、
「思考も女の子のソレになる」的なコトを言ってる辺り
も、
果てしなく男との恋愛フラグ;に思えますよ;

真一君が「いつか空から女の子が~」って言ってたのも、
空から降ってきた女の子=宇宙人(空から来た)な女の子=主人公
と結びつけるコトも出来る、と考えれば・・・・;

・・・・・・・・・・・。
恐ろしい・・・ お そ ろ し す ぐ る っっ;;

でも、色々な意味で楽しみだったりもする。(本音)

ああもう、どうしようかなコレェエェェエッ!!!!(落ち着け;)



>どこまで秘密にするのか。

さて。
今回の話の主人公は変身してしまうワケですが;

この変身してしまう事を、仲間には秘密にするのか、それとも打ち明けるのか、隠しててもバレてしまうのか。
その辺りも気になる所ですよ。

個人的には、
真一君には秘密にしたままで、
緑の方には変身がバレるんじゃないか?
と予測してたりします。

理由は。
なんとなくそー思ったから。(オイ;)

なんとなくね。
緑は天使の美木ポジなんじゃないかな?とか思えたりするので。



・・・とはいえ。
何度も言うように、まだ第一話なワケだし;
話がどう転ぶかは、まだわかりませんよね;

それはまた、先を見守っていくしかないワケで。
とにかく、今後が楽しみな作品です。

・・・という訳なので。
今後、(立ち読みが出来る限りは)この作品の感想を、しばらく続けていきたいと思ってます何とか、ゲッサン立ち読みできる店も見つけたし;



>その他色々、箇条書き。

お父さんとお母さんはのノリは、ちょっと天使を思い出した;
 不思議な力がどうのって辺りも、天使っぽいかな。

・「そして恐竜は滅びました」に久しぶりの西森節を見ましたよ(笑)

祐紀は、お母さん以外にも化けられる力があるのかな。
 チワワとか出てきたのも、そのフラグか??

・つかあのチワワ、西森先生の新しいペット??(爆)
 ・・・前は確か、コーギーだったよね。

今更だけど、男主人公は山田に似て(ry


以上!;








――以上。


さて。
今回から、「いつか空から」の感想も始めてみたワケですが;

・・・コレ、非常にどうでもイイ話なのですが、
立ち読み時、ついウッカリ話の「単位」を見落としてしまったので;
次号で確認するまで、しばらくは「話」で通そうと思います;

最近のマンガは独自な話の単位が多いからね;
「訓」とか「時間目」とか「羽」とか。道士郎に至っては「ござる」だったもんなー(笑)
この話は、確か「章」とかのシンプル路線だったよーにも思うのだけど・・・イマイチ、自信が無いのですよ;確認しないとわからない;
なので、やっぱり当分は「話」のまま、ってコトで;


今回、ここまで。10/08/07

  1. 総合感想
  2. 2010/08/07(土) 23:28 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。