Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

『道士郎補完計画』勃発

いや、実は今、感想文書いてる真っ最中なんですけどね。77話の。

その中で、なかなか気に入ったカンジの補完話が書けたので、感想文よりも先にUPしてみます。

感想そのものは――
もうこうなったら、やってやるっ!!!
どんなに長くなっても遅くなっても、書きたいコトを全部書いてやるっ!!!

って気概で書いてますので・・・(汗)
ヘタしたら、火曜日の夜どころか、日付変更で水曜になってしまうかもしれません。申し訳ないです(汗)

では、補完話は、
『続きを読む』より以降にて。
(注:これは、正式な77話の感想文ではありません。)



(以下、書きかけの感想文より抜粋)――


――私は、『道士郎でござる』において、健助と道士郎が携帯電話を持たない、というのは一つの大きな伏線だと思っています。

なんつーか。
今、世間様では、携帯電話は人と人を繋ぐモノであり絆であるように言われています。(実際、「携帯電話を無くすと、友達を何人か無くす」と言ってた芸能人とかもいましたし(笑)。)

でも本来――携帯電話は便利な機械ではあっても、絆の代りになるべきものではない・・・というか。本来の人と人との繋がりは、携帯電話に収束されるような生易しいモノじゃないと、西森先生は考えたのではないでしょうか。
そしてそれを、健助と道士郎の関係で表そうとしたのでは?と思うのです。

つまり。
道士郎と健助の絆は――きっと、携帯電話一つで繋がったり切れたりするような生易しいモノじゃない、というコトを、健助と道士郎が携帯電話を持たないコトで、表そうとしていたんじゃなかろうか?
――と、私は考えたのです。

だから、今回のこの健助殿の拉致の話も。
丁寧に描いていれば、この携帯電話伏線が出てきたと思うんですよね

以下、想像。


――健助殿が、拉致された。

健助からの連絡が途絶えた佐東は、すぐにその事実を仲間達に伝えた。
警察にも連絡を入れる佐東。
しかし、健助が携帯を持っていれば、位置を特定できるが――持っていないから出来ない。捜すしかない。
――そう、警察に言われる。

佐東からの連絡を聞いた道士郎は街に出る。健助殿を捜して。
そして、道を走る車を見つける。
勘なのか絆の力か。何かわからないけど。
道士郎は、その車に健助殿が乗っていると直感する。

道士郎は走る。車の後を追って。
突然の道士郎の行動に、唖然とする皆。
ただ一人。早乙女は、確信する。
「大丈夫だ。
――道士郎が、健助を見つけた。」
「・・・任せていいのか?」
問う神野。
「ああ。オレは、あいつを――あいつらを、知っている。」
静かに笑って、早乙女は言う。

車の跡を追う道士郎。
だが、やはり車のスピードには敵わない。
車を見失う道士郎。
辺りはすでに、賑わった所からはかけ離れた場所。
健助を連れて行った連中が隠れられそうな所は、たくさんある。

しばし、辺りを捜索する道士郎。
やがて突然、何かに弾かれたように、一つの方向に向かって走り出す。
それはちょうど、健助が気絶から目覚めた瞬間だった。

一つの建物に迷い無く近寄る道士郎。
男たちに囲まれている健助を発見する。隠れている栗山の存在にも気付く。
道士郎は、すっかり油断している彼らの隙をついて建物に忍び込み、気配を消して彼らの死角に入り込む。
――そして。

以下、本編へ続く(笑)


――(抜粋、終わり。)

・・・みたいな話を書いてみました(笑)
名付けて、
「道士郎補完計画◇ござる77編」と言った所でしょうか?(笑)

・・・感想書いてる途中に思いついた文章を書いてみたのですが――
コレがけっこう、気に入ってしまいまして。

感想の長文の中に埋もれさせるのがちょっともったいない気がしたので、抜粋形式として、別でUPしてみました。

ちなみに。
作中にどう考えてもまだ入院中なハズの早乙女と神野が出ていますが。
二人とも、ケガは完治してないけど退院はしてるって設定で(汗)
・・・そ、そのツッコミは無しの方向でお願いします(滝汗)

あと。
この話は、私が適当に書いた補完話ですが、もし気に入っていただけたのならば、自由な転載&利用をOKとします。
つまり、早い話――この話を元に小説を書いてもいいですし、マンガやイラストを書いてもOKです。ていうか、ぶっちゃけ誰か書いてください。(爆)
教えて下されば、喜んで見に行きますので(笑)



・・・では、お粗末さまでした(汗)

  1. 道士郎でござる・感想
  2. 2005/12/19(月) 01:00 | 
  3. コメント:2 | 

  

コメント

入院・・・って突っ込むとこだった
打ち切りじゃなければ、この話に3,4週間くらいかけれたのに

この漫画は探せばいろんなテーマが見つかるよね・・・
人を信じきる勇気
理不尽な力に屈しない勇気
屈しても大切なものだけは守り通す勇気
勇気ばっかだな^v^;

感想のログ読んだけど面白いですね
残り二話のも楽しみにしてます^v^

  1. ゆう [
  2. URL ] 
  3. 2005/12/19(月) 04:21
  4.  【 編集 】

レス

レスが遅れて、すいませんでした。

あの長文感想を、読んでいただけましたか!
そ・・それは、お疲れ様でした(汗)長かったですよね(汗)
読んでいただけた上に面白いとまで言っていただけるとは。ありがたいです。ありがとうございます。

勇気・・・。
なるほど、そういうテーマもあるかもですね。
道士郎は、奥が深いですね。

それではー。

  1. マグロマナティ [
  2. URL ] 
  3. 2005/12/21(水) 04:12
  4.  【 編集 】

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。