Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

道士郎茶漬でござる

以前、ここで告知した絵チャットに行ってきました。

なんとゆーか。
サンデー総合系HPでのチャットなだけあって、
サンデー系の濃ゆーい話をしてきました(笑)

道士郎話?
・・・ええ。してきましたよ。
ちゃんと、日本の隅っこで、道士郎愛を叫んできましたよ。(笑)

えーと、では・・・
今回のチャットで出た話題及び、貴重な濃い情報等、
忘れないウチに、メモのつもりで、覚えているだけ書いてみます。
覚書だから、正確ではないかもしれませんが・・・(汗)


・最近のサンデーの路線は、低年齢化路線ではなく、萌え路線になっていると思われる。(アルバト、あいこら等に見て取れる路線)
 低年齢化路線は、前編集長時代で終わっている。(改蔵の件で有名な例のあのヒト。)

・最近の『サンデー超』は隔月で、読み切りのみになっている。
 10本中4本面白ければ当たりの方。新人漫画家の登竜門になっている。

・ガッシュのライク先生は、右腕を骨折したらしい。治るのは2、3ヶ月程?
 帰って来るのは、早くて今月中かと思われる。

・昔のWHFは、今に比べて空いていた。

・同人誌界は入れ替わりが早い。道士郎はこれからだったのに残念。

・西森先生は、次の連載をもう考えているかもしれない。
 最後に道士郎が帰って来ると書いたのは、それの暗示の可能性もアリ。
 そして、西森先生は、次回作へ移る時の時間が短い。

・武士殿は意外と知られていない。(笑)
 (西森絵から801は連想できないそうです。)


・・・・・・・。
今回のチャットでは、貴重な経験ができました。
普段とは違う視点から、サンデーという雑誌、そして道士郎という作品を知るコトができたような気がします。(ていうか、サンデーという雑誌について、あそこまで濃ゆい話をしたのは初めてかも?って位でしたよ私;)
暴走気味の私を暖かく見守ってくださった皆様、ありがとうございました。


それから、今回は、絵チャットというコトだったので、最後の方で絵を書いていただいたのですが――これがもう可愛くて可愛くて。
あまりに気に入ったので、いただいて帰ってきてしまいました。
(その時、保存の仕方がわからずで、皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。ホント、すいませんでした。&ありがとうございました。)

ちなみに、このイラストは、HPの方で『お宝』コーナーにUPしています♪


――さて。では。

以下、私にしては超めずらしく、801要素が含まれている発言をしています。
読みたくないヒトもいるコトを考慮して、これより先は『続きを読む』以降にて;
・・・実に下らない発言なので・・・万が一、801を期待する人がいたとしても、ハッキリ言って期待しない方が良いです;



今回のチャットで、私的にウケた自分の発言。(自画自賛かよ;)


『 日本の隅っこで道士郎愛を叫ぶ。 』


・・・コレ、今回のチャットで、私が書いた発言です。

いや、コレは、フツーに、今実際、私が、本当に日本の隅っこで道士郎愛を叫んでいたから書いた言葉なのですが(笑)

この言葉――実に、不思議な言葉なんです。

ここまでだったら、フツーに、ファンである私が道士郎愛を叫んでいるように聞こえます。
ていうか、そのツモリで書いた言葉でした。

――でも。フトした遊び心から、
次の一言を、この言葉の後半に付け足してしまったのです。


『 ネバタの中心で健助殿愛を叫ぶ。 』


(・・・いや、その、ホントマジですいません。
ほんの、出来心というかヒートアップしていたから発言というか;)


そして、発言した後で、気付いたのです。

この言葉――
前半だけなら、フツーの言葉に聞こえるのですが・・・

後半の一言を付け加えるだけで、武士殿及び殿武士な言葉になってしまうという事に;

ちなみに、繰り返して読むと、さらに効果は倍増します。(笑)
(おいおい、おまいら二人して離れ離れになった状態で、お互いに愛を叫んでいるのですかよ、みたいな?;)

・・・書いた時は、ホントにそーいうツモリは一切ありませんでした。(本当ですよ?;)
でも、画面に自分が打った文字が並んだ途端、この言葉が801発言に近いコトに気付いてメチャ慌てました
幸い、どなたも気付いてなかった(あるいはスルーして下さった)ので助かりましたが(笑)

いやしかし。

『 日本の隅っこで、道士郎愛を叫ぶ、健助。(こっそりと) 』
そして、
『 ネバタの中心で、健助殿愛を叫ぶ、道士郎。(堂々と) 』


・・・突発的に書いた一言とはいえ、なんて武士殿シチュにハマってるのかと思いましたよ;
つくづく、面白い一言です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ホント、下らなくてスイマセンでした;(謝)

ていうか、わざわざここに恥さらしな文章として書くコトですらないよーな・・・(死)

  1. 雑記
  2. 2006/01/09(月) 23:56 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。