Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (12/03~12/09) 380訓 237話 56話


ちょっとしたキッカケで知った、
「斬撃のレ○ンレイヴ」ってゲームが気になります。
もう、ずいぶん前に発売されたゲームらしいですが、中々に評判が良いらしくて。
リズム天国がクリアできたら、次はコレをやってみよーかと思ってますw

・・・で。
リズム天国の方は、現在絶賛パフェキャンラッシュ中;;

そろそろ、クリアできないゲームでパフェキャンが何回もぐるぐる回る状態になってきました;(=ほぼパフェキャン地獄;)
つか、
ま○じゅう2やリミ10がクリアできないのは予想内だったけど、
何故か、バッ○ィングショーがクリアできない状態にハマってます;

・・・ホント、何故なんだ・・・?;(爆)
前はあんなに普通に出来たのに・・・;
しかも、そんなんに限って、何回も何回もパフェキャン回ってくるし・・;
リミ9とかまだ1回もパフェキャン来てないのもあるのに;

何度やっても、
リズム天国パフェキャンラッシュのランダム選択は謎です;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
アニ銀、銀魂、鋼鉄です。ネ○まは休載です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 本誌1号分
※(ある程度の)見限り、決定しました。

◆銀魂アニメ 12月5日放送分
※まさか燃やすとは思わなかった;;;

◆鋼鉄の華っ柱 本誌1号
※子供時代の真道は素直っぽいな。

********************








◆銀魂 380訓 本誌1号

新八が、セーラー服着ちゃってるぅうううっっ!!!!?
しかも、三つ編みオサゲのオプション付き!?

更に、瓶底メガネ外したら、
普通に可愛い女子学生にしか見えないんですがっっ!!!(萌)

すっごい、凛々しい笑顔でありつつかわいらしい少女っぽく見えるんですがっっ!!!!(萌)

ちょwww
正直、今回の話については色々ツッコミたいコト一杯だったけど(爆)
この可愛いセーラーおさげな新八のオカゲで、一瞬、全部吹っ飛びましたがなっっ!!!


しかも、新八ってば、
設定が「凝り性の美術部」って何なのっ!?
他の、ゴリ子先生や野球サッカー部の女子は、行動とかがそのまんまお妙さんと神楽の性格反映しまくってたコトを考えると・・・
「凝り性の美術部」もやっぱり、ある程度新八の性格反映した設定なのかな!?って思いますがな!!!
金さんに直接暴力的なコトしないで、文化的に?平和的にwダメージ与えている辺り、新八の穏やかな性格反映しているってコトなんでしょーかね!!?(萌)

つか、新八不器用設定なのに、(ペット)ボトルシップなんか作れるのかっ!!?(今更;)

あと、コレがアニメになった時には、凝り性の美術部のトコの声が、どーなるのか凄い気になりますよwww
阪口さんなら女性っぽい声も出せるケド、声を出した時点で正体丸わかりだよねww・・・って、それは他の女性陣も同じか

――いやはや。
正直、先週までの展開には結構キレてましたが、
最後の最後で、ちょっとイイもん見せてもらいましたよ(笑)

で。
本筋の話については・・・まぁ、この後で。



>やっぱり、こんなもんかと。

さて、今回の長かった金魂話。

前回まで色々やってくれた金さんが、同じコトを銀さんにやりかえされ、更に、新八神楽がごめんなさいしたコトで、

強引にでも、パッとした見た目では、
決着は一応付いた・・・ように見えますね。
(新八達だけが土下座までして謝るなんて理不尽じゃね?とか色々ツッコミ所はあるものの;)


――けど。コレ。

この話のキッカケになった事案であり、本質的な問題を、

置き去りにしたまま終わってるよね;;;;


本質的な問題って、要するに、

シリアス長編になると、途端に銀さんの独壇場になり、
新八神楽が空気化してしまうこと
、ですよ。

・・・まぁ、この作品は銀さんが主人公だし?ある程度はそういう展開になるのも仕方ないんだけどね(笑)

――けど。
今回ばかりは、そういう「いつもと同じ」展開にしてイイ話じゃなかったハズですよね??

何しろ、この話の始まり自体が、
新八神楽が置き去りにされた=出番が少ないコト
がキッカケで始まったモノだった
のですから。

それなのに、実際にフタを開けてみれば・・・

相変わらずの銀さんの独壇場。
重要なシーン新八神楽以外のキャラが持っていき、
ようやく巡ってきた出番も、部外者が入り込んだ為に色々台無し
悪役化した金さんへのフォローが入ったかと思えば、新八達「だけ」が一方的に責任を取る形になり、
更には、最後の最後まで話の本質には触れないままの終了。


・・・コレは・・・

流石に酷すぎるにも程がある;;


最後の「銀魂」のネオンサインには、もう・・・
怒りや呆れを通り越して、諦めと脱力しか残らない。


今回の長編・・・
本当なら、いつも何かと置き去りになる新八神楽についての言及が、ある程度なされるべきだったし、ソレを期待してもいたのに・・
(例えば、新八神楽がある程度は話の中心になるとか、出番が無くなるコトについて言及したモノとかフォローを入れたモノであるとか。)

そんなもの、
結局最後まで、カケラも無かったですね。

更に、下手に女性陣を絡めた「女の泪」をページ数たっぷりで描いたオカゲで、この話そのものが何を描いてるのかもわからなくなって、空中分解しちゃってたし。


こうなると、もう・・・
期待外れもイイ所っつーか・・・

期待するだけムダだった。

って心境に至りたくもなりますよ(爆)



まぁ、敢えてちょっとはフォローするなら。
今回の話の場合に限っては、担当さんが、話の途中で骨折して入院してピンチヒッターで担当が一時変わってしまったコトも原因の一つなんじゃないかな?とも思えますがね(爆)


だってさ・・・いくらなんでも、
担当さんがある程度全体を通してネームを確認してれば、ここまで酷いコトにはならなかったんじゃないかな
、って思うんですよね;
よっぽどの無能編集さんでもないカギリ。
だってもう、話の筋も何も、完全に空中分解しちゃってんじゃんか。アレ。

あと、スケジュールがギリギリなのも、ネームを見直せない原因だろうし。

まぁ、ジャ○プ掲載作品にはよくある事って言ってしまえばソレまでなんですけどね;;
むしろ、ジャ○プ掲載作品にしてはよく頑張った方、と讃えるコトも出来るかもしれない(笑)



――と、まぁフォローを入れてはみたものの。
それで、今回の酷い話が覆せるワケでもないし。

更に言うなら。
ヘタに万事屋の絆をテーマっぽく据えちゃったオカゲで、
今後のあらゆる話で、いくら万事屋の絆を言葉にしたとしても、ソレはどうしたって、「絆」の後ろに(笑)が付くような程度の安っぽいモノにしか見えなくなってしまったよね。


新八神楽定春を空気にしといて、何が「万事屋の絆」だ(笑)ってカンジですよ。
マジで。


――とにもかくにも。


今回の話の酷さにより、
この作品を、見限るコトにしました。(ある程度)


・・・とはいえ;
やはり新八が好きな気持ちだけは変わらないので;

新八が何か萌えるコトをやってくれた場合のみ今まで通りの感想を書くコトにして;

それ以外の時は、簡易感想に切り替えようと思います。
(他作品の「鋼鉄」感想みたいなカンジで)



>その他色々、箇条書き。

・新しい新連載?もどき;;最初っからアクセル全開で下ネタをぶっ放しまくってます;;色々大丈夫か??コレ;;
 つか、内容が本気で酷過ぎるな・・・もはや病んでるレベルだ;;

何てツッコミ所の多い新連載なんだろう・・・;
 とりあえず、ネジの「ソレ」でイイなら、普通に他の人も「手術」すればイイだけのよーな気が・・・(コラ;)

ゴリ子=妙、野球部員=神楽として見ると、これらのムチャクチャな行動がすごく自然に見えてくる不思議(笑)

・一瞬でボトルシップに変える美術部員凄ぇwwwって思ったが、
 後々の展開を考えると、予め別物を用意してたと考える方が自然なんだよね;きっと裏で銀さん扮する時子ちゃんと色々やりとりしたんだろうと想像すると、ちょっと萌えるw

・たまさんの幻覚の助けだとしても、華奢な少女っぽい時子に化ける銀さん凄い力技だなwww他の3人は、ワリと素っぽかったのにwww
 特に新八なんか、めちゃくちゃ違和感ないしw

・どうでもイイけど、新八・・・瓶底メガネの下に、いつものメガネを装備してたんだろーか??ずっとメガネonメガネだったんだろーか?(笑)
 ・・・個人的にはメガネを付け替える描写が欲しかったなー(爆)

・最後の最後で、たまさんが逆洗脳装置搭載で復活。
 コレで、最初だけでその後一切、出番の無かったお登勢さん達の記憶も戻ってますね!!www(ヤケクソ気味に;)

・源外さんの言う「しばらくどこぞに行ってた~」って・・・あの場にいた4人が、しばらく記憶無くした状態でバラバラになってたってコト??
 まぁ、その辺の話まで描いたら、またちょっとした長編が出来るレベルの話になりそうだし、ごっそり省かれたんだろうね;;(爆)そりゃ私的には、新八の話を見たかったけど;・・たとえその辺の話を書いたとしても、お妙さんや銀さんの描写はたっぷりあっても、新八神楽については多分ほぼ数コマ程度しか描かれないだろうからね;それならいっそ全部省かれてて正解かもね(爆)

新八神楽が土下座て;ちょ;;;流石に土下座までさせるなんてやりすぎじゃね??そりゃ確かに、今回の騒動のキッカケの1つではあったけどさ;ぶっちゃけ、金時を作ったの源外さんだし、新八神楽はソレを手伝ってるウチにちょっと悪ノリしちゃっただけなのにさ・・・。つか、そもそもの原因(新八神楽が空気化してるコト)を捨て置きながら新八神楽だけ責任を取らされるって・・・色々酷すぎるにも程があるだろ;;マジで;

・そもそも、金さんがこういう暴走に至る経緯って何だったんだろうな・・・。新八達に改造されてる間に心が芽生えた的なアレだと思ってたのだけど何かそんな描写はカケラも無いし;;
 ・・・結局最後まで、その辺りが明かされなかったな・・・。

「己の魂に刻むべき仲間を絆を持った~」って言ってる状態が、既にたまさん言う所の「銀色に染まってる」状態なんだろうな。
 ぶっちゃえ、今回の茶番な長編でソレを言われても正直、白けた目でしか見れないケド(爆)

最後のコマに定春いたぁあぁっ!!!!
 ・・・おいおい;;「銀さんが陽動」って結局何だったんだよ;
 せめて前回、新八神楽の元に駆け付けるのがお妙さんじゃなく定春だったのなら、まだ「銀さんが陽動」なのも筋が通ってたのに・・・お妙さんの出張りのせいで話がムチャクチャだよ・・

今回の長編は、ホント、色々酷かったな;;
 今思うと、さっちゃんを定春含めた万事屋で助けた後に三人で金さんと戦う、って展開の方がよっぽどマシっぽかったよね。あの時は、「コレで記憶アッサリ戻っちゃうのかよ!!」ってツッコんじゃっだけど;
 ・・・だってまさか、話が長引くコトで新八神楽の扱いが余計に酷いコトになるなんて予想もつかなかったもの;不可抗力ですよ、と言ってみる。


以上。


◇以下、ちょっと愚痴

・・・ホントはさ??
新八好きな気持ちだけは変わらないし。
できれば、今まで通りの本誌感想書きをやっていきたいと思ってたんだけどね;;
だけど本編があんな調子じゃ、今後も新八の活躍には、とてもじゃないけど期待なんて持てそうにないですからね・・・;
6股編以降の、ここ最近の過剰な銀さん持ち上げ&ヒロイン推しにも辟易してるのもあるし。

あと、個人的に、新八が活躍しそうな伏線として、
新八の父親の件(キーマン発言)を楽しみにしてたのですが・・・
今回の話運びを見る限りでは、正直、その話にも、もうあまり期待できなさそうですしね・・・;
(せいぜいが新八は序盤のキッカケ程度で、後はほぼ、銀さんメイン&時々お妙さんになる話しか、今はもう予想できない;)

今から思うと、マトモに新八が戦う場面がある柳生編(お通ファンクラブ編もか?剣の戦いではないけど;)奇跡だったんだなーと思わざるを得ないですよ(笑)
今にして思えば、四天王編ですら、戦う場面は数コマだったしね;

結局は、
どうあがいても新八な扱いのままなんだろうな・・・。(諦)


以上。








◆銀魂’ アニメ 237話 12月5日放送分

何か今回、ビミョーに「間」が悪かったよーな気が;

普通、原作3話をアニメ2話にする時は、ちょうど良い塩梅になるコトが多いんだがなぁ・・・;
今回作画もビミョウだったし、来週に力入れてるとかか??
だったらイイんだけど・・


>その他色々、箇条書き。

・まさかの実写化って、さすがにもう騙されないよ!!!wwって思ってたら、新八の「わぁ~すごいや」の言い方がものすっごい投げやり和んだwwもうツッコむ気力もないカンジがイイよ!!ww

「カイエーン」でスタッフはしゃいでたんだwww
 そしてやっぱり、「カイエーン」で予算無くなってるんだ;;でも、この万事屋の紙セットを作るのも、ムダに手が込んで大変な気がするんだが・・;;

万事屋セット燃やしおったwwwしかもよく見たら、直前まで置いてあったキ○肉マン人形がしっかり取り除かれてて細かいwww

新八の「ギャ~!!」にエコーがかかってるのがイイカンジ♪

ちゃんと消化されてるwww
 しかも、よく見たら消化してる人の影が映りこんでる!!!

よく見たら、ネオアーム(ryの玉の1つが、遠目で動いてるのなw
 細けぇwww

神楽と沖田さんのケンカシーンは、流石のアニメクオリティですね!
 よー動いてるww
 だがしかし;新八が「まぁまぁ」って落ち着かせよーとしてる場面はアニメクオリティ発動しなかったか・・・(無念)

リフトの場面で、新八も怯えて震えてるよーに見えるんだがww
 もしかして、姉が蹴ってる相手が将軍だというコトに気づいて怯えてる、とかだったりするのか?だとしたら可愛いんだがww(爆)

・お、将軍がぶつかる前からちゃんと銀さんだ。(謎の感動)

流石に、前○腺はピー音入ったかwwwつーか、銀さんのブレーキの紹介の仕方が、「説明しよう!」とか言って突然便利機能を説明しだすアレに似てるんだけど!;(←上手く言葉にできない;)

・お妙さん・・・颯爽と滑ってるけど;その足元に新八を敷いてるのだと思うと・・新八が不憫でならないんですけど・・;;

銀さんがお妙さん見つめてる時間、長!!
 原作にンなシーン無かったのに長っ!!!

・お妙さんが来たと思ってたら、新八の声がどこからか聞こえてきて銀さんもビックリしただろーなww
 ・・・ああ、その為のあの長めの見つめ時間か(納得)

新八、よくあの状態でしゃべるコトが出来るなぁ;

お妙さんがメガネを持ってる時、新八がメガネをはずした状態だったかがアニメで見えるかな?と思ったけど、そんなコトは無かったぜ!;

声が付いたら、副長の壊れっぷりが原作以上に見えるww
 声の力、ハンパねぇwww(爆)

アニメの雪玉の2人の表現凄ぇええ!!こう来たかっ!!!
 つか、何で雪玉が闇に包まれてるんだよ、こえーよ!!www
 更に、何で桂さんが出て来たら雪玉が光り輝いて闇が晴れるんだよ、わけがわからないよww(爆)

・前○腺ブレーキの後に、再び雪玉が真っ黒になる所が色々とわかりやすくてイイなww

・改めて見たら、新八のスキーウェア、上下の色が揃ってますね。
 原作よりこっちのデザインのが好みです♪

・新八が山に向かって叫ぶ場面・・・新八の声でやまびことか期待してたけど無かったな・・・。ちょっと残念;

たき火の所にいる新八の位置に違和感があるなと思ったら・・・よく見たら、原作でこの位置にいるの、沖田さんじゃないか!!;;
 アニメ、思いっきり色指定間違ってるぅううぅ!!!;;着てる服が似てる上に後ろ姿も似てるから、間違っちゃったんだろうな;;

相談が終わった頃に、新八がトコトコ歩いて戻ってきてる!(萌)
 土方さんが立ち上がったのも、戻ってきた新八にタイミング合わせてるっぽく見えて何かイイなw

・新八と土方さんが話すと、マトモな二人の組み合わせだから、普通にちゃんとした会話になるね(笑)

土方さんのアニオリのモノローグ&谷底に落ちていく桂さんで、今回の話はシメの模様;今回は、話の途中であまりうまく区切れなかったのかな(爆)


以上;








◆鋼鉄の華っ柱 56話 本誌1号

まだ子供らしさが残ってる真道って新鮮だな・・(笑)

・おお!!夏野が真道を普通に負かしてる!w
 普段、やられっぱなしのトコしか見てないからコレも新鮮だな!!
 つか今回、ずっと見たかったモノがようやく見れたような気持ちですよ!!(どんだけだよ;;)

・夏野にボロ負けしてる真道。今まで何不自由なく、何でもできると思って生きてきた真道にとっては、初めての敗北だっただろうと思われます。・・そりゃ、こんな経験を子供の頃にしてたら、高校生になっても夏野に対して他と少し違う態度になったりするわな。(納得)

夏野が強くなかったら真道は身体を鍛えるコトもなく、恐らくは普通に大河に負けてたコトを思うと、夏野の存在が真道にとってどれだけ大きかったかが想像つきますね。

・ううむ;パッと見た目、夏野がイジメっ子みたく見えるな;;
 本人は、そこまでするツモリは全く無いっぽいし、この頃から根はイイヤツな所も垣間見えてるんだが・・・;

・朝涼の「七夕というヤツか」という言葉からして、彼女らがそういう季節イベントとかを余りやらなかったっぽいコトが伺えます。
 佳賀姉弟が一般常識に色々と疎いのは、金持ちの家で育ったからと思ってたけど・・・どうもそれだけでもない様子ですね;;この年まで、どんな育ち方したんだろ;;修行漬けか??

飛んできた短冊に書いてる言葉は、「遊び仲間」とかかな?
 「仲間」の文字しか見えないから柱横の文字からの推測ですが。

真道にボロ負けした真道は、きっと内心メチャクチャ悔しがってるんだろーな;;顔には決して出さないけど「このクソゴリラ」位は思ってそーだ;・・そんな内心が、「誰でもゴリラを倒せる」って本を読んでる辺りからも伺えてきますよ(笑)


以上;








――以上。


銀魂感想関連について。

上の感想で書いたように、
本誌感想においては一定の見限りをつけるコトにしましたが。

一応、アニメはその範囲ではありません;

何しろ、銀アニは、原作からの補完や化けっぷり、アニメによる補正??が物凄いですからね。
(あの原作からよくここまで、ってレベルのモノですからね;;普通、マンガを原作にしたら大方は劣化するモノなのに、アニ銀については完全に、良い方向に化けますからね;;)

普通に見限ってしまうには、惜しいのですよ。

あとやっぱり、どうしたって阪口ボイスの新八には、何者にもかえがたい魅力がありますからねっ!!!
新八好き&阪口好きな自分にとって、アニメ新八は至高の奇跡ww

だがしかし;;
そのアニメもストックが残り少なく、しかも、そのストックにおいて新八の出番はどの話も少なめ・・・というジレンマはありますが;;
金魂編とか期待してたのにアレだもんな・・・(*タメイキ*)

・・・結局、アニ銀の感想の方も、控えめになってくかもですね;

つーか、もし新八の声が阪口さんじゃなかったら、いくらアニ銀の出来が良くても、アニメの方も簡易感想に切り替えてたかもだなぁ;(笑)
阪口さんの力は偉大だ・・・っ!!(私の中で;)


今回、ここまで;;11/12/11

  1. 総合感想
  2. 2011/12/11(日) 22:09 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。