Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

道士郎でござる・再開要望のススメ

『道士郎でござる』の「次回最終回」が決定して、
メリーなクリスマス所じゃない程、鬱になっている人々に贈ります。


◇『道士郎でござる』の終了について
 異議を唱えたい場合に出来そうな事のリスト◇


 1.ハガキのアンケートを出す。(締切:2006年1月11日(水))
 2.WEBサンデーのアンケートを出す。
 3.サンデー編集部宛に、意見を書いた手紙かハガキを送る。
 4.『青春学園』に道士郎再開を要望する内容のネタを送る。(投稿戦士推奨)
 5.小学館HPのお問い合わせメールフォームで意見を送る。
 6.コミックス購入者アンケートを出す。
 7.西森先生に応援のメッセージを送る。



・・・なんつーか・・・
捜せば、結構あるもんですね・・・やれるコト。


◇以下、細かい解説。


1.ハガキのアンケートを出す。(締切:2006年1月11日(水))

そのまんまです。
ちなみに、サンデー3・4号の場合では、
列車マンガ『グランドライナー』のカラーページの前に、アンケートがあります。
切り取って、道士郎贔屓の内容で出しましょう。(笑)


2.WEBサンデーのアンケートを出す。

これは一番手軽で手堅く、かつ自分の意見も書ける方法です。

せっかくネットが出来る環境にあるのです。
ハッキリ言ってやらなきゃ損な位の方法です。

ハガキより手軽な上に、『ご意見ご感想』を記入できる欄があるのが魅力的。
一言でも長文でも、「道士郎でござる」の最終回反対もしくは再開を希望する内容のメッセージを送りましょう。(この場合、あくまで冷静な意見を心がけましょう。)

◇行き方解説
WEBサンデー(http://websunday.net/)に行きます。
右側メニューの下の方にある『プレゼントアンケート』に行きます。
→ メールフォームが出ます。



3.サンデー編集部宛に、手紙かハガキを送る。

これは、ぶっちゃけ、勇気が要ります(汗)
でも勇気が必要な分、効果があるかもしれない、と信じたい手段です。
自らの強い想いを込めた文章を送りましょう。(あくまで、冷静な意見を心がけましょう;)

でも。場合によっては、読まれずに速攻破棄される可能性もあるかもしれません。が、やらないよりはマシだと信じたい。そんな手段です。


4.『青春学園』に道士郎再開を要望する内容のネタを送る。

・・・コレは・・・さすがの私でも、こればっかりは・・・と思う手段です;
つーか、このリストの中では恐らく一番効果が薄い手段のような気もしなくはなかったり;でも、無いよりはきっとマシ。
コレは、いつも『青春学園』に投稿している常連さん推奨ですね;
常連さんの意見なら、効果はより期待できるかと思われます。


5.小学館HPのお問い合わせメールフォームで意見を送る。

これは恐らく、ネットが出来る環境の人にとっては、手軽で手堅い手段のように思います。
あと、返事が返ってくる可能性が高そうです。
WEBサンデーとは別ページなので、要注意。

◇行き方解説
小学館公式HP (http://www.shogakukan.co.jp/)に行く。
『お問い合わせ』のページに行く。公式HPトップの左下にあります。
『編集部へのお問い合わせ』に行く。(一番上です。)
『週刊少年サンデー』に行く。(左側の列。コミック誌のカテゴリー上から二番目)
→ メールフォームが出ます。


・・・アンケートと違って、メールアドレスと名前だけでもOKってのが、住所を晒したくない人にとっては、魅力的かもしれません。


6.コミックス購入者アンケートを出す。

コレは、コミックスを買った人しか出来ません。

実は、コミックス巻末に『アンケートのお願い』の欄があります。
そこに書いてあるアドレスにアクセスして、キーコードを入力すると、アンケートフォームが出ます。
でも、かなり手間のかかる手段です。
しかも、氏名・住所・生年月日などの、細かな個人情報を入力しなきゃならないわりに、こちらの意見を書く欄とかは無かったりします。

こんな手間のかかるアンケに応える人はめったにいなさそうなので、もしかすると、ある意味においては効果は期待できるかもしれませんが・・・
コレは、個人情報を晒したく無い人には、オススメできませんね;


7.西森先生に応援のメッセージを送る。

コレは、ある意味においては、上記のあらゆる手段よりも、最も効果が期待できる手段かもしれません。
なにしろ、道士郎再開が叶わなくても、西森先生を励ますコトだけは必ず出来る、という特別効果付きですから。
次回連載へのエネルギーになる可能性もありますしね。

◇行き方解説
WEBサンデー(http://websunday.net/)に行きます。
右側メニューの上の方にある『まんが家バックステージ』に行きます。(『ダウンロードスタジオ』の真上です)
西森先生のページに行きます。(一応、どの先生でも可。)
記事の下にある『先生への励ましメールはこちらへ』に行きます。
→ メールフォームが出ます。



以上。
解説、終わり。


ちなみに――
個人的に一番のオススメは、「2」のWEBサンデーのアンケートです。
一番、手軽でかつ手堅く、更には自分の意見も書けるという特典付きですから。
(あと、ハガキのアンケートとWEBサンデーのアンケートは、内容が違うので恐らく別モノです。余裕がある人は、二つとも出しましょう。)


・・・とりあえずは、こんな所でしょうか。
もし、まだ他に手段が見つかれば、追記していく形にします。


・・・それにしても・・・我ながら、必死ですね(苦笑)
こんなコトばっかやってるから感想文がなかなか進まないんだよ;

  1. 道士郎でござる・雑記
  2. 2005/12/24(土) 14:42 | 
  3. コメント:4 | 

  

コメント

今、2週間分のサンデーを読みました。
いやもう絶句です。
まだまだ序盤だと思ってたので。
打ち切りなのかなー?
確かに掲載順は後ろですが人気あったと思うんですが。
うーーん、ほんと「なんで???」って感じです。

  1. 一坪 [
  2. URL ] 
  3. 2005/12/25(日) 18:58
  4.  【 編集 】

ホントにそうですよね・・・。

お気持ちは重々お察しします。一坪さん。(TT)
ほんっと、まだまだ序盤ですよね。伏線だってたくさん残っていますし。
それなのに・・・(涙)
私はもう・・・『道士郎』が終わる事を知ってからずっと動揺し続けています。現在進行形です。日常生活にも軽く支障が出ています。
なので、ここ数日はアンケート送ったり、編集部に問い合わせ(メールフォームで)をやってみたり色々しています。
一人でも多くの、『終わらせないで欲しい』という意志が編集部に届いたら、それが数・怒涛になって、もしかしたら、道士郎第二部の可能性や希望が出るかもしれない、との微かな希望にすがっていますので・・・(TT)

  1. マグロマナティ [
  2. URL ] 
  3. 2005/12/25(日) 21:30
  4.  【 編集 】

度々お邪魔致します、ナコです。
次号で最終回と知ってから予測していた事とはいえかなり動揺しました。
行き場の無い想いを抱えつつあちらこちらのHP・ブログサイトさんを徘徊しましたが、皆さん同じようにショックを受けながらも、再開への希望をかけ活動しようという呼びかけを見かけるようにもなり、少しづつ気持ちを持ち直してきています。(でもこんなに鬱なクリスマスなんてなかった)

とりあえず1、2、6、7の手段はやってみました。
これだけの手段を提示してくれてありがとうございます!
4の手段はちょっと自分にはムズカシイのですが、3と5については最終回読了後に検討してみたいです。

自分イイトシした大人なのに何してるの、という思いも最初ありましたがこの際捨てました。
『道士郎』は結構大人の読者も多いのではと思うので、もしまだ上のような理由で躊躇している人がいるようならば、そんなの気にしないで行動しようよ!と伝えたくてあえて記してみました。

長々と書き込んでしまいすみませんm(_ _)m
でもそれだけ思い入れが強すぎるのです~。

  1. ナコ [
  2. URL ] 
  3. 2005/12/26(月) 16:30
  4.  【 編集 】

レス

ナコさん、思い入れの強さはよくわかります(涙)
それに、いくつか方法を実戦して下さったようで。この提示で、一人でも多くの方が勇気をもって・・・例えWEBアンケートだけでもやって下されば・・・と思って記事にした甲斐がありますよ。

ホント、こんな鬱なクリスマスなんて、無いですよね(涙)
私も今年はクリスマス所じゃなかったです。
敢えてクリスマスらしいコトといえば、
『神様。どうか道士郎の第二部が始まりますように。』
・・・と、普段祈らない神様に祈ったりしたコトくらいですか(涙)

  1. マグロマナティ [
  2. URL ] 
  3. 2005/12/27(火) 23:00
  4.  【 編集 】

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。