Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (10/09~10/15) 305時 3話 10/17


以下、10月17日付の日記です;
***

Win7への移行も、ようやっと落ち着いてきました。
いや、まだ揃ってないソフトとかもあるケドね;一応は日常生活に差し障りない程度にはってコトで;

今まで散々、Win7への文句ばっか垂れてましたが。
Win7になって良いトコも・・・・
・・・・無くは無い、と思うような思わないような。(どっちだよ)

唯一良かったと思えるのは、ガジェットでカレンダーとかアナログ時計とかを配置できるトコ位・・・かな。

つか、Win7ってさ・・・スピード早いように見せかけて、実はそうでもないトコあるんだよな・・・。
例えば、サイト見てる時に時々一瞬止まったりするのは何なのか。
特に長いページをスクロールしよーとするとほぼ確実に一瞬、動きが止まる。すぐに復活するけど、一々ウザイったらありゃしない。

キーボードの入力・変換も、何かちょっと反応悪いし。
特に長文を打ってる時の入力・変換の際に、僅かなタイムラグがあったり止まったりするんだよね;
コレが微妙に気持ちが悪いったらありゃしないですよ。

・・・・・・・・・・。
つか、結局Win7への文句垂れになってるし;
・・・何だかなぁぁあぁぁ・・・・。


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
ネ○ま、鋼鉄です。銀魂は休載です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆ネ○ま! 本誌46号分
※ちょっと意外な展開でした。

◆鋼鉄の華っ柱 本誌46号
※真道さんカッケェです!!

********************








◆ネ○ま! 305時間目 本誌46号

ココは普通に、
よくあるパターン(王道)の「ここは皆に任せて先に進もう!!」で、皆を置いてネギ達だけで先に進むのかと思いきや・・・・

まさか、ここでネギの「闇の暴走」が来るとは;
王道パターンから微妙に外してきましたね;
ちょっと驚きました。

この後の展開は・・戦いながら、暴走を止めるとか??
いや;ソレもムリっぽいしな;
じゃあ、闇の暴走のままにデュナミスさんを倒しちゃうとか?
・・・ってそんなパターンも無さげかな;
あの人、意外と隙が無いみたいだし。

あまり予測も出来ないし・・・
とりあえず先を見守るとしましょうか。



>アスナとのどかと千雨

戦場を皆に任せ、先に行こうとするネギ。
そのネギが連れて行こうとしてるキャラ達が、ナチュラルに現状のメインヒロイン筆頭達なトコにちょっと吹いた;(そんな場面じゃないんだが;)

道案内のアスナは納得できるが、のどかと千雨は何故なのか;
普通に「ココにいると危ない」で連れて行くのなら、アキラとか亜子も連れてかなきゃアレなトコじゃないのか?;(そりゃアキラも亜子の力で強化すれば、それなりに戦えそうだが;)
ネギが無意識のうちに、「大事なヒト」を連れて行こうとして、結果このメンツになった・・ってのは、穿った見方をしすぎだろうか;(明らかにしすぎです;)

イヤな大人になったもんだ・・;



>その他色々、箇条書き。

タカミチとクルトのターンがチラリと来ましたね。(嬉)
 高畑先生の本気の攻撃は、やはりケタ違いです;  

・ユエ、大活躍ですね。もう普通に鍵開けのスキル持ってね?
 のどかと一緒にトレジャーハンターやれる資質開花させてね??

・扉が空くと同時に攻撃してくるアーニャ・・・。
 恐らくは、フェイトの時もアスナと一緒に同じようなコトしたんだろーな;でも、全く効果無かったんだろーな;

そういや、この救出組の中でアーニャが親しんでいるのはユエ位だっけか。・・他は顔は知っててもそれほど親しくはなかったっけ。
 しかも小太郎は大人バージョンだし。

アスナニセモノの事実を知ってたのは、朝倉と小太郎だけだった様子。考えてみれば夏美は一般人だし、ユエは記憶喪失状態だし・・・まぁ、妥当ではあるのか;

・ああ・・・やはり、本物アスナは連れ去られた後でしたか。
 廊下で小太郎経ちがフェイトとすれ違った時にアスナがいなかったのは、既にアスナを「所定の場所」に連れて行った後であろうと思われるから・・・やはり、手遅れなのは間違い無い様子;つか、この後小太郎達はどうするんだろ;


以上。








◆鋼鉄の華っ柱 3話 本誌46号

小公女路線に行ったらどうしようかと思ってましたが。

・・・何か、思いの外・・・
それほどでもないカンジ??

いや、確かに小公女路線ではあるのだけど;

主人公が小公女みたくただ耐え忍ぶだけで終わるコトなく、
紳士的な行動を貫いて、相手に「コイツカッコイイかも」と思わせた上で(ココ重要)キッチリ仕返しをする所が大きいのか。

コレは、思ったより楽しめそうな雰囲気になってきたかもです。

つーか、ハッキリ言うと。

真道さん男前カッケェの一言に尽きるのですが。。

このカッコイイ真道が見られるなら、多少好みじゃない小公女路線でも、今後、普通に読んでいくコトが出来そうです。

ヤレヤレ。良かった良かった。



>元婚約者

今回、1コマだけ出ていた
婚約者(名前忘れた)さんが気になりますよ。

キャラデザも可愛いし、一発の捨てキャラとも思えない。
真道とのお別れのシーンもキレイに省かれてるトコが、逆に思わせぶり
真道がこんな男前なら、普通に惚れててもオカシクない。
しかも、婚約破棄のコトを聞いた朝涼のリアクションからしても、以前から「形式上の婚約者」だけではない何かがあったコトが伺えるし。

コレらの要素から考えると、
もしかしたら今後も出番あるかも??ですね。
むしろ、メインヒロインの可能性さえもある・・・かもですよ?


まぁ、真道とのお別れのシーンを省いたのは、

金持ちの社交界で散々バカにされる → Gで仕返し(笑)

の流れをキレイに描く為でもあるように思えなくもないケドね;



>真道というキャラを描くその手法

もらったタキシードを換金して「5千円になったラッキー」と言えるとは;

自分が貧乏になったコトをしっかり把握した上でのセリフだと思うと、真道というキャラの底知れなさが伺えてきますよ;

何しろ、今までの金持ち生活を一切切り捨てて、貧乏生活を受け入れる覚悟を、既に心の中で作り上げちゃってるのだから。
そんなの、相当に賢くないとムリだろ;;


つか・・・フト思ったケド。
コレ、西森先生のキャラ描写の凄さが現れてるシーンでもあるよね。

何というか、単に設定上で「頭がイイキャラ」を作るのは簡単だけど、
ソレを現実に近い描写で描くのはとても難しい
・・・みたいな?

なぜなら、ソレを作る作者が「頭がイイ人間はどういう行動をするか」という事をキッチリシュミレーションが出来ないとダメだから。(じゃなきゃ描けない)

このシーンを見る限り、西森先生はその辺の描写が凄い。

今回は他にも、真道の男前っぷりに周囲のキャラが引き込まれていく描写とかもあったケドさ。
改めてやっぱり流石としか言いようがないその手腕。

こんな西森先生の作品がまた毎週読めるようになるのは、幸せです。
例え、ちょっとばかし好みに合わなくとも;(笑)



>その他色々、箇条書き。

側山というキャラの浅ましさ。貧乏になった真道をあざ笑う金持ち連中。
 イヤラシイ人間の描写がとことんイヤラシイカンジになってますね;;
 こんな人間をコレでもかと描く先生を思うと・・先生、何かストレス溜まってないですか?と少々不安になりますよ;小○館のアレな編集者を相手にしてるからか?(爆)

金持ち連中の中に、K子様らしき人物がっっ!!!!
 あざ笑ったりする連中の輪に入ってなくてホッとしたよ;;;

真っ暗な森の中。しかもかなりすばしっこいGを、一緒にいた二人に気取られるコトなく手掴みで捕まえられる真道・・・凄すぎるだろ;色々な意味で;

・夏野が呼び止めたシーンは、健助が道士郎に「じゃあ僕が殿になろうか」と言ったシーンと似た意味があるモノではなかろうか?とちょっと思った。でも呼び止めただけで、アソコまで「責任とれよ」と言われるモノなのだろーか;とはちょっと思う;

夏野が呼び止めた時に振り返った真道の顔が描かれてないのは何故なのか。恐らくは元婚約者との別れを省いたのと同様で、意図的なモノだと思われるが・・・さて。

・どうでもイイが、爺やさんは今後もナチュラルに真道や夏野達についてくるのだろーか?;つか爺さん今までの稼ぎを貯蓄とかしてないのか?;あの金持ちな家に長年勤めててしかも独身なら、相当貯まってそうなもんだが、ソレで何とかならないのか?;爺さんにたかるのもアレなんだが;


以上。








――以上。


どうでもイイ話だけど。

バクマンに登場してた他雑誌「少年スリー」は、少年サンデーのもじりなのでしょうかね?(ホントにどうでもイイ話だな;)

いや、もしそうだとしたら、「スリー」の編集者がどういう風に描かれるのか、ちょっと興味があったりもするからさ。(悪趣味)

まぁ、絶対に悪いようには書かないとは思うが。
大人の事情的な意味で。(毒)


今回、ここまで;;10/11/02

  1. 総合感想
  2. 2010/11/02(火) 22:21 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。