Maguro Impression
戯言披露ブログ ~ざれごとひろうぶろぐ~

  日々思った事、戯言など適当に書いてます。最近は感想が多め。 IEの文字サイズ「小」推奨。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) --:-- | 
  3.  コメント(-)

そーいや、ありし頃の仮面ライダー響鬼のOPも『輝』ってタイトルだったなー。
とか思いながら。(とりあえず、今回の記事の『輝』のタイトルに、意味はあんまり無いです;)


では、まず、軽く挨拶として。

今、ネットで展開されている、
『道士郎でござる・連載再開運動』について。
ネットが出来る環境のヒトが、わりと手軽に出来るコトを、再び、紹介してみます。


「武士の情け」(嘆願サイト)の嘆願掲示板に書き込みをする
  http://www.geocities.jp/doshiro_fan/
「たのみこむ」の該当記事に賛同する
  http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=55575
サンデー編集部に連載再開を希望するメールを送る。(口調は丁寧に;)
  http://www.shogakukan.co.jp/ 『お問い合わせ』のメールフォームより
西森先生に、応援のメールを送る
  http://websunday.net/backstage/fanmail.html

WEBアンケの『ご意見ご要望』の所で、連載再開をお願いしてみる。
  https://ml.webshogakukan.com/sunday/enquete/enquete0308.html


・・・各自、詳しくは、私のHPの『再開要望のススメ』にて。


特に、今のWEBアンケ(3/28まで)のQ11、Q12は、とてもオイシイ質問です。是非、「道士郎でござる」とご記入くださるコトを推奨します。
それから、アンケのメールフォームに「道士郎の連載再開を希望します。」と書くのも、どうかお忘れなくお願い致します。;



・・・うーん。
ホントは、コレらの一覧に、

「道士郎でござる」連載再開合同郵送企画に参加してみる。
  http://www.geocities.jp/oyatanu_kitsuneko/doshiro-postmail.htm


というのを加えてみたい所だったりするのですが。(爆)

――ただ。今現在において。
オフラインでの活動についての進展はあったのですが(詳しくは、上記サイトにて)「オンラインで手軽に出来る」というカテゴリーにおいての活動は、まだ、本格的に始まっていない様子な為、一応リストから離してみました;
・・・でも、どうやらこの企画は、近いウチにオンライン上でも、動きがありそーな雰囲気です。ソレについては、また特集記事を組む予定だったりします(爆)。(←わりと無断;)



では、挨拶はこの辺りにして。
そろそろ、メインの話題に移りましょうか。

とはいえ、今回の記事の本文は、『続きを読む』より以降に書いてたりしますが(爆)

・・・なんでワザワザ『続きを読む』より以降にメインをおいたかというと・・・今回の記事の内容が、人様のブログについて書いている所があるから、だったりします;(爆)
別に悪口を書いるワケじゃないし、モロにある特定の記事を抜粋したりしている訳でもないのだけど――やっぱりなんかちょっとメインで書くのは気が引けたモノで;

という訳で。
今回の本文は、『続きを読む』より以降にて;



最近。

稀に、ですが。

ネットで、「道士郎」と検索すると。


「今、サンデーで連載中の、道士郎でござるの単行本を集めています。すごい面白くて笑えます。」(←要約)

とか。

「西森博之先生の新作、「道士郎でござる」が面白いです。今、○巻まで揃えているのですが・・・」(←要約)

とか。

そーいった雰囲気の文章を書いているブログを見つけるコトが、あります。
てゆーか、ありました。実際。

そりゃ昔の記事だろ;とツッコミされそうですが;
意外とそーでもなかったりするのです。

なにしろ。私も最初はそう思い、該当記事の日付を見たりしたのですが・・・その記事は決して昔のモノではなく、わりと、検索した日の日付に近い時期に、書かれた記事だったりするのです。(まぁ、ブログ検索サイトの仕様で、最近更新された記事が上に来る仕組みになっているからなのでしょうが。)

・・・で、まぁ。ソレで何が言いたいかって。

なんつーか。
私には。

彼ら・彼女らが、とても、輝いて見えるのですよ。(良い意味で。)

なんというかですね。

文章そのものが、とてもキラキラと輝いているように見えるのです。私には。

それは、とても楽しいモノを見つけた喜びに満ち溢れているような輝き。

まさに、魂の輝きって、きっと、こういう輝きを指すんじゃなかろうか?と思う位の、勢いのある輝き。(←いやソレは言い過ぎだろいくらなんでも;)


いずれにせよ、私には、とても眩しく感じられます。


そして私は、嬉しい気持と共に、想うのです。
『ああ、きっとこの方達は「道士郎でござる」を楽しんでくれているんだろうな・・!』
って。

――でも。
彼ら・彼女らが、8巻を手に入れた後にどうなるか――
それを思うと・・・その度に、胸が痛くなるのです。


で。
ソレを気にして、そのブログの経過を見ていると。

意外とアッサリ最終巻を受け入れていたり。
その後の経過をブログに書いてなかったり。(←このパターンが多い;)
もうちょっと待っていたら仲間(笑)になりそうな気配を漂わせていたり。(でも大抵はその後立ち消えに;)

・・・人によって、色々だったりしています。


――でも。
「道士郎でござる」が連載されていない今となっても。
こうして、ブログに面白いと書いてくれる人がいる。

それって、なんてスゴイコトなんだろう、と思います。


やはり、「道士郎でござる」の面白さは、本物です。


だから、連載を再開しても、大丈夫です。
だから、安心して連載を再開してください。お願いします。(←結局嘆願;)

ていうか、マジで連載再開して下さい。お願いします。(←連呼;)


・・・って所で。
今回は、ここまで。



あ、そうだ。
いつもの言霊も、締めの言葉として、ちゃんと書いておかないと、ですね;

「道士郎でござる」の第二部は、必ずあるっ!!
「道士郎でござる」は、きっと連載再開されるっ!!

(注:↑今年は言霊の力が強い年だという風水にあやかった&ラッキーカラーを使用した言霊祈願;)

では、今度こそ本当に。
今回は、ここまで;

  1. 道士郎でござる・雑記
  2. 2006/03/24(金) 01:24 | 
  3. コメント:0 | 

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。