Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (09/25~10/01) 325訓 1話 10/03


以下、10月3日付の日記です;
***

大神伝、買っちゃいました~!!(爆)

「大神」の続編と言いつつも、神谷さん(元の大神を作ったヒト)が関わってないとゆーコトで、ぶっちゃけ続編としてよりは同人ファンソフト的な立ち位置で楽しめればイイや、と思って。(まぁスタッフの中には、前作と同じスタッフもまばらにいるらしいという話は聞きますが。)

で。
イザ遊んでみると、思いの外、大神の雰囲気を残している良作品っぽい雰囲気がしますよ。
まだ最後までプレイしてないので断言はできませんが;

しかし気になるのは今世間は思いっきりポ○モンフィーバー中で、こんな時期に出しても売れないんじゃ?;ってコトなんだけど;
大丈夫だろうか大神伝;;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
銀魂、鋼鉄です。ネ○まは休載です。
(「鋼鉄」は西森先生の新連載、「鋼鉄の華っ柱」の略称とします。)

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 本誌43号分
※新八は坂田の縁者。

◆鋼鉄の華っ柱 本誌44号
※いよいよ始まりましたね新連載!

********************








◆銀魂 325訓 本誌43号

ページをパッとめくったら、
新八が真選組の制服(しかも隊長服)を着てるコトに、地味に大ショックを受けた

しかし、普通に読んでみると普通に納得できた不思議。

・・・あんな状況じゃあねぇ;;;
流石に、されるがままに真選組の服を着ちゃってもムリないよね;

つか今回、普通に読んでて面白かったし笑えた。
新八には気の毒だけど、怒涛のボケとツッコミは見応えありましたよ。



>派手キャラになってる山崎さん;

山崎さん派手キャラになりすぎ吹いた;

前回の感想でチラッと「地味仲間の山崎さんが派手キャラに」とか書いたのが、まさか本当になるとは・・・;半ば冗談のツモリだったのに;
(そういや、「お通ちゃんが出来ちゃった婚で引退」の方は現実化してないな。こっちの方がありそうだと思ってたのになー;)

しかしこの山崎さんの派手っぷり。
何か沖田さんっつーより、「暴走しすぎた土方さん」ってカンジに近いような気がしますよ。
・・・「土方さんに憧れて土方さんを目指していたら、違う方向に突っ走って暴走しちゃった」・・・ってカンジか?

あとさ;
さらっと言ってた「昔はチェリーだった(=本来の世界では童貞)」発言に更にビックリしましたよ;;
どさくさまぎれに何つーコトカミングアウトしてんだよ;;と;

童貞だってコトがとんでもないトコで暴露されちゃった本来世界の山崎が、色々な意味で気の毒すぎる・・・;;;

しかもこの調子だと、元の世界に戻ったら土方さんに(こっちの世界の分まで)色々仕返しされちゃったりしそうだし;;

・・・今回の話ではある意味、山崎さんが一番気の毒なメに合ってるんじゃ・・・?;って思えてきたよ;



>地位までカロリー0になってる土方さん

以前から考えられない程に穏やかになった土方さんに・・・

実はもう、あんまし驚かなかった。(爆)

何かもう、九ちゃんとか桂さんとか山崎さんとかの強インパクトが続きまくってカオス状態になってたからね;
もはや感覚がマヒしてたんだろうね;

でもさ・・・この、穏やかなパシリキャラ。
後々の展開から考えるに、全部、演技なんだよね;

土方さん、凄くね??;
普通状態の土方さんなら、山崎さんにあんな扱い受けたら速攻でキレそうなモンだってのに;
ソレを抑えてあんなパシリキャラを演じ続けるなんて;;;

そういや、トッシーに化けたりもしてたコトあったし・・・
実はああ見えて、意外と演技派なのか?;



>10代組の見せた、著しい成長;

沖田さん、カッコ良くなってるううっっ!!!!

2年後つったら二十歳か;
目も細くなって、すっかり大人の男の描かれ方してますね!!

つかやっぱ、銀魂世界の男は大人になったら目が細くなるんだね;
・・・新八も、大人になったら目が細くなるのかなー。
今のカワイイままで大人になってもらいたいんだけどなー。
(ムチャ言うな;)

それにしても、この沖田さんの変化っぷりは凄いな;
神楽の変化っぷりも凄かったし・・・
やっぱ10代組は2年での成長が顕著なのか。

それだけに、新八の姿が変わらないままなのが浮き立ちますね。

まぁ実際は、2年後程度なら、本来の世界の沖田さんと同年齢で、まだ目がパッチリした描かれ方の範疇内だし・・・それ程は変わらないと思うんだケドさ。



>2年後の世界に取り残された者

2年後の世界に取り残された人が、新八以外にもいるってコトは。
・・・コレ、もしかして、夢オチじゃなくなった??
インセプション的な何か??いや映画見たコトないからわからないケド。

お妙さんの妊娠とか、ワリとシャレにならないコトも起こってるからには、一時的に世界がオカシくなった、とゆーよりは、パラレルワールド的な何かが発生しちゃって、新八と土方さんが巻き込まれたってカンジなんだろーが・・・。

そもそも、新八はともかくとして、
何で土方さんは巻き込まれてないんだ??

新八と土方さんの共通点と言えば・・・
真面目で気苦労の絶えない性質。暴走しがちな組織の抑え役。
――早い話がツッコミ役・・・って所だよね。

つまり、ボケる割合が低いツッコミ体質の人間だけが、2年後の世界に取り残されてしまった、とゆーコトか?

とすると。土方さんに並ぶ「ボケない真面目キャラ」な全蔵さんも取り残され組だったりする可能性が・・・
って、コレ以上はキャラを増やせないか;(さすがにカオスすぎるし)

・・・・・・・・・・。
つーかさ。フト思ったんだけど・・・。
もしかして・・・世界がこーなった原因って、新八が夏にツッコミをサボッてたコトで、世界の崩壊が始まっちゃったから、とかだったりしないよね?(笑)
新八がツッコミをサボった状態でギャグ話が何回か続いたコトにより、銀魂世界のボケが飽和状態になってしまって・・・ソレで世界がオカシくなったとか。
(全蔵や銀さんマダオのツッコミでは、飽和するボケを抑えられなかったとか;)
ンでもって、土方さんが取り残され組になったのは、普段からボケに飲み込まれないマジメキャラだから・・・と考えると納得がいくというか;

・・・いや。まさか・・・ね;
そんなオイシイ話・・もとい、トンデモない話、来ないよね;



>その他色々、箇条書き。

姉の別人のようなラブラブっぷりを前にした新八の白目っぷりが;;どんだけフリーズしてるんだよ(笑)つかあんな状態じゃ「万事屋辞めて真選組に入れ」に反論するコトもできないよね;色々納得したよホント;

・お妙さん懐妊て;;;ちょ、ますますコレ、夢オチ位でないとどうしようもなくなってきてるぞっっ!!;一時的な病気とかボケとかそーゆーのじゃ、シャレにならなくなってきてるぞっ!!;

丸々1ページを使い切った新八の慟哭・雄叫びに気の毒だが吹いた。そりゃ姉がいきなりあんなコトになってたらアレぐらい泣くわな;背負ってた風呂敷もどっかに無くすわな;つか、新幹線と並走ってさりげに凄くね?

・新八は居場所無くなってるつってるケド、銀さん神楽は今のままの新八でもきっと受け入れてくれるよね・・・新八早く気づくんだっ!!(泣)

九ちゃん、本当に可愛くなりまくってるよっ;ビックリだよっ!
 若干ケバく見えなくもないケド、今の職業を考えたら当然の恰好か。

九ちゃんが新八に触っても大丈夫なのは、この世界限定なんだろうか;
 今まで九兵衛が新八に触った描写が無いからわかんないんだよね;
 個人的には、元の世界でも、新八にだけは触れるのを希望!(笑)

その体制で「触り慣れた」って一体・・・。自分のじゃないよね体制的に。
 ・・・いや。ここでは深く考えないコトにしよう;

新八が「万事屋のカワイイ坊や」って言われてるっ!!!
 やっぱ、新八可愛いよねっ!!(←共感を得られて嬉しい)
 九ちゃんもお妙さんに似てるって言ってたし!!

付けちゃった九ちゃんと、取っちゃった桂さん・・・。
 色々衝撃的すぎるっつーか、カオスっつーか・・・;

桂さんが現れた途端に躊躇なく海に放り投げる、その容赦ない新八のツッコミは、銀さんの桂さんに対するソレに似てきたように思う;
 ・・・やはり、長年一緒にいると似てくるのか;

ニューハーフになった桂さんの横顔は、もはや完全に女性だな;;
 しかも一人称までもが「私」になってる;;;

桂さん、新八が宿敵・真選組の隊長服着てるコトを気にしないのか。
 あるいは気づいていないのか;・・・気づいてないんだろーな;

「変化は起きてもアホなのは変わっていない」のセリフは・・
 後々への伏線なのかただのセリフなのか。・・・ただのセリフなんだろーな;(爆)

山崎さんの「あんパン」ネタ、引っ張った!!
 本当にミントンキャラからアンパンキャラに変わったんだなっ;

カイザーの言葉に一々ツッコミを入れまくって、揚句の果てには人質に取られ刃を向けられてる状況で「バカイザー」呼ばわり・・・;
 ツッコミの勢いで、とはいえ凄い度胸だな新八;

「坂田将軍の縁者」って言い方にツボった。
 やっぱ新八は、銀さんの家族扱いなんですね!
 でも縁者って言葉は辞書で調べると・・・いや。深く考えないコトにしよう;;;

あああ、やっぱり新八は銀さんの・・万事屋の弱点扱いになるのか。
 冷静に考えなくても万事屋の中で一番弱いし、そういう立場になりやすいとはいえ・・・ゴメン。そういう立場な新八に萌えるんだ。(コラ;)

バカイザーのプチ流行っぷりと、ソレを妥協して許す沖田さんの下りに吹いた(笑)沖田さん、打たれ弱いSっぷりが加速してね?;

・新八の手錠を解いて、正体(?)を明かした土方さん。
 次回がどういう展開になるのか・・何かもう想像付きませんよ;
 坂田将軍との対決に巻き込まれる新八!とかいう構図だったらオイシイんだけどなぁ(笑)


以上。








◆鋼鉄の華っ柱 1話 本誌44号

いやー。始まりましたね。

西森先生の新連載。


・・・・・・・。

って、
ついこの間、同じような文章書いたばっかなんですがっ!??;

ゲッサンで「いつか空から」新連載じゃなかったのですかよぉおっ!?

何、ほんの2ヶ月もするかしないかの間に、さらっと週刊で新連載始まってんですかっっ!!!週サンから離れてくれて嬉しかったのにっ!!(おい;)


――っつーワケで。

ゲッサンのアレがあったばかりだった為か;
あまり、新連載の嬉しさとか衝撃とか、イマイチありませんでしたよ;

ついつい、「いつか空から」と比べちゃったりするしさ。
女の子祐紀の極上の可愛らしさが忘れられない、とか。
真一君というキャラの可能性をもっと見てみたかった、とか。

・・・でもまぁ、ンなコト言っててもしゃーないので。
フツーに、華っ柱の感想を書きましょうか;


えっと・・・。

第一話の印象としては・・・
まぁ、西森先生の第1話ならこんなモンかな?って所でしょうか。

西森先生の真骨頂は、キャラが構築されてきてからですからね。
キャラができてくると、ホントに面白くなってくるし。


でも・・・個人的に。
主人公を妬みまくる男性陣(モブキャラ含む)とか、
主人の家が潰れた途端に、貴重品を漁りだす浅ましい使用人とか。


主人公の周りを取り囲む環境が、とにかく悪意に満ちているのが、今の所見ていてチト気分が重く、かつ悪くなってきますね。
・・・話の筋上、仕方ないコトとはいえ。

まぁきっと読んでいくウチに、面白い話にはなっていくとは思うのですが;
・・・でも・・・どうだろうな・・・。

私、個人的に小公女系とか昼ドラ系とかの、人間のドロッドロした面をひたすら見せる話って、とにかく苦手なんですよ・・・。
見てて胃が痛くなってくるんだよあーいうの。
「現実の人間からして既にドロドロしてるんだし、せめてお話の上で位はキレイな話が見たい」性質なもんで。

だから、あくまで個人的には。
できれば、そっち系統には行ってもらいたくないんだが・・・。
・・・どうなるだろうな・・・。

あんましアレなようなら、読むのヤメる可能性もあるかも。



>個人的好みのキャラクター

西森先生の話の特徴として。
大体の主要キャラは1話で出そろう、というのがありますが。

・・・ぶっちゃけると;
今回の作品ではコレ!といった好みのキャラはいませんでした;
(「道士郎」での殿とか、「いつ空」での真一君とかみたいな)

私的好みキャラっつーと、要するに、殿とか藤木みたいな普通でありつつ芯が通ってるキャラで、読者の視点役で狂言回しをするキャラなんだけど。

今回、狂言回し役を担ってたのは、サータン系のキャラだったからなぁ。
しかも外見、あまし好みじゃない(爆)

コレはちょっと個人的には・・・どうだろうか?って思えるなぁ。
もし今後、殿や藤木系統の普通キャラが出ても・・・狂言回し役をやらないのだったら、ただの通りすがりや一発キャラ、良くて準々レギュラー位にしかなれないだろうからねぇ・・・。(今日俺の良君みたいな)


残る望みは、
主人公がどういうキャラになってくれるか?といった所か。

・・・どう見ても好みの普通キャラとは違うが・・・見様によっては、ブルーと道士郎と殿を合わせたようなカンジにも見えなくもないんだよなぁ・・・。

ううううむううう・・・;
ま、まぁ、しばらく様子を見守るでし;



>主人公の回りを取り囲むキャラ

今回登場してきた重要キャラっぽいのは2人。

「夏野」と「朝涼」。

二人は、主人公・真道のボディーガード兼クラスメート、といった所か。
でも、「夏野」は「朝涼」のコトを「姉ちゃん」って言ってるんだよな;

「夏野」も「朝涼」も名字っぽい言葉なんだけど・・・
もしかしてコレ、名字じゃなくて名前の方だったりする??

なんか、じいやさんに何か忍者っぽい名前でどうこう言われてたし。

では以下、それぞれについて軽く印象を。


◇「夏野」

外見的には、ゴツイカンジですね。
敢えて言うなら、サータンにちょっと近いカンジか?
見た目的にはあまし好みじゃないのがちょっと残念。
せめて、サータン位に男前だったらなぁ;

内面は・・・
ほぼ完全に、狂言回しっぽいキャラですね。
最初は僻みっぽい性格でも、そのうち内変わってくると予測。
今の所は様子見といった所か。


◇「朝涼」

外見的には、結構可愛い。
夏帆に恵の要素を足したカンジか?

内面は・・・
真道に守られたシーンの後の反応から察するに、今の時点から推し量れない性質を持っている可能性がありそうですね。
今の所予測されるのは、
夏帆的な内面か、あるいはエリタン的な内面か・・・。

今の所は、彼女がこの話を見る上で、ある意味、救いになってくれそうなキャラな予感がしています。
エリタン的なキャラだったらイイなー・・・と個人的には思いますよ。



・・・・・・・・・・。
とりあえず、今回の所はコレ位かな。
まだ一回目だし、特に語るコトもないし。
つかぶっちゃけ、今の所、不安要素しか見えなくてどうしようかと(ry


以上;








――以上。


さて。
今回から始まった西森先生の新作、「鋼鉄の華っ柱」ですが・・・
このブログでのこの作品の略称は、「鋼鉄」ってコトにしときます。

何か鉄鋼関連について検索してたら間違って引っ掛かりそうな言葉だと思わなくもないですが・・・
このブログは一応、検索よけしてるから・・・まぁ多分、大丈夫でしょう;

ともかくコレで;
一週間に一話しか感想が無くて、ラベルリンクの意味が全く無くなるって事態はカナリ避けられるよーになったコトでしょう(笑)
最近、銀魂が休載多かったから内心ちょっぴり焦ってたんだよ;


今回ここまで!10/10/27

  1. 総合感想
  2. 2010/10/27(水) 22:38 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。