Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (01/28~02/03) 386訓 244話 351時 62話


斬撃のレ○ンレイヴ・・・
まだまだ操作に慣れない感はあるケド;
コレ、自分の思うように動かせたら、物凄い楽しいゲームになるかもしれません(爆)

――だがしかし。

斬撃のレギ○レイヴって名前から、どうしても「斬撃のドラグスレイヴ」ってのを連想してしまってしょーがないです(笑)
いや、「レイヴ」って言葉の響きが似てるだけなんだけどね??;
しかもドラグスレイブの方は「ヴ」じゃなくて「ブ」なんだけどね?;

・・・も、いっそコレ、派生ゲームとして
斬撃のドラグスレイヴとして出てくんないないかなー(笑)

巨人族→レッサーデーモン等に置き換えると、敵の群れに襲われる村とか、キャーキャー騒ぐ村人を背景に戦う所とかが、スレイヤーズシチュエーションと思えなくもないし(笑)

その場合、リナがフレイヤ、ガウリイがフレイな立ち位置で・・・
・・・いや。いっそ二人の子供か子孫が主役とかもアリか(笑)
あくまで「斬撃のドラグスレイヴ」であって「スレイヤーズ」ではない的なカンジで(笑)
魔法を繰り出す杖の代わりに、結晶集めて魔法を覚えるようなカンジにするとか(笑)で、最終魔法がドラグスレイヴ(笑)

・・・・・うん。

妄想だけは自由だね;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
アニ銀、銀魂、ネ○ま、鋼鉄です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 本誌9号分
※新八神楽の情報収集能力は異常。

◆銀魂アニメ 1月30日放送分
※アレ??アニメ、3話編成じゃないのか??

◆ネ○ま! 本誌9号分
※ちょ;;;ガチで終わりそう;;;

◆鋼鉄の華っ柱 本誌9号
※回想編、まだ続きそうだね。

********************








◆銀魂 386訓 本誌9号

まさか、日輪さんがこんな風に銀さんにイジられる日が来るとは;そして、そのイジりにお茶ぶっかけで返す日輪さんも中々のモノですね;

銀さんの新八神楽への「お前らも立派に救世した~」って言葉。
 銀さんが新八神楽のコトを忘れずにそれなりに気にかけてる感があってちょっと萌えた。まぁ、言葉だけな上に取ってつけた感はあるケド(毒)、

築地のマグロのシーンは、アニメで見たら面白い演出になりそうですね(笑)まぁ、残念ながら、多分もう見れなくなるんだろーが;(爆)

聞き込みの場面を最初、銀さん視点だとばかり思って読んでたもんだから・・・久々に出た武蔵っぽい人の「わしはお前さんと一発~」の下りにちょっと仰天したよ(笑)月詠さん視点と知って納得したが(笑)

銀さんと月詠さんの言い合いを窘め、二人の照れ隠し的発言にツッコミを入れる新八は、安定の気遣い&ツッコミっぷりですね。

新八神楽と百華の人達は、各々がほぼ同時に同じ情報に辿り着いたみたいだけど・・・大勢いる百華と同じ情報を掴んでくる新八神楽の情報能力、ハンパ無いな。・・すっかり聞き込み上手になっちゃって;;
 もう長編の前半では、ソレくらいしか活躍の場、無いもんなぁ・・・

皆を代表しての説明役な新八君。この後、話がどう転ぶか長編になるか?はわからないケド・・・多分、コレで新八のマトモな出番は終わりなんだろうな・・・。(←すっかりネガティブになってる;)


以上。








◆銀魂’ アニメ 244話 1月30日放送分

・お??冒頭からイキナリ紙飛行機??
 コレ、バラガキ編のラストのアレに続くって演出でしょうか。

「どほう」って何でそんなヘンな呼び方?と思ったが。
 よく考えたら、原作通りの「どかた」だと、思いっきり放送禁止用語に引っかかるから変えたみたいですね;・・・世知辛い。

・山崎さん・・・特にコレといって特別なモンでもないのに、この出番に妙に癒されるのは何故なんだろう・・・。
 あ、どことなくしゃべってる内容が新八っぽいからか!(おい;)

鉄之助、グラサンが取れた途端に声まで変わったぁぁっっ!!
 何か爽やかなカンジになったよっ!!ビックリだよっ!(笑)

道場の照明が、体育館っぽくなってるwww
 蛍光灯なのに、体育館のライトっぽい光になってるwww

山崎さんのスクリューキックが原作より凄くなってる!!!
 あと、背景で山崎さんが言ってるセリフ、ほとんど聞き取れなくて残念;;

・おや??原作2話目の途中で終わった??バラガキ編は原作6話だからアニメ3話で行くと思ったんだが・・意外に丁寧にやるのかな。・・つか、どうせなら、四天王編もこれ位丁寧にやってもらいたかったよ(泣)折角の新八の活躍の機会が・・・あんなコトになっちゃってたもんな・・・四天王編をコレ位丁寧にやってたら、アニオリでの動く新八の戦闘シーンも見れたかもしれないと思うと・・・未だに悔しさと怒りが沸いてくるよ(泣)しかも今後もう一切、マトモな新八の活躍の機会は巡って来そうにないコトを思うと、余計に・・・(泣)


以上。








◆ネ○ま! 351話 本誌9号

・ちょ;;;見開きでの生徒名簿(書き足し多数)って;;もう確実に最終回に向かって突っ走ってる状態なの、隠すツモリ無いカンジになっちゃってるじゃんっっ!!!しかも話の展開とか、見た目、完全に打ち切り間際で展開急いでる風にしか見えないしっ!!!;(爆)

書き足してる部分は、連載終了予定じゃなかったら、やろうと思ってた話なんだろうな・・・;つか、意外と色々設定残してたのにもちょっと驚いた(爆)亜子の背中の傷みたいなハッキリした伏線から、楓の実家についてとか何やら気になるような話もあるし;;;
 ・・・一体何があったんだろうな;;

・ちなみに、美空の欄には「神父さんの正体」とか「ココネさんのパートナー」位しか書かれてないコトからして、連載が続いても、美空についてはあまりツッコまれなかっただろうな、と思われ;(泣)

美空のトコに書いてある「答えを考えること」って・・・アレかな。
 神父騒動の時に「好きな子」についてどうのこうの言ってたアレのコトなのかな。(記憶曖昧;)

魔界って、金星だったんだ;魔法界が火星を地にしてるから、魔界もまた同じように地にしてる土地があったってコトなのですね;;

・明日菜とネギの会話の場面・・・いかにも打ち切りの為で詰め込められなかった設定話を、ダイジェストにしてるっぽく見えてしょうがない;
 九つ目の魔法とか、これからもお父さんを探すとか;
 ちょっと本気で、すぐにでも終わりそうな展開なんだけどコレ;;;

・ラカンさん・・・せっかく現実世界に来てたのに、ロクに出番が無かったなぁ・・・;


以上;








◆鋼鉄の華っ柱 62話 本誌9号

蘭子の部屋に、外から鎖で鍵とな;;;増々、遠霧家の異常性が明らかになってきましたよ;;つか、部屋から出たのがバレて出られなくしたのか、元から早朝はそうしてたのか、どっちなんだろ;

鉄の鎖を切る、鋼鉄の鋸、か。
 「鋼鉄の華っ柱」のタイトルっぽいアイテムが来ましたね。

部屋に転がるビー玉を見るお婆さん(お付きの人?)の目がマジ怖い;完全に閉ざされた狂気の世界に入り浸ってる人の目っぽい;(笑)

・遊びに来てるのがバレて乗り込んできたのは、最初の日に会った男の人だったか。もっと正式な抗議が来ると思ってたから意外だ;
 来週以降、どうなるのかな。・・・しばらく鬱展開かな;


以上。








――以上。


ううむ;;
ネ○ま、終わりそうかな?とは思ってたが・・・
どうもこの様子だと、
予想よりずっと早く、終わっちゃいそうだなぁ;;

終わりそう終わりそう、とか言いながらも、何だかんだでまだ最低半年以上は続くかと思ってたんだが・・・;
この様子だと、いっそ鋼鉄の方が長続きしそうに思えてきたよ;
どうなるんだろう。ネ○ま;

つか、コレらの作品が二つとも終わったら、感想書きが銀魂だけになっちゃうんだよなぁ;
あと、アニ銀の方も、ストック無いから多分間違いなく終わるであろうコトを考えると・・・

・・・結構、感想書き、寂しいコトになっちゃうかもだね;;
アニ銀が終わる頃には、P4アニメも終わってるだろうし;

・・・・・・・ま、
終わったら終わったで、別のコトをやればイイだけか;(前向き?)


今回、ここまで;;12/02/05

  1. 総合感想
  2. 2012/02/05(日) 21:54 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。