Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

総合感想 (07/07~07/13) 406訓 82話


meroは、とりあえず・・・
メロパが消えて無くなる9月末頃まで、
まだ育ててなかった最後の種類を育てるコトにしました。

出来るだけギリギリまで続けようかと。

毎日メロシーして下さってた方々が、ポツポツといなくなってるのが・・・仕方ないコトなんだけど、やはりさびしいモノで;

つか、私もいつ止めるコトになるかわからないしね;;
そろそろ外国語習いに行くし、色々準備も始めないとだしで忙しくなるだろうからねぇ;


閑話休題;


では以下。
今週分の作品の感想です。

今回のラインナップは、
銀魂、鋼鉄です。

「続きを読む」より以降にて。
(ラベルリンク付いてます)


※ 注意 ※
この総合感想は、まれに腐ったBLネタな発言が不意に出てくる事があります。

BL・腐女子の意味がわからないor苦手&嫌いな方は、ご注意ください。
とはいえそんなネタばかりでもないので、逆にそっちを期待されても、多分期待ハズレになると思いますが;

尚、この先を読んで不快な気持になったとしても、こちらで責任はとれませんので。
・・あしからず。


********************

◆該当記事に直接飛ぶラベルリンク◆

◆銀魂本誌 本誌32号分
※凄かった。今週とても凄かった!!予想超えてきた!

◆鋼鉄の華っ柱 本誌32号
※綾音さんの言動が・・・何故かちょっと懐かしかったよ・・・。

********************








◆銀魂 406訓 本誌32号

・・・凄い。
参りました。スイマセン。
色々想像も予想も越えちゃってました。ゴメンナサイ。

まさか、尾美兄さんがあの時点で、もう操られてたなんて、想いもよらなかったですよ・・・!!
つか前回のあの時って・・・新八の声で元に戻ったんじゃなくて、機械の半身が新八を前にして演技してたんだね・・・。
(あのシーンで新八との絆に萌えてたのに、実は違ってました、ってのは流石にちょっとショックだよ;)

他にも、
銀さんが攻撃したのは、新八に殺気が向けられたからだったとか!
あの銀さんが!!新八達の為に土下座まで!!してたとか!
銀さんが、実は一番尾美兄さんを諦めてなかったとか!!
新八達を遠ざける為に、何も言わずに嫌われ役になってたとか!!
新八達を尾美さんに傷つけさせたくなかったとかっっ!!!


何かもう、色々越えちゃってる要素がありすぎてどうしたらイイかわかんない状態ですよっ!!混乱状態ですよっ!



>思いっきり予想外でした

つか;前回の私の理解でちょっと正解に掠ってたの、
「兄貴分の心意気を護る」って所だけじゃねーか;恥ずかしい;
(しかも言葉的には同じでも使い所がビミョーに違ってるし;)

まぁ・・言われてみればさ?;
「涙を見せない」コトを説いてた尾美さんがしんみりした空気を醸し出して涙を見せそうになってたのは、らしくないと言えばらしくなかったのかもしれないけど・・・。涙を見せない尾美さんが涙を見せそうになる位の悲しい決意をした、その表れだと思っちゃったからさ・・・。(爆)
あと、覚悟してるハズの尾美さんが、銀さんの攻撃食らった後にアッサリ逃げたのにも「アレ?」とはなったけどさ。
(もしホントに覚悟してるなら、逃げるのおかしくね?ってさ。)

・・・ううむ;新八も冷静なら、そのコトに気づいたかもしれないが・・・ぶっちゃけ、目の前で慕ってる人が慕ってる人を攻撃したとあっては・・・そんな冷静でいられる訳がない(=気づく訳がない)しなぁ;
いかに、四天王編を乗り越えて強固な絆を持っていたとしても、ね;



>身近なのに気付かなかった

今回の話・・・コレ、さ・・・;
この展開だと、新八もお妙さんも、昔馴染みであるにも関わらず、機械の半身に操られてる尾美兄さんに全く気付かなかったってコトになるよね・・・;
しかも、もしかしたら最初っから操られてた可能性あったしコレ;;

・・・いくら兄貴分としての同調はあったとはいえ・・・
初対面の銀さんはその存在に気づいてたコトを考えると・・・;
何かこう・・・何かさぁ・・・;
銀さんが凄すぎて、新八達が情けなく見えてくるんだよな・・・;(泣)

いや、まぁ;;もしかしたらこういうのは案外、昔馴染みも初対面の方が客観的に見れるだけ違和感に気づきやすいのかもしれないケドね!?(フォロー;)

・・・ううむぅ・・・;
こうなってくると、新八には、どっかで挽回してもらいたい所だけど・・・;(例えば、尾美さんの機械部分に新八がトドメ刺すとか)
「てめーの尻もふけねえ・・」の下りは、これから先新八が何かしらをする、という伏線セリフに見えなくもないケド・・・

・・・まぁ、ムリだろうな・・・;この作品だしなぁ・・・(爆)

・・・やっぱ、あまり派手な活躍には期待しないでおきましょうか・・・;

とりあえず、今回のエピソードが近年稀にみる良さであるコトには変わりないしね!!w(新八の登場が多い私的萌えポイントを差し引いてもw)



>その他色々、箇条書き。

新八が銀さんの腰にしがみついて・・・っ!!がふっ(吐血)
 止めに入ってる新八、健気萌えっっ!!!!

・あ、湯船から出てきた新八にメガネが生えてる。(爆)
 やはり、新八=メガネの認識は強いんだな・・・。時々、こーやって裸眼状態なハズの新八のメガネ描いちゃってるコトありますよね・・・;

・うわわわわっ!!!新八が!!あの新八がっ!!銀さんを凄い目で睨み付けてるっ!!更には殴りかかってるっ!!!いいぞもっとやr・・じゃない、こんな反抗的な新八、滅多に見れないよっ!?凄!

殴りかかった新八が、片腕一本で返り討ちに遭ってる・・・;;わかっちゃいるけど、やっぱ新八と銀さんの力量差はハンパ無いんだな;全力を片手で完全にあしらえるレベルの違いだもの;;圧倒的すぎる;;

・つか、銀さんが新八をあしらってる場面ってさ。最初は湯船に放り込んでるし、次は壁じゃなくて木に押し付けてる。木が折れたりもしていない。・・・アレ、必要最小限の力に抑えてるからだよね!?;新八を傷つけないように細心の注意、払ってるよねっ!?どんだけ新八を大事に扱ってるんだよっ!?って話ですよっっ!!!(落ち着け;)

「鼻毛出てる」って・・!!しかも涙目で・・・っ!!(萌)この緊迫シーンでこういうセリフが出てくる所が、この作品の良い所だよね!!wwつーか、銀さんの鼻毛って多分銀色だよね。新八もよく気付けるよね;どんだけよく見てるんだww

神楽が、凄い心配そうにしてますね・・・。万事屋が・・・銀さんと新八があんなギスギスしてたら、そりゃしょうがないよな・・;

・尾美兄さん・・・思った以上に、機械に乗っ取られてたのな・・・。
 私的には、道場に戻ってきた時の様子だけは、演技ではなかったと思いたいんだけど・・・どうなんだろうな・・・。

新八の目が死んでる・・・;;うわもう新八の心情を考えると色々と切なくてたまらないよっ!!!つかこのシーン(今回のシリーズ全体もだけど)、凄いアニメで見たいなぁ!!阪口さんの名演技がむちゃくちゃ映えそうだよっっ!!先週のプ○キュアの○ップも凄い演技だったしっ!!(おい;)

神楽が抜け出そうとしてる穴は、以前紅桜編の後日談で山崎さんが抜け出した穴なんだろーか?アレがいつまでもそのままって・・・;志村家のセキュリティ大丈夫か?;(爆)

・ちょ、沖田さん;;銀さんが土下座してる所、しっかり写メ撮ってたのか;;何という容赦のないドSっぷりなんだ;;

・銀さん・・・新八には誤解を招くような発言や行動をあんだけしといて、自分は尾美兄さんを取り戻しに行こうとするなんて・・・もう、どんだけ新八達のコトを大事にしt(シツコイ;)

・何かもう、この話、この先どうなるんだろうなホントっ!!!読めなくなってきましたよっ!!!主に新八の活躍的な意味で!!(爆)
つか前回は、今回でスパッと終われば良い話になると思ったケド・・・この引きだと、まだまだ良い終わり際は続きそうな雰囲気だし・・・まだどうなるかわかりませんね;;いや、新八の活躍シーンを含むのなら、いつもみたくグダグダレベルに長くなっても全然かまわないんですがねっ!!??(私的欲求に忠実な発言;)


以上。








◆鋼鉄の華っ柱 82話 本誌32号

・フム。やっぱり真道は、一旦は動くのを渋ったか。
 蘭子はもう大人だから、って言い分は間違ってはいないが・・・。
 ・・・朝涼が頑張らなきゃ動かなかっただろうな・・・コレ;

あの鋼鉄のノコギリ、お守りにしてたんだ。
 つか思い出のモノを前にした蘭子の照れた動き、可愛いなw

綾音さん強ぇ!!ちょっとエリタンを思い出すような言動だよ彼女!!
 健助に出会わなかったエリタンの未来、ってカンジか?(爆)

前回の言動と傷からして、六郎は間違いなく鬼だったよね。
 蘭子も多分、そのコトには気づいたと思う・・・んだが。
 それにしても六郎は、何でまら蘭子に媚びるような言動してるんだろ。不気味だ;

蘭子と綾音の組み合わせ、可愛いなw
 ちょっとエリタンとミヨッペの組み合わせ思い出す・・・よ・・・。(泣)


以上。








――以上。


実家の愛犬が亡くなっておおよそ一週間。
私は忘れてたんだけど(爆)
亡くなった日は、犬が家に来た日のちょうど翌日だったそうな。
・・・ちょうど、丸々13年ジャスト、家にいた計算になるそうな。

・・・実家の愛犬には
色々な意味で実家を護ってもらってた所もあるので・・・

・・・本当に、感謝しているのですよ。
今まで実家を守ってくれて、ありがとう。ってね。


今回ここまで。12/07/15

  1. 総合感想
  2. 2012/07/15(日) 22:21 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。